「いいな」を届けるWebメディア

恋愛

2018年02月08日 更新

好きな人ができたらどうすればいい?効果的なアプローチ

アプローチをすることは、勇気のいることです。好きな人ができた時には、勇気を振り絞りアタックすることになるにせよ、どんな方法が効果的なのかも悩んでしまうことでしょう。だれでも迷うことなのですから、なにも恥ずかしいことではありません。

好きな人ができたらまず行動!


好きな人ができた時には、行動することが大切です。何もせずにいれば、そこから先に進むことはできないでしょう。待っているだけでは、いつまでたっても進展することがないことを考えれば、どんな行動をするといいのかを考える方が健全な考え方です。

積極的に会話する

好きな人にどんな趣味があるのか、自分との共通点を探したりすることも出てきます。大事なこととして、会話をすることがあげられるでしょう。会話をすることができれば、印象はどんどんと強くなっていきます。逆に会話をしなければ、いったいどんな人なのか、自分を知ってもらうこともできません。これでは先に進まないでしょう。

積極的に会話を持つことは、多くのメリットをもたらします。これまで知らなかった情報も知ることができるようになり、本当にどんな人なのか、判断できるようにもなるのがメリットです。接点が強くなっていくことにつながりますので、アプローチを考えれば、積極的な会話ほど効果的なことはありません。

メールやLINEでやり取り

メールやLINEは、今ではだれでも使うツールとなりました。こうした連絡手段は、だれでも使うことができますが、使い方次第では、かなり便利な方法となります。特にアプローチとして考えれば、直接話ができる機会ともなるでしょう。問題は、アドレスを知ることができるかどうかです。

メールやLINEを使うためには、アドレスが重要になってきます。知りたくなくても、だれかから聞くのは、あまりいい方法ではありません。本来知らない人から連絡がきても、それが受け入れやすいものではありません。効果的なアプローチにするためには、本人から聞くことができるのが一番です。

アドレスを聞くためには、積極的に会話をするのが一番でしょう。お互いの距離が近くなったときに、連絡を取りやすい手段としてメールやLINEを使うことができれば、さらに効果を高めることができるからです。ツールとしての使い方を誤らないことが大切なポイントといえます。

共通の話題で盛り上がる

お互いに共有の話題を持つことは重要でしょう。共通の話題があることで、お互いに話が盛り上がるようになります。盛り上がりを見せれば、さらにどんな人なのか関心を持つようになるのが重要です。そこからさまざまなところに派生していくことになるのですから、共通の話題は効果的なアプローチになってきます。

共通の話題を作り出すためにも、どんな考えや趣味なのかを知ることが必要になってきます。そのためには、多くの接点を持つことが必要になるでしょう。これは簡単なことではありませんが、積極的に会話を持つことによってはじめてわかってくるようになります。そのままではわからないことも多いのですから、接点を持つことが重要です。

どんなことを聞いておけばいい?


会話をする機会があれば、さまざまなことを話すことになるでしょう。ですが、ただ会話をすればいいというわけではありません。気になる相手であれば、さまざまなポイントを抑えておくことが、あとから効果的なアプローチをすることにつながっていくでしょう。

好みのタイプを聞く

会話ができる機会があれば、率直に好みのタイプを聞いてみるのもひとつの方法でしょう。直球で聞いてみるのも方法ではありますが、あまり得策ではないこともあります。何気なく会話の端々から感じ取ることが一番です。これが一番自然に確認できる方法なのは間違いありません。

簡単に推測することができないこともあるでしょう。そんな時には、少しずつ本筋に近づくように話を持っていくことが大切です。さりげなく聞き出すことができれば、好みのタイプも聞きだしやすくなります。効果的なアプローチを考えているのであれば、焦らないようにすることが大切です。

自分自身で聞きだすのが難しければ、知り合いに頼んでみるのもいいでしょう。どんな好みなのかがわかると、それだけでも進展を期待することもできるようになります。逆に好みのタイプがわからないと、その先に進むことができるかどうかもはっきりしません。大事な情報になってくるため、できるだけ情報を手に入れることが必要です。

相手に恋人がいるか

情報を知ることによってわかることはいろいろとありますが、相手に恋人がいるかどうかは確認しておかなければいけないことでしょう。これがわからなければ、先に進むことはできません。恋人がいても気にしないという人もいますが、その方が少ないはずです。

実際に恋人がいた時のことを考えると、対応は考え直さなければいけません。自分のほうが好きだったとしても、大きなトラブルになってしまうことは間違いないからです。相手に恋人がいるかどうかを知ることは、それだけ大きなことになってくるでしょう。できるだけ細かな状況も知ることが、効果的なアプローチにつながっていきます。

趣味は一緒か

趣味の有無の確認は大切です。どんな好みがあるのかを知ることによって、自分とどこまで話題があってくるのかもわかります。自分でその趣味を体験してみるのも方法となるでしょう。きっかけとしても重要なポイントになってくることは間違いありません。

