旦那が不倫する理由と心理とは?旦那の不倫の対処法8選

不倫は女性でも男性でもしますが、女性と違い男性が不倫をする場合、主に性欲を満たすことを目的としています。旦那が誰かほかの女性と会っているかもしれません。妻としては「自分の旦那は大丈夫」と思うかもしれませんが、大丈夫と思う家庭ほど気を付けたほうがよいでしょう。もしも自分の旦那が不倫をしていた場合、どのようにして対処すればいいのでしょうか?

ここでは、

  • 旦那が不倫する理由
  • 不倫する旦那の考えていること
  • 旦那に不倫された時の対処法
  • 旦那に不倫されない妻になるために

をご紹介していきます。不倫をすることは決して許せるものではありません。何が原因だったのか、自分にも悪かった部分はないか、よくよく考えるきっかけにしてみてください。

旦那が不倫をする理由とは?

不倫をする旦那への対処を考える前に、まずはなぜ不倫をするのかその理由を見てみましょう。理由がわかれば、対処方法も見えてきます。

生活からくるストレス発散

家庭や仕事でのストレスを発散するために、不倫をする男性は少なくありません。普通はストレスが溜まれば、家族との時間や自分の趣味などで発散します。しかし家庭環境が悪ければ、家に帰ってもストレスは減らず溜まる一方なので、発散する場所を求めて不倫に走るのです。

妻との関係がマンネリになったため

マンネリ化した結婚生活により、男性は新しい刺激を求めて不倫をする場合もあるようです。結婚して妻と生活を続けていけば、徐々に新婚生活のような新鮮な気持ちも体験もなくなっていくでしょう。さらに妻が子育てで忙しいとなれば、夫婦の会話も減ります。退屈な生活が続くほど、男性が不倫に走りやすいともいえるでしょう。

家の居心地が悪いため

家庭の中に居場所が少なく居心地が悪いとなれば、不倫をして女性の家で過ごしたいと思うかもしれません。家庭環境が悪く旦那が家にいたくないと感じると、ほかの場所を求めて不倫をするのです。

妻の愛情が感じられなくなった

家庭での居心地の悪さやマンネリ化した生活にも関連することですが、妻から愛情が感じられなくなると、ほかの女性のほうがよいと考えるようになります。そのため、自分を愛してくれる女性を求めて不倫をするのです。

ほんの遊びのつもりが…

家庭環境や妻との関係が良好でも、不倫をする男性はいるでしょう。1度だけの遊びのつもりで関係を持ったはずなのに、そのままずるずると関係を続けてしまうのです。自分に妻がいたとしても、女性との出会いがあると男として手を出してしまうのかもしれません。

不倫する旦那はこんなことを考えている!

男性にとっての不倫の大きな目的は性欲を満たすことですが、そのほかにもいくつか理由や考えがあります。特に、男性特有の考えに基づいて妻以外の女性と付き合うケースが多いようです。

モテたいと思っている

男性は何歳になっても、モテたいと思っているのでしょう。その思いは家庭を持っても変わることがなく、チャンスがあれば自分を試します。そうした中で女性との出会いがあれば、相手の気を引いて不倫をしようとするようです。

上昇志向が強い

上昇志向の強い男性は、たとえ妻との仲に問題がなく家庭で居場所を持っていても、不倫をするかもしれません。より上を目指そうとするので、女性に関してもよりよいレベルの相手を求めます。相手が自分と付き合っているのは、自分に価値があると相手が認めたからだと考えており、さらに自分の価値を見いだすためにほかの女性を求めるでしょう。

性格が真面目だからという場合も

真面目な男性ほど家庭では妻や子供に尽くし、家族のためを思って仕事も真面目に頑張ります。そんな男性は女性とも真面目に付き合ってきたためか、異性に対しての耐性をあまり持っておらず、自分に好意を向けてくれた女性に本気になってしまいやすいのでしょう。女性の何気ない行為や少しのちょっかいでも男性は本気になり、不倫へとつながっていくのです。

結婚そのものが妥協だった

妻との結婚は妥協で、世間体を考えてとりあえず家庭を持ったという男性もいるのではないでしょうか。特に結婚について考える時間の猶予が少なくなった年齢の高い男性ほど、流れに任せて結婚するかもしれません。妥協して結婚すると妻に対しての不満が出てきやすく、やがてほかの女性を求めようとします。

不倫を悪いと思っていない

不倫は悪いことではないと考える男性もいるようです。たくさんの女性と付き合うことは、むしろ男としてのステータスだとさえ考えます。そんな考えを持っている男性であれば、平気で妻に嘘をつき不倫をするでしょう。

何も考えなくてよい場所が欲しい

その場の流れに身を委ね、成り行き任せで不倫をする男性がいます。はっきりとした考えはほとんどありませんが、不倫をすれば家庭よりも居心地のよい場所にいられるのではないかと考え、ほかの女性を見付けるのです。

不倫をした先に起こる事態は想像しませんが、新しく見付けた女性の家は居心地がよいだろうという想像はできるのでしょう。

妻を好きではない

妻のことが好きではないから不倫をするという、わかりやすい理由を持っている男性もいます。もちろん、結婚した当初は妻のことを好きで愛していたのでしょう。

しかし長く結婚生活を続けるうちに、妻の悪い部分が見えてきて家庭内で対立が起き、好きでなくなる場合もあるのです。

妻に対して魅力を感じられない

妻のことは嫌いではないけれど、特別魅力を感じていないという男性がいます。やはりこれも、長年の結婚生活によるマンネリ化や慣れが原因です。

特に女性は、決まった男性が見付かったとたん自分磨きに手を抜くケースが多いので、結婚してオシャレに気を使わなくなったとすれば、女性としての魅力を失っていることになります。

