これは知っておいた方が良い!デコルテニキビのケア方法

デコルテにできるニキビは、普段はそれほど気にならなくても肌を露出する季節になると人目を気にして着る服を選ぶのにも悩んでしまう厄介なニキビです。顔は日常的に化粧水や乳液などを使ってスキンケアしていますが、デコルテのケアを意識して行っているという方は少ないのではないでしょうか。

デコルテは顔と同じように皮脂腺が集中しており、毛穴が詰まりやすくなる部分です。デコルテにニキビができてしまうと、水着やパーティドレスなどを着ることをためらってしまいます。男性に比べて深刻な問題となる女性のデコルテにできるニキビの対策について紹介します。

デコルテでもニキビを目立たなくする方法


デコルテは、もともと顔と同様に皮脂分泌が多い部分であり、スキンケアの専門家のなかにはデコルテまでを含む部分を顔としてケアすることの重要性を説いている人もいます。デコルテは、皮脂腺が多くその働きも活発であるため、毛穴が詰まりやすく繰り返しできる大人ニキビができやすい部分となっています。

顔と違ってデコルテを含むボディには、ボディローションやクリームを塗る程度のケアをされている方がほとんどでしょう。デコルテは顔と同じように、肌を潤すために活発に皮脂が分泌されています。デコルテにできたニキビを何とか目立たなくする方法についていくつかあげてみましょう。

保湿美容液等を使用してニキビの腫れを鎮める

デコルテは特に皮脂分泌が活発に行われる部分であり、普段は服に覆われて蒸れやすいだけでなく摩擦も受けやすくなります。また、むき出しとなって人の注目を浴びやすい顔と違って、意識してケアする習慣があるという人も少ないでしょう。

デコルテのニキビのケアも顔と同様に水分をしっかり補給して、肌の乾燥を防ぐことが大切です。炎症や化膿を伴っている場合はスキンケアというよりも治療となりますが、そうでない場合は、しっかりと保湿することに努めましょう。肌は、乾燥すると潤いを取り戻そうとするために皮脂を多く分泌します。

ボディクリームやオイルには油分が多く含まれており、ニキビを悪化させるおそれがあります。できるだけ油分を含んでいない化粧水や保湿美容液を使って水分補給することが大切です。初期の白ニキビの段階であれば、腫れを鎮めることもできるでしょう。

パウダーファンデーションでニキビが見えないようにする

肌を露出する季節になると気になって仕方がないデコルテのニキビ。炎症を伴わないのであれば、ファンデーションなどを使用するのも目立たないようにする方法のひとつと言えるでしょう。最近では、デコルテやネック専用のファンデーションも販売されていますが、普段顔に使用するパウダーファンデーションを使っても代用できます。

デコルテのニキビは皮脂分泌が活発であるため、集中していくつもできることがあります。コンシーラを使えば簡単に隠せますが、伸びがいい分油分が豊富です。デコルテにできるニキビは皮脂が毛穴に詰まってできることがほとんどなので、手軽でも油分が多く含まれているものを使用するのは避けた方がいいでしょう。同様の理由により、油分や界面活性剤などが配合されているリキッドファンデーションもNGです。

皮膚科を受診して即効性のあるニキビ治療を受ける

デコルテにできるニキビの数が多い、炎症を伴っているという状態であるならば、早目に皮膚科を受診して治療した方がいいでしょう。ニキビが悪化した状態の自己ケアは、さらに事態を深刻にしてしまうことにもなります。また、デコルテはニキビ跡が残ると着る服が限られたり、温泉旅行などで気になってしまったりすることも考えられます。

医療機関では、ニキビにフルーツ酸などを塗って毛穴の詰まりを解消し、毛穴に溜まった皮脂や汚れを排出する「ケミカルピーリング治療」や微弱の電流を流して真皮層までビタミンCなどの肌に必要な有効成分を浸透させる「イオン導入治療」など、速効性のある最先端の治療が行われています。悪化してしまわないうちに早期に完治したいという方におすすめです。

ニキビができない生活をしてデコルテを魅力的にする


デコルテにできるニキビは、20代を過ぎて同じ場所に何度も繰り返しできる大人ニキビの一種です。大人ニキビは、皮脂や汚れで毛穴が詰まる以外に、食生活や生活習慣、ストレスや睡眠時間などの影響も大きな原因となることが明らかになっています。ニキビができないように毎日のスキンケアや入浴などに留意することも大切ですが、日頃ニキビができやすい生活を送っている人は生活全般の見直しをしないとなかなか改善することができません。

肌を重視した生活習慣に配慮すること、栄養バランスに気を付けて食事を摂取すること、疲れやストレスを溜めないように十分な睡眠時間を確保すること、などを中心にニキビができにくくなる生活改善のポイントについて紹介します。

肌を重視した生活習慣に変える

肌を重視した生活習慣では、美しい肌をつくるために正しい洗顔と保湿に配慮することが重要です。まず、洗顔についてですが、クレンジングと洗顔料による洗顔とでは意味が違うことを理解しておくことが大切です。油分や細かい粒子が毛穴に残らないようにクレンジングでメイク汚れをしっかりと落とします。洗顔料は、主に皮脂汚れを取るために行うものです。

入浴時の洗顔や洗髪では、洗顔料やシャンプー、リンスなどが残ってしまうこともあるため、洗髪、洗顔、体の洗浄という流れで、首筋や胸元に洗浄剤が残らないように留意することが大切です。顔と同様に洗浄剤によって体に必要な皮脂まで洗い流されると、肌は乾燥し過剰に皮脂を分泌することになります。顔だけでなくデコルテもしっかりと保湿して潤いを保つようにしましょう。

