焦りは禁物!好きな人からのLINE返信が遅い時の心理と対処法!

好きな人からのLINEがなかなか来ないと誰だって不安になるものです。連絡を待っている間は自分よりも好きな人がいるのではないか、興味がないのではないか、面倒と思われているのではないか、などどんどんとネガティブな思考が続いてしまいます。特に女性は好きな人からLINEが来ればすぐに返信するのが当然であるためLINEに気付いてからしばし放置するということが理解できないものです。ただ、LINEが返ってこないからといって脈ナシ、振られるなどとネガティブな思考になる必要はありません。

男性がLINE返信が遅い時の本音ってなんなの?


男性からのLINEが返ってこないと女性はどうしても不安になります。しかし、返信が遅いのにもきちんと理由がありますから焦る前に彼がどういった心境であるのかを考えてみましょう。

仕事に集中していたい

女性は一度に複数のことができるので仕事中でもお手洗いに行く際やランチ休憩中などにささっとLINEに気付いて返信することができます。しかし、男性は一つのことをはじめるとそれに集中してしまいがちです。そのため仕事中は仕事だけに集中したいと思う人も少なくありません。そうすると仕事中にLINEが来ていると気付いたとしても仕事が終わるまで返信できないということもあるのです。

また、女性はLINEの文面を考えるのも早くすぐに思い浮かぶものですが、男性は用件が無い限りLINEをしないため、すぐに思い浮かばない人も多いです。そうすると仕事中にさっと返信することが時間的にも難しいですし、気が散る原因にもなりますから仕事中にはLINEを開かないという人もいます。

返信が面倒くさい

男性は女性よりもLINEをすることに面倒くささを感じているものです。男性であれば用件だけを伝えるためにしかLINEをしないですし返信が無くても気にしません。しかし女性は返信内容もスピードも気にするものです。そのため男性の中にはLINEを返すことに面倒くささを感じている人も少なくありません。そのような状態になると重い腰が上がらずすぐに返信できなかったり既読スルーをするようになったりしてしまいます。

既読していれば良いと思っている

男性の場合には既読になれば相手がきちんと読んでくれたと理解して解決する人も多いです。しかし女性は既読にするだけでなくきちんと読んだという返事が欲しいものです。特に好きな男性であれば少しでもたくさんメールのやり取りをしたいですから何か文章を送ってほしいと思ってしまいます。このような男女での考えの違いから返信が無いことに不安になるものの、意外と大意はないことも多いのです。

▼ 関連記事

好きな人とのLINEを続けるテク!LINEの一言をうまく使っちゃおう

女性が好きな人からのLINEに返信が遅くなっちゃう心理


LINEの返信が遅くなるのは男性だけではありません。女性も好きな人からのLINEに返信が遅くなってしまうことはあるものです。どういったとき女性は返信が遅くなってしまうのでしょう。

返信に困っている

好きな人とのLINEは距離を縮めるためにとても重要なものです。そのため一つひとつのラリーを大事にしたいですし、相手に嫌われるようなことはしたくありません。そうすると送る際に文章やタイミング、絵文字の量などあれこれと気になってきてしまいます。そのため悩んでしまうことで返信することが遅れてしまうことも多いのです。

通知が多くて見逃している

これは女性特有のことですが、女性は毎日たくさんのLINEを受け取っています。友人だけでなく芸能人やお店からのLINEも入るため人によっては1日に100件近い通知が来るという人もいるほどです。それだけ通知が来ると見落としてしまうものもありますし、見たつもりできちんと確認できていないものもあります。そのため既読スルーのような状態になったり未読の状態が続いたりすることがあります。

ゆっくりと返信したいと思っている

せっかく好きな人から来たLINEだからきちんとかみしめて返信したい、内容を考えて返信したいと思う女性も少なくありません。そういった人は落ち着いて返信するために確認してすぐに返信するのではなく時間を置いて返信することも多いです。

駆け引きをしている

これも女性特有の理由ですが、駆け引きのためにあえてゆっくり返信する人もいます。あまりにもいつもすぐに返信すると好意を持っていると思われるのではないかとか時には返信を遅くして気を引こうとかということを考えてタイミングを遅らせることもあるのです。

LINE返信が遅い場合の対処法は?


