煙草を吸う女は嫌われる?統計で分かった意外な結果

かつて日本は喫煙大国と呼ばれていました。規制が甘く、危険性を伝えることが不十分ともいわれていた時代があったことも間違いありません。ですが、現在ではさまざまなことが伝えられるようになり禁煙のスペースも増えています。女性の喫煙率の高さも指摘されますが、嫌われやすい部分を持っていることも間違いないでしょう。

煙草を吸う女は恋愛が出来ない?


かつては煙草を吸うことなど、何とも思わないことが多かった時代でした。これが禁煙して当たり前といわれるようになり、煙草を吸っているだけで、恋愛対象とみなさないという人も多くなってきています。さまざまな理由がありますが、そのどれもが的を得ていることも間違いありません。

タバコのにおいが服にまとわりついている

恋愛対象としてみたくない理由として、煙草のにおいがあるでしょう。どんな種類のものであってもにおいがあります。吸っている本人は気が付かないこともよくありますが、それはにおいに鈍感になっているだけのことであり、吸わない人にとっては悪臭でしかありません。それが服についていることが、どういったことかを想像しなければいけないでしょう。

ヤニのにおいがするのは、非常に不快です。吸っている人は、吸わない人の横を通るだけでわかってしまうことがあるのは、呼吸から感じることよりも、服にまとわりついていることが大きな原因となります。ふとしたことで、そのにおいを感じることがあれば、恋愛どころではないと感じる人はたくさんいるのは確かです。

ヤニのにおいは簡単に消えません。一度付いたら洗濯でもしなければ抜けることはないと思った方が良いでしょう。消臭剤を掛けたぐらいでは、抜けていないことがほとんどです。手にもついていますし、顔の周りにも付着しているのですから、しぶとく付きまとってくることを忘れてはいけません。恋愛にとっては大きな障害となるのです。

性格ががさつに思われてしまう

煙草を持っている姿は、女性のしなやかさよりも、男性の力強さを感じることでしょう。映画などでもワンシーンとして入れられることがありますが、女性らしさをクローズアップするために使われることはありません。どうしても、性格もきつくみられてしまうのは、イメージが定着している部分があるからです。

こうしたイメージは、女性だからというわけではありません。男性でも、話しながら煙草に火をつけたりするのは、横柄に感じることも出てくるでしょう。高圧的なシーンにも使われます。このイメージは容易に変えられることではなく、性格はきついと思われることになるでしょう。女性にとっては、決してメリットになる姿ではないといえます。

病気が心配

恋人として考えた場合、喫煙していることが病気につながる心配をするのは当然でしょう。一緒にいるときに喫煙している姿を見たら、できればやめてほしいと考えるはずです。もしも、好きな女性であれば、その場で恋も冷めてしまう可能性は否定できることではありません。

将来的なことを考えても、できるだけ健康でいてほしいと考えるでしょう。これは当然のことです。その時に障害になることがあるのは、どう考えてもデメリットにつながってくるはずです。恋愛対象として避けられてしまうことも、理解できる範囲といえるでしょう。

年々減り続ける喫煙人口


喫煙を考えてみた場合、昭和40年がピークでした。現在でも欧米諸国と比較するとかなり高い水準にあることがわかっています。だんだんと減少してきていることは間違いありませんが、さまざまな部分から見ていく必要があるでしょう。

昭和40年以降減り続ける喫煙率

喫煙人口のピークは昭和41年の83.7%です。非常に高い数値で、吸わない人のほうが多かったことは確かでしょう。現在の喫煙率を見てみると、28.2%となっており、ピーク時とは比べ物にならないほど減少してきていることがわかります。しかし、これが低いのかといえば、そうではありません。

実際に出ている数値は、国によって喫煙可能年齢に差があることからも、一定の数値とは言えませんが、15歳以上の日常喫煙者の自己申告者数をみると、ヨーロッパ諸国よりははるかに高い数値です。スウェーデンと比較すると、特に男性の喫煙者比率は大幅に高いことがわかります。

ですが、15歳以上であり、自己申告であることを考えると、この日本の数値ははるかに高いものになることが予想できます。喫煙可能年齢以外が多く含まれているため、この調査では19.3%であることからも明白でしょう。どんどんと減少してきているものの、まだまだ数多くの人が喫煙しているといえます。

女性の喫煙率における推移

女性の喫煙率を見てみると、男性よりもはるかに低い数値が出てきます。ほぼ横ばいの数値で推移しており、9.7%前後であると考えていいでしょう。しかし、全体的に男性がどんどんと減少していることに比較してみると、女性が横ばいで推移していることが大きな注目部分です。

比率が減少していないことが表しているのは、人口は増加し続けてきたのにも関わらず、比率が下がっていないため、女性の喫煙人口は増えているといえます。微妙な増減を繰り返していても、喫煙人口は増加していることは大きなポイントになってくるでしょう。

実際にピーク時であった昭和41年と比較すれば、平成14年には4倍にもなった時期が存在します。その後大幅に減少したこともありますが、50年間の統計から見れば、ほとんど比率には変化がないといえます。

