乾燥肌の原因とは?肌をいたわってすべすべ素肌になろう☆

乾燥肌に悩まされている人も多いのではないでしょうか。人によってはあまり深刻に考えていない人もいると思いますが、乾燥肌は放置しておくと大変なことになります。まずは原因や対策を知って、すべすべな美しい素肌を作っていきましょう。

ここでは、

  • 乾燥肌とは
  • 乾燥肌の原因
  • 乾燥肌を防ぐスキンケア
  • 乾燥肌を防ぐ生活習慣

についてまとめてみました。

乾燥肌とは

乾燥肌とは、文字通り乾燥している肌のことを意味しています。ただ、乾燥しているとは言っても、肌の状態は人によって千差万別です。そこは理解しておくことが必要となるでしょう。ここからはまず、乾燥肌とはどういうものなのか解説します。

皮脂と肌の水分が両方不足している状態

乾燥肌は皮脂と水分が両方不足している状態のことを言います。皮脂とは皮膚の上にある皮や脂のことです。人間は生きているだけで細胞分裂を繰り返し、常に新しい肌を作り出しています。それが肌の上にできることでバリアとなるのです。また、肌の7割~8割は水分で構成されているため、水分が不足するだけでも乾燥肌になってしまいます。

肌のバリア機能が低下している状態

肌のバリア機能が低下している状態の時にも、乾燥肌と呼ぶことが多いですね。水分や皮脂がバリアの役割を持っている他、肌の弾力やハリ、ツヤやコシなどもバリア機能に深く関係しています。それらのバリア機能が低下していると、刺激にも弱くなります。肌が乾燥していると刺激にとても敏感になり、ちょっとしたことでも肌荒れになるので注意が必要です

乾燥肌の原因

乾燥肌は乾燥している時になるものだと思っている人が多いですが、実は生活に関係している原因がとても多いです。そのため、まずは乾燥肌の原因を知り、根本的な解決を目指すことが必要です。そこで、ここからは乾燥肌の原因について解説します。

間違ったスキンケアをしている

毎日スキンケアをしていれば乾燥肌にならないと思っている人もいるでしょう。しかし、それは正しいスキンケアをしている場合に限ります。多くの人は、実は間違ったスキンケアをしていて、肌への負担を逆に増やしてしまっている場合が多いです。ゴシゴシ擦ったり、冷水や熱湯を使ったり、タオルで拭いたり、間違った方法でやっても悪化してしまいます。

間違った入浴方法をしている

間違った入浴方法をしていると、それによって肌が悪化することもあります。例えば、入浴する時にお湯でゴシゴシと磨く人もいますが、肌をお湯で磨くと過乾燥になって荒れてしまいます。お風呂やシャワーの入り方が間違っていると、むしろ逆に過乾燥になってしまうのです。入浴方法は正しくすることで、肌への刺激を極力抑えられるようにしましょう。

加齢で肌の水分量が減ってきたから

人間は年齢を重ねることによって、肌の水分量も減ってきます。これは老化とも言えるもので、防ぎようがないと思っている人もいます。水分量が少なくなると、当然のように乾燥してしまいますよね。若い人であればすぐに水分を取り戻すこともできるのですが、年齢を重ねてくるとなかなかそれも難しいです。人によって加齢のスピードは違うので、要注意です

食生活の偏りでビタミンBが不足している

食生活が偏っている人は、ビタミンBなどが不足してしまうこともあります。ビタミンは肌の健康に直接影響することが多く、特にビタミンBは肌の生成や修復などに必要です。その他、ビタミンCなども取り入れることが必要です。食生活が偏っている人も多く、近年は特に過度な偏食やダイエットで、必要な栄養素が不足している人もいます

外気やエアコンによる乾燥

外気はもちろん、エアコンや暖房などによって乾燥してしまうこともあります。実際に夏よりも冬が乾燥すると言われていて、外出も控える人が多いでしょう。ただ、室内でエアコンや暖房を使っていれば同じです。肌は環境の影響をとても受けやすいので、人工的な空気にも自然の空気にも注意が必要です。現代人は特に環境に適応しにくいので注意しましょう。

過労やストレス

過労やストレスが溜まっていると、ホルモンバランスが崩れてしまって肌に影響が出てくることも多いです。慣れない仕事や満足できないプライベートなど、心や身体に負担となる生活習慣を送っている人もいるでしょう。その他、睡眠不足なども肌にはとても良くないと言われているので、十分気を付けておくことが必要となります。

