好きな人へのメール術!アピール上手になるたった3つのコツとは

スマートフォンが浸透したことで今ではいつでもだれとでも連絡を取り合うことができます。特にメールは電話よりも気軽にやり取りができるので異性でも気軽に送ることができます。メールのやり取りをしている中で自分のことを好きなのか?と感じる瞬間もあるものです。メールの内容から好意を持たれているか確認する方法、そして相手に勘違いさせないためにも送る際に気を付けることを頭に入れておきましょう。

好きな人メール!これって私のことが好きなの?


男性からくるメールを見ていて「この人は私のことが好きなのかな?」と感じることはあるものです。しかし、勘違いをしていると恥ずかしい思いをしてしまいます。そのように感じるメールは本当に好意を持たれているから送られているものなのでしょうか。

男性は好きになったらメールをたくさんくれる?くれない?

男性は女性に比べてメールをする頻度は高くありません。女性は何も用事がなくてもメールをして日常会話を楽しみますが、男性は用事がない限りメールをしないものです。そのため男性は女性に比べてメールの頻度が高くありません。もしも毎日のようにメールをくれる男性や用事もないのにその日の出来事やなんでもないことをメールしてくれる男性がいれば、好意を持ってもらっている可能性があります。

どんな内容のメールをくれるの?

メールの内容は人によって様々です。用事が無くてもメールをしてくる場合にはお互いに共通する趣味の話や友人の話をしてくることもありますし、日記のようにその日のできごとを送ってくれるということもあります。質問をしてきてラリーが続くようなメールを心がけてくれることもあり、そういった時には脈アリと思ってもよいことが多いです。

こんなメールはどう判断したらいい?脈あり?脈なし?

脈アリな男性のメールは長めなことが多いです。男性のメールは基本的に最低限のことだけを伝えるものですが、会話が続くように考えてメールを送ってくれている場合には好意を持ってくれていると期待することができます。何かと理由を付けて頻繁にメールをくれる場合も脈アリと期待することができます。

それに対して最低限の返事のみであったり単語のみ、送ったメールのうちたまにしか返信が来ないという場合には脈ナシと思った方が良いです。LINEの場合にはスタンプのみしか戻ってこない、既読スルーが多いという場合にも脈が無いと思った方が良いでしょう。

男性にこんなメールを送って大丈夫?


男性にメールを送る際、好意を持っている相手とそうでない場合と送る内容には気を付ける必要があります。勘違いをされてしまうと後々面倒なことになりますから勘違いされないよう文面には気を付けるようにしましょう。

初めてのメールは何を書いたらいい?

初めてのメールを送る際にはメールアドレスの交換をしたらできるだけ早めに送るべきです。メールが届くまでの時間が短いほど相手は自分に興味を持ってくれていると感じることができます。メールの内容として好意を持ってもらうためには気遣いのある内容だと印象が良くなります。自分の用件だけを伝えるのではなく体調を気遣ったり仕事の忙しさを気遣ったりといった文面が入ると男性は一気に惹かれます。

避けた方がいい内容がある?

初めてのメールで絵文字や顔文字を多用するのは避けるべきです。絵文字や顔文字が入ることは女性らしいのですが、男性は絵文字や顔文字を入れることになれていません。そのためあまりにも絵文字や顔文字が入ったメールは読みにくいですし返信する際にプレッシャーにもなってしまいます。

また、中身がないメールを送ると相手が返信に困ってしまいます。相手が返信しやすいメールを心がけるようにしましょう。長文メールを送るのも相手に面倒だと思われる要因となるので避けるべきです。

どれくらいの頻度が丁度いいの?

メールを送ったら返信が来るまでドキドキするものです。女性は頻繁にメールのラリーをしたいですが男性は一人の時間も大切にしたいのでそんなに頻繁にメールをしたいと思っていません。

女性は空き時間ができればずっとメールをすることもできますが、男性はそこまでメールに比重を置いていないのであまりにもたくさんメールがくると一気に気持ちが冷めてしまいます。男性としては一日に2回メールのラリーがあれば十分やり取りをしていると思える頻度です。

好きな男性にメールを送るなら何に気をつければいい?


メールは好きな人との距離を縮めるきっかけにもなりますが、相手との距離を大幅に広げてしまう要因にもなるものです。失敗しないためにも送る前に注意点を頭に入れておきましょう。

毎日のメールはウザいですか?

男性はメールをたくさんするわけではないので毎日のようにメールが送られると引いてしまうことも少なくありません。毎日1通ずつやり取りをしても十分送っている方ですしそれでも負担になるという男性も少なくありません。

メールをするならばきちんと中身のあるものでなければ男性は返信内容がわからず負担になってしまいます。そこで、きちんと相手が返しやすいような質問形のものや相手の趣味など答えやすい内容のものを贈るようにして毎日何度もやり取りするのは慣れるまで避けましょう。

返信はすぐ?それとも寝かせた方がいい?

返信のタイミングも難しいものです。あまりにもすぐに返信しすぎると待たれているというプレッシャーにもなりますし、寝かせるとラリーのタイミングを逃すことにもなります。寝かせるほどの必要はないですが、あまりにもすぐの返信は避けつつ、返せるタイミングで返信を心がけましょう。

メールが来ない!嫌いになったの?

メールが来ないからといって嫌われているとは言い切れません。男性はメールをするのが苦手な人も多く、メールを作成するのには気合を入れなければならない人もいます。そういった人は仕事が忙しかったり疲れていたりすればメールをすることまで余裕がないこともよくあることです。メールが来ないからと嫌われたと不安になる必要はないです。

好きな人とメールを続けられるコツって何?


好きな人とはたくさんメールのやり取りをしたいものです。どのようにすればうまくメールをやり取りし続けることができるでしょうか。

好きな人メールの内容とは?

せっかくならばメールをしている中で彼に自分に興味を持ってもらうこと、好きになってもらうことを意識したいものです。そこで、相手に引かれてしまうようなメールは避けるべきです。特に中身のないメールを送ったり返信を催促するようなメールは避け、メールが来るのが楽しみになるような明るい話題を心がけましょう。

メール長続きのコツって?

好きな人とのメールはできるだけ続けるためにもやり取りをしやすい内容をしたいものです。そのためには彼が答えやすいメールを心がけましょう。彼の趣味の話や好きなことを話題にすると彼も返信がしやすいですし、彼のことを知ることもできます。

好印象のメール

好印象を持たれるメールは読んでいて楽しくなるようなものやどのような返信が来るかワクワクして待てるようなものです。相手のことを褒めたりねぎらったりといった内容があるとメールをやり取りしていると癒されますしまたメールをしようと思ってもらえます。

まとめ


メールは相手との距離を縮めることのできるツールである反面、失敗すると一気に距離を遠ざけてしまうものです。相手に好意を持ってもらえるメールの内容や頻度を気を付けるようにしましょう。