化粧崩れしない方法!1日仕事をしていても大丈夫な理由は?

朝、綺麗に仕上げたメイクが、時間と共に崩れていく……。これは、多くの方が経験していることかもしれません。一番怖いのは、化粧崩れしていることに気づかずに、あちこち歩きまわってしまうこと。それについて、誰も教えてくれず恥をかいてしまうことです。

では、どうしたら嫌な化粧崩れを防ぐことができるのでしょうか?

化粧崩れをしないためのポイント

化粧崩れは、季節を問わず起こります。暑い季節だけに見られるものではありません。冬であっても、乾燥が原因で化粧崩れが起こることもありますし、暖房が利きすぎている場所に足を踏み入れ、思いがけずメイクが崩れてしまうようなこともあります。

少しでも、こういったことを避けるにはメイク時のちょっとした工夫が必要です。

ベースメイクをしっかりする

あなたは、普段メイクをする時に下地を使っていますか?それとも、ファンデーションだけを使っているでしょうか?もしファンデーションだけを使っているのでしたら、化粧崩れを防ぐ為にも、是非下地を使うことをオススメします。

下地を使うことで、ファンデーションと肌をよりピタッとくっつけることができますので、より化粧が崩れにくくなります。更に、下地がしっかりと肌に塗れるように、産毛は剃っておきましょう。こうすることで、より綺麗にファンデーションがのせられますし、化粧が崩れにくくなります。

あわせて読みたい

ベースメイクの手順をスキンケアからパウダーまで解説!おすすめ商品も

続きを読む

ファンデーションを薄めに塗る

カバーしようとたくさんファンデーションを塗る方もいますが、これは化粧崩れを起こしやすくオススメできません。コツは、ファンデーションをごく薄くぬること。特に、ほうれい線や目じり、口のまわりなど筋肉がよく動く部位は、メイクが崩れやすいので、薄く塗るようにしてください。

スキンケアの後すぐにメイクを始めない!

洗顔後、化粧水や乳液などでお手入れしたら、すぐにファンデーションを塗らずに暫く待ちましょう。こうすることで、肌が落ち着いてファンデーションがのりやすくなります。

また、汗が止まらない状態でメイクを始めると、上手く仕上がりませんし崩れやすくなります。汗が止まらない時は、部屋の温度を下げて汗が引くのを待ったり、ティッシュなどで汗を抑えてから始めるようにするのがコツです。

化粧水を塗ったら、手で顔をプッシュ。そして、少ししてから乳液を塗るようにしてください。そして、少し待って肌が落ち着いてから下地です。ムラなく下地を塗ったら、ファンデーションへと進んでいきます。

規則正しい生活をする

規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事で、肌のコンディションを良くすることができます。コンディションが良ければ、化粧のりも良くなりますし、化粧崩れしにくくなります。

難しいことはありません。睡眠時間をちゃんと摂る。野菜やタンパク質など必要な栄養素を、不足しないように摂る。適度な運動を心掛ける。これだけでも肌には良いのです。

化粧崩れしないファンデーション

ファンデーションには、色々なタイプがあります。自分の肌に合ったものを選んで使ってください。オイリー肌の方は、パウダータイプのものを使ってみるのも良いでしょう。また乾燥が気になる方は、リキッドタイプもオススメです。

他にも、化粧崩れしにくいことを謳ったファンデーションも販売されていますから、こういったものを試してみるのも良いかもしれません。

あわせて読みたい

ファンデーションが化粧崩れしないためのスキンケア&ベースメイクの方法とは?

