彼氏嫌いになりそうなら確認したいもう一度彼を好きになる方法

あんなに好きで付き合い始めたのに、いつのまにか彼に対する愛情が冷めてしまっているということはないでしょうか。それには様々な原因が考えられます。付き合ってみたら彼氏の悪いところが目についてしまい、一気に恋心が冷めてしまうということもあるでしょう。また、恋人として支えて欲しいと思う時に期待に応えられないなどのストレスが溜まってしまうと、それ自体が彼氏への愛情を冷えさせてしまう要因となることでしょう。

でもせっかく好きになった者同士、そのような難しい時にも協力しながら、問題を乗り越えていきたいものです。そこでそのためのいくつかのポイントをご紹介します。

彼氏が嫌いになってしまった場合にまずやること

もしも彼氏が嫌いになってしまった場合は、そのままにしておくと余計に傷口が広がってしまう可能性があります。別れることを切り出す前に、いくつから対処法を試してみましょう。元々は好きになった者同士、もしかしたら何かのきっかけでまた以前の愛情が戻ってくるかもしれません。

友人に相談

彼氏が嫌いになってしまった場合にできる事のひとつは、友人に相談することです。できれば彼氏のことをよく知っている友人に相談すると良いでしょう。また、どうしても相談される側は相談してくる側からの意見に偏りがちですが、できるだけ第三者として冷静に物事を見てくれる友人を探すことがお勧めです。

決して自分を正当化しようとして、自分の意見を無条件で賛成してくれる友人を探して相談してしまうと、結局は彼氏が嫌いという思いを強めてしまうだけです。二人の交際が続くことを心から望んでいる友人であれば、冷静な視点から対処法をアドバイスしてくれるかもしれません。彼氏への愛情が冷めてしまっていることを本人に伝える前に、友人に相談するという方法で、自分の考えを整理しておくことも良いでしょう。

冷却期間を設ける

彼氏のことが嫌いになってしまったなら、会わないということが効果的なこともあります。もちろん会わない期間が長くなってしまうと、彼氏の方の気持ちも冷めてしまい、二人にとっては別れる選択肢しか残らないということもあるでしょう。しかし、そのままズルズルと会い続けていても彼氏に対する愛情は戻ってこないと思うのならば、一旦冷却期間を設けて、再び彼氏のことを好きになれるかどうか試してみるのも良いかもしれません。その場合には、彼氏に正直にそうした想いを告げ、二人が冷静に自分たちについて考えることができる時間を取ることができるよう相談した方が、区切りをつけやすくなるでしょう。

話し合う

彼氏のことが嫌いになり始めてしまったなら、手っ取り早く彼氏とそのことについて話し合うということも効果的です。彼氏に話すこともなく急にそっけない態度をとってしまったり、何かと理由をつけて会わないということを続けてしまったりすると、彼氏の方が不安になり逆に彼氏の愛情が急激に冷めてしまうということにもなりかねません。

そのようなことになる前にしっかりと自分の思いを伝え、彼氏と話し合う場を受けると良いでしょう。そこで真摯に向き合ってくれる彼氏を見て、また以前のような信頼感や愛情が戻ってくるかもしれません。また、自分が思っていたよりも真剣に自分との将来について考えていたということを知る機会になるかもしれず、一気に結婚へと事が進んでいくこともあり得る話です。問題を積極的に二人で解決していくことができれば、二人の絆はますます強くなることでしょう。

みんなはどんな時に彼氏を嫌いになってしまう?

