不倫相手が子供を妊娠した!その後の修羅場について徹底解説

不倫はちょっとした火遊び位に思ってしていたのに、不倫相手が子供を妊娠!!となると、どうすればいいのか・・・途方に暮れてしまうと思いますが、途方に暮れている暇なんてありません。

子供はお腹の中でどんどん大きくなりますし、産ませるのか?産ませないのか?またその判断は男性側が出来る事ではなく、不倫の果て、子供を身ごもってしまった女性が考える事になります。

とんでもない事態・・・どのように判断すればいいのか、これはしっかりと責任を持って考えなければならない問題です。

不倫相手が子供を妊娠

不倫相手の事を本当に思っているという場合でも、不倫相手に対して遊びと思っている場合でも、子供が出来たとなれば、場合によっては離婚も覚悟しなければならない事態です。

相手が奥さんに話をすると言い出すこともありますし、もし堕胎してもらうにしてもその費用を捻出する事が必要です。

妊娠が事実か病院で確認する

不倫相手が離婚を迫っていていつ別れて私と一緒になってくれるの?と言っていた場合、子供を妊娠したということが事実ではないこともあります。

そのため、まず自分の目で子供を身ごもっていることを確認することが必要となるので、病院に一緒にいってその上で子供が出来ているかどうかを確認しましょう。

子供の相続権について考える

子供ができていた・・そこで子供を産んでもらうという事になると、子供の相続権などのことも考えなければならず、その場合、認知するかどうか、最初に決めることになります。

もちろん奥様にお話しし、離婚するのかそれともそのままで子供だけ認知するのか、その話し合いも必要となりますが、子供ができると不倫相手との子供でも相続権が出てくることを認識していなければなりません。

中絶費用は誰が払うのか

子供を堕胎してもらうという事は女性の身体に傷をつけることになり、男性はそのことを肝に銘じ、もしもその堕胎によって女性の身体に何らかの支障があった場合、責任を取る覚悟も必要です。

堕胎の場合、女性は相手の名前を明かす必要がありますし、早い段階で決断しないと死産届を提出しなければならないこともあります。

費用については一般的に10万弱くらいかかると思いますが、これは男性が出すべきお金ですし、もしも女性に払ってもらう場合、分割でもいいのでしっかり支払うのが段セキノ責任でしょう。

不倫相手が動揺している場合

妊娠してしまった・・・しかも不倫という状態での妊娠ですから、女性も動揺しないわけがありません。

不倫相手と結婚したいと思っている女性は、ここを幸いに離婚して私と一緒になってと迫ってくることも多いです。

女性が動揺している場合、気持ちを落ち着かせてから、今後のことについて話し合いをしなければなりません。

堕胎してもらうにしても、自分の気持ちを相手に話し、家庭を取り堕胎してもらうのか、それとも離婚して責任をとるのか、妻に認知をお願いするのか、こうしたことを含めて話し合いをすることが求められます。

不倫相手にしてはいけない行動

お子さんを身ごもったという女性に対して、不倫相手でもしてはいけない行動が「それ本当に自分の子?」と聞くことです。

女性によっては複数の相手がいることもあり、その場合、言いたくなる気持ちもわかりますが、怪しいと思う時には相手の気持ちを落ち着かせてから病院へ行き、最終月経などをもとに、いつの性行為が妊娠となったのか確認することが大切です。

こうしたこともせず、いきなり俺の子じゃないだろう?と突き放したり、いきなり連絡を取らない様にしたりすれば、相手はご家族のもとにこの事実を知らせに行くかもしれません。

不倫相手の子供を出産

不倫の相手との子供を産む決意をして、その子を出産する時、不倫相手と様々な事を話す必要がありますし、また相手の家庭を壊すかもしれないという事も考えておかなければないません。

相手の子を産む決断をしてから相手と連絡がつかなくなるという事もあるので、その場合、どうしたらいいか等も考えておきましょう。

未婚の場合の生活費や養育費について

不倫相手に迷惑をかけずに子供を出産するシングルマザーの選択をする女性も少なくありません。

でもこの場合、お子さんを出産してからしばらく働くことが出来なくなりますので、生活費、養育費等も考える事が必要となります。

不倫相手が養育費や出産についての費用、また生活費なども面倒をみてくれるという事ならいいのですが、通常、家庭をもっている人にこの選択は無理です。

となると自分の貯蓄や実家に頼る事が出来るか、費用のことについても、将来を予測しておかなければなりません。

認知について

お子さんを生むという事は不倫相手の子供が一人、この世に生まれるという事になるので、その子の戸籍をどうするのか?つまり認知してもらえるのかどうかも確認が必要です。

認知する場合には、もちろん家族の戸籍に乗ることになりますので、家族に内緒で行う事は出来ず、家族会議を行ってその上で認知するのか、また妻が許せないという事なら離婚になることもあると思います。

