LINEで恋愛を始めたい♡うまくいくコツはこちら

SNSが発展する中で、LINEは独自のツールとして人気を集めています。簡単に連絡が取れて、相手と会話もできるツールとして日本ではすっかり定番のアプリですよね。そんなLINEを使って恋愛を楽しんでいる人もいます。

そこで、

について紹介します。

LINEに対する印象は男女で違う

LINEに対しては、実は男女で印象も違っています。その印象の違いが、実はギャップを巻き起こして摩擦になっていることもあるのです。男性と女性によってそれぞれ違ってくるので、ここからはLINEの印象について男女別に解説します。

女性は会話を楽しむツール

女性にとってLINEは、会話を楽しむツールです。何気ない会話から重要な会話まで、すべてLINEで済ませるということが多いです。「今日行ったカフェがすごくおしゃれでね」という会話から「仕事で上司からこんなこと言われてて」という会話もすることがあります。

何気ない会話をそのまま電子の世界に乗せているのが、女性のLINEに対する印象だと言えるでしょう。よりチャットなどの使い方に近いかもしれませんね。LINEなら返信もすぐにできるし、グループでも使えるからこそ、リアルタイムで会話できるツールとして使っている人が多いです。女性にとっては会話の延長線上にあるのがLINEなのです。

男性は便利な連絡ツール

男性にとってLINEは、便利な連絡ツールです。基本的に何気ない会話などは少なく、必要な時にだけ使うということが多いでしょう。「今度のデートの件だけどどうする?」「仕事が入って行けなくなった」など業務連絡的に使っている人が多いです。本当に必要最低限の連絡として使う人も男性には多いと言えるでしょう。

男性の多くは「会話するなら電話の方が良いじゃん」と思う人も多いですし、「実際に会った方が効率も良い」と思う人が多いです。そのため、女性に比べると男性のLINEはドライかもしれませんね。もちろん、男性にとってはただの連絡手段でしかないことも多いため、LINEでの会話が盛り上がらないこともありますね。

LINEから恋愛に発展させるには

LINEを使って恋愛に発展させるためには、コツを知っておくことが重要です。ただ適当に連絡していても、盛り上がらずに結果的に自然消滅なんてこともあります。そこで、ここからはLINEから恋愛に発展させるためのテクニックを紹介します。

初めてのLINEはしつこくしない

初めてLINEを送る時には、あまりしつこくしないようにしましょう。連絡手段として使っている人が多いので、しつこく疑問文などを入れすぎたり、本文が長すぎたりすると「あぁ、返信するの面倒だな」と思われてしまうこともあります。いかに手間をかけないようにするか考えている人も少なくないので、伝えたいことは端的に伝えましょう。

また、未読スルーや既読スルーをされても、基本的には返信があるまで待っていることが重要です。もちろん、そのまま返信がないこともあるのですが、そこで「なんで返信くれないの?」とさらにしつこくしてしまうと、相手はうんざりしてしまうでしょう。あくまでも相手の状況を加味して送ることが必要となります。

丁寧語とタメ口を混ぜる

LINEは抑揚のない文章だと飽きてしまうので、丁寧語とタメ口を織り交ぜてみましょう。そうすることで文章に抑揚が出てきて、読んでいる人も楽しみながら読むことができます。LINEを長続きさせたいなら、相手を楽しませるということも重要となるのです。そこができていない人も実はとても多いです。

例えば、今日行った店や今日あった出来事などを淡々と話されても、相手は「ん?」となるかもしれません。そこに相手への疑問を投げかけるなど、文章にリズムを持たせるようにすると良いです。また、あまり長くなると読むのが億劫になるので、丁寧語とタメ口を混ぜながら、まるでリアルで会話しているかのように工夫することも重要ですね。

トークに相手の名前を入れる

トークに相手の名前を入れるというのは、実は効果的です。人間は承認欲求があるのですが、相手に名前を呼ばれることによって、承認欲求を満たしてあげることもできます。単純に名前が入っていると、人は心を許しやすい傾向があると言われています。まず最初にLINEを送る時には相手だとわかっていても「○○さん!」と話かけるようにしてみてください。

