彼氏を信用できないのはなぜ?男女の心理【アドバイザー解説】

この記事の情報提供者:marucatさん
marucatさん
大学時代にスポーツ心理学の基礎を学び、アドバイザー認定を取りました。また個性心理学(いわいる動物占い)の知識も有しております。

あなたは今付き合っている相手のことを信用できていますか?一番信用していたい相手ではありますが、どんなに好きでも、彼氏のことを信用できないという女性は多いようです。今回はこの彼氏を信用できない悩みについて、心理学に詳しいmarucatさんによる情報から……

  • 女性が彼氏を信用できない心理とは
  • 信用することができない男性の行動心理とは
  • 信用できないけれど彼氏と別れられない女性の心理とは
  • 彼氏を信用するための気持ちの持ち方
  • 信用できる男性の見極め方とは

を解説していきます。

女性が彼氏を信用できない心理とは

彼氏を信用できない女性は、自己評価がその思いを生み出させている原因の場合があります。また、彼氏に対する気持ちや、女性のこれまでの経験のせいで信じられないことも。詳しく見ていきましょう。

自分に自信が持てない

自分に自信がないため自己肯定感が低く、自分の価値を低く見がちです。そのため、彼氏が自分を愛してくれているという事実を素直に信じることができず、相手を疑ってしまうのです。

彼氏がどんなに彼女を大事に思っていて愛していたとしても「こんな私を好きでいてくれるのは、何か裏でもあるのでは?」と疑いを持ってしまいます。

そして、結果的にありもしない浮気などを想像して、彼への不信感が増して信用できなくなるというところへ行き着いてしまうのです。自分で自分の首を絞めてしまっている状態といえます。

好きな気持ちが強すぎて依存してしまっている

好きな気持ちがあまりに強く相手に依存している場合、「彼氏と常に一緒にいたい!」という気持ちや「絶対に彼氏を取られたくない!」という気持ちが非常に強いです。そのため、どんなときにも彼氏が何をしているのか知りたいという依存状態に入っている可能性があります。

そうなると、彼氏の発言がいちいち気になってしまい、少しつじつまが合わないことが出てくるなどすると、その都度信用できない状態になってしまいます。

過去に裏切られた経験がある

今の彼氏ではなくても、過去に浮気をされていたり、彼氏に裏切られてしまったりした経験がある女性は、「男は信用できない。」とレッテルを貼っていることも珍しくありません。

経験から植え付けられてしまったことなので、変えるには根気が要りますが、信用できるようになるためには自分の考えを改めたり、今の彼氏が協力したりすることも必要になってきます。

信用できなくなる男性の行動

信用することができない男性の特徴としては、以下の2つがあげられます。

相手を褒めちぎる
聞き心地の良い言葉ばかりをいってくる

それぞれ解説していきます。

相手を褒めちぎる

相手のことをよく知らないにも関わらず、褒めちぎるような話をしてくる男性は、手っ取り早く自分の目的を達しようとしている傾向があるように感じます。

自分にとって都合の良い展開にしたいだけとも考えられるでしょう。ただ褒めるだけではなく、自分の意見をいっているのか、正直に心を開いてくれているのかが重要です。

聞き心地の良い言葉ばかりをいってくる

「俺を信じて!」や「嘘つくように見える?」といった言葉を投げかける男性がいます。話の流れでは自然に聞こえたとしても、そういった言葉が出る時点で自分のことを正当化していることになります。自ら正当化しようとする言葉を発する場合は、信用性に欠けてしまいます。

そもそも、嘘をつかない人が「嘘はいわないよ。」という言葉を発してくることはなかなかないもの。心地良い言葉が並べられていたとしても、簡単に真に受けないようにしましょう。

相手によって態度を変える

 

これはたとえば、自分に得のある相手と得のない相手などを見極めて、態度を変えているということです。こういう人の場合、自分より年下や女性、子供などに強く出るタイプの場合が多いでしょう。誰にでも同じように接することができる人であれば、後輩や家族、兄弟、友人にも慕われているはずです。