栄養バランスを考えた食事をする

顔やデコルテに大人ニキビが繰り返しでき、なかなか治らないという方は偏った食生活を送っていることが多いものです。特に糖分や脂分を過剰に摂取すると皮脂分泌が活性化され、毛穴が詰まる原因となってしまいます。現代人の食生活は、揚げ物や炭水化物に偏りがちで野菜不足となることが多い傾向にあります。

美しい肌を維持するためには、タンパク質のほか、ビタミンやミネラルをたっぷりと摂取する必要があります。代謝に深く関わっているビタミンB群のほか、高酸化力の高いビタミンC、皮膚や粘膜を健やかに保つビタミンEなど、美肌を保つために必要な栄養成分はたくさんあります。味やカロリーばかりを気にするのではなく、肌においしい栄養バランスのとれた食事を摂ることを心掛けましょう。

睡眠をしっかりとってストレスをためない

大人ニキビには、ストレスやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足なども大きな影響を与えると考えられています。ストレスが溜まることによって血行が悪くなり、肌へも栄養分や酸素が届きにくくなります。また、ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱すため、新陳代謝や肌のターンオーバーを低下させることにもつながります。

どんなにスキンケアに気を付けていても十分な睡眠時間がとれていないと、肌の状態の改善はなかなかできません。成長ホルモンが盛んに分泌されるのが睡眠中であり、これによって正常な肌のターンオーバーも活性化されます。寝不足になると途端に肌荒れが生じるという経験は誰にもあることでしょう。十分な睡眠をとってストレスを溜めないことは、ニキビ肌の改善にとってもとても大切なことです。

塗り薬を使用して恥ずかしくないようにする


デコルテにできる大人ニキビは、季節によってはとても目立つものとなり、「肌が汚い」という印象を与えてしまうものとなります。スキンケアや生活改善とともに、なるべく目立たせないように市販の塗り薬を使ってケアすることも重要なことです。初期段階で適切なケアをすれば、炎症や化膿を食い止めることができる場合もあります。

ニキビの元となるアクネ菌を殺菌したり、炎症を抑えたりすることができる市販の塗り薬を3つ紹介しますので、適切に活用して見せても恥ずかしくないデコルテを目指しましょう。

アクネス25で肌の乾燥をカバー

【第2類医薬品】メンソレータム アクネス25 メディカルクリームc 16g ※セルフメディケーション税制対象商品

アクネス25は、有効成分であるイブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール、とサリチル酸グリコールがニキビに効果があると言われている塗り薬です。イブプロフェンピコノールは、炎症を抑える作用があり、炎症を伴う赤ニキビやニキビ跡の赤みを鎮める効果があります。イソプロピルメチルフェノールは、強い殺菌力でニキビの元となるアクネ菌を撃退するため、ニキビを根本的に治療するのにも有効な成分です。

サリチル酸グリコールは、古い角質や毛穴の皮脂詰まりを溶かすピーリング作用があり、初期の白ニキビであれば芯を除去することも可能です。スクワランやステアリン酸、グリセリンといった保湿効果に優れた成分も配合されているため、肌の乾燥をカバーするのにもぴったりです。

クレアラシルでニキビ跡を作らないようにする

【第2類医薬品】クレアラシル ニキビ治療薬クリーム肌色タイプ 18g

クレアラシルは長い間ニキビの治療薬としてロングラン商品となっており、根強い人気があります。ニキビの元となるアクネ菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールが配合されており、炎症を伴う赤ニキビの治療にも向いています。また、イオウ成分も配合されており、固くなった角質を軟化させて、薬効成分が浸透しやすくする作用もあります。

炎症を抑える作用のあるグリチルリチン酸ニカリウムには、赤ニキビが悪化するのを防ぐだけでなく、赤みを帯びて残ってしまいがちなニキビ跡ができにくくする効果もあります。さらに、アクネ菌だけでなく黄色ブドウ球菌を殺菌する作用もあり、さまざまなタイプのニキビに使用できるとともに短期間で治すサポートをしてくれます。

オロナインで初期ニキビから確実に治療する

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

オロナインは、擦り傷や切り傷などにも効果がある塗り薬として長い歴史を誇っているものです。クリーム状で効き目が穏やかであり、強い成分は含まれていないため初期段階のニキビの治療にはぴったりです。主成分、クロルヘキシジングルコン酸塩液の優れた抗菌作用により、ニキビの元となるアクネ菌を殺菌し、炎症や腫れも鎮めてくれます。

デコルテにできる大人ニキビは乾燥肌も大きな原因となりますが、オロナインにはオリーブオイルなどの保湿成分も含まれているため、肌の乾燥が気になる方にも向いています。炎症や化膿を伴う進行したニキビにはあまり効果が期待できませんが、初期段階のニキビを確実に治療するのには向いていると言えるでしょう。

まとめ


顔にできたニキビのように普段から気になることは少ないものの、肌を露出する季節や入浴時などには気になってしまうデコルテにできるニキビ。女性にとっては肌が汚く見えてしまうため、大きな悩みの種になるものでしょう。

デコルテにできるニキビは大人ニキビの一種であり、皮脂の過剰分泌を抑えるために保湿を中心としたスキンケアをすることが大切ですが、ストレスや睡眠不足、偏った食生活などの影響も受けやすいため、生活全般の見直しをすることも大切です。