ニキビの原因を撃退してきれいなお肌を保つおすすめ対策法

思春期にできるニキビはホルモン分泌の影響もあり、年頃であることの象徴でもあり愛嬌で許されることが多いものです。しかし、第二次性徴期も終わってできる「大人ニキビ」は、周りからもなんとなく不潔にみられているのではと悩むことが多いものです。

鏡を見るたびにため息をつき、メイクすることもままならないニキビ。そこで、ニキビができる原因や改善法、いつもきれいな肌をキープする対策について紹介します。

ニキビが出来る理由


ニキビは、何らかの理由によって肌の再生や皮脂の分泌と深い関りがある毛穴が詰まることでできるは皮膚の炎症です。ニキビを潰すと角栓と呼ばれる芯のようなものを確認できることがありますが、過剰な皮脂が排出されずに溜まってしまうことで、アクネ菌のエサとなり異常繁殖してしまうことでニキビができます。

また、ホルモン分泌や食生活、間違ったスキンケアやストレスなどによってもニキビができやすくなるため、ニキビを撃退するためには生活全般を見直してみることも必要です。

頬ニキビが出来るアノ原因と改善方法!もう悩まずに恋をしよう!

間違った洗顔法

ほとんどの方が朝、夕2回洗顔を毎日継続されていることでしょう。顔に付着する汚れは埃などが主なものなので、それだけを落とすのであれば、ぬるま湯だけの洗顔で十分です。しかし、過剰に分泌される皮脂やメイクによって油分などが付着している場合は、洗顔料が必要となります。

洗浄力が強すぎる洗顔料は、肌を乾燥させることから皮脂の過剰分泌をまねきます。刺激の少ない弱アルカリ性の洗顔料を使って、肌を摩擦し過ぎないように優しく手で撫でるように洗うと毛穴を清潔に保つことができるでしょう。

洗顔の間違い!正しい洗顔方法とは?

オイリー肌

肌は、普通肌、乾燥肌、脂性肌(オイリー肌)、混合肌の4つのタイプに大別することができます。皮脂分泌が過剰でいつもテカってみえるオイリー肌は、脂分や糖分の過剰摂取や生活習慣の乱れなどを原因として皮脂が過剰に分泌されていることが考えられます。

生活全般の見直しを図るとともに、余分な皮脂が毛穴を詰まらせないようにいつも清潔に保つことが必要となります。

オイリー肌の原因を特定しよう!これからお肌を改善する方法は?

偏った食生活

忙しい毎日を送っていると食事の栄養バランスがおろそかになってしまうことがあります。コンビニ食や外食などがメインとなり、ついつい糖分や脂分を過剰に摂取してしまうことも多いでしょう。

偏った食生活はニキビができやすくなる大きな原因となるため、ビタミンやミネラルを豊富に含む食品を摂取するように心掛けるだけでもニキビの予防になります。

美肌と食べ物の深い関係!肌悩み対策におすすめの食べ物をご紹介

ニキビの人が困る点


メイクをする時に鏡をのぞき込んでニキビを発見すると気持ちが落ち込んでしまうことがあります。おでこであれば髪の毛で隠すこともできますが、ほっぺや口周り、鼻の下などにできたニキビはなかなか隠すことができません。

女性にとってしっとりとしたみずみずしい素肌は憧れであり、ニキビができるだけでテンションが下がってしまうものです。そこで、ニキビができて特に困るポイントについて考えてみましょう。

気になってしょうがない

肌に何らかの違和感があってすぐにニキビが発見できるときもあれば、鏡をみて初めてニキビの存在に気づくこともあります。特に、自分で気づくことがなかなかできなかった時には、周りの人がどんな目でみていただろうと気にあることもあるでしょう。

一度ニキビの存在に気づいてしまうと鏡とにらめっこの状態が続き、ニキビの赤みや炎症が悪化していないか、大きくなっていないかと気になって仕方がなくなります。

お化粧ができない

化粧が肌にいい効果ばかりを生むわけではないとわかっていても、くすみやシミ、シワや顔色の悪さ、仕事上必要であることなどから、化粧をせずにいることはなかなかできるものではありません。

ニキビは化粧で隠すことが難しいだけでなく、油分や化学物質などが含まれているコスメがニキビに与えるダメージが大きいため、いつも通りに化粧できないのもニキビができて困る点ではないでしょうか。

人に会いたくない

女性は出かけに髪型が決まらなくても外出する気がうせてしまうものです。ニキビはおでこやほっぺ、鼻の下など、人が最も注目する顔にできることが多いため、メイクやヘアが決まらないというレベル以上に外出する気分を壊します。

意識過剰かもしれませんが、周りの人の目が自分のニキビに集中して注がれているような気がするため、外出したくない、人に会いたくないと、家に閉じこもり気味になるのも当然のことでしょう。