LINEが返ってこないからといってずっとスマホを眺めていても解決しません。気になるのは当然ですが少しでも気を紛らわせることも考えてみましょう。

仕事や勉強に集中する

仕事や勉強に集中するとLINEのことは忘れやすいです。特に仕事中はLINEのことを気にしているとミスをする可能性もありますからスマホは見えないところに置くようにしておきましょう。

直接電話をする

返信が来なくて数日経っているような場合には内容を確認してもらえていない可能性もありますから電話をしてみるのも一つの方法です。しかし、あまりにもすぐに返信が無いからといって電話をすると迷惑になりますからタイミングは考えましょう。

気長に待つ

返信が無いからといって何通もLINEをしたり電話をしたりするのは相手にとっても迷惑です。忙しくて返信が無いことも考えられますから気長に待つことを心がけましょう。

▼ 関連記事

男性・女性別で分かるLINEでの脈あり・脈無しサイン!

脈ありのLINEの特徴


LINEの文面を見ると脈アリか脈ナシかも判断できます。返信が遅かったとしても脈アリであることもありますから、スピードだけでなく文面にも目を向けてみましょう。

内容がとても丁寧

内容が丁寧なLINEは仕事の合間にさっと送ることのできるものではありません。返信に時間がかかったのは丁寧なLINEを送るため腰を据えて文章を作りたかったためである可能性も高いのです。そこで、何通かやり取りをして常に丁寧なLINEが返ってくる人の場合には落ち着いて返信したいタイプである可能性が高いですから返信を急かすようなことはやめましょう。どんなLINEが返ってくるかなと楽しみにゆっくり待つのを心がけましょう。

質問にきちんと答えている

女性は思わず勢いで一つの文章にいくつかの質問を入れがちです。きちんと読んでいる人はその質問に一つひとつきちんと答えてくれます。そういったきちんと質問に答えるためには返信をするのにも時間がかかります。少しでも早く返信が欲しいならば自分が送る文面にも注意をしましょう。

既読が付くのが早い

既読が付くのが早いのはいつも自分からの連絡を待ってくれているということが考えられます。自分からの連絡を待っているからといってすぐに返信があるとは限りません。文章を作成するのに時間がかかったり、落ち着いて返信したいと思っていたりすれば既読になっても返信までは時間がかかるものです。たとえ時間が経って戻ってきた文章が短かったとしても、考えた挙げ句良い言葉が思いつかず短くなったりさらに待たせてしまうかもと考えてとりあえず返信をしたりといった配慮があるかもしれません。文章の長さや届くまでの時間だけで判断するのではなく日ごろのやり取り内容や相手の状況といったものから総合的に判断してあげましょう。

彼氏がLINE返信が遅い時にしてしまう逆効果な対応とは?!


彼氏からのLINEがなかなか返ってこないと浮気の心配や気持ちが離れていることの心配をする人も多いです。しかし、必ずしもそうではないですし、その際の行動が逆に気持ちの離れる原因となることもあります。

何度もメッセージを送る

返信が無いからといって何度も送ることは迷惑です。相手は届いたものにすべて目を通さなければならないですし、それに対しての返信もしなければなりません。そのような状況が何度も続くと信用されていないと感じますし、ストーカー行為に及ぶのではないかという恐怖心も出てきてしまいます。連絡が無いからといってすぐに不安がるのではなくきちんと相手のことを信用して待つ時間も持ちましょう。

万が一返信が来る前に何かもう一度連絡をしなければならないようなことが起きたときのみ返信が来る前に送るようにしましょう。その際にも「急用だから」とか「友人への連絡が必要だから」とかという断りを入れること、前の内容には返信はいらないことをきちんと伝えるのがマナーです。

わざと自分も返信を遅らせる

目には目を歯には歯を、ではないですが相手が日常的に返信が遅い場合には自分も返信を遅らせてみるのも一つの方法です。返信が無いことで相手がどれだけ不安になるか、迷惑になるかということを実際に体験すれば彼も返信を早めにする必要性が理解できます。ただ、勝手に返信を遅らせるだけでは相手に伝わらないこともあるので、返信を遅らせても変化がない場合にはひとこと伝えるほうが有効です。

別れ話をほのめかす

彼の返信が遅い理由が自分の優先順位が下がっているのか、甘えなのかという状況も人によって様々です。そこで、相手がどう思っているのかを知るために別れ話をほのめかすのも一つの方法としてあります。しかし、彼がもしも別れを意識している場合、そのままの流れで別れるようなこともあるので伝え方には注意が必要です。

▼ 関連記事

好きな人とのLINEを始めるきっかけは?長続きする3つのテクニックって?

まとめ


LINEの返信が遅いと不安になることもありますが、返信が無いからといって自分への気持ちが無いとは限りません。ただ返信がくるまでの時間で判断するのではなく文面や相手の多忙さなど総合的に判断しましょう。