彼女が欲しい男性必見!今年こそ彼女を作る方法を教えます

長い間彼女が欲しいと思いながらもなかなか実現できない男性は少なくありません。彼女がいない生活に慣れてしまったせいで、彼女をつくるために必要なことや彼女ができない原因が見えなくなってしまっていることも考えられます。

ここでは、

  • 彼女が欲しいと思っている人の心の中
  • 彼女がいない人に共通する特徴
  • 彼女が欲しくても作れない理由
  • 彼女ができる確率を大幅にアップする方法

についてまとめてみました。

彼女が欲しいと思っている人の心の中

彼女がいない男性はいつも男友達とワイワイしながら楽しそうにしていても、心の中では彼女がいない寂しさがあります。特に社会人になって年齢を重ねるにつれて彼女がいない焦りは強くなってくるでしょう。彼女が欲しいと思っている人の心の中を探ってみました。

イベント時にひとりで寂しい

普段の生活では仕事や趣味などに忙しくしていれば彼女がいないことをそれほど意識することはないかもしれません。しかし、バレンタインデー、クリスマスなどのスペシャルなイベントで街がカップルに埋め尽くされたような状況をみるとふと一人でいることが寂しくなるでしょう。

イベント時に1人で外出することにも気が引けて、部屋で1人だけで過ごすのはとても寂しいことです。

同性の友達に彼女がいて暇

彼女がいないといつも仲の良い同性の友達と一緒に過ごすことが多くなります。しかし、唯一の頼みの綱である同性の友達に彼女ができてしまうと生活は一変してしまいます。友人はおひとり様に気を遣ってくれるものの、徐々に友人ではなく彼女と過ごす時間が多くなるのは当然のことでしょう。

一緒に遊ぶ友達がいなくなりいつも暇をもてあそんでは、彼女がいないことを恨めしく思っています。

年齢的に結婚を考えている

学生時代に恋愛を楽しむ目的で彼女が欲しいと思うことがあります。しかし、社会人になってしばらく経ち、そろそろ年齢的に結婚を考えている場合に彼女がいないのは深刻です。

「彼女がいなくて楽しくない」だけでなく、将来の人生設計がかかっているため焦りも大きくなるでしょう。男性は女性に比べて晩婚化傾向が高いものですが、次々に同性の友人が結婚する姿をみるとますます焦ってしまいます。

彼女がいない人に共通する特徴

彼女をつくろうと努力しているのになかなかできない人にはどんな原因があるのでしょうか。彼女いない歴が長くなると何が悪いのか、感覚がマヒしてわからなくなってしまうこともあります。彼女がいない人に共通する特徴をまとめました。

貯金がない

彼女がいない人のなかには貯金がない人も多いようです。経済力があるからといって彼女ができる理由にはなりません。しかし、デートやショッピング、食事など彼女ができると何かと物入りになるのは事実です。経済的な余力がないと安心してつきあうことはできないでしょう。

食費や趣味など生活費の見直しを図るとともに、収入アップして貯金に回すことも考える必要があるでしょう。

異性と出会う機会が少ない

社会人になってしばらく職場の同僚や後輩の女性と恋愛する可能性も高いでしょう。しかし、数年経過すると仕事上で異性と出会う機会は極端に少なくなり、ほとんどが彼氏持ちか既婚者となります。

自ら積極的に出会いを求めて働きかけることなしに彼女を作ることは難しくなりますが、それをしようとしない人が長く彼女がいないと言えます。待ちの姿勢ではこの先異性と出会う機会が訪れる可能性は低いでしょう。

大勢で楽しむのが苦手

恋愛は初めから1対1ではなく仲の良いグループのなかで相手を気に入って発展することが多いものです。スポーツや飲み会、キャンプなどで大勢でワイワイするなかで彼女をみつけることもあるでしょう。

多人数で楽しむことが苦手だからといって参加しないことが続くと誘いの声もかからなくなります。ただでさえ異性と知り合うきっかけがないのに、自らそのチャンスを潰してしまうことになるでしょう。

