慢性湿疹は何故起きる?理由と効果的な治療法とは?

慢性湿疹というのにはいろんな皮膚病がありそれぞれ病名によって原因や治療法が変わってきます。適切な治療をしなければ完治しません。慢性湿疹の原因や治療法を紹介します。

慢性湿疹の症状


慢性湿疹というのは皮膚病の一種でいくつか皮膚病の慢性的な八宗を継続していくものをまとめてこう言っています。その中にはいくつか種類がありその慢性湿疹の種類と症状がなぜ出るのかを詳しく紹介します。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎というのはアレルギー性皮膚炎の一種で、アレルギー体質が強い人によく出る症状です。症状としては湿疹とかゆみを伴い一度かかると何度も繰り返し発症します。通常あかちゃんに症状として発症することでこの名前がついています。6ヶ月以上症状が続く場合は慢性のアトピー性皮膚炎と言われています。アトピー性皮膚炎は最近は大人でも発症する人が増えてきていてあかちゃんの病気という考え方では当てはまらなくなっています。

アトピー肌はどうしてできるの?効果的な改善方法は?

近年、アトピー性皮膚炎のお子さんが多くなっているといわれていますが、大人でもアトピー肌となっている人が多く、アレルゲンとなるモ…

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹は皮脂の分泌が盛んな新生児によく起こる症状で、額や頬、または髪の毛の生え際などの皮脂腺が多い部分に発症しやすくなっています。アトピー性皮膚炎と違ってかゆみは少ないのでそこまで新生児が嫌がることはありません。大人の場合は、思春期を過ぎたころからこの皮膚病を発疹することがあり、眉毛や鼻の両脇にこめかみなどが赤く腫れたりします。顔や頭だけではなく夢寐周りなどにも症状が出る場合があり、素人では何の皮膚病七日がわからないことがあります。

脂漏性湿疹が赤ちゃんに起きたら!大変な症状と適切な対処法

赤ちゃんと言えばだれもがきれいですべすべの肌をしていると思いがちですが、意外と赤ちゃんの肌は繊細で傷つきます。可愛い我が子の肌…

皮脂欠乏性湿疹

皮脂欠乏性湿疹は皮膚の表面が角質が乾燥することではがれていく症状です。特に中高年者の膝から下によく見られる症状で、皮膚がカサカサになってからひび割れなどの症状が出ます。症状がひどくなればカメの甲羅のように皮膚がひび割れていきかゆみも伴うようになります。かゆみがあるので思わず搔いてしまうことがありますが、搔いてしまうと症状が悪化してしまって治療が大変になるので早めの医師の診断と治療をおすすめします。

乾燥肌を改善する方法を紹介!原因とボディソープ選びとは?

乾燥肌には原因があります。改善していくためには、その原因も考えていくことが必要です。ボディソープを選ぶことも大切ですが、しっか…

貨幣状湿疹

皮膚のうるおいは皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質の3種類の物質で形成されています。この物質が年齢とともに不足していき出る症状です。他には体の洗い過ぎや外気や室内の感想したときにおきる症状でもあります。治療するにはステロイド剤を使うと症状は軽減されますが完全に治るというわけではありません。食生活を改善して完治を目指さないと一生ステロイド剤を使うことになります。

背中の痒い湿疹はコレが原因!放っておくとこわーい病気にも

背中に出来る湿疹、ただの背中ニキビと勘違いをしていませんか?背中ニキビとは違って、放置をしていると大変な事態に陥る可能性がある…

慢性湿疹の治療方法


慢性湿疹は皮膚病の一種ですが、出る場所も指先、頭皮、背中、腕や足など体全体に発症します。その発症する場所によっても治療法が変わってきます。単なる皮膚病なので我慢できると思って放置していると症状がどんどん悪化してしまい、最悪の場合入院ということにもなりかねないので早めの治療をおすすめします。慢性湿疹が発症したときに最適な対策法を部位毎に詳しく紹介します。

頭皮に出来た場合

慢性湿疹が頭皮に発症した場合は、尋常性乾癬のケースが大部分で人に移る病気ではありません。頭皮に症状が出た場合の治療法としては、ステロイド薬を使って塗布することで治療できます。内服薬を使った治療法や紫外線照射による光線治療法などもあります。

