声の低い女性は男ウケが良いって噂!魅力いっぱいの秘密に迫る

女性の声といえば、ハイトーンなボイスだけが魅力ではありません。声が低くても、得することはいっぱいあります。大きな魅力になってくることも少なくないのですから、もっと前面に出していくことも大切です。

声が低い女性でも輝ける!カラオケでオススメのアーティスト

低い声を出すことができることは、デメリットになるわけではありません。カラオケではメリットにつながっていくことも多いでしょう。人気のあるアーティストも多く、ちょっとだけポイントを抑えていけば、魅力的に輝くことができます。

絢香

声が低くても、感情を込めて歌うことができるのが絢香でしょう。聞いているだけでも表情が浮かんでくるところは、さすがの歌唱力です。声に力強さを感じることができるところに特徴があることから、情熱を込めて歌ってみるといいでしょう。声が低い人にとって、とてもいいお手本ともいえます。

UA

低音でつややかな歌声を見せてきたのがUAです。独特の世界観を持っており、さまざまな名曲をカバーしてもきています。歌詞の大人の感じもありますが、高音ではなく低音でゆったりとしたリズムで歌うことができる曲も多いため、低音域が得意な人にも歌いやすいアーティストでしょう。

中島みゆき

ハイトーンではないアーティストとして、長く活躍しているのが中島みゆきでしょう。スモーキー・ボーカルといわれることもありますが、中性的な雰囲気も持ちながら、ぬくもりを感じさせてくれる声は、高い人気を持っています。他にはない独特な世界観もぴったりはまるでしょう。

平原綾香

低音の使い方では、綺麗な響きを作り出していくのが平原綾香です。安定した低音を使うことでも知られており、高音域も使うことができるのは、声楽のなせる業でしょう。一定の温室で歌続ける特徴を持っているため、練習する曲として考えても、低音の女性にはぴったりです。

AI

声が低いことが全くハンデにならないのはAIでしょう。Storyのように強い世界観を持つ曲が多く、声が低いことがメリットになっていきます。メッセージ性の強い曲が多いことからも、説得力を前面に出すことができ、世界観に引き込むことができるようになるのですから、想いっきり歌っていくことができるでしょう。

松たか子

全般的に声が低い人でも歌える曲がそろっているのが、松たか子でしょう。メロディーのよさもありますが、哀愁漂う歌声が特徴です。聞きやすい発声をするところは、さすがの腕前です。ただし、中にはハイトーンが必要になってくる曲もありますので、曲を選ぶことも必要になってきます。

声が低い女性は得?

声が低いことをコンプレックスと考える前に、強い特徴があることを意識してみると、これまでとは違った世界が見えてくるようになってきます。高音域しか出すことができない女性から見ても、得をすることも多いでしょう。特長は生かしていけばいいのです。

落ち着いて見られる

高音が若々しく聞こえる反面で落ち着きのなさを感じることがありますが、低音は逆に大人の落ち着きを印象付けます。安心感の部分でも、低温で話をされることはメリットがあるでしょう。人間的な魅力にあふれているように感じることも多く、好印象を受けやすいのが特徴です。

なんとなく説得力を感じる

説得力ということでは、声が低い方が確実に高まります。カウンセラーを見てみるとわかりますが、声が高い人はほとんどいません。うるさい声で叫ばれても、説得を受けている感覚にならないからです。この効果はかなり大きく、ゆっくりと話すことによって、さらに友好的に働きます。

相手に対するアピールでも、低い声は有効でしょう。考えもしっかりと聞いてもらうことができるようになり、関係性も良いものに変えてくれます。話を聞いている間に、仲が良くなることがあるのも、高い声よりも低い声でよくある話です。

慣れれば高い声も取得できる

普段から低い声だから、高い声が出ないわけではありません。慣れてくれば、高い声も出るようになります。ボイストレーニングでおこなう人もいますが、訓練次第で虫なく出せるようにもなるでしょう。喜怒哀楽の変化もつけやすくなることから、うまく活用してメリハリをつけていくこともできます。

男性ウケがいい理由とは

声が低い女性は、男性受けがいいといわれます。これには、さまざまな理由があり、影響を受けることがあるからです。声が低いことをコンプレックスと考えている人は、一度魅力を考え直してみる必要があるでしょう。

低い声に安心感を覚える

低い声には、独特の安定感があります。説得力のある声と通じる部分がありますが、心に響くのは低い声です。女性の低い声にも安心感を覚えることがあり、ほっとすることができることは間違いありません。だからといって、母性的ということだけではなく、大人の雰囲気を感じることができるでしょう。

歌声に色気を感じる

低音には、独特の色気があります。カラオケで歌っているときにも、声が高い女性より、セクシーなイメージを抱くことが低音の魅力でしょう。できるだけゆったりと歌っていくことができれば、大きな力を発揮します。特にテンションをあげたりせずに歌うことが色気につながっていくポイントです。

声から包容力を感じる

母性的な部分もある低音ですので、包容力に大きな違いがあります。堅実ながらも優しさも感じることができることから、声で得をすることが多いでしょう。さりげなくアピールできることを考えれば、声が低いことは、女性にとって大きなメリットにつながってくるのは間違いありません。

声が低いからこそできること

ないものねだりでもありますが、声が高ければと思うこともあるでしょう。ですが、声が低いからこそできることもたくさん存在します。その能力を生かしていくことこそが重要であり、ないものねだりをすることではありません。

声の仕事が出来る

声に特徴があることは、大きな特徴になるでしょう。高い声の女性が多い中で、低い声を持つことは、それだけの特色があります。これが仕事になるのも、大きなメリットにつながるポイントです。

声の仕事にはいろいろなものがありますが、落ち着いた低い声は、聴きやすいだけではなく安心感ももたらします。ナレーションの仕事でも、金切り声の人がいないように、落ち着いた声は、必ずメリットが出てくるものです。結婚式の司会の仕事も声が低い方が人気が高まりますが、こうした仕事につけることはなかなかありません。

ギャップを利用した恋人作り

大人っぽく聞こえることができる低い声は、うまく使えばギャップを生み出すことができる能力です。賢い印象も与えることにつながりますが、男の人からも一目置かれるような声にもなるでしょう。

普段可愛らしい格好をしながら、低く落ち着きの払った声となれば、大きなギャップになってきます。誠実さも感じることができるようになり、男性からも人気が出ることは間違いありません。可愛らしさと勘違いすることもありますが、男性は高い声をあまり好まないのは多くの人に共通しています。高い声の女性は疲れてしまうという人も多いでしょう。

男性から見ると、女性の声は高いものであると考える部分があります。ステレオタイプなことではありますが、ここにギャップをつけることもできるでしょう。地味なファッションをしていると外見と共通点ができてしまい、あまり驚きはありませんので、明るめのファッションにしていくことが重要になってきます。

まとめ

女性の低い声は、高い声とは別の魅力を持っていることは確かです。生まれ持った特色なのであり、自分で思っている以上にプラスになることがたくさん存在します。自分にないものを欲しいと思っても手に入れることはできません。それならば、自分が持っている能力を思う存分発揮していくことが、ポジティブな生き方にもなっていくでしょう。