デートがめんどくさいと思う人は意外と多い!めんどくさいと思わない・思われないための3つの対策法

付き合っている恋人同士であっても、デートがめんどくさいと思う時は必ずあります。なぜ、そのようにめんどくささを感じてしまうのでしょうか?
  • デートがめんどくさいと感じる理由
  • デートをめんどくさいと思わない・思われないためのオススメ対策法

を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

デートがめんどくさいと思う人はおかしいの?みんなの心理や本音


好きな女性や男性とデートをするのは楽しいはず。でも、どちらも好きで付き合い始めたのに、付き合っていくうちにめんどくさく感じてしまうことがある人はたくさんいます。デートがめんどくさいから恋人は作らないと考える人もいるし、デートをドタキャンする人もいます。そんな男性や女性の、デートをめんどくさいと思う心理を紹介しましょう。

恋愛中でもめんどくさいと思うことはある


好きな人と付き合うことができると、最初はウキウキ気分でデートに出かけていたでしょう。しかしながら、徐々に気持ちに変化が現れ、めんどくさいと思うようになることがあります。特に女性よりも男性に多いようです。

めんどくさく感じる要因はいくつかあります。男性の心理として、彼女がまめに連絡してくる時なんかは、時にめんどくさいなあと感じてしまうもの。多くの男性が束縛されたくないと思っていて、あまりにも連絡が頻繁だと嫌になってきてしまうのです。

そもそもデート自体がめんどうで表情が優れない人はいます。相手のことは好きで一緒に居たいのは事実。でも外にデートに出かけるのではなく、部屋でゆっくりとしたい場合もあるのです。

「彼女のことはもちろん好き。だけど、付き合うと最低週に一度は合わなくてはと思うことがめんどくさく感じる。もっとラフな感じならいいなと思うけど。人混みや行列に並んだりするようなデートはやっぱめんどくさいな。」

人がたくさんいるところを移動するのが疲れるだけ

デートで遊園地など人が大勢いる場所に行くと、表情が優れない人もいます。折角のデート中に彼が楽しそうではないと感じた時は、実は彼は疲れているのかもしれません。人ごみの中を歩くのが嫌だったり、人酔いをするタイプもいるものです。その場合は彼女のことが嫌いというのではなく、人が多い場所では疲れるので表情が優れないのです。

めんどうなので恋人はいらない

恋人は欲しいが束縛はされたくない、という人は多いのではないでしょうか。付き合い出すと、いろんな記念日を作ってはお祝いするカップルがいます。ですが、もともとそんなことはめんどうだと思う人なら、初めから恋人を作る気にならないでしょう。

相手のことを考えながらデートに誘ったり食事に行ったりということを、めんどうに感じる男性もたくさんいます。恋人とのデートの時間よりも自分の時間を確保することの方が大事なのです。一人の時間が作れなくなるのが嫌で恋人を作りたくないと思う人も増えています。

「デートのめんどくささ」が原因で恋活・婚活がうまくいかないことも…

恋活や婚活を始めて、最初のデートはそれなりに楽しく会話をすることができても、その後のデートをめんどうと思ってしまうケースもあります。お互いに恋愛経験が乏しい場合も多く、相手のことをどう思っているのか自分の気持ちもよくわからないため、前向きに考えることもなかなか難しいのです。

好きかどうかわからない、もしかしたら好きでないかもしれないのにデートをするということが、めんどうだという気持ちに変わってしまうのでしょう。

「風邪」を理由にデートドタキャンする人も

体調不良や仕事を理由に、急にドタキャンする人がいます。本当にやむを得ない理由でキャンセルする場合ももちろんあるのですが、ただデートがめんどくさくて、風邪を引いたことにしてしまう場合もあるのです。相手が風邪で体調が悪いのに、無理にデートしようなんて言えないもの。ドタキャンの理由としては一番手っ取り早いのでしょう。

寝不足でメイクも髪型も決まらず、服を選ぶのも何だか億劫。デートがめんどくさくなってしまったというのが本音なんです。でもそんなこと言えないし、風邪を引いたことにしてドタキャンしちゃいました・・・。」

デートをドタキャンするときの本音や理由とは?されたときの神対応例4選

男女別!デートがめんどくさいと感じる理由

恋人同士でも長い間付き合っていると、デートがめんどくさいと思う時は誰にでもあります。めんどくさいと感じる理由は何なのでしょうか。男女別に詳しく見ていきましょう。

女性がデートがめんどくさいと思う理由:休日は家でゆっくりしたい

女性でも恋人とのデートがめんどうだと思うことがあります。デートに行きたくないと思う時とは、仕事で疲れていたり休日は家でゆっくりしたかったりする時などですね。そんな日はデートに誘われてもあまり嬉しい気分にはなれません。

たまにはハーブティを飲みながら雑誌を眺めたり、スキンケアやボディマッサージなど美容に時間をかけたりと、一人の時間を満喫したい時もあるもの。家でゆっくり過ごしたいという思いが強い時ほど、デートに出かけるのがめんどくさく感じてしまいます。