頭皮湿疹はこれが原因だった!苦しい痒みの元を探ってみる

湿疹やじんましんはかゆみが強く出てくることもあり、またかき壊してかさぶたになってしまう事もあるので、頭皮等に湿疹ができやすい人…

指先に出来た場合

指先に慢性湿疹が出た場合、ひび割れ、カサカサ、皮膚が硬くなったりする症状が現れます。指先の症状を治療するのには、症状がそこまで進行していない場合は保湿剤を使って保湿することで症状が軽減されます。症状がひどくなった場合、ステロイド剤を塗布してから治療することになります。

指の湿疹はこれが原因だったの?具体的な治し方もご紹介

手の湿疹について知りたい人には、いろんな種類の手の湿疹や皮膚病について紹介しています。その症状に合わせた治療法も紹介しているの…

背中に出来た場合

背中に出来た慢性湿疹は蕁麻疹の可能性が高く、治療するには病院へ検診に行ってから病気の持ちを判断してもらわなければいけません。蕁麻疹の要因を見つけるためには血液検査をしてから正確な原因を見つけなければいけません。

背中の吹き出物ができて痛い!もしかして病気のサインかも?

自分の目では見えにくいですが、水着を着たときなどにあらわになる背中。そんな時に、ぼつぼつと吹き出物ばかり出来ていたら、恥ずかし…

腕や足に出来た場合

腕や足に出来る慢性湿疹はアトピー性皮膚炎の可能性もあります。そこで手や足に発症している湿疹の治療には、あかちゃんなどに多い汗を搔いたことで出来るような湿疹の場合は、できるだけ乾燥させるようにベビーパウダーなどを塗って症状を抑えることが出来ます。症状がひどくなった場合は、ステロイド剤を使わないといけません。簡単な検査としてはスクラッチテスト・皮内テストなどでも原因を見つけることは出来ます。原因にあったステロイド剤や内服薬を使って治療することが出来ます。

腕に湿疹が出来た!症状を抑えるための適切な対処方法とは?

私たちが生活している中で、毎日きちんと肌を清潔に保っていたり保湿ケアをしたりしていても突然腕に湿疹が出てくることがあります。湿…

高齢者が気をつけたい慢性湿疹


同じ慢性湿疹の中でも年齢によってもその病名が変わってきます。高齢者がかかる慢性湿疹の中にもいろんな湿疹があり同じような症状でも実際は違う皮膚病の場合もあります。高齢者に多い面性湿疹の病気の種類を見ていきます。今回はビダール苔癬・多形慢性痒疹・皮膚そう痒症・紅皮症の症状や対策法について詳しく紹介します。

ビダール苔癬

ビダール苔癬は特に中年女性に多く発症する皮膚病で、うなじなどにかゆみを感じてから無意識に掻いていると傷になってしまってから皮膚が分厚くなります。この症状は太ももや陰部などでも起こりやすくなっています。治療するには副腎皮質のホルモン薬を服用することで効果があります。

多形慢性痒疹

多形慢性痒疹の症状としては身体全体がかゆくなって発疹に悩まされる症状が出ます。風呂上りや寝る前に良くその症状が出て寝不足で悩むこともあります。治療法としてはステロイド剤を塗布すると一発で症状が軽減されます。ただし、ステロイド剤は一度使って次回同じ症状が出るともっと強いステロイド剤を使わないときかなくなります。

皮膚そう痒症

皮膚そう痒症派高齢者に多い皮膚病の一種で皮脂の分泌や水分の分泌が少なくなるため冬などにその症状が発症することが多くなります。発疹はないのでわかりにくいのですが、かゆみが出て来るのでそれで判断ができます。治療するには抗ヒスタミン薬を服用すればすれば効果があります。まずは病名をはっきりさせるためにも病院の医師に検診してもらいましょう。

紅皮症

紅皮症は全身の皮膚という皮膚が発赤してからかゆみを感じてから脱毛や爪の変形などいろんな症状として現れてきます。最悪の場合は内臓疾患にまで発展しかねない病気です。そのまま放って置くと大変なことになるので早期治療が必要となります。治療する場合は勝手に薬を使わないで医師の検診を受けてから医師の判断の元で服用薬を使ったら塗布約を浸かったりしましょう。

まとめ


皮膚にかゆみや湿疹などがでているときにアトピーだとか勝手な判断をするのではなく、どんな皮膚病にかかっているのかを医師に見てもらってから、はっきりした診断後に薬を使って治療しましょう。ここでは湿疹の中で考えられる病気を詳しく紹介しています。