友達以上だけど恋人未満のデート必勝の極意、大人への階段を登ろう!

「友達以上恋人未満」。往年のトレンディドラマでもよく使われた言葉ですが、片想い中の女性にとってはいちばんストレスがたまる関係でもあります。「友達以上恋人未満」という関係で停滞してしまう背景には、どのような理由があるのでしょうか。「彼氏(彼女)との関係をもっと深めたい!」という方にむけて、関係を一歩前進させるためのコツをわかりやすく伝授いたします!

友達以上恋人未満デートってどんな感じ?

どんなデートをするの?

ごく普通のカップルであれば、デートでは恋人らしく手をつないだり腕を組んだり、イチャイチャしたりするのが普通です。ある程度ステディな関係になればホテルに行くこともあるでしょう。しかし、「友達以上恋人未満」的なカップルの場合、デートをしていてもいわゆる恋人らしい雰囲気になることがめったになく、手をつなぐことも腕を組むことも、キスをすることもほとんどないのです。

そうしたスキンシップがなくてもふたりの間には信頼関係があり、一緒にいても充実感が味わえるのですが、関係がいっこうに進展しないことに女性のほうがストレスを感じてしまい、結果的に自然消滅に終わってしまう場合があります。パターンはさまざまですが、本音の部分では男女双方が関係を一歩前進させたいと思っていることが多く、ただ、それを切り出すと相手に嫌われそうでこわいからずるずると今の関係性をつづけている、というカップルも少なくありません。もしもあなたが恋人との関係に物足りなさを感じているのなら、思いきってそのことを伝えてみるのも効果的かもしれません。

どうしてこんな微妙な関係になるの?

一応はカップルなのですから、最初のうちは男女ともに相手を特別な存在として意識し、ほかの異性にはない魅力を感じていたはずです。この時期がもっとも恋愛関係に発展する可能性が高く、多くのカップルは交際から半年ほどで性的関係をふくむ男女関係に進展していきます。

ただ、この時期にきっかけを逃すとそれ以上深い関係に発展するチャンスを失ってしまい、スキンシップのほとんどない、いわゆる「ままごとカップル」になってしまう確率が高くなります。もちろん、カップルの在り方は千差万別ですが、仮にどちらかが物足りなさを抱えたままだらだらと関係をつづけているといつしか深刻なすれ違いにつながり、関係が修復不可能になってしまう可能性もあります。

いったん安定化した関係は容易なことでは変えられないため、できるかぎり早い段階で次のステップに進むきっかけをつくるようにしましょう。

どうして友達以上恋人未満の関係になるのか

彼氏や彼女、夫妻がいるなど恋人になれない理由がある

最初から「友達以上恋人未満」的な関係を望んでいるカップルは、実はそれほど多くはありません。成り行きでそのような関係になってしまう典型的なパターンとして、いわゆる三角関係があります。

男女どちらかにすでに長く付き合っている恋人がいる場合、たとえ新しい恋人のほうにより強く好意を抱いていたとしても簡単には別れられず、結果的に中途半端な関係をずるずるとつづけることになります。どちらかが既婚者の場合は不倫ということになり、場合によっては離婚問題などよりいっそう複雑な問題に巻き込まれる可能性もあります。

幼馴染であり恋愛感情がない

マンガの世界でも、幼馴染はなかなか結ばれないのが定番のパターンです。現実的にも幼馴染は幼稚園や保育園の頃からお互いについてよく知っており、それだけにかえって恋愛のスイッチが入りにくいということがあるようです。

マンガであればストーリーの中で劇的なイベントが起こりお互いを意識するようになる……という流れがあるのですが、現実はそれほどロマンティックではなく、たとえほのかな恋愛感情を抱いていたとしても一生涯幼馴染のままで終わることのほうが圧倒的に多いといわれています。たとえ幼馴染であったとしても相手に対し「好き」という感情があるのなら、思いきってその気持ちを伝えることで関係が大きく変わる可能性もあります。

異性として見られない

これも幼馴染への心理とよく似ているのですが、相手が自分に対してきわめて近い関係にある場合、今さら恋愛対象として意識することもできず、ずるずると時間だけが過ぎていくという場合があります。また、医者と患者、教師と生徒、弁護士と依頼人など、立場上の理由から恋愛関係になれないケースもあります。その場合は仮に恋愛感情を抱いていたとしても無理やりおさえこむことになるため本人としては非常にストレスが溜まり、業務に支障が出ることも考えられます。

体だけの割り切った関係

「友達以上恋人未満」のアダルト版ともいえるのがいわゆるセフレです。基本的に体だけの関係で結ばれているためある意味では非常にあっさりとしており、長つづきしやすいともいえます。この場合も双方が納得であればカップルの在り方としてとくに問題はありませんが、もしも仮に男性側の一方的な都合によってそうした関係を強いられているのだとしたら改善の余地があり、女性にとってもストレスのない関係性を作り直す必要があります。また、当人同士で合意していたとしても、たとえば既婚者であった場合は慰謝料問題につながる可能性があるため、後々こじらせないために充分な配慮をしておきましょう、

恋人になるにはどうしたらいいか

ボディタッチしてみる

スキンシップは親愛の証です。とくに男性はボディタッチによる刺激に敏感であるとされ、たとえ異性としてまったく意識していない相手でも頻繁にボディタッチをされることでいつしか恋愛スイッチが入り、特別な存在として意識するようになります。有効なのは腕や腰、太ももなどいわゆるパーソナルエリアへのタッチであり、タイミングを見はからってこまめに刺激することで「私を異性として意識して」というアピールにもなります。ある程度関係が進んだところで太ももへのタッチを意識的に増やすと、性的な意味をふくんだサインにもなります。

気持ちを正直に伝える

さしたる理由も見あたらないのに関係がいっこうに進展しない場合は、相手がただ単純にあなたの気持ちに気づいていないだけかもしれません。とくに男性は比較的共感能力が低く、女性が発する微妙なサインを見過ごしがちです。もしもあなたに少しでも「好き」という気持ちがあるのなら、思いきって相手に正面から打ち明けることで道が開けるかもしれません。どんなに鈍感な男性でも「好きです」と告白されればあなたのことを多少なりとも意識するようになるでしょうし、その後の努力次第では本物のカップルになれるかもしれません。

真剣に話を聞いてあげる

人間誰しも、自分の話を熱心に聞いてくれる相手に強い好意を抱くものです。好意が必ずしも恋愛に結びつくとはかぎりませんが、それでも、「熱心に話を聞く」ということは強烈なアピールにつながります。また、話を聞くということはつまりふたりきりで会う機会を増やすことでもあり、「単純接触の効果」という心理効果から見ても恋愛成就には有効な作戦であるといえます。

まとめ

「友達以上恋人未満」。言葉にするとちょっとロマンティックですが、現実にはどちらにとってもストレスが溜まるものです。勇気がない、見込みがないからとそのままずるずると関係をつづけていてもチャンスを失うばかりなので、傷つくのを覚悟で気持ちを正面から伝えるなど、突破口を探る努力はとても大切です。