敏感肌にお悩みの方必見!原因ごとにおすすめの化粧水をご紹介

女性にとって化粧水などに代表される基礎化粧品を選ぶという事はとても重要なポイントになります。日頃の肌のお手入れに関しても重要な問題になっておりますし、毎日の基礎化粧品の使い分けがアンチエイジングにも繋がってきます。

20代の方も素晴らしい30代、40代を過ごすために重要な要因のひとつとなっておりますので、真剣に考える必要があります。しかし、これまであまり気にして化粧水を選んで来なかったという方にとっては、どのように化粧水を選んだらよいかわからないという方も多いと思います。そこでこちらのページでは、敏感肌におすすめ化粧水や、初心者の方に知っておいて欲しい化粧水の選び方、化粧水の性分の違いを解説などの情報についてご紹介します。

敏感肌になる原因とは?


敏感肌の方というのは、他の方と比べて肌に受けるダメージの量が多くなります。そのため、化粧水など基礎化粧品に関しては、しっかりとした知識をもって対応する必要があります。

化粧水選びで最も重要なポイントとしましては、やはり自分の肌についてしっかりとした知識を得るということになります。特に敏感肌の方は、どのような事が原因で敏感肌になっているのかを冷静に判断する必要があるのです。まずは、敏感肌になっている要因についての知識を深めていきましょう。

紫外線や温度、気温、間違ったスキンケアなどの外部要因

敏感肌の要因としてもっとも多いのが、紫外線や気温、室内の温度などが変化しているのに、一年を通して同じ化粧水を使っているパターンです。当然ですが、夏と冬とでは紫外線の量もことなりますし、温度や湿度なども大きく異なります。同じ化粧水を使っていてもカバーする事ができないようなケースがありますので、シーズンに合わせて選ぶ事がポイントになります。

また、そもそものスキンケアが間違っているような場合も敏感肌を誘発してしまっている恐れがあります。念入りにクレンジングし過ぎてしまい、2分以上も洗何時着けてしまっていたり、オイルシートタイプのクレンジングを多用していたり、最初にしっかりと泡立てずにゴシゴシと荒ってしまっていたり、必要以上に強い力でパッティングしていたり、毎日のように過剰にパックやマッサージをしてしまっているような方の場合には、スキンケアが原因で敏感肌になっている可能性があります。

生活習慣や加齢、ホルモンの乱れなどの内部要因

敏感肌になってしまっている要因は、何も外的な要因だけではありません。生活習慣の乱れであったり、加齢、ホルモンバランスの乱れなど内部的な要因も関係している場合があります。

夜型であったり、栄養バランスの崩れた食生活をしていたり、眠る直前までパソコンやスマートフォンを見ているような場合などは、質の良い睡眠がとれていなかったり、食生活が乱れてしまっているため、健康な肌を構築する事ができずに敏感肌になりやすいといわれております。

また、肌年齢は20代を境にして、どんどんと劣化してしまいます。その為、20代の前半と同じようなライフスタイルをしてしまっているような場合には、どうしても肌が傷みやすくなってしまい敏感肌になりやすいと言われています。

また、生理前に肌が荒れやすいのと同様に、ホルモンのバランスが乱れてしまうと、どうしても敏感肌になりやすいので食生活をはじめとしたライフスタイルの改善は払子になります。

外部要因におすすめな敏感肌向けの化粧水

紫外線や乾燥、間違っているスキンケア選び、スキンケアの方法などに代表される外部要因によっておこる敏感肌に関しては、保水性分が高い化粧水を積極的に取り入れる事が必要になります。

しかし、世の中には本当に色々な化粧水が沢山あります。もちろんそれぞれのホームページには、素晴らしい内容ばかりが記載されておりますので、これまで本格的に化粧水について詳しく考えた事が無かったという方にとっては、どれを選んだら良いかわからないという方も多いと思います。

そこれこのページでは、比較的手の出しやすい化粧水の中から、特にコストパフォーマンスの高い化粧水を三点ご紹介します。

アヤナス ローションコンセントレート

アヤナス ローション コンセントレート 125ml リフィル

アヤナス ローションコンセントレートは、DECENCIA(ディセンシア)から発売されている大人気の化粧水になります。125mlで5,000円という価格帯ですが、お値段以上に非常に高いコストパフォーマンスが評判で品薄状態になっております。