ニキビの改善法


ニキビを予防する方法には、生活全般の見直しや正しいスキンケアなど、さまざまなものがあります。しかし、ニキビができてしまったら治療法を考えなければなりません。放置すると赤みや炎症が悪化するだけでなく、ニキビ跡にも悩むことになってしまいます。

ニキビを改善するための方法として、化粧水の選び方やニキビに効果的な塗布薬、内服薬の選び方について紹介します。

化粧水の選び方

ニキビに悩む人は、過剰な皮脂を抑えるためにさっぱりとしたタイプの化粧水を選びがちです。しかし、このさっぱりタイプの化粧水には、アルコールが配合されていることが多く、水分と一緒に蒸発することで肌が過剰に乾燥し、バリア機能を低下させることもあります。

ニキビ肌であっても、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分を含む化粧水がおすすめです。皮脂分泌を抑えすぎるタイプの化粧水は、肌が反応して逆に皮脂が過剰分泌されるようになるため避けた方がいいでしょう。

30代女性向け!化粧水の選び方&おすすめ化粧水5選

ニキビに効く塗り薬

市販されているニキビ用の塗り薬には、ニキビの頭部を開いて皮脂を排出して吸収し、アクネ菌を殺菌するタイプのものやアクネ菌の殺菌とコメド生成を抑制し、炎症を鎮める効果があるタイプのものなど、さまざまな種類のものがあります。

個人のニキビに特化して処方箋で出される皮膚科外用薬とは違い、市販薬は薬効成分の濃度が控え目で幅広い症状に対応したものとなっています。ニキビが深刻な状態であれば、市販薬よりも皮膚科を受診して出してもらう薬の方が完治するのも早いと言えるでしょう。

ニキビに効く内服薬

ニキビに効果のある内服薬には、市販薬、処方箋により病院から出される薬、漢方薬などの種類があります。市販薬は、睡眠不足や栄養不足を補うもの、肌のターンオーバーをサポートするビタミン系のものなど、サプリメントが多いという特徴があります。

病院で処方される薬には、アクネ菌を殺菌する抗生物質なども含まれています。ニキビの状態によっては、初めから処方薬を選んだ方が完治までの期間が短くなることもあります。

ニキビの対策法


ニキビができてしまったら、悪化するまえに治療してできる限りニキビ跡が残らないようにすることが大切です。また、思春期にできるニキビとは違って、大人ニキビは日頃からの対策を講じることによって、できにくくすることも可能です。

洗顔やメイク落とし、食生活や生活習慣などを中心に、今からでもできるニキビを予防してきれいな肌を保つための対策法について紹介しましょう。

正しい洗顔とメイク落とし

ニキビは、何らかの理由で毛穴が詰まって起こる炎症であるため、皮脂や汚れなどを落として毛穴をいつも清潔に保つことが大切です。また、メイクで使用するコスメには油分や粒子の細かい成分などが含まれており、なかなか完全に落とすことが難しく、そのために毛穴が詰まった状態になることもあるため、きちんと落とす必要があります。

クレンジングや洗顔料には洗浄力や摩擦の強いものもあり、肌に必要な皮脂まで落としてしまうこともあります。肌に刺激の少ないものを使って、手で優しく撫でるように洗い流すようにしましょう。週末にはノーメイクで肌を休ませるとともにぬるま湯だけの洗顔も試みてみるといいでしょう。

バランスの良い食生活

ニキビは偏った食生活によってもできやすくなります。特に、脂分や糖分の摂り過ぎは、皮脂の過剰分泌を促すことになるため注意が必要です。

タンパク質やビタミン、ミネラルなど、栄養成分をバランスよく摂取することが大切です。なかでも、肌のターンオーバーや皮脂分泌などに深い関係があるビタミンA・E・C・Eは意識して摂取するようにしましょう。

たくさんの睡眠

疲れやストレスが蓄積すると血流や新陳代謝が低下し、ホルモンバランスも乱れるためニキビができやすくなります。また、肌のターンオーバーや成長ホルモンの分泌などは睡眠中に活発に行われるため、午後10時以降のいわゆるゴールデンタイムに睡眠をしっかりとることはとても大切なことです。

睡眠は自己免疫力などの自己防衛機能を高めるためにも必要なものです。睡眠不足にならないように規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。

【聞きたくないけど知りたい!】睡眠不足によるお肌の変化を調査した結果…

まとめ


大人ニキビは、不摂生や不潔の象徴のようにも思われるため、なんとか予防したいものです。毛穴詰まりが主な原因となるため、いつも清潔を保つことが必要となりますが、それだけでなく睡眠時間や偏った食生活によってもニキビができやすくなります。

いつもきれいな肌を保つためには、正しい洗顔やメイク落としなどのスキンケアとともに生活習慣や食事の見直しも必要となります。ニキビは放置すると炎症がひどくなったり、深いニキビ跡が残ってしまったりすることもあります。炎症や赤みが酷い場合には、早目に皮膚科を受診するようにしましょう。