ニキビにステロイドがイイ?基礎から理解して正しく治療しよう!

どんなにおしゃれを決めても、顔にニキビがあると気になって仕方なくなります。何度も鏡をのぞき込んだり、メイクで隠そうと厚塗りしたりして、毎日悶々とした気持ちで過ごすことでしょう。

ニキビは、皮脂や古い角質、汚れなどが毛穴を詰まらせてできるもので、20代過ぎて何度も繰り返しできる大人ニキビには、スキンケア以外にもさまざまな原因があります。

ニキビができるとどんな悩みがあるのか、ニキビができるゲインやステロイドのニキビへの効果、ニキビ肌を改善する方法について紹介します。

ニキビで悩む人の心境


大人ニキビは、顔を中心として胸元や背中、腕などさまざまな場所にできます。鏡でニキビを見つけるとショックを受けてしまい、外出する気がうせてしまうこともあるでしょう。

そんなニキビに悩む人たちが、特に心に重く感じている日々の状況や心境についていくつかの例を紹介します。

気になって触ってしまう

目に見える場所、なかでも顔にニキビができると、鏡を見る度に気になってしまいます。周りの人の目もニキビに注がれているような気がして、なかなか堂々と行動することができないこともあるでしょう。

無意識のうちに何度となくニキビを触ることもあります。ニキビは外部からの刺激に弱く、触ることで悪化することがあります。また、手指についた雑菌が炎症や化膿を引き起こすことにもなります。なるべく触らないようにすることが大切です。

お化粧ができない

ニキビはメイクで隠すこともできなくはありません。しかし、化粧品には油分や界面活性剤、化学物質や防腐剤など、さまざまな成分が含まれているため、メイクをすることによってニキビの状態を悪化させることもあります。

炎症を伴う赤ニキビや黄ニキビにメイクすると痛みを感じることもあり、普段通りに化粧することができなくなることがあります。

外に出たくない

おでこやほっぺ、口の周りや鼻の下など、顔には皮脂腺が集中している部分が多いためニキビができやすくなります。むき出しの状態でいつも肌をさらけだしている顔にニキビができると、目立つことから外出を避けるようになることもあるでしょう。

胸元や背中にできるニキビも、季節によっては肌を露出する必要があるため着る服がなかなかないことからも外出が億劫になるということもあるでしょう。

ニキビの原因


ニキビは、過剰な皮脂や古い角質、汚れなどが毛穴を塞いで起きる肌トラブルです。成長ホルモンの影響が大きい思春期ニキビとは違って、同じような場所に何度も繰り返しできる大人ニキビは、さまざまな原因があると言われています。

ニキビなどの肌トラブルが多いとされるオイリー肌の間違ったスキンケア、バランスのとれていない食生活、不完全なメイク落としを例に、ニキビの原因について考えてみましょう。

ニキビの原因はストレスだった!?対策や基本ケアの方法まとめ

ストレスが、人間にとって非常に有害であることは、だれしも理解していることですが、このストレスがニキビとも非常に高い因果関係をも…

間違ったオイリー肌のスキンケア

オイリー肌の人は、普段から皮脂分泌量が多いためニキビなどの肌トラブルが起きやすいタイプの肌だと言えます。過剰な皮脂が毛穴を詰まらせないようにと1日に何回も洗顔している方もいることでしょう。

オイリー肌の方は保湿が必要ないと誤解する傾向がありますが、肌の水分が少ないためにその少ない水分を維持しようとして過剰に皮脂が分泌されているため、朝夕2回のマイルドな洗顔の後にはしっかりと保湿するようにしなければなりません。

頬の角栓を何とかしたい!知っておきたい正しいスキンケアとは?

一般的に角栓は鼻などの皮脂が多い部分にできやすいのですが、頬などにも出来る事があります。頬も目立つ部位ですので頬の角栓はすぐに…

バランスのとれていない食生活

食事と肌の状態には密接な関係があります。糖分や脂分が多い食事に偏ると、皮脂が過剰に分泌されやすい体質になります。

ビタミンやミネラルなどを中心としたバランスのとれた食生活は、新陳代謝や肌のターンオーバーを正常に維持するために不可欠なものです。ニキビができにくい肌にするためには、スキンケアだけでなく食生活の見直しも重要となります。

不完全なメイク落とし

ニキビができると普段通りのメイクもなかなかできないものです。油分や化学物質などが含まれていない化粧品を使用することがニキビを悪化させないためのポイントとなります。

クレンジングや洗顔でメイクを落とす際には、ファンデーションなどの油分や細かい粒子を毛穴に残さないようにしっかりと落とし、その後に化粧水や美容液などでたっぷりと保湿することが大切です。

ステロイドのニキビへの効果


ステロイドは、副腎でつくられるホルモンで、副腎皮質ホルモンとも呼ばれています。ステロイドは、抗炎症作用や免疫抑制作用があるため、肌荒れやアトピー性皮膚炎などの治療に使用されることがあります。

