デートがめんどくさいと思うのは異常?何が原因??

恋人同士で付き合っていてもめんどくさいと思うときが必ずあります。そんなときの理由を知りたければここで紹介しています。めんどうなデートを楽しくできるデートプランも紹介しているので参考にしてみてはどうでしょうか。

デートめんどくさいと思う人はおかしいの?


好きな女性や男性とデートをするのは楽しいはずなのに、めんどうだと思うことがあります。どちらも好きで付き合い始めたのに付き合っていくうちにデートはめんどうだと思ってしまうことがあるという人はたくさんいます。

デートがめんどうだと思うのは、特に男性に多いようです。デートがめんどうだから恋人は作らないと思う人もいてデートをドタキャンする人もいます。そんな男性や女性のデートをめんどうだと思う心理を紹介します。

恋愛中でもめんどうだと思うことはある

好きな人と付き合うことができて最初はうきうきでデートに誘ってから会っていたのが、徐々に気持ちに変化が現れることがあります。その中でもめんどうだと思いやすいことがいくつかあります。特に女性よりも男性に多いめんどうな原因があります。

彼女からの連絡が豆にあるときにたまにめんどうだなーと思うのが男性の心理です。多くの男性が束縛されたくないと思っていることがあり、あまりにも連絡が豆にあると嫌になってきてしまいます。

めんどうなので恋人はいらない

恋人はほしいが束縛はされたくないという人は多いのではないでしょうか。最近恋人になってからいろんな記念日で祝うカップルが会いますが、毎回いろんな記念日を作っていって、祝うのはめんどうだと思う人は恋人はいらないと思うことでしょう。

相手のことを考えながらデートに誘ったり食事に行ったりということがめんどうな場合、恋人を作らないで自分の時間がほしいと思う男性はたくさんいます。一人の時間が作れなくなるのが嫌で恋人を作りたくないと思う人が増えています。

デートドタキャンすることも

恋人同士で付き合っているので安心するのはよくありません。女性には特に多いのがデートのドタキャンです。理由としては仕事があるので急にドタキャンしてきたりする女性には本音は別にあります。単純な男性だと「そうなんだ」と納得するかもしれませんが、ちょっと待ってください。

実は本命は別にいて今の彼とはつなぎということがよくあります。本命の彼からデートの誘いがあったのでそちらを優先させることもあります。この場合、ドタキャンされた男性は2番目の男ということになります。彼女の本音を察することが重要です。

▼ 関連記事

デートでキスしたい!場所からタイミングまで成功の秘訣を解説

めんどうだと思うきっかけが知りたい


恋人同士でも長い間付き合っているとめんどうだと思うときが誰でもあります。男性でも女性でもめんどうだと思うことがありその理由は何なのかを知りたいものです。男性と女性ではめんどうだと思う理由に若干違いがあります。その理由について詳しく見ていきます。

女性がめんどうだと思う理由

女性でも恋人同士なのにめんどうだと思うことがあります。デートのときに行きたくないと思うときとは、仕事で疲れているときに休日は家出ゆっくりしたいと思っているときなどデートに誘われてもあまりいい気分にはなりません。

付き合っているのでメールや電話での連絡が頻繁にありますが、仕事が忙しいときや女子界などをしているときに連絡が来るとめんどうだと思って電話に出てしまうこともあります。あとは相手に合わせなければいけないこと自体めんどうだと思うことです。

男性がめんどうだと思う理由

男性がめんどうだと思うときとはどういうときでしょうか。女性と同じような理由や違う理由などもあります。男性がめんどうだと思うときとは、男性特有の悩みで女性の化粧直しの時間が長いときにいらいらする男性はいます。他には、分けもわからずいきなり怒り出したりして何が理由で起こっているのかがわからないときに、めんどうだなーと男性は思います。

オススメの対策法


恋人同士で付き合っている相手に対してめんどうだと思われないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。お互い2人で時間を共有するわけで相手を束縛しないで疲れないようなデートが一番理想的です。お互いが仕事をしている場合は、デートを頻繁にすると疲れるので工夫をしてから自分の時間を持てるような付き合い方をするのもいいかもしれません。

疲れないデートを考える

たまには疲れないデートもいいものです。お互いが疲れていてそれでも一緒に行動したいと思うときにオススメのデートプランがあります。それは温泉に2人で行くことです。温泉に浸かってゆっくりと体を癒やすデートというのもありではないでしょうか。仕事疲れをリフレッシュすることができてゆったりとした時間を過ごせます。

デートの回数を検討する

めんどくさいと思わないようなデートとは時間があるときに必ずデートをするのではなく、お互いの時間も大切にして2人でデートするときは思いっきり楽しめるようにするために、デートの回数を減らすこともいいのではないでしょうか。毎週デートをするのではなく、2週に1回デートして間の休みは夕食をゆったりと食べながら過ごすだけとかにすると疲れないデートもできます。

お金をかけないデートを工夫する

恋人同士で毎週デートをしているとどうしてもお金を使ってしまいます。毎回お金をつかっていると生活が困窮してきたりしてデート貧乏になったりします。そうならないようにするために、デートにお金をかけない夜景を見に行ったり、公園でのんびりと過ごしたりとデート場所をお金がかからないところに変えるだけで金銭的にも楽になり、心も満たされます。

デートがめんどうなのは好きじゃないから?


好きな人とデートをすることになって遊んでいても相手が楽しそうにしていないときがありませんか。これってあまり好かれていないのかなと思ったりします。しかし、相手のことが好きではないわけではなく、別の理由が笑顔をなくしている原因なのです。

我儘を聞くのが疲れるだけ

女性に良く多いケースですが我侭を言う女性がたまにいます。最初は男性もかわいいと思ってデートをしていますが、これが毎回我侭を言ってくるようになったら聞くのがめんどうになってきます。聞き流していても疲れて表情がさえなくなります。別に嫌いになったわけではありません。

人がたくさんいるところを移動するのが疲れるだけ

デートに遊園地など人が大勢いる場所に行くと表情が優れない人もいます。折角デートに誘ったのに彼女が楽しそうではないと感じたりしたときに、人ごみの中を歩くのが嫌だったり、人酔いをするタイプだったりすることがあります。その場合は彼氏のことが嫌いというのではなく、人が多い場所では疲れるので表情が優れないのです。

好きでもデートがめんどうに感じることはある

そもそもデート自体が面倒で表情が優れない人はいます。相手のことは好きで一緒に居たいのにデートに出かけるのではなく、部屋でゆっくりとしたい時がありそれで表情がさえないことは男性でも女性でもあります。

▼ 関連記事

【本音】デートをドタキャンする女性の心理とは?よくある理由。

まとめ


折角好きな人とデートができたのに相手があまり楽しそうではなかったとき、相手から好かれていないのかと心配な人は、こちらで書かれていることを読んで参考にしてみてはどうでしょうか。表情がさえないのは嫌いになったからではなく、別の理由があるからなのです。