乾燥肌を防ぐスキンケア

乾燥肌を防ぐためには、スキンケアがとても重要です。むしろスキンケアをすれば、ある程度の乾燥は防ぐことができます。ただ、間違った方法でやっていても意味がないので、ここからは正しい方法を紹介します。乾燥肌に悩んでいるのなら、すぐに実践してみてください。

洗顔後10分間以内に保湿する

洗顔後は10分以内に保湿することが重要です。洗顔すると必要な皮脂なども洗い流してしまうことが多く、過乾燥となります。肌が修復できるまでには時間がかかるので、しっかりと保湿して守ることが重要です。特にセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分や美容成分が多く含まれているスキンケアアイテムを活用すると効果的です。

肌をこすらない・叩かない

スキンケアでは、肌を擦らないようにしましょう。肌と肌は同じ成分ということもあって、同じもの同士が触れ合うことで強い摩擦が生じます。その摩擦は肌にとってあまり良いものとは言えません。また、叩くことで肌がダメージを負うこともあるので、極力は撫でるようにしましょう。もしくはポンポンと軽くタップするくらいの気持ちでやってください。

化粧水・乳液は少ないと効果が薄くなるため適量を使用する

化粧水や乳液はたっぷりと使うようにしましょう。もちろん、あまりにも大量に使うとヨレたりブレたりすることもあるので、適量で使うのをおすすめします。人によってはケチって少なく使おうとしてしまうこともあるかもしれません。ただ、ケチっても良いことはありません。肌がむしろ乾燥しやすくなり、逆効果になることもあります。

乾燥肌を防ぐ生活習慣

乾燥肌を防ぐにはスキンケアも重要なのですが、実は生活習慣を変えないと根本的な解決にならないことも多いです。生活習慣は変えるのが難しいですが、根本的な改善を望むなら変えましょう。ここからは乾燥肌を防ぐ生活習慣を紹介します。

お風呂の温度は38度前後にする

お風呂やシャワーに入る時、お湯の温度は38℃前後が良いです。シャワーだと肌への刺激が強いこともあるので、気になる人はお風呂にしっかり入って浴槽で身体を温めるようにしましょう。ぬるま湯を意識することで、肌への刺激も少なくなり、より乾燥しにくくなります。冷水や熱湯だと乾燥を引き起こしやすくなるので、高くても40℃までにしましょう。

肌のゴールデンタイムに6時間以上の睡眠をとる

肌にはゴールデンタイムというのがあるのを知っているでしょうか。これは睡眠時間のことなのですが、必ず睡眠時間は6時間以上は確保するようにしてください。睡眠不足はストレスを増長させるだけではなく、肌の状態も悪くしてしまいます。皮膚がしっかりとターンオーバーできるように、毎日6時間以上、理想としては7時間前後は寝てください。

ジャンクフードは控え栄養バランスの良い食事を心がける

ジャンクフードが好きな人も多いですが、そういうものは避けてください。脂分が多すぎますし、カロリーや糖質も摂取しすぎてしまいます。食事を摂る時には栄養バランスをしっかりと考えたメニューにしましょう。特に肌にはビタミンやミネラルが必要なので、旬の野菜や果物を積極的に摂取するようにしたいですね

加湿器を利用して湿度を30%以上に保つ

加湿器を利用するというのも効果的です。湿度は30%以上を保っておくことで、常に瑞々しい肌を保つことができます。乾燥肌の人は、湿度が30%以下で水分が蒸発してしまうので、常に湿度30%以上になるような環境を作っていきましょう。加湿器によっては室内の湿度を一定に保ってくれる機能があるものもありますので、そちらを使いましょう

ストレスを溜めないように趣味などで発散する

ストレスが溜まると、人間はさまざまな不調が出てきます。特にホルモンバランスが崩れて、バイタルにも変化が出てきます。普通は何か趣味や習い事などでストレスを解消するのですが、それがなかなかできないこともあるでしょう。まずは自分が熱中できるものを見つけて、ストレスを感じる時間を少しでも少なくするということが重要です。

まとめ

乾燥肌は色々な原因があって、人によってまったく違ってきます。そのため、原因を知って対策をしていくことが重要です。対策も自分に合っている方法を見つけていくと、より効果を高めることができるでしょう。まずは乾燥肌にならないような生活習慣を身につけて対策していきましょう。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。