指の湿疹はこれが原因だったの?具体的な治し方もご紹介

手の湿疹について知りたい人には、いろんな種類の手の湿疹や皮膚病について紹介しています。その症状に合わせた治療法も紹介しているので、手の湿疹で悩んでいる人は参考にできます。

指に起こる湿疹の種類


指に起こる湿疹は単純に言っても単なる湿疹ではない可能性があります。手の指にできる白い湿疹の場合は手白癬と言って手の水虫です。水虫は足だけにできるものと思っていた人は手にもできるということを知っておきましょう。

手白癬

手白癬という言葉を聞いたことがないという人は多いのではないでしょうか。手の指に湿疹ができたときに何か知りたいとき調べていくと手白癬だってということがあります。手白癬とは手にできる水虫のことで、塗り薬を塗れば治る病気です。白癬菌が24時間以上皮膚に付着したときに発症する病気で、普段頻繁に洗う手に白癬ができることはめったにありません。ただし手に湿疹ができたときは手白癬の可能性があります。

異異汗性湿疹汗性湿疹によるもの

異汗性湿疹とは、手や足に水泡ができてからかゆみを伴います。手に汗をかくときに普段以上に汗をかいた後に良く出る症状です。汗が表面に出ないで汗管に溜まってから水泡のようになります。この症状が出たときに異汗性湿疹と言います。一番の効果は汗を止めることで症状が回復しますが、汗を止めることはできないので、あまり汗をかかないようにすることで症状を緩和することができます。

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症という症状が出る場合もあります。汗が溜まってできるのとは違って黄色い汁が溜まり水ぶくれの黄色い水泡ができます。掌蹠膿疱症の場合は爪の変形が起き、胸の関節の痛みを起こすこともあります。この症状が出る場合、歯槽膿漏や喫煙などによる影響で出ることがあります。菌が繁殖するわけではなく無菌性のためまた違った症状となります。

慢性湿疹によるもの

慢性湿疹とは内面や外面の湿疹に対して全てに言える症状です。冬場の乾燥する時期に良く起こりやすい湿疹で、その後の生活をしていくうちで重要な症状であることは変わりありません。

慢性湿疹の場合は微生物感染により起こるものではなく、アレルギー反応として出てくる症状の一種となります。乾燥したときにかゆみを伴って身体中のあちこちにその症状は発症します。同じ手の湿疹でもいろいろな症状があり、その症状によって病名が違います。

慢性湿疹は何故起きる?理由と効果的な治療法とは?

慢性湿疹というのにはいろんな皮膚病がありそれぞれ病名によって原因や治療法が変わってきます。適切な治療をしなければ完治しません。…

主婦の人がなりやすい手湿疹


普段水を良く使う人で主婦などが発症しやすい手の湿疹があります。症状が軽いときには湿疹程度で済みますが皸やひび割れなどに発展するとかゆみだけではなく痛みも伴うくらい思い症状となります。中には美容師にもその症状が良く出ます。

水を使う家事で指に刺激が

手湿疹は水を毎日のように吸う人に良く出る症状で指先から手の平まで人によって症状の度合いは変わってきます。湿疹が出たときにはかゆみを伴うためかいてしまって傷になってしまって痛みを伴うようになります。ここまで症状が進むとハンドクリームを塗るくらいでは直すことができません。

ひびわれとの違いは?

手湿疹と同じくらいひび割れで悩まされる主婦はたくさんいます。毎日水を扱うので冬版の乾燥する季節には手がかさかさになり水を使うことでよりその症状がひどくなります。そうなったときにひび割れと湿疹では大分違っていて、両方の症状が重なるとかゆみと痛みで我慢できなくなります。

ひび割れは冬場の寒い季節に肌乾燥してかさかさになった上に手足が冷たくなり、血行が悪くなるため症状が悪化しやすくなります。最終的にはひび割れという症状で傷ができたりして痛みを伴うことがあります。

水仕事が多い人は手湿疹になりやすい

手湿疹は季節に関係なく水を使っている人がかかりやすい症状で、主婦では一般的で誰もが手湿疹に一度はなっているのではないでしょうか。手湿疹は水の使いすぎによる発症する症状ですが、ひび割れなどは冬場限定でできやすい切り傷のような手の平や指先に起こる症状です。

手袋などで指のケアを

普段から手湿疹やひび割れ対策をしておかないといくら丈夫な皮膚をしているような人でも、毎日水を使っているとひび割れや手湿疹にはかかりやすくなります。そこで普段からの手入れは大切で、保湿クリームなど毎日塗っているとひび割れや手湿疹の症状は出ません。手だけではなく足やすねなど気になるところは全てクリームを塗ってからスキンケアを心がけておかなければいけません。

指に出来た湿疹を治すには


指や手にできた湿疹がかゆかったり痛くて大変な人におすすめなのが、クリームの存在です。女性は良く保湿クリームを塗ってから徐々に改善され増すが、それでも改善されない場合があります。そのときはステロイド剤を使って薬で治さなければいけなくなります。

こまめに肌の保湿を行う

肌の保湿は必要なことで、どんな女性でも保湿効果が高いところがあれば最高に嬉しいことになります。手に普段できないような湿疹ができる場合は、すぐに病院に言って治療してもらう方が早く直ります。

ステロイド外用剤を使用

手の指のひび割れや炎症にかゆみなどがどうしても取れないときがあります。ステロイド上にひどくなっている可能性があります。指に出来た湿疹を治すためには別途ステロイド剤を利用する必要があります。

ステロイド剤を塗るとすぐにそのことがわかります。ステロイド剤の効果は絶大で、何回か塗っていると症状は軽減されていきかゆみなども出なくなります。ただステロイド剤は協力で、一度直ったからといって途中で使うのを辞めると再発した場合、同じステロイド剤では効果がありません。もっと強いステロイド剤を使わないといけなくなります。

内服薬の使用

内服薬を使ってから手の湿疹などの症状を完治させることはできます。この場合から体内部を健康状態にしてから湿疹を治療しようということです。手の湿疹がひどくなってきたらクリームを塗るだけでは効かなくなります。早期完治をしたい人や症状が悪化した人には、内服薬を飲んでから1日でも早い回復をさせられます。

内服薬を使ってから治療する場合は病院にいってから医師の診断の元治療の為に薬を服用することになります。治療期間は長期になることもあります。手の湿疹やかゆみなどがひどいときには、医師の診断を受けて症状に合った内服薬を服用することをおすすめします。

まとめ


指の湿疹ができてどうしたらいいのかわからなくて悩んでいる人におすすめの情報を紹介しているのが今回の内容です。どんな治療がいいのか今の症状にぴったりの治し方が書かれているので参考にしてみましょう。自分の症状に合った治療法を見つけることができるのではないでしょうか。何もしないでほったらかしにしているとかゆみだけではなく痛みも伴うように症状がでてきたりします。早めの治療をおすすめします。