彼氏のことが嫌いになり始めてしまう原因というものも数々あります。逆に言うと、どんなに大好きだった人であったとしても、そうした理由に触れてしまう場合、一気に愛情が冷めてしまうことがあるということです。またそれは、自分が交際相手に対して注意すべき点とも言えるでしょう。そこで代表的な三つの理由をご紹介します。

わがまま・自己中心的

嫌いになってしまいがちな理由の一つにわがままや自己中心的な態度というものがあります。交際した途端に手のひらを返したように、彼女に対して厳しくなり、わがままを突き通してくるような彼氏であれば、やはり信頼や安心感を抱くことはできないでしょう。

もちろん世の中には、そのように 甘えてくれる彼氏がいいという女性もいますが、多くの女性が彼氏に対して甘えられる信頼感や包容力を求めるものです。そのためそれとは逆を行くわがままな態度や自己中心的な言動を目にすると一気に嫌いになってしまうということがあり得るのです。

お金や時間にルーズ

嫌いになってしまうもうひとつの要因として、お金や時間にルーズな点が挙げられます。お金にルーズな彼氏の場合、例えば小額であったとしても一時的に貸したお金が返ってこないということもあるでしょう。また軽い気持ちで借金をしてしまう彼氏であったり、彼女のお金を自分のお金のように使ってもよいと考えている彼氏であったりするかもしれません。

さらに時間に対してルーズな彼氏の場合、待ち合わせの場所に遅れて来たり、自分のわがままを通すために彼女の時間を尊重せず、無理やり会おうとしたりするかもしれません。そうした彼氏の場合、女性としては将来を考えることが難しく感じることが多いでしょう。そのため交際している期間中の言動に、お金や時間にルーズだと思える事柄があると嫌いになってしまう可能性があるのです。

約束を守ってくれない

いくら優しい彼氏であったとしても、その言動が信用できなくなってしまうと嫌いになる大きな要因となります。信用はひとつひとつの様々な出来事によって積み上げられていくものです。そしてその信用を大きく崩すのが、約束を守らないということです。

待ち合わせの時間に遅れてきたり、デートの日時をすっぽかしたり、二人で決めた色々なルールを簡単に破ってしまうような彼氏の場合、当然のことながら女性としては自分自身が大切にされていないと感じ、嫌いになってしまうことでしょう。

何が原因で決定的に彼氏を嫌いになってしまう?

彼氏が嫌いになってしまう原因はいろいろありますが、決定的に嫌いになること、別の言い方をすれば生理的に受け付けなくなるほど嫌いになってしまうということもあります。そうしたことが起こりうるいくつかの状況をご紹介します。

浮気をされて

交際している二人にとって浮気による裏切りは大きな問題となります。当然のことですが、いくら大好きな彼氏であったとしても自分以外の女性と浮気をしていることが発覚した場合、二度と信用できなくなるという方も少なくないでしょう。そうした大きな裏切りによって後戻りができないほど嫌いになってしまうという感情は、当たり前のことと言えますし、仮に許してあげたとしても後々までシコリとして残るでしょう。

浮気の罪悪感を手放したい!罪悪感の生まれる理由と手放し方を知ろう

クチャラーが生理的に無理

また些細なことでもそれが積み重なって彼氏のことが嫌いになってしまうことがあります。その一つが、食べ物の咀嚼音、つまりクチャラーです。クチャラーは非常に行儀が悪いだけでなく、食べ物を美味しそうに 食べるという基本的なことができていない行為です。せっかく彼氏においしく食べてもらおうとして作った料理も、そんな品のない食べ方をされてしまうと、一気にテンションが下がるということも容易にあり得るでしょう。

心底価値観が違うと分かった時

また、決定的に彼氏のことが嫌いになってしまう要因として、何かのタイミングで価値観が自分とは全く違うということに気づくことが挙げられます。価値観は相手のことを深く知らなければなかなか理解することができません。

どれほど好きな相手だったとしても、結婚に対する見方や家族に対する見方という、人としての基本的な価値観が大きくずれてしまうと、その後の二人の将来をイメージできなくなってしまうでしょう。そうした決定的な価値観の違いが、彼氏のことを嫌いにさせてしまう大きな要因となることもあるのです。