特に敏感肌の方の為に開発されているとあって、とにかく刺激が少ないのが特徴となっております。冬の乾燥しているシーズンなどに特におすすめの化粧水となっております。ふっくらとしながらハリのあるお肌が手に入ると評判になっております。

ヒフミド エッセンスローション

小林製薬 ヒフミド エッセンスローション 120ml 保湿化粧水

小林製薬から発売されているヒフミド エッセンスローションは、120mlが3,000円、180mlが4,300円と比較的手を出しやすい価格帯になっております。まだ利用した事がないという方に限り、ヒフミドトライアルセットが980円で利用する事ができますのでかなりお得です。

化粧水の中では比較的トロっとしていますので、しっかりと潤いを取り戻す事ができます。保湿成分がたっぷりと含まれておりますので、敏感肌の方にはもちろんの事、エイジングケアを求めて利用されている方も増えております。

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ(大容量) 400ml

無印良品の大ヒット化粧水、化粧水・敏感肌用・高保湿タイプは、50mlが277円、200mlが648円、400mlが1,111円と非常にリーズナブルです。お試しとしてチャレンジしやすい価格帯は、敏感肌に悩んでいる方にとって非常にありがたい存在となっております。

小さいサイズはお試しとして利用されるのはもちろん、二泊三日程度の旅行などにも最適です。特に冬の乾燥しているシーズンなどは、普段は違った化粧水を使っているけど、乾燥が強い時期などにピンポイントで無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプを使われるといった方もいます。

これまで敏感肌用の化粧水を使っていなかったという方におすすめの化粧水です。こちらをベースにして、不満があるような部分を保管する為に、色々と範囲を広げるようなお試し方もおすすめです。

内部要因におすすめな敏感肌向けの化粧水

同じ敏感肌の方に向けた化粧水でも、原因が外部要因なのか内部要因なのかによって、必要としている栄養素が大きく異なりますので、混同しないように注意する必要があります。その為、面倒だとは思いますが、成分をしっかりと確認したり、口コミなどのレビューを参考にしながら刺激性分がなるべく少ないのはもちろんの事、補修力の高い化粧水を選ぶようにする事がポイントになります。

しかし、これまでそんなところを気にした事がないという方にとっては、どれがどう違うのか分からないという方もいるとおもいますので、今度は、内部要因におすすめの化粧水を三点ご紹介します。

アクセーヌ AD コントロール ローション

ADコントロールローション120ml

アクセーヌから発売されているAD コントロール ローションは、120mlで3,500円と日常的に使える範囲内の価格帯となっております。敏感肌の方の場合には、どうしても高い化粧水を買いたがってしまうのですが、これくらいの価格帯ですと非常にストレスなく購入する事ができるのでおすすめです。

敏感肌の方におすすめの化粧水ですので、肌荒れで炎症の症状が出ているような時でも利用する事ができます。アトピーの方も利用していることから、安心して利用する事ができる化粧水として評判です。

アルージェ モイスチャー リッチローション

アルージェ モイスチャーリッチローション(とてもしっとり) 120ml

アルージェのモイスチャー リッチローションは、120mlで2,500円と敏感肌ようの化粧水の中では比較的リーズナブルな価格帯になっております。非常にしっとりとしたローションタイプの化粧水ですので、保湿効果は抜群です。乾燥している季節に最適です。

ビーグレン クレイローション

b.glen ビーグレン クレイローション <CLYモイスチャーローション> 120ml

b.glen(ビーグレン)のクレイローションは、120mlで3,700円と若干高めになっておりますが、コストパフォーマンスを考えれば許容の範囲内だと思います。グリチルリチン酸ジカリウムが配合されておりますので、肌荒れやニキビなどを効果的に防いでくれます。化粧水自体はとろみがあるタイプですので、肌に吸い付くようです。

まとめ


敏感肌の方というのは、一般的な肌の方よりも肌にあう化粧水の種類は少な目です。しかし、しっかりと自分の症状にあった化粧水を選ぶ事ができれば、徐々に症状は改善していきます。

また、敏感肌の原因をしっかりと見極め、対策する事によって症状を改善する事ができますので、ぜひチェックしてみてください。