乾燥肌のかゆみに効果的な対策はこちら!オススメ商品もご紹介します

乾燥肌によるかゆみは、カサカサしていて不快ですし、あまりにもかきすぎてしまうと血が出たりします。乾燥肌によるかゆみは、乾燥肌を根本的に解消していくことが必要です。

ここでは、

  • 乾燥肌によるかゆみの原因
  • かゆみを防ぐ6つの方法
  • それでもかゆくなったらこちらでケアを!オススメ商品のご紹介

についてまとめてみました。

乾燥肌によるかゆみの原因

 

乾燥肌によるかゆみは原因があります。その原因を知らない限り、根本的な解決にはならないでしょう。そこで、ここからはまず乾燥肌によるかゆみの原因について紹介します。当てはまるという人がいるのなら、その原因から対処していきましょう。

洗剤で洗いすぎることで体の油分が失われている

洗剤で洗うことも多い肌ですが、洗いすぎると必要な皮脂まで洗い流してしまって乾燥してしまいます。人間の肌は皮脂が自然のバリアの役割も持っているため、ある程度は皮脂を残しておくことが必要です。あまりにも強力な洗顔料やクレンジングを使っている人は、乾燥肌になりやすいです。洗剤で洗う時は、優しく洗うようにしないと原因は解消できません。

エアコンや暖房によって角質の水分が失われている

エアコンや暖房を使っている人は、角質の水分が失われている可能性もあります。現代人にとっては、夏はエアコン、冬は暖房が定番となっています。それは自然環境を変えてしまうものなので、実はあまり人の肌に良いとは言えません。人間の肌は7割~8割が水分のため、人工的に作られた空気では当然乾燥します。角質の水分が減るとかゆみも増しますよ

過度のダイエットや偏食により体内の潤い保持に必要な栄養素が減っている

過度なダイエットや偏食は、体内の潤いを保つのに必要な栄養素が減ってしまっている可能性があります。人間は普段の食生活によって、身体に必要な機能を補っています。肌にとって必要なセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などはサプリメントなどで取り入れることも可能です。その他、ビタミンやミネラルが欠乏しても肌の状態は悪くなります。

睡眠不足や過度のストレスによる生活習慣の悪化

生活習慣が悪化している人ほど、実は肌の状態も良くありません。睡眠不足や過度なストレスを抱えている人はいませんか。生活習慣は仕事もプライベートもあるので、一概にコロコロと変えることができません。だからこそ、根本的な解決が難しい面もあります。それらの面も今一度考えてみて、自分の生活習慣が肌にとって良いのかどうか考えてみましょう。

かゆみを防ぐ6つの方法

乾燥肌によるかゆみを防ぐためには、色々な方法を駆使するのが良いです。もちろん合う合わないがあるので、そこは自分にマッチする方法だけを取り入れていきましょう。ここからは乾燥肌によるかゆみを防ぐ方法を6つ紹介します。

保湿をしっかりする

肌にとって何が一番重要なのかと言えば、保湿です。保湿成分であるセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などを取り入れることによって、より肌の状態を良くすることができます。肌は水分量が少なくなると乾燥してくるので、常に保湿を意識しましょう。特に洗顔した後など、皮脂が減りがちな時にはスキンケアを10分以内に行うようにしてください。

体を温める食べ物を摂る

身体を温めることによって、皮脂が適度に分泌されます。身体の中から温めると代謝も良くなり、より肌のターンオーバーも整います。あまりにも冷たいものばかり食べているとお腹を下してしまい、必要な水分も排泄してしまうことがあるでしょう。冷たいものよりも温かいものを食べて、身体の中から皮脂を作り出すエネルギーを作っていきましょう

薬膳により体内から潤す

薬膳などは体内環境を正常化させてくれます。体内のバランスが崩れていると、肌にもすぐに影響が出てきます。そのため、体内から潤すことが重要です。薬膳は一見するとシンプルですが、栄養も満点で身体にも良いです。それらの薬膳は健康的なダイエットにもなるし、偏食を防ぐこともできますので、まずは食生活の改善のためにも導入してみてください。

刺激の強い食材を控える

刺激の強い食材を食べると、体内のバランスが変化してしまいます。例えば、激辛料理などが好きな人も多いですが、激辛料理は汗を大量にかいてしまうこともあり、それによって体内の水分量が減ってしまいます。また、刺激物を消化して分解する時にも大量の水分を必要とするので、より乾燥しやすくなるのです。