もちろん、趣味が一緒であることが一番です。自分の趣味と同じであれば、会話も弾むようになっていきます。趣味の種類によっては、一緒に楽しむこともできるようになるでしょう。共通のポイントを持っていることは、スムーズな展開にすることができるのですから、効果的なアプローチになっていきます。

趣味が全く異なっていても、そこまで悲観することはありません。いっそそこから興味を持ってみるのもひとつの方法です。興味を持ったことが伝われば、これも新たなきっかけになってきます。小さなことであっても、共通の話題を持つことに意味があるのですから、どんな趣味を持っているのかを知るところからスタートするべきです。

一目ぼれしたときの言動


一目ぼれすることは、だれでも経験のあることです。何かを感じ取ることもありますが、一瞬で恋に落ちてしまったときには、どこか変化が出てきていることでしょう。男性でも女性でも、必ず変化はあるものです。

しゃべる時ドキドキする

一目ぼれに気が付くと、必ず変化が出てきますが、そのひとつがドキドキ感にあるでしょう。自分で抑えたくても、ドキドキ感は抑えることができなくなります。そんな時時に、不意に声をかけられたりすれば、さらにドキドキ感は高まるはずです。ほんの少しのことでも、この感覚ははっきりと出てくるでしょう。

好きな相手としゃべるときには、さらにドキドキするのが当然です。初めてしゃべるときならなおのことドキドキは止まらなくなることも出てきます。この感覚も大切ですがあまりに不自然なしゃべり方になれば、それがわかってしまうことも出てくるでしょう。知られたくないのであれば、できるだけ落ち着くことが大切です。

あまりにドキドキしているのであれば、まずは深呼吸してみると変わります。一拍置くだけでも、感覚はかなり変わってくるはずです。この一拍が大切ですので、焦らずに話すことが重要になってきます。

逆に一目ぼれしてくれた相手を見抜くこともできるでしょう。ドキドキした感覚は、いろいろなところに伝播していくものです。その感覚を見つけることができれば、相手もはっきりとわかってしまうことでしょう。普段とは明らかに違う言動や行動が見られたときには、そうなのかなと思ってみることもポイントです。

意識しなくても見てしまう

アピールする方法にもなってきますが、とにかく見てしまうことは良くあります。気持ちを伝えるときには、目を見ることが基本となってきますが、相手にすると、その視線を感じることになるでしょう。じっと見付けられるだけでも、その視線はわかってしまうものだからです。

意識しないでも見てしまうのは、間違いなく一目惚れしている瞬間です。そのことに自分で気が付くこともあるでしょう。なぜか見てしまうようなときには、自分の中で相手に対する意識が強まっているからです。自分の中でも違和感が出てきていることに気が付くことも出てきます。

意識していなくても見つめてしまうことは、ある意味でチャンスにもなるでしょう。相手もそのことに、なんとなくでも気が付くからです。効果的なアプローチにつなげていくこともできるようになるのですから、この瞬間をうまく使うことでしょう。逆に見つめられているときにも、その違和感を大切にすることがポイントです。

いつも相手のことを考えている

相手のことが気になりだせば、常に相手のことを考えるようになるでしょう。これも悪いことではありませんが、それ以外のことも考えられなくなってしまうのが問題でしょう。もっといろいろなことを考えていかなければいけなくても、他のことを考えられなくなってしまいます。

一目ぼれをしたときには、このような状態がもっと強く出てしまうことが出てきます。周りから見てもわかるようなことも多く、あまりに上の空になっていることも珍しくありません。状況的には楽しいことも多い時期ですが、仕事にしても勉強にしても、決していいことはありませんので、線引きをしていくことも必要です。

好きな人へのアピール方法


好きな人ができたら、いかにしてアピールするのかが重要になってきます。そのままにしておいても、なにも発展しないからです。効果的なアプローチにするためにも、アピールの仕方はよく考えていかなければいけないでしょう。

出来るだけ自然に褒める

人間の心理として、褒められて悪い気持がすることはありません。褒められることは、さまざまなメリットを生み出していくこともわかっており、気持ち的にも気分のいいものでしょう。ですが、あまりにわざとらしく褒められたら、それは何かあると勘ぐってしまうことになってしまいます。

アピール方法として考えた時にも、さりげない一言で褒めることが重要です。何度も褒められたりすれば、それも違和感を覚えてしまうことになりかねません。自然な流れの中で褒めてあげることがポイントになってくるでしょう。そうなると、常に言動に気をつけていくことも必要になっていきます。

さりげなく褒めることは、決して簡単なことではありません。褒められて悪い気はしないとしても、一体何を褒めるのかによっても違いが出てくるでしょう。話題として考えるのであれば、その先につながるように褒めていくことが、アピールとしても重要になってきます。

自分の趣味につながる部分もあるはずですし、考え方なども出てきます。生活態度や環境といったことも褒められればうれしいものです。何がうれしいことなのかも考えていけば効果的なアプローチにつながることは間違いありません。

