LINE交換を切り出す絶妙なタイミング集!うまく逃れるテクニックも!

気になるあの人とLINEを交換したい!でもなかなか交換してと言い出すタイミングが掴めず、時間ばかりが過ぎていく…そんな時には、こんな方法でLINEを交換すると良いでしょう!気になる男性と距離を縮めるための、LINEのポイントも合わせてご紹介します!

気になる男性とline交換する方法

友達とグループを作る

気になる男性を含めたグループLINEを、友達に協力して作って貰えば、直接LINEを聞かずとも、ナチュラルに相手のLINEをゲットすることが出来ます。友達の協力が欠かせませんが、ちょっとしたきっかけがあれば、自然とグループを作ることが出来るでしょう。

例えば、仕事で同じチームのグループを作ろうとしたり、どこかイベントに皆で出かける時の為のグループLINEを作ったりと、何かしらの理由、きっかけがあると、自然とグループLINEを作りやすくなるでしょう。

相談に乗ってもらう

突然LINEを交換して下さいというのは難易度が高いので、相談があるので聞いて貰えませんか?という体で、LINEを交換する事もおすすめです。実際に大した相談は無くとも構いません。LINEを交換してからどんな相談をするか考えれば良いので、LINEを聞くきっかけとして、こうした方法でLINEを聞いてみると良いでしょう。

相談内容は、例えば仕事に関しての事や、自分の家族についての悩みなど、多少ちゃんとした悩みをすることが大切です。特に相手が職場の人であれば、仕事に関しての悩みは効果的。仕事がこれが出来なくて悩んでいる、職場の同僚となかなか打ち解けることが出来ないなど、その人にしか打ち明けないような深い悩みを話すと、その人も、あなたに対して心を開きやすくなるでしょう。

悩み相談の場合は、連日LINEをするきっかけが作りやすいのも特徴です。悩みを聞いてもらえたことでこんなことが解決しましたと報告もしやすく、仲を縮めるきっかけになるといえるでしょう。

LINEのIDを教える方法

QRコードを使う

LINEのIDを教える方法で、てっとり早く出来るのが、QRコードを使った方法です。LINEにはそれぞれ、自分だけのQRコードがありQRコードのボタンを押すと、読み取りリーダーと、自分のQRコードを提示する画面が表れます。

何人かに自分のLINEだけを教える時などにも便利な方法で、読み取りコードを使うだけでOKなので、ササッと交換したいときなどにおすすめです。

ID検索をしてもらう

LINEにはそれぞれIDがありますので、ID検索で自分を探して貰うという方法もあります。直接相手と会えないときでも、IDを伝えればLINEを伝える事が出来ますので、名刺などにIDを書いて渡すという方も少なくありません。他の人にそっと好きな人のIDを教えてもらって、登録をするという方法もあるでしょう。

ただし、IDが長いと打つのが面倒臭いというデメリットや、IDの打ち間違えをして表示されないというケース、急いで登録をしたいときなどには向かないということもあるので、使いどころを間違えないように注意して下さい。

ふるふるを使う

大人数で一気にライン交換をしたいときに便利な方法で、ふるふるをオンにして、皆でケータイを横に振るだけで、ライン交換をすることが出来るでしょう。ふるふるをするのがイベントのように楽しく、積極的にこの方法をトライする方も少なくありません。

ただし、ふるふるはたまに誤作動をすることもあり、全く知らない人のLINEが表示される事もあります。何度かトライしないと正しいIDが表示されないこともありますので、人が多いところだと特に、多少手間がかかる可能性が高いでしょう。

電話番号で自動登録してもらう

LINEはケータイのアドレス帳を読み取って、LINEを持って居る人を自動的に追加する機能もありますので、電話番号をアドレス帳登録すれば、ライン交換を出来ます。相手の電話番号は知っているけどLINEは知らないという時でも、相手の電話番号さえ知っていれば、LINEを交換する事が出来るのです。

ただし、相手が自分のことを友達登録してくれないと、LINEでメッセージを送ることが出来ません。メッセージを送れても、相手には表示されて居らず、通知もされていないため、注意しましょう。

LINE交換にぴったりのタイミング

友達と遊びに行くことになった時

ライン交換をするタイミングとしてピッタリなのが、友達と遊びに行くことになった時です。男女数人のグループでどこかに出かけようとなった時に、連絡手段の1つとしてグループLINEが選択される事は多く、グループ内に居る人のLINEは、自然とゲットすることが出来るでしょう。

気になるあの人もこの遊びに誘ってみることで、LINEをナチュラルに交換する事が出来ます。直接誘うのが難しいという場合は、友達伝手で誘って貰ったり、メンバーにそれとなく、その人も誘って見る?と伝えてみると良いでしょう。

写真や動画を撮影した時

結婚式などで、写真や動画を撮影した際に、LINEを使った方がてっとり早く送れる為、そのタイミングでLINEを交換するという方も少なくありません。LINEであれば一気に多くの画像や動画を送ることが出来ますので、写真や動画を撮影した際には、絶好の交換タイミングと言えるでしょう。

例えば、結婚式に参列した際など、思い出を共有したいタイミングであれば、写真や動画の転送は自然な流れです。友人に協力して貰ってグループLINEなどを作って貰えば、ナチュラルにライン交換をすることも出来るでしょう。

遊んだ時の帰り際

遊びに行った帰り道などに、ライン交換をお願いするのも1つの手です。ストレートに「ライン交換しない?」と聞いてしまっても決して不自然ではありませんので、1日楽しく遊んだ後に、LINEを交換できるか聞いて見ましょう。