彼氏が嫌いと思いこむ前に改めて確認しておきたいこと

このような様々な原因から、彼氏の事を嫌いと感じてしまう瞬間は多々あるでしょう。しかし彼氏のことが嫌いでもう別れるしかないと決めてしまう前に、もう一度彼氏の良さを確認してみることも必要なのではないでしょうか。そこで 彼氏が嫌いと思い込む前に確認しておきたいいくつかのことをご紹介します。

本当に嫌いなのか、一時的ではないか確認する

まずは本当に彼氏のことが嫌いなのか、それとも何かのきっかけがあって一時的に拒絶反応をしているだけなのかという点を考えてみましょう。 一つの方法としては、嫌いという感情がどれだけ長く続くかということを計測してみると良いかもしれません。その感情がどういうタイミングで高まるのかを考えると、はっきりとした原因が見えてくる可能性があります。

他の男性と密に接してみるのも手

また、彼氏以外の男性と接してみることも自分の気持ちを確かめる一つの方法となりえます。他の男性と接することによって、逆に彼氏の良さを発見することができるかもしれず、嫌いという気持ちから、会って話したいという好意的な気持ちへと変化する可能性があるからです。

ただしその際には当然のことですが、それが浮気に繋がらないように注意しましょう。 彼氏への愛情を確かめるためにおこなった行動が、二人の関係性を終わらせてしまう要因となってしまっては元も子もありません。

別れたときに失うものをはっきりさせておく

また一時的な感情で彼氏との別れを決めてしまう前に、もしも別れた時に失うものは何かということをはっきりと整理しておくことも良いでしょう。もしかすると彼氏と一緒にいることによって得ているものがたくさんあるにも関わらず、何か一つの些細な点が許せずに嫌いという気持ちが大きくなってしまっているのかもしれません。

そのような状態で安易に別れを切り出すと、自分にとってもマイナスになってしまうことがあります。彼氏との関係性において得ているものを一度冷静に考えることで、彼氏への愛情がまた蘇るかもしれないのです。

彼氏をもう一度好きになる方法は?

一度は好きになった者同士、できることならもう一度お互いの愛情が強まり、交際が続く方が良いでしょう。そこで彼氏をもう一度好きになる様々な方法をご紹介します。

いいところと悪いところを整理して書き出す

まずは、冷静になって彼氏の良いところと悪いところを実際に紙に書き出してみましょう。嫌いという気持ちが強くなると悪い所だけが目につくのですが、今までのことを考えながら彼氏の良い点も正当に評価してあげることが必要です。

そのように紙に書き出すことによって、自分の心の中も整理されていきます。そして、彼氏と話をする際にも冷静にこれからの二人について考えることができるでしょう。

嫌いな部分を教えて直させる

また、彼氏に自分が嫌いだと思っている原因をはっきりと伝えて、それを直してくれるように頼んでみるというのも良いかもしれません。彼氏が彼女のことを本当に好きなのであれば、彼女が嫌だと思う事をあえて続けたいとは思わないでしょう。また、そこまで嫌われるようなことをしていたということを全く本人が気づいていないということもありますので、親切に気づかせてあげることによって、彼氏はさらに魅力的な男性となるかもしれません。

いつもと違う二人の過ごし方をしてみる

彼氏が嫌いに思ってしまう理由の一つに、マンネリというものがあるかもしれません。マンネリになってしまうと、彼氏の良さも見えなくなってしまいがちです。そこで、今までの付き合い方ではなかったようなイベントを考えたり、旅行に行ってみたりするなどして、いつもと違う二人の過ごし方を演出してみると良いでしょう。そうしたワクワク感が同時に彼氏のことを好きという感情へと繋がるかもしれません。

まとめ

このように、大好きな彼氏であったとしても、何かのタイミングで嫌いになってしまうということは十分にあり得ることです。別れを切り出したり、自分の中で嫌いという気持ちを膨らませてしまったりする前に、対処できるいろいろな方法があります。できることから試し、彼氏との関係を取り戻すことができるよう努力してみましょう。