本数として考えてみても、男性も女性も大差はありません。男性の平均値が18本程度であるのに対して、女性は12本程度です。男性のほうが大量に吸っているイメージがありますが、大差はないといえるでしょう。

年齢別に見た推移

※http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd090000.html
年齢的な推移を見た場合、女性の喫煙年齢の中で、20代から30代が圧倒的に高いことがわかります。調査によっては、未成年ですら4.3%もの喫煙者がいたということもわかってきているのですから、かなりの喫煙者がいることがわかるでしょう。

初回喫煙年齢に関しても、女性は20代が圧倒的に多く大半を占めています。習慣的喫煙年齢に関しても、20代でずっと吸うようになってくるのも、初回喫煙年齢からやめることができなくなっているといえるでしょう。その反面で、習慣的喫煙開始年齢で30代が10%未満になってきていることも注目しなければいけないところです。

女性が煙草を吸いはじめた理由


女性の喫煙では、必ず吸い始める理由が存在します。その理由はさまざまで、その人によって違います。きっかけになることはいろいろと出てきますが、健康といったことよりも、多くの理由が隠れていることがわかるでしょう。

ストレスを発散するため

男性にも共通する部分ですが、ストレスを発散する方法のひとつとして吸い始める人はたくさんいます。ストレスが発散できることを知るのは、喫煙してからになりますが、こうした情報が耳に入っていたことが大きいでしょう。煙草を吸うことで、ストレスを発散できるというよりも、発散したかったことが大きな引き金であったことは間違いありません。

彼氏が吸っていたから

一緒にいる人が喫煙者であることは、大きなインパクトになるでしょう。特に彼氏が吸っていたことは理由として大きなものになります。一緒に同じように吸ってみたいと思うことも出てきますし、どんなものなのかという興味もわくはずです。これでやめられなくなった人は多いことは間違いありません。

友達同士で吸うから

彼氏が吸っていたことも理由になりますが、友達が吸っていたことがきっかけになってくることも珍しいことではありません。興味を覚えることも出てくるからですが、周りの人が吸っていることはきっかけになるでしょう。

掲示板での悩み相談


煙草に関する悩みはいろいろとあるものです。自分が吸っているからというだけではなく、知り合いが吸っているけど、その人がどう思われているのかといったことまで、いろいろな悩みがあるでしょう。

タバコを吸う女性に対して・・・

女性の喫煙のイメージは、決していいものではありません。掲示板などでも見かけることが良くありますが、偏見ではなく、単純に嫌だという人が多いでしょう。将来的な問題もありますし、見た目から横柄に見えてしまうことも確かです。特に煙草を吸わない人から見れば、敬遠したくなる存在であることは確かです。

結婚後の話

結婚した後のことを考えれば、避けたくなることも出てきます。妊娠した時の影響を考えると、喫煙者は避けたいと思うのも当然です。不公平といわれることもありますが、喫煙していることは事実である以上、避けられる要因となるのも仕方がないといえます。

人それぞれの考え

実際に人それぞれの問題もあります。喫煙が認められている以上、何も悪いことではありません。ですが、健康も考えていけば、当然の話であることも考えなければいけないでしょう。受動喫煙の問題もありますし、喫煙者がいるだけではなく、嫌煙者もいることを理解しなければ、いつまでたっても平行線であることも確かです。
※http://www.ozmall.co.jp/bbs/1-446426.aspx

煙草を吸う女性と付き合える?付き合えない?


煙草を吸っている人をどう思うかは、その人によって異なります。感性的な部分もありますし、どこまで許容できるのかもあるでしょう。さまざまな意見もありますが、アンケートを取ってみると意外な結果も出てきます。

驚きのアンケート結果

アンケートを取ってみると、付き合えると答えた人は、32%しかいません。この数値はかなり大きなものであり、驚きといっていいでしょう。大半の人は、付き合うことはできないと考えている結果です。

付き合えると答えた理由

付き合えるといった人は、自分が喫煙者であり、パートナーに対してやめろということができないからになるでしょう。付き合うかどうかを考えるうえで、重要な理由にはならないと考えている人もいます。ですが、完全否定はしないというレベルであり、重要なことですが、煙草を吸っているから付き合うということではありません。

付き合えないという意見

付き合えないと考えている人は、煙草自体に問題があるととらえているといえるでしょう。自分が吸わない上に、煙草自体が嫌いである、家族などにも問題があるといったところが大きくしめます。感性的にも合いそうもないことは、大きな理由となってくるでしょう。不快感の強さが目立つ理由です。

※https://yoshi-toku.jp/article/view/948

まとめ


煙草を吸う女性は、避けられることが多いのも間違いありません。男性側が喫煙していても、この傾向が出てくることは大きなポイントになってくるでしょう。それでも、許容してくれる人もいることを考えれば、そこまで悲観することもないといえます。ですが、健康を考えれば、禁煙することは重要です。