乾燥肌のスキンケアってどうする?おすすめクリームを解説!

乾燥肌に悩まされるのは、精神的にもつらいものです。できるだけ早期に解決していくためには、スキンケアを考えていくことが必要になってくるでしょう。そこで重要ポイントになってくるのが、クリームになってきます。

乾燥肌のスキンケアの基本


乾燥肌のスキンケアには基本的なことがいろいろとあります。大事なことですので、間違ってしまっているかどうかは、大きな分かれ目になってくるでしょう。もう一度、自分のやっていることを見なおしてみることからスタートです。

洗顔で気をつけたいこと

洗顔の方法は、スキンケアの基礎中の基礎になってきます。洗い方ひとつ間違うだけでも、肌には大きなダメージを残し、乾燥肌を促進させてしまうことになるからです。そのひとつが、こすりすぎにあります。摩擦を受けることになると、肌から角質層が剥がれ落ちるだけではなく、傷もついてしまいます。これが大きな問題です。

角質層が傷つき力を失うことが、乾燥肌の重要なポイントになってきますが、本来持っている保湿力を失うことにつながります。保湿力がなくなってしまえば、当然のことのように乾燥するようになるでしょう。拭くときにも、できるだけ軽くタオルを押しあてるように水分を除去すると考えると安全です。

温度も重要で、熱いお湯はもってのほかといっていいでしょう。温度が上がれば、その分だけ保湿成分である皮脂も必要以上に流れ落ちます。潤いを失うことにもつながっていくため、どんどん乾燥肌にしていってしまう行為です。温度的には30度までのぬるま湯が適切で、シャワーも直接顔に当てたりしないようにすると改善しやすくなるでしょう。

回数も考えておかなければいけません。一日何度も洗顔するのは、その分だけ皮脂を洗い流し、守ってくれる成分を失います。できるだけさっと洗うことは大切ですが、回数はできるだけ少なくすることも考えましょう。これだけで、乾燥肌を改善できることもあります。

化粧水の選び方

化粧水を考える場合、単純に何でもいいとなるわけではありません。肌に水分を与えるだけではなく、水溶性美容成分も届けるのが役割です。どんな濃度のものにするのかも考えていけば、化粧水は確実に効果を発揮してくれるようになるでしょう。

成分的な部分で見た場合、セラミドやヒアルロン酸、グリコール酸が配合されているものを選ぶのも方法です。これらは乾燥から守ってくれる水溶性成分であり、肌を乾燥から守ってくれるようになります。

も少し考えていけば、天然保湿因子も含まれているものを選ぶのもひとつです。NMFと呼ばれますが、アミノ酸や尿素、ミネラル類といったものも配合されているものがあります。健やかな肌を作り出すためには、セラミドを増加させるためのユーカリ抽出液なども気にしておくといいでしょう。

メイク法

メイク方法も乾燥肌を考えれば、細かく考えていかなければいけません。その中でも特に肌に接するベースメイクから対策をして行かないと、いつまでたっても改善することができないでしょう。

ファンデーションを考えた場合、リキッドファンデーションは危険です。肌に浸透するように見えますが、界面活性剤を使って液化しているものであり、肌の保湿どころか刺激になってしまいます。パウダーファンデーションを活用して薄くメイクをすることを心掛けるのも、乾燥肌対策として重要です。

リキッドファンデーションを使ってしまうと、洗顔をするときにかなり落とすのに手間がかかります。これでこするようでは意味がなくなるでしょう。さらに表皮にふたをするようなものになってしまうため、肌の呼吸を妨げることになり、まったく効果をあげられません。

乾燥肌を改善するための高保湿化粧水ベスト3


乾燥肌を改善させるための方法として、高保湿化粧品を使う方法があります。保湿成分を豊富に含んでおり、美容成分まで配合されているものもあるため、乾燥肌対策としても有効な手段となってきます。

アヤナス ローションコンセントレート

大人の化粧品として人気の高いアヤナスのシリーズのひとつになっているのが、ローションコンセントレートです。高い人気の化粧水でもあり、べたつきもなく伸びやかな感触の良さは他の化粧品にはないポイントになっています。肌をしっかりと包み込むことができ、なじんでいくのを感じることができるでしょう。

健やかな角質を生み出すことに寄与するバルマリン、血液を流しやすくして血行改善するポーラオリジナルのジンセンX、リラックス成分を含むビルベリー葉エキスを配合しています。このような配合のものも他には少ないといってもいいでしょう。

美容成分だけではなく、セラミドナノスフィアを使っており、通常の4倍もの浸透力を持っています。保湿効果を考えれば、最上級の化粧水といってもいいでしょう。乾燥肌に使うのであれば、ぴったりです。

ヒフミド エッセンスローション

いくら保湿しても、どうしても乾燥してしまう気がするときがあるでしょう。実は気分ではなく、本当に乾燥しているからこそ、そう感じます。ヒフミドのエッセンローションは、こうした乾燥肌にも有効に働きます。

小林製薬が自信を持ってリリースしている化粧水で、満足度の高い逸品で乾燥肌対策として、セラミドが水分を逃がさないように保湿します。ヒト型セラミドを使っているため、高い保湿力を期待することができるでしょう。

