付き合って1ヶ月のカップルが長続きするためのコツと注意点とは

この記事の情報提供者

付き合って1ヶ月、一般的にも大好きな人と結ばれて毎日が楽しくて仕方がない時期ともいえるのがこのタイミング。これからお付き合いを長続きさせていくためのコツや気をつけておくべきことを、恋愛に詳しいA.Kさんからの情報をもとにまとめました。明日からのコミュニケーションにぜひ活かしてください。

付き合って1ヶ月のカップルはこんな状態

世間一般では、付き合って1ヶ月というとラブラブな状態。何をしていても楽しい時期といわれています。ここでは、この時期の2人の状態を詳しくまとめています。まずは今の自分たちの状態を改めて振り返ってみましょう。

恋愛が楽しくて仕方がない状態

恋愛すること自体が楽しくて仕方がない状態になっています。とくに恋人がいない期間が長かった場合や、片思いの人とやっと付き合えた場合などは、お付き合いをする相手がいるだけで楽しく、喜びでいっぱいの毎日になるので、とても充実した日々を送っているでしょう。

恋人ができたら一緒に行きたかった場所や、やりたかったことをひとつずつ叶えていけるので、とてもワクワクしています。

相手の素顔が見えてきた状態

お付き合いする前から友人関係が長かった場合は除外されますが、基本的に本音や素顔をお付き合いする前は隠してしまうことが多いですよね。やっとお付き合いができて、一緒に過ごす時間が増えていくことで、相手に自分を知ってほしい、相手のことがもっと知りたいと思うようになるのも自然なことです。そのため、少しずつ相手の本当の姿が見えてくるのがこの時期といえるでしょう。

1ヶ月くらいでやっと、“この人になら大丈夫かな?”、“ここまで見せても大丈夫かな?”と相手の反応を見ながら気を許しはじめる頃です。

肉体的にも距離が近づきはじめた状態

1ヶ月という期間の中では、心の距離が少しずつ近づくとともに、肉体的にも求め合う気持ちが大きくなっていきます。

中には付き合った瞬間や、それよりも前にOKな女性もいますが、一般的には肉体関係を結ぶのは、ある程度お付き合いしてから……という女性が多いでしょう。そのため女性の気持ち次第で、この頃くらいからOKのサインが出はじめたり、お互いに意識することが増えてきたりする頃です。

冷静になった状態

場合によって、これくらいの時期にお付き合いしたことを後悔したり、別れたくなっていたりすることもあります。これは最初の盛り上がりから少し落ち着いて冷静に見たときに、やっぱり好きではなかったなど自分の気持ちに気づいてしまうことがあるから。

とくになんとなくお付き合いをはじめたカップルや、強引に相手に押し切られて付き合った場合など、本当にこの人と一緒にいたいのか改めて思い直す時期といえるでしょう。

付き合って3ヶ月で別れるカップルが多いというジンクスがありますが、実際にそうなるカップルの多くはこの時期、つまり付き合って1ヶ月くらいの時点で危ない兆候が見られます。

付き合って1ヶ月のカップルに起きる心境の変化

付き合って1ヶ月も経つと、2人でいるときのリズムも段々と合うようになって、心の変化も訪れます。ここでは、お付き合いする前より余裕が出てきたことで、付き合って1ヶ月のカップルにどんな心境の変化が起きるのか見ていきましょう。

相手との将来を感じはじめる

考えるまではいかなくとも、なんとなく相手との将来を想像してみたり、今後長く付き合っていけそうな相手かを感じはじめたりするタイミングです。

付き合う前は、“付き合えるかどうか”で頭がいっぱいでしたが、1ヶ月くらいを目処に今度は“これから長く付き合っていけそうか?”という考えにシフトしていきます。

交友関係が変わる

この頃に、まわりの友人や知人、家族に恋人の存在を話すかどうかが決まってきます。先述したとおり1ヶ月経った頃は、すでにこの付き合いが長く続いていきそうかどうかを感じはじめているため、“短そうであればいわない”あるいは“長くなりそうだからきちんと話そう”という風に心境が変化していきます。

交友関係もオープンになり、友人に会わせるようになったり共通の友達が増えたりすることもあるでしょう。

優先順位を見直す

目標を達成するための優先順位を決める

最初の1ヶ月はとにかく恋人が最優先。何をするにも恋人の優先順位が一番になることが多いのですが、お付き合いをして1ヶ月ほどを目処に、段々と優先順位を見直すようになっていきます。

とくに男性は仕事や趣味、男友達と遊びに出かけるなどほかにも大切なものがあると、少しずつ元の優先順位に戻っていくことがあります。

そのため付き合いはじめに比べて会える機会が減ることもありますが、気持ちが冷めてしまったというのとは別なので、あまり心配しすぎる必要はないでしょう。

独占欲の形が変化する

1ヶ月ほど経つとお互いの素顔を垣間見ることが増え、心身ともに近づくため、相手を自分のものだと感じることが多くなります。

それによって安心する気持ちが芽生える人もいれば、その気持ちがより強い独占欲となり、束縛が激しくなっていく人も。

どちらにせよ独占欲の形が“付き合いたい”というだけだったものから、より変化して二人の関係性に影響を与えてくるでしょう。

付き合って1ヶ月のカップルが起こしがちなトラブル

付き合って1ヶ月では、まだまだ相手のことを知らない状態。きちんと言葉に出さないと嫌なことやされて嬉しいこともわかりません。そんな状況で起こしがちなトラブルについてピックアップしました。気をつけるべきところを見ていきましょう。

