不倫の結末とは?最悪の結末をふまえて幸せになるための方法を学ぼう

この記事の情報提供者

「この不倫の結末は、どうなるのだろう?」とか、「やっぱり不倫の罪悪感が拭いきれない」と思ってはいませんか?不倫にはリスクが付き物。取り返しのつかないことになってしまうこともあります。だからこそ、あらかじめ不倫の結末を知っておくことが重要。

そこで今回は、恋愛アドバイザーのyukinanaさんのお話をもとに、不倫の結末や不倫を経験した女性が幸せになる方法などについてまとめました。

不倫にはどのような結末が待っているのか


不倫をしていると、「この先、どんな結末が待っているんだろう」と感じる女性は少なくありません。彼が好きという思いで不倫を続けたものの、予想だにしない結末を迎えて後悔したという人もいます。

そこで、不倫にはどのような結末が待っているのかについてまとめました。

家庭に戻る

不倫をしてもほとんどの男性は結局、家庭に戻ってしまうもの。そして不倫相手の女性は、別れを告げられて悲しい想いをするというケースが多く見受けられます。長年培ってきた絆を簡単に壊せるほど、結婚は甘いものではありません。

もし、離婚をして不倫相手と再婚した場合には、彼の親族や仕事関係の人に対する体裁が悪くなってしまうことも考えられます。「うちの家族で離婚をしたのはお前だけだ」や、「君は一度離婚してるんだって?」などと、周囲の人に言われることを嫌う男性は少なくありません。仕事への意欲がとても強い人の中には、「離婚をすることで出世に響くのではないか」と心配する男性もいます。

また、彼に子どもがいる場合には、なおさら離婚することが難しくなってしまうもの。子どもへの愛情が強いほど、彼は「この子と離れたくない」と強く思うでしょう。

なぜなら、子どもがいると親権や養育費などの問題が発生し、離婚への道のりが長く、困難なものになってしまうからです。そのため、真剣に離婚を考えたとき、「不倫相手のことは大好きだけど、離婚をするにはデメリットが大きすぎる」と考える男性は少なくありません。

不倫が実っても心の平安は保てない


不倫をした結果、稀に相手の男性がパートナーと別れて、不倫相手の男性と一緒になるパターンもあります。しかし、彼と一緒になっても「また別の人と不倫するんじゃないか」と疑心暗鬼になってしまい、喧嘩になることが多いもの。

浮気癖がなかなか直らない男性は珍しくありません。そのため、「自分も浮気をされて、最後には捨てられるんじゃないか」と疑ってしまうのです。

不倫をしているあいだに、彼の生活パターンや交友関係などを知ることは多々あります。「本当は、この日だけ早く仕事が終わるから君と会える」や、「友達の○○と、第2日曜はゴルフに行くことになっている」などと、会える日程を教えてもらうときなどに、その理由を教えてもらえることが多いからです。

こういったことを知っていると、彼の生活パターンや交友関係に変化が生じた際、疑いたくなくても疑ってしまうもの。不倫をしていないにもかかわらず疑われると、男性は信用されていないと感じ、不快な思いを抱きます。

そんな不快感は、「どうせ不倫を疑われるなら、いっそ本当に不倫をして疑われたほうがマシだ」といった考えにつながるもの。そんな男性心理が働き、浮気を助長してしまう結果につながりかねないのです。

不倫がバレる

不倫がパートナーにバレると、ほとんどの場合、慰謝料を請求されてしまいます。それだけではなく、あなたの会社に連絡されて、社会的な立場が危ぶまれることもあるのです。彼の奥さんは、どんな手を使ってくるかわかりません。

「私の家庭を壊そうとした」とか、「愛する人を奪おうとした」といった思いが強い奥さんほど、あなたへの仕返しを考えるでしょう。会社だけではなく、親族や友達などに不倫の事実を伝えるかもしれません。その中で、根も葉もない話が出て、話が誇張されていくこともあるでしょう。

また、SNSなどで不倫をバラされると、一気に拡散してしまうおそれがあります。このように不倫がバレることは、かなりのリスクがあるのです。

不倫の結末が「別れ」となった女性が幸せになるための方法


不倫の結末が「別れ」になることは珍しくありません。とても辛い思いをするからこそ、今後の人生に役立てたいですよね。

ここでは、不倫の結末が「別れ」となった女性が、幸せになるための方法について紹介します。

自分のペースを取り戻す

不倫をする中で、「彼に合わせた生活をしている」という女性は、少なくありません。彼には家庭があるので、なかなかあなたの都合には合わせられないもの。

このような彼中心の生活スタイルを変え、自分のペースを取り戻すことを優先しましょう。あなたのやりたいことを優先し、生活リズムを整えていく中で素敵な男性を探すのです。

