ニキビに効く薬!塗り薬や飲み薬で効果があるものを分析!

昔は青春のシンボルと言われることもあったニキビですが、最近では思春期だけでなく大人になってできるニキビで悩んでいる方も増えています。

ニキビは、皮脂を分泌する毛穴が何らかの状態で詰まり、肌のバランスを整えている常在菌の一種、アクネ菌が過剰な皮脂をエサとして異常に繁殖することができることが多いものです。

炎症や赤みなどが深刻な状態になれば皮膚科を受診することが必要となりますが、できれば市販薬を使って自宅で治療したいものでしょう。

そこで、思春期ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビにそれぞれ効果がある塗り薬や飲み薬など、おすすめの市販薬について紹介します。

思春期ニキビに効く市販薬


思春期ニキビは、第二次性徴がピークとなる10代の思春期にできるニキビです。成長著しく皮脂分泌が過剰になることが原因で思春期ニキビができると考えられています。大人の体になる準備のために、成長ホルモンが盛んに分泌されることによって皮脂腺も刺激され、皮脂が過剰に分泌されます。その結果、毛穴が皮脂で詰まりやすくなり、それをエサとしてアクネ菌が異常繁殖するのです。

特に皮脂分泌の多いおでこや鼻周りなど、Tゾーンから頬まで広範囲にニキビができるという特徴もあります。思春期ニキビは20代前後になってホルモンバランスが整ってくると自然に落ち着いてきます。しかし、思春期ニキビを放置すると深くて大きなクレーター様のニキビ跡が目立つことになるため、市販薬を使って治療することも大切です。

ニキビに効く薬を種類別に徹底解説!思春期ニキビにもお勧め!

同じ場所に繰り返しでき、時には炎症や化膿、痛みなども伴うことがある大人ニキビは、肌を露出したり、メイクに気を遣ったりする女性に…

オロナインH軟膏で腫れを鎮める

擦り傷や切り傷に効能があるイメージが強い「オロナインH軟膏」ですが、実は抗菌作用があることから、ニキビにも効果があると言われています。オロナインの主成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液には高い抗菌作用があり、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌するとともに炎症や腫れを鎮めてくれます。また、オリーブオイルなどの保湿成分も含まれているため、乾燥による肌荒れが原因となる大人の白ニキビにも効果があると言えるでしょう。

クリーム状で効き目が穏やかであるため、10代のお子さんが使用するのにも向いています。ただし、抗菌作用があることは肌の常在菌のバランスを乱す原因になるため、使用する際には1週間程度に使用期間を限定するなどして、常用しないように留意することも大切です。

テラコートリルで抗生物質を取り込む

テラコートリルは、抗生物質の一種で強い殺菌力をもつオキシテトラサイクリン塩酸塩という成分を含んでいます。細菌がタンパク質と結合して細菌を繁殖することを防ぐとともにニキビの元となるアクネ菌を殺菌することができます。肌カビの原因ともいわれるマラセチア菌の異常繁殖を抑制する効果もあることから、さまざまな肌トラブルに有効です。逆を言えば、抗生物質が配合されていないと改善できない症状があるということにもなるでしょう。

ステロイドの抗炎症作用とアレルギー鎮静効果の両方をもっており、皮膚科でも同様の成分の薬が処方されることがあります。即効性があり、軽度のニキビであれば、夜寝る前に塗布すると翌朝に治るという事例も報告されています。

ビフナイトで皮脂をしっかり排除

ビフナイトは、毛穴を詰まらせる原因となっている過剰に分泌された皮脂を排出して吸収してくれます。大きな特徴は、イオウ成分を含んでいることでしょう。固くなったニキビの表面を柔らかくすることによって、蓄積された皮脂を排出するとともに粘土質のクリームが余分な皮脂を吸収してくれます。また、イソプロピルメチルフェノールも配合しており、アクネ菌の殺菌力にも期待がもてます。

名前にあるように夜寝る前に塗布するだけでニキビを治療することができ、炎症がひどくなる前の段階でケアすれば、思春期ニキビが跡として残ることも少なくなります。イオウ成分には肌を乾燥させる作用もあるため、乾燥肌の方の使用には注意が必要となります。

赤ニキビに効く炎症を抑える市販薬


ニキビは、毛穴に皮脂や汚れなどが詰まってできることが多いものです。ニキビができたまま放置すると、炎症を起こして赤く腫れてしまうことがあり、この状態を赤ニキビといいます。肌の状態が整っていれば何の問題も起こすことのない常在菌の一種、アクネ菌が過剰な皮脂の分泌によって異常に繁殖すると赤ニキビができやすくなります。

赤ニキビは、毛穴の詰まりを予防することによって防ぐことができますが、ストレスやホルモンバランスの乱れなどによってもできることがあります。赤ニキビができた場合は、それ以上悪化して炎症がひどくならないように市販薬を使って早目に治療することが大切です。

ペアアクネクリームWでかなり炎症していても改善

ペアアクネクリームWは、フェイスラインなどに何度も繰り返してできる赤みを帯びた炎症をともなったニキビの治療に有効な市販薬として人気があります。有効成分のひとつであるイソプロピルメチルフェノールは、強い殺菌効果がある成分であり、アクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌して炎症や化膿を鎮静する作用があります。

また、イブプロフェンピコノールという皮脂分泌を抑制する有効成分も含まれており、炎症を伴う赤ニキビになる前のニキビにも効果があります。炎症を抑え皮脂を吸収する、アクネ菌などの原因菌を殺菌するという作用があり、副作用が心配なステロイドも配合されていないため、肌の弱い方でも安心して使用することができます。