信用できないのに彼氏と別れられない女性の心理

どうしても彼氏に対する不信感が拭えない場合、別れを選択する女性は多いでしょう。しかし、それができずにいる女性も少なからず存在します。以下にそんな女性の心の状態を、2つピックアップしました。

何をされても「好き」だから

女性は男性と違い、感情で生きる生き物といわれています。好き同士になって付き合い、その関係が長ければ長いほど、重ねた思い出や関係性に情がわいてしまいます。その結果、「信用できない人なのに好き。」などといった、矛盾した感情に繋がっていくのです。

このような女性は恋愛体質といわれる方にも多いですが、彼と恋愛してつらくなっている自分に対して恋をしてしまっている場合もあります。

次に良い出会いがあるかわからない

「次に良い人と出会えないかもしれない……。」という不安から、せめて現在の彼氏をキープしておきたいという気持ちが働いている場合もあります。

信用できなかったとしても、この人と別れて次に好みの男性や条件の良い男性と出会えるかどうかを考えたときに「もしかしたらもういないかもしれない……。」という不安が、別れられない状況に繋がっています。

彼氏を信用するための気持ちの持ち方

彼氏を信用できないのは苦しいものです。ただ、自分の気持ち次第で不信感を解消できるかもしれません。以下にそのためのヒントを記載していますので、意識して取り入れてみると良いでしょう。

想像ではなく事実に目を向ける

彼氏の言動を何でも想像で後ろ向きにとらえるのはよくありません。「自分の思ったことを相手に伝えても大丈夫。」といい聞かせ、事実にフォーカスすれば「彼氏のこういう言動はこんな理由からだったんだ。」とわかる場合も多いものです。そうしたひとつひとつの発見が「彼氏は私を大切にしてくれている。」と信じることに繋がります。

彼氏を客観視する

好きな気持ちが強いために、自分と彼氏の関係や彼氏のことを客観的かつ冷静に見れなくなってしまっている場合があります。彼氏が自分に嘘をつくようになったのが「彼女に干渉されすぎて息苦しくなってしまったから。」というパターンもあるのです。

一度冷静になって彼氏を見れるよう、気持ちを落ち着かせましょう。難しければ周りの人に相談をして、彼氏がどんな人なのか客観的に見る手伝いをしてもらっても良いでしょう。

信用できる男性の見極め方とは

信じられる男性なのかを判断するポイントとしては、以下の3つがあげられます。

小さなウソをつかない
時間を守る
口が堅い

順番に詳しくチェックしていきましょう。

小さなウソをつかない

嘘を見破るのはなかなか難しいことですし、「それって本当?」とずっと疑うのも疲れてしまいます。しかし、ちょっとした虚言に関しては意外と簡単に見破れる場合も。

自慢話の多い見栄を張る男性は、自分を大きく見せたい願望が強いため、嘘をつく傾向があります。自分の失敗談や良くない話まで正直に話してくれる男性であれば、好感が持てて信頼が置けるでしょう。

時間を守る

信用できる男性というのは約束が小さくても大きくても、守ることが当たり前になっています。これが出てきやすいのが時間に関してです。

遅刻やドタキャンが多いルーズな男性に対しては、それらが起こるたびに約束を破られたという意識が働きがちなため、不信感を抱きやすいといえるでしょう。

口が堅い

ある程度大人になったら人間ひとつやふたつ、必ずといって良いほど隠しごとや周りに話せないことがあります。そういったことを話せるのが信用できる相手なのですが、口が堅い人はペラペラと人のことを話しません。

自分に「あいつはこうなんだよ。」と口外してはいけない話を教えてくる男性に関しては、自分のことも他の人にいっているという疑いを持ったほうが良いでしょう。

まとめ

恋愛をすると、さまざまな原因から彼氏を信用できない状態に陥る女性がいます。そしてその原因を作っているのは彼氏かもしれませんし、彼女である女性自身なのかもしれません。

彼氏を信用できないと感じた女性は、信用できないからこそ、もう少し遠くから彼氏の人間性を見られるようになると良いのかもしれません。さらに自分に自信を持てるように、自分の内面も外面も磨く努力も必要です。より良い恋愛ができるように、改めて自分と彼氏を見つめ直してみましょう。