あなたに無理のない生活の中で見つけられた男性は、きっとその後も無理なく愛情を深めていけるはず。不倫を終えた女性には、真っ当な恋愛を探すことが一番と言われることは珍しくありません。自分なりの生活スタイルの中で、真っ当な恋愛を見つけましょう。

積極的に出会いを探す

どんな形であれ、叶わなかった恋は心に残るもの。ですが、ウジウジしていても幸せにはなれませんし、彼が帰って来るわけでもありません。

不倫を忘れなくてもいいのです。ただ、積極的に出会いの場に参加するように心がけましょう。いろいろな人と話すことで、見えてくるものもありますよ。

不倫を経験した女性にとって、もっといい人を見つけることはとても重要。素敵な男性が不倫を忘れさせてくれるので、積極的に出会いを探しましょう。

自分にとっての幸せとは何かを考える


不倫相手と会っているときは、たしかに幸せだったかもしれません。でもそれは一時のもの。本当の恋は、そんなに悶々と相手との関係性を考えることもありません。

そういった不倫を経験したからこそ、自分にとって「本当の幸せとは何か」を考えましょう。幸せになるためには、自分にとっての理想像をイメージする必要があります。ゴールがわからないのに、走り出すことはできません。

ほかの誰でもない、あなたの幸せを見つめ直し、しっかりと幸せに向かって歩きはじめましょう。

不倫によって最悪な結末になってしまった例


不倫を続ける場合には、起こり得る最悪の結末を知っておく必要があります。不倫をすることで、その後の一生を棒に振るようなことになると、後悔しきれませんからね。

そこで、不倫によって最悪な結末になってしまった例をまとめました。

社内での不倫がバレて職を失う

同じ職場での不倫は、あっという間に噂が広まってしまうもの。そんな会社にいづらくなってやめるというのが、一番多いパターン。社内で不倫をしていると、相手の男性よりも女性が仕事を辞めるケースが多いもの。

特に役職についている男性は、仕事を辞めてしまうと今の立場を捨てて、また新しい職場で1から積み上げていかなければなりません。肩書きや収入の面も含め、男性のほうが払う犠牲が大きくなりがちなので、女性が辞めるケースが多いのです。

婚期を逃す


長年不倫をしてきたせいで、婚期を逃す女性は少なくありません。「なかなか奥さんと別れてくれないけど、彼が好きだし…」と言っているうちに、30代後半を迎えてしまったという女性もいます。

「気づけばまわりがみんな結婚していて、タイミングを逃してしまった」ということになると、その後、一生後悔することになるかもしれません。

子どもを諦める

不倫相手の子どもができたけれど、諦めるしかなかったという結末も…。いくら対策をしていても、100%子どもができないとは言い切れません。

未婚のシングルマザーになる勇気や経済的な自信がなく、不倫相手に認知してもらうこともできないという形になり、泣く泣く諦めるしかないというパターンです。

不倫の結末が「結婚」となった女性が幸せに生活するための心構え


稀なケースではありますが、不倫の結末が「結婚」となることもあります。ですが、不倫を経た結婚だからこそ、心配や不安が付きまとってしまうもの。

そこで、不倫の結末が「結婚」となった女性が、幸せになるための心構えをお伝えします。

彼を疑わない

彼を疑う気持ちは捨てましょう。「結婚する前のこの時間は、残業って言って、奥さんに嘘をついて私と会ってたな」なんて思っていてはキリがありません。

疑うことで彼に不快感を与え、本当に浮気をされてしまうおそれもあります。根拠もなく疑っても良いことはありませんので注意しましょう。

常に自分磨きを怠らない


結婚をするとスリルがなく、安心感ばかりが増えて自分を良く見せようとしなくなるもの。でも、彼から飽きられないようにするためには、昨日の自分よりも0.1でもいいから素敵な女性になることが大切なのです。ほんの少しでも良いので、常により良い自分になれるように心がけましょう。

彼が不倫した理由を教訓にする

不倫をしていたとき、奥さんの愚痴などを聞くことは珍しくありません。そういったことをふまえて、「自分はそうならないようにしよう」とかたく決意し、注意することが大切です。

自分との不倫時代に聞いた結婚生活の話や、奥さんへの不満を教訓にすることで、幸せな家庭を築くことができます。

まとめ

不倫をしていると、後ろめたい気持ちが押し寄せてきて「本当にこれでいいのかな」と思ってしまいがち。たしかに不倫のリスクは大きく、最悪の結末を迎えてしまうこともあります。

だからこそ、しっかりと不倫の注意点を把握して、自分なりの幸せを見つめ直しましょう。大切なのは後悔をしないこと。「自分の人生を懸けてでも、彼との関係を続けていきたいのかどうか」といった点を明確にして、あなた自身の幸せを考えましょう。