副作用が全くないわけではないため、ニキビの治療に積極的に活用されることはあまりありませんが、炎症がひどい場合などには有効で、市販の塗り薬にもステロイドが配合されているタイプのものがあります。

ステロイドの効果

ステロイドには炎症を抑えたり、免疫反応を抑制したりする作用があるため、特に皮膚の炎症を鎮めたり、痒みや赤みを落ち着かせる効果が期待できます。

アトピー性皮膚炎の治療に皮膚科で活用されることが多いものですが、炎症がひどいニキビの治療に使用されることもあります。

炎症のひどいニキビの治療

ステロイドは、抗炎症作用が高いことから炎症や化膿を伴う赤ニキビや黄ニキビなどの治療に有効な場合もあります。

進行した赤ニキビや黄ニキビは大きくて深いクレーターのようなニキビ跡を残すことがあるため、炎症状態を緩和し、ニキビ跡ができるのを防ぐためには有効であると言えるでしょう。

ニキビを絶対治す!気軽な治療〜本格的治療まで!潰すのはダメ?

世の中、ニキビに悩む方は非常に多く、特に青春真っ盛りの若者たちは、毎日のニキビ対策に頭を悩まさていることでしょう。ニキビは、顔…

軽度のニキビに効く薬品

ニキビは、皮脂や角質などが毛穴に詰まってでき、その後、皮脂をエサとして異常に繁殖するアクネ菌などの細菌によって症状が悪化します。

アクネ菌などの細菌は、皮脂をエサにする際に遊離脂肪酸などを発生し、これが炎症を起こしてニキビを悪化させる原因となります。初期の軽度なニキビにステロイドを塗布することで炎症を鎮め、ニキビの治りを早くする作用が期待できます。

ニキビに効く薬!塗り薬や飲み薬で効果があるものを分析!

昔は青春のシンボルと言われることもあったニキビですが、最近では思春期だけでなく大人になってできるニキビで悩んでいる方も増えてい…

ニキビ肌の改善法


大人ニキビは、同年代の女性でもできやすい人とできにくい人に分かれます。生まれ持った肌質や体質も関係していますが、それ以外の生活習慣やスキンケア、食生活やストレスなども大きく関係していると言われています。

ニキビ肌になりにくくするための改善法について、睡眠、スキンケア、食生活の3つをポイントとして紹介します。

たくさんの睡眠

寝不足が肌荒れに直結することは、経験で理解しているという方が多いのではないでしょうか。睡眠中には、成長ホルモンが活発に分泌され、肌のターンオーバーも活性化されます。特に22時~2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間帯にしっかりと睡眠を確保することが大切です。

睡眠は疲労回復にも不可欠となるもので、十分な睡眠をとれば新陳代謝や血行もよくなり、ニキビができにくい肌づくりにも高い効果があります。

【聞きたくないけど知りたい!】睡眠不足によるお肌の変化を調査した結果…

イギリスの寝具メーカーbensons for bedsが、「睡眠不足による肌の変化」に関する調査を行いました。その結果、こんな…

正しいメイク落としと洗顔

ファンデーションやパウダー、マスカラなどのコスメには、油分や化学物質が多く使用されています。毛穴に残留する可能性が高いため、クレンジング、洗顔でメイクをしっかりと落とすことが毛穴を詰まりにくくすることにつながります。

過剰な皮脂で毛穴が詰まらないようにいつも清潔にしておくことは大切ですが、肌のバリア機能のために必要な皮脂を落としたり、洗浄力の高い洗顔料で肌を刺激したり、ゴシゴシと摩擦を起こしながら洗ったりすることは、逆効果となります。マイルドな洗浄力の洗顔料で撫でるように優しく洗顔することが大切です。

クレンジングと洗顔で美肌は作れる!クレンジング洗顔を紹介

クレンジングと言えば、女性の必須アイテムの一つです。クレンジングには、ジェルやクリーム、シートなど、さまざまなタイプがあるのも…

食生活の見直し

コンビニ弁当やジャンクフードには、糖分や脂分が多く含まれているとともに防腐剤などの添加物が含まれていることもあります。知らない間に、皮脂が過剰に分泌される肌質になりやすい食生活を送っているということもあるでしょう。

美肌には、タンパク質とともにビタミンやミネラルを豊富に摂取することが必要です。野菜不足にならないように留意するとともに、サプリメントで補給するなど、ニキビができにくい食生活に改善するようにしましょう。

まとめ


ニキビができると過剰に意識してしまい、人前に出ることが億劫になることもあります。ニキビの原因には、毛穴の詰まり、皮脂の過剰分泌のほか、疲れやストレス、睡眠不足や偏った食生活なども大きく影響しています。

正しいスキンケアや生活全般の見直しを図り、場合によってはステロイド配合の塗り薬などを使って適切なケアをするように努めましょう。