その場合、不倫の上での離婚となるので慰謝料なども請求されると思いますし、ご家族にお子さんが既にいる場合、養育費等も考えなければならず、認知についてはとても難しい問題になると思います。

不倫相手と連絡が取れなくなった場合

産みたいと不倫相手に告げてから不倫相手と全く連絡がつかなくなったという女性もいますし、住所を尋ねて行ってみたら全く嘘の住所で途方に暮れた・・・という人もいます。

不倫を遊びと割り切っている男性は時に嘘をつきますし、妊娠をしると逃げる男性も少なくないのです。

それでも産むという決心をするなら、出産の準備、お産後の生活なども考え、頼れるところには頼って無理をしない様に考えていくことが必要です。

子供の父親が夫にばれてしまった場合

妻側が不倫していて不倫相手の子供が出来た、でも夫にばれずにそのまま夫の子として産んだという方もいます。

産んだ時というのはしばらくの間、血液型の検査を行いませんが、小学校入学などの際に、血液型の検査を行いばれたという人もいますし、またお子さんがあまりにも自分に似ていないので、こっそりDNA検査を行い、自分の子ではないことに気が付いたという夫もいます。

この場合、慰謝料を請求される、離婚されるという事ももちろんありますし、子供の養育は無理といわれ実家に子供を預けなければならなかったという人もいます。

子供に不倫現場を見られたら

不倫をしているのは勝手ですが、家族に迷惑を掛けるようなことがあるなら、即刻不倫早めるべきです。

しかし不倫している方の中には、家に平気で不倫相手をあげることもありますし、お子さんが小さいと不倫相手と一緒に遊園地にいったり、旅行に行くなど、夫が忙しいほど図々しい状態になっています。

小さい子でも何となく感じるものですし、小学校高学年、中学生くらいになればおかしいという事を感じ取る子も多くなります。

もしも・・お子さんに不倫現場を見られてしまったら?どのように対処すればいいのでしょうか。

子供に謝罪する

不倫現場もそのものをみられた、例えばホテルに行くところを見られたとか、家で行為をしている時にみられたなどの場合、言い訳をしても無駄なのですぐに子供へ謝罪すべきです。

それでもお子さんはその行為を許さないと思いますし、お父さん、お母さんにその話をするかもしれません。

話しをしてくれればまだいいのですが、それによって精神状態が不安定になり、異性に対して強烈な嫌悪感を持ってしまう子もいます。

不倫関係を断ち切る

お子さんにみられた場合には、もう家族に知れる事を覚悟し、不倫関係を解消し、その後ばれなかったとしても不倫相手と会うのをやめるべきです。

お子さんはみたことを告げる事が出来ずにいるかもしれませんし、汚い・・・と感じて、そのことを口に出すのも嫌だと感じているかもしれません。

既にお子さんの心を深く傷つけているのですから、それ以上傷を広げない様に不倫を絶対にしない決意をし、家族を大切にしていかなくてはなりません。

配偶者にケアをお願いする

年頃のお子さんが見てしまった場合、その精神的なショックが消えず、話もしたくないし顔も見たくないと拒絶することが多いです。

お子さんがパートナーに話をしなくても、正直に不倫していたことを子供にみられたと話し、お子さんの事をよく考えてパートナーに心のケアをしてもらう事も必要でしょう。

この出来事で心のドアを閉じて大人になることが嫌になってしまう子もいますし、お子さんがどのくらいのショックを受けるのか?それは計り知れない事です。

まとめ

不倫は楽しい、女性はきれいになるし男性もウキウキと心が弾み仕事にも精を出すことができるなどといいます。

でももしばれたら?子供が出来たら?それは人生の崩壊を意味しています。

今ご家族が本当に仲が良く円満で、理想的な我が家となっているのに、不倫相手に子供が出来た、不倫している自分に子供が出来てしまった・・・となれば、幸せな家庭は崩壊し、子供の未来も見えなくなります。

そんな状態にならない様に、せめて、不倫関係では不妊をきっちり行い、不幸な子供が出来ないようにする、またもしも子供が出来てしまったら、誠意をもって対応するという事を考えておくべきでしょう。