汗疱状湿疹の特徴、原因から治し方まで総まとめ

汗疱状湿疹の特長や原因に付いて詳しく紹介しています。汗疱状湿疹にかかった原因を特定してその対策法は何がいいのかを見極めるための参考に出来ることを書いています。

汗疱状湿疹の特徴


汗疱状湿疹とは手のひらや足の裏側に出来る小水疱駕できる皮膚病の一種です。強い痒みを伴うこともあり症状が悪化してしまうと耐えられなくなるほどになってしまいます。汗疱状湿疹の症状の特徴を詳しく紹介します。

小水疱が出来る

小水疱とは皮膚の表面が水ぶくれのようになって、中には水のようなものが溜まって皮膚が膨れ上がってきます。火傷をしたときに出来るような水ぶくれに似た症状が出ます。米粒大までの水疱のことを小水疱と呼んでいてそれ以上の大きさになると水疱と呼ばれています。

強い痒みが発生

汗疱状湿疹にかかると小水疱が出来るだけではなく強い痒みを伴うことがあります。絶えられないくらいの強い痒みを伴うこともあります。痒みには個人差がありますが、痒みを伴う汗疱状湿疹はよくある症状で治療が必要になります。

手や足に出来る

汗疱状湿疹が手足に出たときの特長としては、カサカサ肌になり、皮がむけ落ちるようになり水虫の症状と似たような症状が出ることがあります。水虫なのか汗疱状湿疹なのかは素人では判断できないので医師の診断を受けないといけません。痒みを伴うので手足の指先などに出た場合は我慢できない可能性があります。

感染する心配はない

汗疱状湿疹は水虫のように感染する心配はありません。その点は心配が要らない感染症ではない皮膚病の一種です。汗疱状湿疹というのは感染しないので周りの人にうつす心配はなく安心して他人と接触して問題ありません。周りからうつるから近寄らないでなど言われても水虫と違うのでうつらないことを理解してもらう必要はあります。

汗疱状湿疹の原因


汗疱状湿疹の原因とはいったいどういうことなのでしょうか。汗疱状湿疹にかかって何が原因かわからないという人はこちらを見れば一目瞭然です。汗疱状湿疹にかかる原因はわかっていて、1つずつ原因を探っていくと決定的な原因を突き止めることが出来ます。汗疱状湿疹にかかる原因として、ストレス・病巣感染・自律神経の乱れなどですが、タバコを吸う人の発症率も高くなっています。

ストレスによるもの

汗疱状湿疹の原因としてはどんなものがあるのでしょうか。汗疱状湿疹にかかる原因は人それぞれなので、一概に原因がこれだということは出来ません。いろんな条件が整ってから発症することがあるので、根本的な原因を突き止めることで解決法が変わってきます。症状が何かのストレスが溜まっているときに出る場合は、ストレスが原因で発症していると思って間違いありません。

ストレスが原因の場合は薬で治療してもなかなか完治しません。そこでストレスがない生活を送るようにすることでほとんど症状が出なくなります。ストレスが原因の場合は薬で治療するのではなく、普段の生活習慣でストレスがあまりかからない生活を送ることが必要です。リラックスできる生活環境を整えることが一番の薬になります。

湿疹はストレスによって起こるもの?蕁麻疹は?対処法まで徹底解説

季節の変わり目になると乾燥から湿疹ができるという人もいますが、湿疹や蕁麻疹などはストレスが原因となって起る事も多いといわれてい…

病巣感染

病巣感染してから疱状湿疹にかかる場合があります。逆に汗疱状湿疹から病巣感染して他の重い病気にかかることもあります。病巣感染とは症状自体は駆るものでもこのことが原因となり別の病変を発症することにより汗疱状湿疹を発疹することがあります。そう考えると非常に怖いことです。

自律神経の乱れ

 

自律神経の乱れによって汗疱状湿疹を発症することがあります。自律神経が乱れるということはホルモンバランスが乱れることになります、その自律神経が乱れることでホルモンバランスも乱れてしまいます。ホルモンバランスの乱れから汗疱状湿疹を発症することがあります。

【お疲れ女子必見】疲れの原因は交感神経と副交感神経のアンバランスにあり!!!原因&改善策

疲労の原因は交感神経と副交感神経にあり?!寝ているはずなのに疲れが取れないなんとなく体調が悪い、疲れた?そんなあなた、疲れの…

タバコ

 

意外に知られていない汗疱状湿疹の原因としてタバコを吸っている人にもよくこの症状が出ます。喫煙が原因と思うかもしれませんが、実際に喫煙が原因で汗疱状湿疹を発症することがあります。手などに発疹が出来たとき、喫煙者であればタバコを止めればよくなるケースもあります。タバコが原因となると今まで考えもしないようなことが汗疱状湿疹の原因になりえるので、タバコはいろんな病気の元となるため出来るだけ吸わないようにしましょう。

汗疱状湿疹が治らない場合の対処法


汗疱状湿疹にかかってしまって薬を服用していてもなかなか直らないというときに注意してもらいたいのが精神的な原因で汗疱状湿疹を発症したのではなく食べ物や金属アレルギーなどによる発症の場合は、元を断たないと解決しません。

特定の食品が影響している場合はその食品を食べないようにしなければいけません。金属アレルギーが原因の場合は、金属を触らないようにしなければいつまでも症状は改善されません。食品やその他の原因で汗疱状湿疹になるケースを紹介します。原因によっても対処法が全く違ってくるので、必ず原因を突き止めてから治療をするようにしましょう。そうしなければ無駄な治療を行っている可能性もあります。

金属アレルギーが原因

汗疱状湿疹だと判明してステロイド剤を塗布して治療をしていても病気の原因が金属アレルギーの場合は症状はなかなか改善されません。症状を改善するには本当の原因を突き止めなければいけません。病院でアレルギー検査を受けて何がどんなアレルギーがあるのか見てもらいましょう。そこで金属アレルギーを持っているのがわかったら、間違いなく金属を触ることで手先などに汗疱状湿疹が発症する原因です。

チョコレートが原因の場合も

汗疱状湿疹の発疹の原因としてたくさんあり、その中でもチョコレートが原因の場合があります。チョコレートが原因だということを検査してから突き止めることが必要です。自分で何を食べたときに発症するのかを見ているとある程度の食品の絞込みが出来ます。最終的には医師に見てもらってチョコレートのアレルギー検査をしてもらうとはっきりとした汗疱状湿疹の発症の原因を突き止めることが出来ます。

普段の食べ物から注意が必要

汗疱状湿疹を発疹する原因としてアレルギーや精神的なこと、そして食品によるものなどいろいろな原因が考えられます。まずはアレルギーがないか食品毎に病院で検査をしてもらうことが確実ですが、普段食べている料理や食料品などを注意していれば、何を食べたときに汗疱状湿疹が発症したのかをある程度絞り込むことができます。原因が食品の場合はいろんな食品があるので普段食べている食品を全て病院でアレルギー検査をしてもらわなければいけません。

まとめ


汗疱状湿疹といっても幅広い原因があり、まずは汗疱状湿疹の原因を絞り込んでからはっきりとしたことを見分ける必要があります。原因を見つけてから初めて治療法がはっきりします。汗疱状湿疹にかかってしまって何が原因かわからない人は、ここで書かれている原因を参考にして絞込みをしてみましょう。