アクセーヌ モイストバランス ローション

乾燥肌は、どうしても精神的にもダメージを与えます。かさかさしている自分を見ているだけでもイライラすることになるでしょう。そんな時に、使っていきたいのがアクセーヌ モイストバランス ローションです。

モイストバランス ローションは、低刺激であり、乾燥肌でも安心して使うことができるようになっています。肌の安全意識に対して考えられている化粧水であり、高い保湿効果も期待することができます。アルコールフリーですし、香料も含まないため、ニキビなどで悩んでいる人にも有効です。

乾燥肌を改善するための高保湿クリームベスト3


乾燥肌の改善を考えた場合、高保湿のクリームもうまく使っていく必要があるでしょう。肌のバリア機能を失っている状態ともいえるため、クリームの存在を欠かすことはできません。

キュレルローション

乾燥肌を考え作られているクリームはいろいろとありますが、カサカサな状態にも対策になってくるのがキュレルローションです。花王が肌トラブルに対応できるように作ったクリームであり、セラミドを含んでいることから、保湿もバリア機能の補助もできるようになっています。

花王のキュレルが使っているセラミドは、ヒト型セラミドとは異なります。疑似セラミドと呼ばれている成分であり、低刺激でありながらも高い保湿力を持っているところがポイントです。ヒト型セラミドには負けるものの、低刺激になっていることを考えれば、乾燥肌に向いているクリームといえるでしょう。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(ビーグレン)

乾燥肌を改善させることを考えた場合、ターンオーバーを正常に進めていくことが重要になってくるでしょう。これがハリを取り戻し、シミやくすみも解消する方法です。乾燥肌対策には、さまざまな恩恵もありますが、それを実現できるのがQuSomeモイスチャーリッチクリーム(ビーグレン)です。

潤いを閉じ込めることが重要な意味を持ってきますが、このクリームは肌に対してなめらかであり、べとつきも感じることなく使うことができるでしょう。独自の複合成分が有効に働くことで、肌の表面から奥まで染み込んでいきつつ、高い保湿を実現することが可能です。

ニベアソフト スキンケアクリーム(ニベア)

クリームといえば、定番中の定番といえるのがニベアソフトのスキンケアクリームでしょう。だれもが一度は使ったことがあるクリームで、青缶とも呼ばれています。保湿ケアクリームとしては、定番中の定番です。

乾燥肌に使うことができるクリームであり、高級保湿クリームと成分がほとんど変わりません。その代りに、美容成分が含まれていないことはありますが、シンプルな作りになっているともいえるでしょう。保湿成分も有効に働きますが、顔に使うときには油性成分が多いことから、ニキビに悩む人は要注意です。

乾燥肌対策を考えたスキンケア方法


乾燥肌を考えたスキンケア方法は、常に考えていかなければいけません。気温が下がってくる季節だけではなく、美しくハリがある健康的な肌にしていくためにも、十分に検討していく必要があります。

洗顔料はしっかりと泡だてる

洗顔をするときには、洗顔料を使うことがあるでしょう。実際にぬるま湯だけでもかなりの汚れを落とすことができます。しかし、化粧を落とすときなど、簡単にいかないことも出てくるため、洗顔料を使うときには刺激が少なくなるようにしなければいけません。そのポイントになってくるのが泡立てることです。

泡立てていくことによって、刺激を少なくすることができます。優しく洗うことができますので、無理にこすったりする必要もなくなるでしょう。きめの細かな泡立ちのものを使えば、それだけ負担を下げることができ、乾燥肌抑制に効果をあげることができます。

クレンジングはコットンを使わず手の平で

化粧を落とすときに使うクレンジングは、効力が強ければいいわけではありません。あまりに強くなれば、どれだけ肌に負担をかけます。特に負担をかけてしまうことになるのが、こすり落とす行為です。ふき取りタイプのクレンジング剤はテレビでもよく見かけますが、これは乾燥肌にダメージを与えます。

オイルタイプも同様ですが、どうしてもこすって落とすことになるでしょう。刺激も強くなってしまいますし、肌の水分も奪ってしまいます。ダメージを発生させるようなクレンジングは乾燥肌に不向きです。

さらにコットンを使って落とす人もいますが、これも乾燥肌にはダメージになってしまいます。クレンジング剤は、メイクを浮き上がらせるようにしながらも、軽く洗い流すようにすることがポイントです。

フェイスタオルはこすらず押し当てる

顔を洗う時に、必ずふき取ることになります。ところが、この瞬間も大きなダメージの元になってしまうことを考えなければいけません。タオルはふき取るものではなく、押しあてて水分をとることをイメージするといいでしょう。タオルに関しても、新しいものにして吸水性をあげるとともに、カサついたものを使わないようにするのがポイントです。

まとめ

乾燥肌対策は、こまめにおこなっていかなければいけません。スキンケアは日常からおこなっていくものであり、乾燥肌が気になるからおこなうのでは遅いと思うべきです。方法もいろいろとありますので、自分のおこなっている方法を見なおしながら、ケアしていくといいでしょう。