名前が入っていることで、相手が自分のことを呼んでくれていることを実感できます。基本的に人と人とのコミュニケーションは、電子の世界になっても変わりません。人に名前を覚えてもらえるのって嬉しいですよね。ところどころに「○○はどう思う?」と入れるなど、自然と相手の名前が入るようにしましょう。

好きな人とLINEを続けるテクニック

好きな人とLINEが続かないのには原因があります。その原因を知ることは重要で、テクニックを磨くことによって長続きさせることもできるようになります。そこで、ここではLINEを続けるためのコツを紹介するので、実践してみてください。

自分発信・自分終わりで主導権を握る

LINEをする時、ついつい自分発信で自分終わりになっていることはありませんか。ただ言いたいことだけ言って、自己完結していると会話も当然のように続きません。ただ、自己中心的なこの行動も、実は相手との会話を上手く進めることができることもあります。要は主導権を握るというのが重要なのです。

すべて自己完結だと相手も「そうなんだ」で終わってしまうのですが、そこでリズムを作って自分から何か聞き、会話の幅を広げていくというのも良いでしょう。そのためには主導権を握ることが重要となってくるのでトークの実力も磨くことが必要です。

長文は避ける

長文になると、どうしても忙しい人は「後で良いや」と読むことすらしてくれなくなります。あまりにも長文だと、そもそも返信するのも面倒ですし手間ですよね。好きな人に対しては、ついつい色々なことを伝えたくなりますが、長文になりそうな時にはトークを分けて考えるようにすると良いです。

基本的に話題が多すぎると散らかってしまうので、トークの内容は最低でも3つくらいの話題にしましょう。中には話題が多すぎて、まるで作文のようになっている人もいます。LINEはもっと気軽に楽しむものなので、そこを忘れないことが重要ですね。

「寝ちゃったから返信できなかった」などと翌日へ繋ぐ

1日でLINEが完結すると、相手によっては「じゃあこれで終わり」と区切ってしまうこともあります。そのため「寝ちゃって返信できなかった」と翌日に繋ぐのも良いです。翌日にLINEを入れると、またその日は会話を続けることができますからね。ただ、あまり翌日に繋ぎすぎるとテンポが悪くなってグダグダになってしまうこともあるので注意が必要です。

また、次の日に繋いでも、相手によっては返信が来ないこともあります。そこは考え方によって違ってくるので、返信がない時でも焦らないで気軽に待ってみるというのが良いのではないでしょうか。

男性からの脈ありサイン

LINEをしている時、相手の男性からの返信によっては脈ありだと判断して良い場合もあります。女性はそこをしっかり見極めてLINEしたいところです。そこで、ここからはLINEの中でも、相手が脈ありかどうか判断するためのサインについて紹介します。

返信が早い

返信が早い人は、もしかしたら興味を持ってくれていることもあるかもしれません。返信が数時間に1回とかだと、あまり興味を持ってくれていない証拠です。会話したい人とは会話するのが、男性です。もちろん、それは女性も同じですけどね。返信が早ければ、それだけ「この人と会話したい」と思ってくれている可能性が高いでしょう。

質問が返ってくる

質問が返ってくる時には、相手が自分に興味を持ってくれている証拠でもあります。色々なことを聞いてくれるのなら、それは脈ありかもしれません。単純に会話を長引かせるために聞いてくれる人もいるのですが、聞きたいことが多いということは「もっと知りたい」と思ってくれている証拠でもありますからね。

既読スルーされない

既読スルーされたら、あまり気がないと判断して良いかもしれませんね。最近では未読スルーする人もいます。逆に言えば、しっかり読んで返信をくれる人は、気があると言えるかもしれません。もちろん、それだけで判断するのは時期尚早と言えますが、返事がしっかり返ってくるのなら、少なくとも相手にとって悪い印象はなく、むしろ良い印象だと言えます。

まとめ

LINEは恋愛に使っている人も多いですが、男性と女性では印象もまた違ってきます。そのため、LINEの使い方は知っておくことが重要です。相手のこともしっかりと考えて、その上でLINEを活用していくようにしましょう。ここで紹介した方法を駆使すれば、LINEで恋愛上手になれるかもしれませんね。