逆に思いもしなかったことが褒められたからといって喜ばれるとは限らないことにも注意をしていくべきでしょう。人にはそれぞれうれしいと思うポイントがあるものです。一生懸命やってきたことなどは、その努力が認められたと思い喜ぶのですから、普段の行動から観察していくことも考えておくと効果的になります。

聞き上手になる

褒めることにもつながっていきますが、話しを聞くことは、なによりも大きな意味を持ってきます。傾聴とも呼びますが、話しを聞くことをせずに自分のことだけを話すのは、礼儀としても問題でしょう。礼儀も節度もない人は、人間的にも嫌われてしまうことが出てきます。人の話を聞くことは、それだけ大きな意味があることだからです。

聞き上手になることには、なにも言わずにじっと話しを聞くというだけではありません。傾聴の意味をはき違えている状態ですが、受け止めながら聞くところに意味が出てきます。ただ話を聞いてほしいことは、そのまま聞きましょう。ですが、受け止めてもらいたいと思うことも出てくることがポイントです。

アクティブ・リスニングともいわれますが、相槌を打つのもひとつですし、オウム返しにすることも聞いているという姿勢を打ち出すことができるでしょう。相手の話し方や呼吸に意識を向けてみると、そのタイミングも見えてくるようになります。

話を理解していくことによって、関係の中に信頼性を得ることができるようになるのですから、アプローチとして考えても有効な手段になってくるのは間違いありません。気持ちを楽にしてもらったりすれば、ストレスも感じずに会話も進んでいくことになるのですから、意識してやってみるといいでしょう。

自然な笑顔で話す

話しをするときに、しかめっ面で会話をしていたらどう感じるかを考えてみなければいけません。大事な話をしているときには、真剣に話しを聞くべきですが、普段の話は自然な笑顔でこなしていく方が良いでしょう。笑顔を見ていやな気分になるような話でなければ、素直な気持ちになっていくことができるからです。

話しをするうえで、さりげない笑顔で話すことは、好印象を与えることにつながります。笑顔がかわいいと感じることもあるでしょう。気分も悪いものではなくなりますし、ほっとした気分になることも出てきます。

他に好きな人ができたとき、どうすればいい?


人間は、だれでも好きになるタイミングがあるものです。そのタイミングがたまたま好きな人がいるときに訪れることもあります。問題となるのは、どういった対応をするかというポイントになってくるでしょう。対応の仕方によっては、大きな問題にもなりかねません。

正直に気持ちを話す

どうしても他に好きな人ができたのですから、それを素直に話してみるのはひとつの方法です。ごまかしていてもいずれはばれてしまうことが出てくるでしょう。その時にさらに大きな問題にするよりは、正直に話をする方がまとまりやすくなります。ですが、いつその話をするのか、タイミングも計らなければいけません。

一緒にいると、さまざまな状況があるでしょう。相手にとって、好きな人がいることを話されるときは、気分がいいわけではありません。喧嘩しているようなときに、売り言葉に買い言葉で話すこともありますが、決していい結果を招くことはない方法です。

冷製に話をすることができるときに、二人で向き合うことができるようにするべきでしょう。いろいろと話し合わなければいけないことも出てくる以上、簡単に解決することはできないかもしれません。それでも、話しをせずに決めていくよりは、ずっと素直な話をすることができるはずです。

二股は最悪の結果に

なにも話をせずにまとめもしない状況は、最悪の結果を招く可能性が出てきます。つまり、二股の状態です。この状況は、だれもが得しない結果を導き出すことになるでしょう。たんじゅんに考えるとわかりますが、自分がその状況に置かれたときに、どう思うのかを考えてみるべきです。これが尋常ではないことがわかるはずです。

二股になれば、二兎を追う者は一兎をも得ずのことわざの通り、どちらも失うことも出てきます。当然のことではありますが、だれもいい気分にはならないからです。中途半端に終わるだけではなく、自分の評価も大きく下げることになっていくでしょう。それが理解できなければいけません。

相手との距離を置く

自然消滅を待つ方法もあります。今の相手との距離を置きながら、自然に離れていくことで二股にならない状況を作ることです。少なくても、二股にするよりは、結果もついてくる方法でしょう。しかし、新しく好きになった相手が、待ってくれるとも限りません。しっかりとした線引きをすることは、けじめといえる部分です。

距離を置くのであれば、はっきりと別れるつもりでするべきでしょう。中途半端にすると、いつまでたっても進展はしていきません。だれも得をしない状況を自分で作り出すことになるのですから、はっきりさせる気持ちを持つことが必要です。

まとめ


効果的なアプローチを考えることは、とても重要な意味を持ってきます。できるだけ早く行動することがプラスの時もありますし、機が熟するのを待つことも必要になるでしょう。ものごとにはタイミングがあることを理解し、適切な行動をとることが効果的なアプローチにつながっていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです