付き合って半年の危機的状況の原因とは?解決法を知って円満な2人に

付き合いはじめてはや半年。お互いの気持ちを理解しはじめた頃に訪れるのは「マンネリ化」「倦怠期」です。なぜ危機的状況になってしまうのか。その原因と、危機から脱出する方法もあわせて恋愛アドバイザーであるNaoさんにアドバイスをいただきました。その話をまとめたのでご紹介します。

付き合って半年の2人に起こり得る状態について

半年を迎えると、相手のいろいろな部分が見えてきます。そんな2人に起こり得る「良い変化」と「悪い変化」とはどのようなことでしょう。危機を回避するためにも、起こり得る状態を知っておきましょう。

打ち解けてくる

付き合いはじめの頃は目を合わせるだけで緊張したり、会話も途切れ途切れになったりすることがあります。しかし、それも半年もすればお互いのことがわかり、いい意味で遠慮せず打ち解けてきます。

会話は自然と弾むようにもなりますし、手をつなぐことも自然になっているでしょう。また、お互い自分の気持ちを正直にいえる仲にもなっているカップルが多いです。

情が出てくる

半年の期間の中、時には喧嘩もし、デートも重ね、さまざまなイベントを2人で過ごしますよね。その中でようやく「好き以外」の気持ちが現れます。

2人が親密になり、遠慮なく言い合える仲になったからこそ生まれるのが「情」です。「私がいないとダメだもんな」という気持ちが出てくるのです。

マンネリ気味になる

半年も経つ頃には、デートやエッチもマンネリ化してきます。はじめの頃のようなドキドキ感も当たり前になってしまうことで、残念ながら薄れてしまいます。

一緒にいるだけで満足するようになり、その結果おうちデートの日が多くなる傾向があります。

喧嘩が増える

半年という期間の中、相手への不満は少なからずあるでしょう。その少しずつ積もってしまった不満もそろそろ爆発する頃です。

はじめのうちはお互い猫かぶりな部分もあったでしょうが、慣れてしまえばその時期も終わりを迎えているはず。

半年も経てば思う存分喧嘩をしてしまうようにもなる頃でしょう。以前と比べ、激しめの喧嘩が徐々に増えてきます。

付き合って半年が危ないといわれる理由とは

なぜ、「半年」が危ないといわれるのでしょう?付き合うなら長く末永くいたいものです。ラブラブだから大丈夫と油断してはいけません。長く付き合うためにも、以下のポイントをチェックしてみてください。

お互いの本性がわかる

付き合いはじめはお互いに良く見られたいという気持ちが強いため、気を遣って過ごします。本性をさらけ出すことはせず、悪い部分は見せません。

しかし、半年も過ごすうちにその「猫かぶり」は破れ、徐々にお互いの欠点や本性が見えてきます。それが、喧嘩の原因となることもあります。

猫をかぶった最初の印象と違うため、不満も蓄積されてしまうのでしょう。

トキメキが消えてくる

付き合いはじめは、相手の目をみるだけでも、手をつなぐだけでもドキドキしたでしょう。連絡がくれば大喜びし、日々ときめくことばかりだったはずです。

しかし、それも半年もすると冷静になり、トキメキでまわりが見えていなかったことを理解します。

トキメキが消えると相手の悪いところばかりが見えはじめ、徐々に心が冷めてしまうために半年経つと危ないといわれています。

付き合って半年で危機を迎えているカップルが乗り越えるための方法

2人の関係がギクシャクしてしまったらどうすればいいのでしょうか。「別れよう」と切り出されないためにも、危機は上手に乗り越えていきましょう。

付き合いたての頃を思い出す

付き合いたての頃のトキメキや好きだった気持ちを思い出しましょう。半年の段階では、付き合いたての気持ちを忘れていることが多いので、2人で思いをはせてみましょう。

思い出すだけでもあの頃の気持ちを蘇らせることができるため、再びラブラブに戻れる可能性があります。

アルバムの写真を見返したり、最初のデートの場所に行ってみたりするのもおすすめです。

お互いにイメチェンをする

マンネリ化を打破するために、お互いイメチェンをしてみるのはどうでしょう。髪型を変えてみたり、ファッションのテイストを変えてみるなど、少しの変化をつけてみます。

半年も付き合うと、無意識の内に、せっかくのデートでもおしゃれを手抜きしがちになりますから、いい機会ではないでしょうか。お互いの美意識を高めるためにも、美容院やショッピングでのデートを楽しんでみてはいかがでしょう。