スケジュール調整

付き合いはじめの頃に比べて、優先順位が変わってくるということもあって、お互いのスケジュールが合わなくなりトラブルに……。

毎週末恋人と会っていた人も、少しずつ友人との約束を入れるようになったりします。そうなると、本当は前に戻っただけでも、今まであったものがなくなるという感覚になり、デートの回数や連絡の頻度、時間の使い方で喧嘩になってしまうことがあります。

浮気

浮気をするには早過ぎると思う人が多いかもしれませんが、付き合う前から実は同時並行でほかの女性とお付き合いしていたという場合や、性格的に飽きっぽいなどの特徴があると、優先順位が変わってくるこのタイミングで、浮気をすることがあります。

初めはなんとかお付き合いをするため、彼女だけに集中してアプローチしていた男性も、ほかの女性に目がいってしまう……。そんな心の緩みが出はじめるのです。

お金の問題

デート費用をあらかじめ割り勘にしているカップルもいますが、多くのカップルは男性が付き合うまでデート代を負担している状態にあります。

するとお付き合いしてからも、なんとなくその状況が続いてしまい、男性がいつもデート費用を負担するように……。男性はプライドが高いので、なかなか自分から割り勘にしようと言い出しにくい面もあり、無理することで不満を溜め込んでしまいます。

ここは女性側が察知してあげて、「今日は私も出すよ!」と爽やかに申し出てあげることで、ある程度金銭的な負担によるトラブルは解消できるようになります。

隠し事、秘密がバレる

付き合う前に何か隠し事をしていたり、嘘をついていたりした場合は、この時期くらいから、お互いに緩みが出てきてバレることがあります。

この嘘や秘密も人によってさまざまで、たとえば実はバツイチだった、オタク趣味があるなど。それが相手にとって受け入れがたいものであった場合、つい言い出せなくて……というのが後々大きなトラブルに発展してしまうことにつながります。

付き合って1ヶ月のカップルが長続きするために大切にしたいこと

付き合って1ヶ月のカップルにとって、これから長く続けていけるかは気になりますよね。できれば長く一緒にいたいけれどどんなことを意識すればいいの?という方に向けて、ここでは長続きさせるためのコツについて詳しく解説します。参考にしてみてください。

感謝を忘れない

長く一緒にいるためには、第一にありがとうの気持ちを忘れないこと。これは近しい間柄でこそ、より意識したい部分でもあります。

気遣いや何かしてもらったときは、きちんと感謝をして言葉で伝えることが大事。なんでも当たり前になってしまうと、感謝の気持ちに気づけなくなって、時に相手からの不満も大きくなるでしょう。

もちろん感謝されるために優しくするわけではないのですが、それでもお互いに相手のことが大切だからこそ、感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

感謝を言葉にして伝えることで、相手が自分にとってかけがえのない存在であることも同時に伝えることができますよ。

ベストな距離感を保つ

束縛をしすぎないことや、デートの回数、連絡頻度についてもお互いに心地の良い距離感を話し合っておきましょう。

2人がお付き合いを継続していく中で、無理のない最適な距離感を保つことが大事です。多くの別れや喧嘩は、この距離感がうまく保てずに、どちらか一方に負担や我慢がいってしまうことで起きます。

ある程度、お互いのちょうどいい距離感を把握しておくことが、長続きするためのコツといえるでしょう。

コミュニケーションを大事にする

お互いの気持ちを伝え合ったり、ハグしたりなど恋人らしいコミュニケーションはとても大切です。これがなくなってしまうと、どれだけ仲が良くても異性としての興味や関心は薄れていきます。

ある程度の男と女、恋人同士のトキメキを保つために、恋人らしいコミュニケーションを大事にしましょう。

負担は公平にする

どちらか一方だけが負担していたり、頑張りすぎていたりするとバランスが悪くなってしまい、関係も長く続きません。遠距離恋愛でもどちらか一方だけが会いに行ったり、お金を負担したりすることなどがとくに悪い例です。

あくまでも負担は公平に、平等に分け合って二人で支え合う関係性を築きましょう。

まとめ

付き合って1ヶ月のカップルは常にラブラブと思いがち。しかし実際はこれから過ごす未来や、今までの状況も少しずつ変わってどうしていくか悩むなど、変化のタイミングにあります。

ある意味、落ち着いて相手と自分の関係を振り返るようになるので、自分の気持ちもはっきりとしてくるでしょう。

好きな人とせっかく両想いになれたのだから、これからの人生をより長く一緒に過ごせるように、ここで挙げたポイントを意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。きっと好きが愛に変わる瞬間を、感じることができるようになりますよ。