仕事や趣味が充実している

毎日の仕事や週末の趣味が楽しく充実していることを理由として彼女ができない人もいます。仕事にやりがいを見出し主体的に取り組めることはいいことです。しかし、毎日が自宅と職場の往復だけで終わっていれば空しい人生になるでしょう。

趣味が充実しているのも悪い事ではありませんが、自分だけが楽しむことに没頭していると彼女を作る努力をすることが面倒くさくなります。本気で彼女が欲しいのであれば、自分のライフスタイルを見直して改善する必要があるでしょう。

実家暮らしをしている

高校卒業後の進学や社会人になったタイミングで自立せず、ダラダラと実家暮らしを続けている人がいます。身の回りのことは全て親任せであるため自立心は全く養われません。また、精神的にも親離れしておらず何かルトすぐに親を頼ってしまいます。

家賃や光熱費などを支払う必要もないため、金銭感覚も磨かれないでしょう。場合によってはマザコンになってしまうこともあります。一刻も早く実家から自立する必要があると言えるでしょう。

彼女が欲しくても作れない理由

彼女が欲しいと思って自分なりにさまざまな努力をしていても結局作れない男性もいます。自分自身でも気が付いていない欠点や問題点があることが考えられるでしょう。彼女が欲しくても作れない理由として代表的なものを紹介します。

理想が高すぎる

自分のことは棚に上げて理想ばかりが高いことは考えられないでしょうか。一度彼女にしたい条件を書き出してみることが大切です。外見、職業、性格、経済力、などあまりにも多くの条件を設定していることに驚くこともあるでしょう。

理想はあくまでも理想であって現実とのギャップとの差が大きいほど実現は難しいものです。本気で彼女が欲しいのであれば理想をあまり高く持たないことが大切です。

自分に自信がない

自分自身に自信がなければ女性にアピールしたり、近づいたりすることはできないでしょう。自分なんかに彼女ができるはずがないと思い込んでいれば、常に負のオーラで包まれていて女性と接する機会を逸してしまいます。

自分に自信がないと外に目を向けようとせず、周囲とのコミュニケーションも面倒になりがちです。なぜ自信が持てないのか、その理由を明らかにして身近なできることから1つずつ解決していくことが大切です。

女性に見られることを意識していない

女性とのつきあいになれていなかったり、いつも同性ばかりに囲まれていたりすることが多いと自分が女性に見られていることを意識しないことが多くなります。女性は見ないフリをして実は細かな部分までよく見ているものです。

普段の身なりやヘアスタイルなどの外見だけでなく、何気ない言動も注目されていることを自覚しなければなりません。女性からみたらどう思われるかを常に意識する必要があると言えるでしょう。

受け身になってしまっている

恋愛に自ら積極的になることがなく、いつも女性からアプローチされるのを待っているばかりの状態だといつまで経っても彼女はできません。最近では肉食女子、草食男子と表現されることもありますが、やはり男性から積極的にアプローチするのが基本でしょう。

受け身の男性に何度も積極的にアプローチする女性はほとんどいません。失敗することを恐れずに自ら積極的に声をかけるなどの具体的な行動に移すことが大切です。

過去の恋愛でトラウマがある

過去に恋愛経験があり、トラブルや辛い別れがトラウマとなって心に深い傷として刻まれていると次の恋愛に対する意欲が低下してしまいます。楽しいはずの恋愛で想定外の嫌な思いをしていれば、またすぐに彼女を作ろうとは思わないでしょう。

しかし、恋愛から逃避すれば人を愛することができなくなり一生独身で過ごす可能性も高くなります。辛い恋愛を忘れるためには良い恋愛をするしかないことを自覚する必要があるでしょう。

彼女ができる確率を大幅にアップする方法

彼女が欲しいとぼやいているだけでは何も始まりません。自分磨きをして女子に自信を持ってアピールすることが必要です。彼女ができる確率を大幅にアップすることができるさまざまな方法を伝授します。