「気持ち」を尊重する

付き合って半年も経つと2人のあいだで遠慮がどんどんなくなってきます。ちょっとのことでも「ありがとう」や「ごめんなさい」を伝えていたはじめの頃と違い、やってもらって当たり前という感覚になっていませんか?

時間がどれほど経とうと、忘れてはいけないのは気持ちを尊重することです。悪いことをしたら謝らねばなりません。

そして、大事なのは2人のあいだで「ありがとう」を言い合うこと。たとえばお茶を持ってきてくれたという、日常的に当たり前のことでも、しっかりと感謝をいってあげることが大事。いわれた側は嬉しいですよね。

お互いに感謝を忘れなければ、良好な関係を保ち続けられるものです。

少し距離を置く

隣にいないと寂しい、会いたい、その気持ちがあるのなら危機も乗り越えられるはずです。お互いに距離を置いてみることで、そばにいることが当たり前すぎて気づかなかった、相手に対する本当の気持ちがわかります

連絡を頻繁にとらなかったり、しばらく旅行に出てみたり、実家に帰省したりして、2人のあいだに一定の距離を置いてみましょう。

付き合って半年を過ぎても仲の良いカップルでいるためのポイント

何年経ってもラブラブなカップルというのもいますよね。そんな2人の関係は羨ましいものです。いつまでも仲良くいるために、日ごろどんな心がけでいればいいのかポイントをご紹介します。

決まりごとを作りすぎない

「1日10回はラインする」「寝る前には電話」「週に1回は会う」などの決まりごとを作りすぎてはいませんか?

約束だからと義務感に変わってしまっては、半年くらいから疲れてきてしまいます。はじめは会いたいから会っていたはずなのに、約束に縛られていると、愛も薄れてしまいます

決まりごとはほどほどに、お互い縛りすぎて共倒れになってしまっては元も子もありません

付き合った期間を意識しすぎない

短期間で痩せることができる

「あとちょっとで半年だね~」とカップルではよくある会話。しかし、仲良しでいるためには、あまりしないほうが良いでしょう。

とくに、付き合って「3か月目」や「ちょうど半年」という区切りの良い数字になるときは要注意!

気持ちが油断しがちになります。記念日だからと反対に張り切りすぎて、空回りしてしまうかもしれません。その結果、喧嘩に発展することも。

付き合った期間は気にせず、気がついたら付き合って長かったカップルを目指しましょう

いいたいことは我慢しない

「我慢せずに言い合っていたら喧嘩になりそう……」などと思って、不満も口にしないのなら危険です。

いわずに蓄積した不満はいずれ爆発するかもしれません。それに、男性はあとになってから「あのときは……」と思い出したように愚痴を聞かされるのが嫌いです。「嫌だったらそのときにいってくれよ、今更なんだよ!」と喧嘩に発展してしまう恐れがあります。

不満に思ったら、そのときに遠慮せずにいってみましょう。

お互いにどういうときにイライラしてしまうのか、次からはどうすれば仲良く過ごせるのかを考えるキッカケになります。

不満はため込まず、相手に上手に伝えましょう。

まとめ

男女で考え方が違うがゆえに、気持ちが離れてしまうこともあります。区切りが半年です。長い期間一緒にいることで芽生える気持ちをうまくコントロールしましょう。

それを乗り越えられれば「この人とずっと一緒にいたい!」とお互いに感じられます。半年を過ぎれば「結婚」への道もずっと身近に感じられることでしょう。

末永く一緒にいるためにも、お互いの距離感を上手に保ってみてくださいね。