クレアラシルは敏感肌の人でも気軽に使用できる

クレアラシルは、炎症を抑えアクネ菌を殺菌する成分が配合されているため、赤ニキビのような炎症を伴うニキビの治療に効果があります。有効成分のひとつであるイオウは、角質を柔らかくして薬効成分が毛穴のなかに浸透しやすくする作用があり、肌の奥まで薬効成分が届いて効きやすいという特徴があります。また、有効成分、グリチルリチン酸ニカリウムには、炎症を抑える作用があり赤ニキビが悪化するのを防ぐとともに治りを早くする効果が期待できます。

さらに殺菌作用が高いイソプロピルメチルフェノールも配合されており、赤ニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌して悪化を防ぎ、短期間で治すサポートをしてくれます。

チョコラbbで体内から赤ニキビ対策

チョコラBBは、ニキビに効果のある飲み薬としてロングセラー商品となっているものです。薬効が期待できる医薬品でありながら副作用のリスクが低い第三類医薬品に分類されています。有効成分の主なものはビタミンで、B2、B6、B1がメインとして含まれています。

ビタミンB2は、脂質の代謝を促進するとともに皮膚や粘膜を健やかに保つ効果があり、ビタミンB6は、タンパク質の代謝をサポートし、健康で丈夫な肌づくりに貢献する栄養成分です。また、ビタミンB1は、糖質の代謝をサポートして皮脂の過剰分泌を防いでくれる効果があるとされています。錠剤のほかのみやすいドリンク剤もあり、ニキビだけでなく肌荒れや口内炎などにも効果があるのが魅力となっています。

黄ニキビに効く膿を解消してくれる市販薬


黄ニキビは、白ニキビから始まったニキビのステップの最終段階ともいえるもので化膿したニキビであることが大きな特徴です。化膿や炎症を起こしている部分が目立ちやすいだけでなく、ニキビ跡が残りやすいことでも知られています。

黄ニキビの段階までニキビが悪化すると炎症した部分に黄色ブドウ球菌などが繁殖して毛穴の奥まで炎症が広がり、シミや凹凸などが残りやすくなります。黄ニキビになるまで放置しないことが最善の策となりますが、万が一黄ニキビができてしまった場合には、溜まった膿を解消してくれるタイプの市販薬を活用することが大切です。

アクネス・ニキビ治療薬クリームは殺菌や消炎や皮脂を集中する万能薬

【第2類医薬品】ペアアクネクリームW 24g ※セルフメディケーション税制対象商品

アクネスには、ニキビに効果があるとされる3つの有効成分が配合されています。イブプロフェンピコノールには、消炎作用があり、アクネ菌が毛穴に詰まった皮脂をエサとして繁殖するのを防ぐ効果や炎症を抑える効果があるため、赤ニキビから黄ニキビに悪化するのを防ぐのにも有効です。イソプロピルメチルフェノールには、強い殺菌作用があり、黄ニキビの主な原因となる黄色ブドウ球菌を殺菌して、ニキビの治りを早くする効果が期待できます。

毛穴の詰まりを解消するには、古い角質を剥がしやすくする必要もありますが、アクネスに含まれているサリチル酸グリコールには、角質を柔らかくして薬効成分が奥まで届きやすくするピーリング作用もあり、効果を実感しやすいのも魅力となっています。黄ニキビだけでなく、白ニキビや赤ニキビなどにも効果があります。

ピンプリットはニキビを目立たせず治療

【第2類医薬品】ピンプリットN 18g

ピンプリッとには、ニキビに効果的な3つの有効成分が配合されています。そのひとつであるイオウは、皮膚の表面の角質を柔らかくして毛穴に詰まった皮脂や汚れを排出しやすくする作用があります。また、アクネ菌などを殺菌する作用もあり、炎症を伴う黄ニキビの治りを早めてくれることにも期待できます。また、レゾルシンにもイオウと同様に、角質を柔らかくして殺菌する作用があり、炎症を起こしたニキビを鎮める効果があります。

グリチルレチン酸には、炎症を抑える作用があり、アクネ菌や黄色ブドウ球菌などを殺菌した後もしばらく続く炎症を抑えてくれる効果が期待できます。赤みや腫れを抑えて目立たなくするため、ニキビ跡が残るのを予防することもできます。

ドルマイシン軟膏に含まれる抗菌作用で膿退治

【第2類医薬品】ドルマイシン軟膏 12g

ドルマイシン軟膏は、靴擦れや化膿、火傷など、さまざまな皮膚トラブルに幅広く使用できる塗布薬です。ケロイド状のニキビにも効果があり、黄ニキビやニキビ跡の治療にも効果があると言われています。有効成分として2種類の抗生物質が含まれています。有効成分であるコリスチン硫酸塩、バシトラシンには高い殺菌力があり、ニキビの元となるアクネ菌などを殺菌し、菌がタンパク質の合成をしないように働きかけることができます。

高い抗菌作用によって、さまざまなタイプのニキビを治療してくれます。また、一般的な外部疾患の感染症も予防してくれる効果があり、幅広い症状に活用できるのも魅力と言えるでしょう。

まとめ


ニキビができてすぐに皮膚科に走るという方は珍しいのではないでしょうか。毎日忙しいなかでの受診は大変ですし、「ニキビぐらいで病院に行かなくても」と思ってしまうのも本音でしょう。もちろん、深刻な状態になる前に皮膚科を受診することは大切ですが、まずは市販薬でニキビの状態を改善することも大切です。

ニキビは、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビとニキビの元になる細菌やニキビができてからの期間によってさまざまなタイプのものがあります。それぞれの状態に合った効果がある塗り薬や飲み薬を使って、ニキビを撃退しましょう。