清潔感のあるヘアスタイルやファッションをする

男女を問わず第一印象はとても大切です。相手のことに興味を示すかどうかは初対面の見た目の印象に左右されます。過剰におしゃれをしても浮いてしまって女性に引かれてしまうこともあります。

目指すべきは清潔感あふれるヘアスタイルやファッションでしょう。トレンドを意識していなくてもスッキリとした爽やかな見た目は誰にでも好印象を与えるものです。おしゃれよりも身だしなみを意識するようにしましょう。

自分から挨拶をする

気になる女子には自分から積極的に挨拶するようにしましょう。意識している女性の前では緊張しておどおどしてしまうこともあるもの。しかし、女性には落ち着かない挙動不審のような印象を与えてしまいます。

相手が気づく前に積極的に自分から挨拶すれば、その存在を印象付けることができます。ポイントは「明るく元気に」です。長い会話を求めず爽やかな挨拶でアピールしましょう。

新しい趣味を始める

彼女ができたとき会話を盛り上げるためにはさまざまな引き出しが必要です。これまでにチャレンジしたことのない新しい趣味を始めれば、話題が増えるだけでなく人間としての幅や面白みも増すでしょう。

彼女も興味を持てるような趣味だと一緒に楽しい時間を過ごすことができます。できれば自分の世界に閉じこもってしまうようなオタク系の趣味は避けた方がいいでしょう。

筋トレをする

マッチョは嫌いでもしなやかな筋肉が好きな女子は少なくありません。人を外見で判断するのはよくありませんが、ガリガリ、ブヨブヨよりは適度な筋肉質の体の方がモテるのは事実です。

ジム通いしてガッツリ鍛えてもいいでしょうが、自宅で簡単にできる筋トレでも十分に体を鍛えることはできます。交通費や会費なども必要ないのでその分を彼女のために回すことができるでしょう。

ライフスタイルを改善する

女性と接することに自信がなかったり自分の身体や精神状態が安定しなかったりする問題をライフスタイルを改善することで解決しましょう。自堕落で適当な生活を送っていると楽ではありますが、人間的にも成長せず健康も害することが多くなります。

生活のサイクルが乱れているのであれば、早寝早起き、決まった時間に3食の食事をとることだけも身体や気の持ちようが激変するはずです。人間としての基本を正してから彼女をつくるようにしましょう。

聞き上手になる

女性に自分のことをアピールしなくてはと焦って自分のことばかりしゃべりっぱなしになることはないでしょうか。女性が思う会話の楽しい人は、一方的に話してばかりではなく自分の話を共感しながら聞いてくれる人です。

本当に話が上手な人は聞き上手です。話題を提起した後は女性の話を聞くことに専念し、心地よく話せるような相槌を打ってあげましょう。一度話をしてみて心地よかったら、また話してみたいと思うものです。

一人暮らしを始める

親に頼らない自立した生活をするために早い段階で一人暮らしを始めるようにしましょう。一人暮らしは一見自由ですが、全てのことに自分で責任を負わなければなりません。金銭管理や衛生管理、健康管理など自らを律して生活することが求められます。

また、一人暮らしの最大のメリットはいつでも好きなときに彼女を家に呼べることです。精神的に自立してたくましくなることも彼女へアピールできる材料となるでしょう。彼女に手料理を作ってもらうことを目指しましょう。

これだけは負けないという特技を身に付ける

これなら誰にも負けない特技を1つでも身に付けていると自慢になるだけでなく大きな自信につながります。特技は仕事につながるものである必要はなく、実生活にあまり必要のない物でも構いません。

1つのことを極めることができる男性の真摯な姿勢や努力に女性はキュンとなるものです。男性としてだけでなく人間として憧れや尊敬の念も抱かれやすくなります。できればあまりマニアックなものではない方が好まれるでしょう。

まとめ

彼女が欲しいのにできない人は、努力をしているつもりでもそれが間違っていたり、彼女ができない理由が理解できていなかったりすることが考えられます。外見や内面を磨いて自分に自信を持ち、女性にアピールできるポイントを強化することが大切です。具体的な改善点を明確にして実践することで今年こそ彼女をゲットしましょう。