続きを読む

ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションをご存知でしょうか?こちらは、ミネラルで作られているファンデーション。オイリー肌の方にも、乾燥肌の方にもオススメのファンデーションです。軽くてべたつかず、自然な肌に見せてくれるのがメリット。肌へのストレスも少なく、化粧崩れしにくいといったメリットもあります。

あわせて読みたい

ミネラルファンデーションの特徴とおすすめミネラルファンデーション10選

続きを読む

クリームファンデーション

クリームファンデーションは、化粧崩れしにくいといったメリットがあります。メイク直しをする時は、軽くティッシュなどで皮脂を抑えるだけで大丈夫です。上から、パウダーを軽く塗って終了です。カバー力もありますから、きちんと感も得られます。

乾燥肌の方は、パウダータイプのファンデーションを使うと、粉っぽくなることもありますが、クリームタイプであればそういった心配もほとんどありません。クリームタイプのファンデーションは、薄めに塗るのが化粧崩れをより防ぐコツです。

部分別化粧直しのコツ

お化粧直しをする時は、気になる部位を優しく丁寧にするようにしましょう。

小鼻周辺

小鼻の周りの化粧直しをする時は、ティッシュや油とり紙などを使って皮脂を抑え、その上から軽くファンデーションやフェイスパウダーを使うのがオススメです。

小鼻の周りは、テカりやすく化粧崩れしやすい部位でもあります。できるだけ化粧崩れを起こさない為にも、メイク時はごく軽くファンデーションを塗るのがコツです。

目元

汗をかくと、アイメイクも崩れやすくなります。特に、暑い季節のメイク時は注意が必要です。

マスカラを使う方は、汗に強いタイプのものを使うのはもちろんですが、強めにまつ毛にカールを付けてからマスカラを使うのがコツです。こうすることで、肌にまつ毛が付かないので、目元が汗で黒っぽくなることを避けることができます。更に、トップコートを使えば安心です。夏の間だけでも使ってみてはいかがでしょうか?

また、アイシャドウはアイライナーを引いてから使うようにしてください。こうすることで、にじみにくくなり綺麗が続きやすくなり安心です。

あわせて読みたい

目元の印象は大切。アイメイクの重要性が分かる「パンダ」の画像が衝撃的!

続きを読む

口元

口元は化粧が崩れやすいので、メイクする時は薄めにファンデーションをのせるようにしましょう。また、口紅は塗る前にリップクリームを塗っておくのがオススメです。口紅を塗ったら、上から軽くティッシュで押さえると良いでしょう。

化粧崩れしない裏技

化粧崩れをできるだけ防ぐ為には、汗や皮脂の分泌をできるだけ抑えることが大切です。顔の汗を抑えるためには、日ごろから汗をたくさんかくようにしておくと良いでしょう。こうすることで、顔だけ汗がたくさん出るといったことを防ぐことができます。また、メイク時に汗が止まらないような時は、首の後ろを少し冷やしてみるのも良いでしょう。部屋の温度を低くすると言った方法もあります。

制汗ジェルを使う

顔にも使える制汗ジェルもあります。一度試してみてはいかがでしょうか?

洗顔前に蒸しタオルを使う

洗顔前に、少しの間蒸しタオルで顔を蒸してみるのもオススメです。こうすることで、毛穴が開き汚れや余分な皮脂を取り除くことができます。さっぱりとした状態でスキンケアを行いファンデーションを塗れば、化粧崩れしにくくなります。

また、この方法は肌荒れなどを防ぐ方法でもあります。洗顔後にしっかりと保湿することができれば、ニキビ予防にもなりオススメです。

おしろいを塗ってからファンデーションを塗る

下地の上にファンデーションを塗るのが一般的ですが、その前に軽くおしろいをはたいておくと、ファンデーションが崩れにくくなります。後は、普通にメイクをして大丈夫です。おしろいもファンデーションも薄めにするのがコツです。

まとめ

化粧くずれは、夏でも冬でも起こります。こういったことを避ける為には、下地を塗ること。そして、ファンデーションは薄めにすることがコツです。洗顔の際は、蒸しタオルを使ってみるのもオススメです。こうすることで、化粧崩れを防ぐだけでなく肌荒れ予防にもなります。また、肌が乾燥すると化粧崩れしやすくなりますので、乾燥対策もしてください。

ファンデーションにも色々なものがありますから、試してみてはいかがでしょうか?