「もともとインドア派だし、普段の仕事は忙しいし、お休みの日は家でゆっくり過ごしたいと思ってしまうのが本音。メイクをしてそれなりの服装をしてという準備の必要なデートは、めんどくさいと思ってしまうこともありますね。」

男性がデートがめんどくさいと思う理由:デート中の待ち時間が長い

男性がデートをめんどくさく感じる理由の一つに、デートの最中でも長く待たされる時間があることもあります。なかなかすぐには決まらないショッピングに付き合う時だったり、遊園地の人気アトラクションの行列、出かける先が渋滞することがわかっているドライブ、食事の後の彼女の化粧直しまで・・・。自分の希望というより彼女に合わせることで待たされるような時に、特にめんどくさく感じます。

「彼女が遊園地好きなので時々行きますが、正直自分はあまり好きではないので、本音としてはめんどうに感じています。人が多くて何をするにも待たなければならないし・・・。」

付き合う前のデートを「めんどくさい」と感じる理由

付き合う前なら、デートできるとなるとドキドキワクワク。とても嬉しいはずです。しかし、やはりめんどくさいと思う場合があります。付き合う前のデートをめんどくさいと思うのはどうしてなのでしょうか?その理由をみてみましょう。

緊張するから

まだ付き合っていないけれど、やっとこぎつけた初めてのデート。好きな人と一緒に過ごせるひと時が待っているのに、めんどくさいと思ってしまうことは男女ともにあります。

それはデートが嫌なわけではなく緊張感からくるもの。「何か失敗して、嫌われてしまうのではないか?」「好きな人に良く見られたい」という心配や不安が緊張状態となり、ストレスとなって行きたくない、めんどくさいという感情が生じてしまっているのです。

素の自分で接することができず、疲れるから

平凡な自分には不釣り合いだと思ってしまうほど、相手が素敵な人だったり好き過ぎる場合は、本当の自分をさらけ出すことが怖くなってしまうことがあります。

相手にふさわしい人でいたいと思い、素の自分を隠して背伸びをしてしまうことで結局疲れてしまうのです。疲れるデートをめんどくさいと感じてしまうのは、仕方のないことかもしれません。

相手の気分を損ねないかヒヤヒヤするから

好きな相手とのデートは最初から最後まで楽しく過ごしたい、当然、相手にもそうであってほしいと思うでしょう。でももし、何か自分の言動によって相手の機嫌を損ねてしまったら?楽しいはずのデートが自分の失敗で苦い思い出になってしまうなんて、耐えがたいですよね。

そんなことが心配で、機嫌を損ねないかとヒヤヒヤしながら過ごすことを想像してしまい、デートに行くことが一気にめんどくさく感じてしまったりします。

駆け引きがめんどくさいから

恋の駆け引きを楽しむ余裕のある人も中にはいます。ですが、相手の態度が何を意味しているのかわからず戸惑ってしまったり、本当に自分を好きでいてくれているのかと疑問を抱いてしまったりするようなデートなど、やはりめんどくさく感じてしまう人は多いものです。

デートをめんどくさいと思わない・思われないためのオススメ対策法


デートをめんどくさいと思わないために、また、相手にめんどくさいと思われないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。2人で時間を共有するのがデートですが、相手を束縛してしまわず、お互いに疲れないような過ごし方ができると理想的ですよね。具体的な対策法を見ていきましょう。

疲れないデートを考える

たまには疲れないデートもいいものです。お互いが疲れていて、それでも一緒に行動したいと思う時にオススメなのが、温泉に2人で行くこと。

温泉に浸かってゆっくりと体を癒やすデートというのもありですよ。仕事疲れをリフレッシュすることもでき、二人でゆったりとした時間を過ごせます。

デートの回数を検討する

毎週、必ずデートをしなくてはならないと考えるのをやめてみませんか?仕事疲れが取れないまま会っていて、結局めんどくさくなってしまったらもったいないですよね。

お互い一人の時間も大切にしてみましょう。ゆっくり家でリラックスタイムを持つのも良いもの。デートの回数を減らして会えない時間が増えた分、二人で過ごす日は思いっきり楽しみましょう。

お金をかけないデートを工夫する

恋人同士で毎週デートに出かけると、どうしてもお金を使ってしまいます。生活が困窮したりデート貧乏になったりしかねません。

そうならないようにするには、お金をかけないプランを考えるのです。公園でのんびり過ごす、夜景を見に行くといったデートに変えるだけで金銭的にも楽になり、心も満たされるでしょう。

まとめ

折角好きな人とデートができたのに相手があまり楽しそうではなかった時、もしかして好かれていないのかと心配になるかもしれません。また、自分がデートをめんどくさいと思ってしまうのも辛いですよね。

しかし、相手のことが好きでも、デートがめんどくさいと感じることはよくあること。自信をなくさずにぜ頑張ってみてください。