旦那に不倫されたときの対処法

旦那の不倫を知れば頭に来るのは当たり前ですが、まずは冷静になりましょう。高ぶった気持ちに任せて行動すると、家庭をはじめ何もかも失う可能性があります。旦那の不倫に対して、以下のように対処するとよいでしょう。

まずは冷静になる

いったん旦那への怒りを抑えて、冷静になってください。興奮したままだと、冷静な判断や行動ができません。適切な対応をしたいと思うなら、正しく行動するためにも冷静になりましょう。

浮気相手はどのような人かを知る

気持ちを落ち着かせたら、浮気相手がどんな人かを確かめます。すでに旦那が浮気をしたという確証があれば、落ち着いた口調で誰と不倫をしたのか聞いてください。

浮気相手も結婚しているのか、自分にも関連がある人物なのかということは、のちのち離婚を進めるうえでも重要な情報となります。

どうして浮気をしたのか原因を知る

浮気をしたことには、旦那としても何か理由があるのでしょう。旦那が家庭に対して不満を持っているなどの場合、妻の側にも非があるかもしれません。すべて旦那が悪いと決め付けるのではなく、どうして浮気をしたのかという具体的な理由を聞きましょう。

離婚をすべきかどうかを考える

離婚するかどうかを考える際は、今後の生活も考慮したうえで検討してください。旦那に対する怒りの強さや、不倫相手などによって決めることになるでしょう。離婚は多大な労力を要するので、慎重に考えてください。

確実に浮気をしているかどうかを調査してもらう

離婚を有利な条件で進めたいなら、探偵などに調査を依頼し確実な証拠を見付けましょう。この場合、旦那を問い詰める前に調査を依頼したほうがよいです。結婚生活を続けるにしても、今後旦那に浮気をさせないための切り札として使えます。

許すことで器の大きさを見せる

不倫をしていることを知っても、あえて許してどんと構えるような器の大きさを見せると、旦那としても考え直すのではないでしょうか。

寛大な妻を失いたくないと思うかもしれません。または問い詰められるだろうと思っていたのに妻が普段どおりにしていると、漠然とした恐怖を感じるかもしれず、違った意味で効果的です。

あえて優しくすることで旦那の罪悪感を引き出す

旦那としてあきらかにあやしい行動をしているのに妻が優しくしてくれると、不倫がバレているのではないかと不安を抱きます。やがてそれが罪悪感につながり、不倫をやめようと考えるかもしれません。

ただし旦那の性格によってはよけいに調子に乗るケースもあるので、この方法は諸刃の剣です。

慰謝料について具体的な金額を聞かせる

離婚するかどうか迷っているならば、旦那の出方を見るためにも慰謝料の金額を提示してみましょう。もちろん事前に弁護士に相談するなどして、妥当な金額を確かめておきます。

素直に慰謝料の支払いに応じるか、考え直すので離婚しないでくれと懇願してくるか、旦那はどちらかの対応をするでしょう。

旦那に不倫をされない女になろう!

旦那の不倫の原因が、家庭や妻に対する不満からだったという場合もあります。特に妻に対して飽きてしまうと旦那は不倫に走りやすいので、旦那の気持ちをがっちりつかむように行動してください。

夫婦でも他人だと自覚をしておく

夫婦であればお互い気持ちが通じ合い、何でも理解していると考えるかもしれませんが、結局は他人同士です。言葉で伝えないとわからないことも多く、ときには妥協し理解してあげることも必要となります。

まずは何事も言葉にして、旦那に気持ちを理解してもらうことから始めてはいかがでしょうか。

マイルールを決める

自分の中に、妻としてのマイルールを作りましょう。自分が許せる範囲と許せない範囲を決めるのです。旦那に許せないことをされたら話し合い、場合によっては離婚を考えます。旦那に何をされても構わないという態度の妻では、不倫をされやすいのです。

何でも許すことはしない

マイルールと同じく、許せないことは旦那にはっきりと宣言しておくようにしましょう。旦那のことが好きだから何でも許すという態度だと旦那は付け上がり、何をしてもよいのだといわんばかりに好き勝手な行動をします

束縛は適度にする

旦那への束縛は、程度を考え適度にしましょう。出かける度にいちいち報告させる、食事に関して細かく口を出すなど、すべてを管理しようとすると旦那は窮屈に感じます。窮屈すぎると、自由に行動させてくれる女性を探し不倫をするでしょう。

自分を向上させることで魅力を感じさせる

魅力のない妻は不倫をされやすいです。独身時代は毎日化粧に力を入れ、服にアクセサリーにとオシャレに気を使っていたのに、結婚したあとは適当になっていませんか

お互いどんどん年をとり、若くはなくなっていきます。自分を向上させてオシャレにも気を使い、魅力を維持して旦那の心を自分に向かわせるようにしてみてください。

まとめ

不倫の原因として、旦那に問題がある場合、さらには家庭や妻に問題がある場合もあります。妻として適切に対処していけば、不倫を防げるかもしれません。

一緒にいたいと思わせるような妻を目指し、旦那にとって都合のよい女性にはならないでください。旦那を優先しすぎる妻ほど、不倫をさせてしまいやすいのです。