汗や汚れ・肌に刺激となる物質は早めに取り除く

汗や汚れ、ゴミなどが皮膚に付着していると、刺激になってしまいます。最悪の場合は、それらが肌に沈着して、アクネ菌などを増殖させてしまう原因にもなるのです。乾燥していると肌もちょっとした刺激で荒れてしまうことが多くなり、ニキビなども増えてしまいます。肌荒れにならないよう、毎日適切な洗顔とスキンケアをすることが重要です。

生活環境を改善しストレスを減らす

生活習慣を改善させるだけで、実は肌の状態も大きく変わってくることがあります。生活習慣を変えると最初はストレスを感じるかもしれませんが、慣れていくとむしろ身体と心のストレスも軽減できます。良い生活習慣を実践することで肌の状態もつるっとぷるっとしてくるのです。もちろん、睡眠不足なども解消すべく、早めに就寝するようにしましょう。

それでもかゆくなったらこちらでケアを!オススメ商品のご紹介

乾燥肌によるかゆみがそれでも治らないということであれば、ケアアイテムによってケアしてみるのも良いでしょう。そこで、ここからはかゆみが酷い時にも使えるアイテムを紹介します。乾燥肌によるかゆみは根本的な原因解決が必要ですが、対策として使っていくと便利ですよ。

メンソレータムADクリームm

言わずと知れたメーカーが提供しているのが、こちらのアイテムです。3つのかゆみ止め成分を配合しているのが特徴です。クロタミトンやリドカイン、ジフェンヒドラミンが入っていて、肌のヒリヒリしたかゆみをスッと抑えてくれます。乾燥している肌にも密着してくれて癒してくれるので、かみみが酷い時などはぜひ使ってみてください。

ヘパソフト 薬用 顔ローション

薬用の顔ローションとして人気なのが、こちらのアイテムです。保水成分のヘパリン類似物質が配合されていて、肌を柔軟かつ瑞々しくしてくれるのが特徴となっています。肌にしっとりと浸透してくれるので、健やかな肌を常に保つことができるでしょう。また、シワやシミの対策にも効果的と言われていて、近年さらに人気となっています。

Neutrogena(ニュートロジーナ) インテンスリペアオイル 超乾燥肌用

肌に潤いをギュッと閉じ込めてくれるのが、こちらのアイテムです。超乾燥肌であってもしっかりと浸透してくれるアルガンオイルを使っているので、とても肌に良いです。たっぷりと潤いを与えてくれるので、乾燥肌によるかゆみにも有効です。アルガンオイルは世界各国で注目されているもので、ちょっとした乾燥ならすぐに撃退してくれるでしょうね。

ユースキン

カサカサした乾燥肌によるかゆみを防いでくれるのが、こちらのアイテムです。第3類医薬品となっていて、かゆみをスッと抑えてくれるのが特徴です。ステロイドなどは入っていないので肌に優しいですし、2つのかゆみ止め成分が配合されているので、かゆみが酷い時でも安心して使えます。皮膚機能改善成分も入っていて、肌の修復にも便利です。

フェルゼア ヘパキュア クリーム

かゆいとついつい肌が傷つくまでやってしまう人もいます。そんな傷跡も修復して癒してくれるのが、こちらのアイテムです。かゆい乾燥肌も速攻治療することができるものとして知られ、多くの人が使っています。4つの成分が配合されているので、肌がかゆくてどうしようもない人でも安心して使っていくことができるアイテムです。

[プルミー」慢性的な乾燥肌やかゆみ肌に天然エキスのセラミド乳液

ベタつきがなく、さらさらした使い心地が特徴なのが、こちらのスキンケアアイテムです。セラミドを配合した乳液となっていて、肌を生まれたままの状態にしてくれます。かゆみを抑えてくれる天然エキスを配合しているので、肌が弱い人でも使えます。乾燥によって敏感肌やダメージ肌になってしまっている人にも使える優れものだと言えるでしょう。

ホーリーグレール ボディセラムジェル ブルーム

保湿アイテムとして使えるのがこちらのアイテムです。保湿する度に肌が進化していく最先端のアイテムだと言えるでしょう。スクワランやホホバオイル、プロテオグリカンなどのヒアルロン酸が含まれていて、肌にもとても良いです。その他にも美容成分を多く含んでいるため、肌にも溶け込んで効果を発揮してくれます。

まとめ

乾燥肌によるかゆみというのは、本人にしかわからない辛さがありますよね。そんな時には、乾燥肌によるかゆみを防いでくれるアイテムを利用しましょう。ただ、根本的な原因を解決しないことには治らないので、原因を知って対策していくことも重要です。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。