LINE交換後に好感を与えるアクション

帰宅後すぐに送信する

ライン交換をしたその日の夜など、帰宅後にすぐにLINEを送ると、好感度がアップします。その日どんな風にしてLINEを交換したかによっても話すべき内容は異なりますが、自然な流れになるように、交換したその日にすぐにLINEを送るようにしましょう。

帰宅後すぐに送信しないと、ついつい忘れてしまう可能性もありますので、出来るだけ早めに送信することが大切です。一緒に出かけた後にLINEをするのであれば「今日は楽しかったです、またご一緒しましょう」というように、感想を送るのも、良い方法といえるでしょう。

お礼を言う

何かをしてもらったときや、何かを頂いた時などなど、お礼を伝えるときにLINEを活用しましょう。遊びに出かけたときなど、「今日はありがとうございました!」というようなお礼LINEをすぐするのも効果的です。

お礼を言うLINEは相手の負担にもならず、相手ともコミュニケーションを取りやすいきっかけになるので、何かお礼を言えるようなことが、LINEを使って会話のきっかけにすることがおすすめです。

共通の話題で雑談する

共通の趣味をはじめ、お互い職場が一緒であれば仕事の話など、共通の話題で雑談をするのにも、LINEは非常に便利です。短い文章でも気軽に送れるので、気軽に話をしたいという方にはうってつけといえるでしょう。

共通の話題であれば、会話を続けるのも続けやすく、会話が盛り上がりやすくなります。相談などもこちらの共通の話題に入りますので、相手が会話に乗りやすいような内容を考えて、雑談を繰り広げて行くと良いでしょう。合間合間にスタンプなどを使うと、より会話が盛り上がりやすくなります。

相手を気遣う

相手が疲れているような時や、風邪などの体調不良になった際にも、LINEを送りやすいきっかけといえます。「体調は大丈夫ですか?ゆっくり休んで下さい!」というように、相手を気遣うようなLINEであれば、自然に相手とコミュニケーションを取ることが出来ます。

ただし、相手が疲れているときや風邪などの体調不良などの時に送るLINEは、長引かせてはいけません。長々と雑談を繰り広げると相手の負担になるのはもちろん、あなたに対してマイナスイメージを持ってしまう可能性が高いので、絶対に辞めましょう。

相手を気遣うために送っている筈のLINEが、相手の負担になってしまう事になりかねませんので、あくまで相手を気遣うと言う名目を忘れず、相手の為にLINEをするということを忘れないようにして下さい。

また、相手が仕事で失敗をしている時など、気遣うLINEをすることも大切です。何の話をすれば良いかわからないと言うときは、面白いような、それでいて相手を気遣えるようなスタンプを送ったり、癒やし系画像をサッと送ると、相手も元気づけられるでしょう。

ただし、押しつけがましくやらないようには注意しましょう。恩着せがましいLINEを見ると、相手の気持ちが一気に冷めてしまうので、せっかくの気遣いも台無しになってしまいます。

LINE交換の上手な断り方

話を逸らす

LINEを交換したくない人から、LINEを交換しませんかといわれた場合。上手いこと話をそらして、ライン交換できない雰囲気を作りましょう。ライン交換を一度してしまうと何かと面倒臭くなるので、その話自体がスルーされた方向に持っていくことが大切です。

何度も何度もめげずに聞いてくるような人も居ますが、めげずに何度もスルーする事も1つの手。出来るだけその話題にならないように、二人きりになる事も避け、LINEの話題をとことん避けることが大切です。

LINEをどうしても断り切れないという場合。特にその後、相手と会うような事が無ければ、一度交換してからブロックをしてしまうのも1つの手といえるでしょう。交換を出来ただけで相手は満足して、一方的にLINEを送ってきていますが、ブロックさえしてしまえばこっちのもの。後々会うことも無い相手であれば、それで特に問題なく終える事が出来ます。

相手のIDだけもらう

その場で交換するのを避け、とりあえず相手のIDだけ教えてもらい、後から登録して起きますねと言っておきながら、登録をしないと言う方法もあります。「QRコードとかふるふるが調子が悪いみたいで上手く使えないので、ID聞いても良いですか?」というように、あくまで積極的ではありながらも、ID以外の方法が使えないというスタンスを貫きましょう。

場合によっては電話番号を教えてと言ってくる人も居ますので、その場合は、嘘の電話番号を教えてしまうのも1つの方法です。ただし、その場で電話をかけられたらアウトなので、出来れば電話番号の話題にならないように、出来るだけサラッとLINEの話題自体を流すように努力しましょう。

LINEはしていないと伝える

そもそもLINEをしていないと伝えてしまえば、ライン交換をする必要性も無くなります。LINEをして居ない人も別に珍しくありませんので、LINEをして居ないと伝えて、そのまま話題を変えてしまうのが1つの手です。

ただし、上手くスルーできないと、メールアドレスや電話番号など、別のものを聞かれる可能性があります。出来るだけそうならないためにも、LINEをやって居ないと伝えたら、上手く話をそらすか、お手洗いと言ってその場を離れるかしてみると良いでしょう。

まとめ


LINEは非常に手軽に使える便利ツールとして重宝されています。好きな人、気になる人とLINEを交換するためには、ちょっとしたコツを抑えるだけでOKなので、色々とトライしてみましょう。また、LINEを交換してからが、相手と距離を縮めるためには大事なポイントなので、ライン交換をした後も、気合いを入れてメッセージのやり取りをしてみて下さい。