ニベアクリームでニキビ対策しようと考えている人へ

20歳を過ぎても繰り返しできる大人ニキビは、思春期ニキビとは異なり、なかなか治りにくく目立ちやすいものとなります。ニキビは、過剰な皮脂や汚れが毛穴を詰まらせてできることが多く、普段のスキンケアにも注意が必要となります。

ニキビができる原因やニキビができるデメリット、ニベアクリームのニキビへの効果やニキビにおすすめの化粧品について紹介します。

ニキビがある人の悩み


女性は、普段からメイクやヘア、ファッションなどに気を遣っておしゃれを装うことが大好きです。しかし、さまざまな流行を取り入れようとしても、素肌にトラブルが生じていては見せることにも抵抗感を覚えるようになります。

顔や胸、背中など、さまざまな場所に繰り返しできに大人ニキビは、なかなか治りにくいため悩みの種になってしまいます。特にニキビでできて困るポイントについてあげてみました。

人前に出にくい

服を着ることによって隠すことができる部分にできたニキビはまだましですが、むきだしの状態で1日を過ごさなくてはならない顔にできるニキビの悩みは深刻です。

鏡を何度もみるほど気になるニキビがあると、外出しても周りの人の目が全てニキビに集中されているのではないかと過剰に意識してしまうため、人前に出ることを躊躇してしまいます。

お化粧ができない

顔にできた大人ニキビを隠すのに最も手っ取り早いのはメイクでしょう。ファンデーションやコンシーラなどを使えば、何とか目立たなくさせることも可能です。

しかし、リキッドファンデーションやコンシーラなどには、油分が配合されており、皮脂や汚れが詰まることによって生じるニキビには大きな負担となります。メイクによってニキビが悪化し、炎症や化膿を引き起こすことになれば、ニキビ跡が残る可能性も高くなります。

ストレスで症状が悪化

思春期にできるニキビとは違って、大人ニキビはスキンケアだけではなかなか改善できないのも事実です。大人ニキビの原因には、毎日の不規則な生活やストレスもあげられます。ストレスが溜まると血行不良になったり、新陳代謝が低下したりするとともに、ホルモンバランスも大きく乱れます。

肌の正常なターンオーバーを促すために欠かせない成長ホルモンも分泌されにくくなり、ニキビができやすく、悪化しやすい状態になってしまいます。日頃からストレスを発散させることも、ニキビ対策には必要なこととなります。

ニキビができる原因


ニキビは、過剰に分泌された皮脂や古くなった角質、汚れなどが毛穴を詰まらせることによって生じる皮膚トラブルです。思春期の頃にできるニキビは、成長ホルモンに刺激されて皮脂が過剰に分泌されることが主な原因となりますが、大人ニキビはそれだけが原因ではありません。

何度も繰り返しできる大人ニキビの原因には、間違った洗顔や睡眠不足、偏った食生活なども考えられるため、ニキビができにくくするためにはそれらの状況を改善する必要があります。

間違った洗顔方法

ニキビができる最大の原因は、皮脂や古い角質、汚れなどが毛穴を詰まらせることであるということはよく知られています。毛穴をメインとして顔の皮膚をいつも清潔に保つことは、ニキビ対策でも重要なことです。

しかし、過剰な皮脂を意識し過ぎて、1日に5回も6回も洗顔したり、べたつきを除去しようと洗浄力が強い洗顔料を使って洗い流したりすることは、ニキビにとって逆効果となることがあります。肌への刺激が少ない洗顔料を使って、朝夕2回肌を摩擦しないように優しく洗顔し、その後はたっぷりと保湿することを心掛けるといいでしょう。

美しい肌の基本!正しい洗顔と、やってはいけないNG洗顔とは?

睡眠不足

昔から「睡眠不足は肌の大敵」と言われています。午後10時から午前2時までの間は、ゴールデンタイムと呼ばれるほど、体を休息させるために大切な時間です。この時間帯を中心として、細胞が生まれ変わるための成長ホルモンが活発に分泌されます。

成長ホルモンの分泌は、肌のターンオーバーを正常に保つためにも欠かせないものであり、ニキビができにくい肌にするためには、十分な睡眠を確保することが大切です。

【聞きたくないけど知りたい!】睡眠不足によるお肌の変化を調査した結果…

バランスの悪い食生活

素肌の美しい人は、食事にも気を遣い上質な食品を摂取することを心掛けています。バランスの取れた食事や食物の質の高さはそのまま肌に表れるものです。ジャンクフードやコンビニなどの添加物が多く含まれた食品、糖分や脂分の多い食品などばかり取っていると、知らず知らずのうちに毒素が体内に蓄積されます。

蓄積された毒素は腐敗したガスを発生し、血液が汚れることで皮膚にもニキビができやすくなります。ニキビ肌を防ぎたいのであれば、バランスのいい食生活を心掛けることも大切です。

ニベアクリームの効果

ニベア クリーム 大缶 169g
ニベアクリームは、リーズナブルな価格で手に入れられるのに高級クリームとほぼ同様の効果が得られるとメディアでも繰り返し取り上げられ、人気となっています。

洗顔後や入浴後に顔だけでなく全身に使用しているという人も少なくありません。そこで、ニベアクリームが肌に与える効果は本物なのか、その成分や効果、注意点などについてまとめてみました。

ニベアのハンドクリームにはこんな効果が!おすすめの使い方

ニベアクリームの成分

ニベアクリームは、19種類の成分から作られており、スクワラン、ホホバオイル、クエン酸など保湿効果が高いものが主成分として配合されています。

また、肌の水分の蒸発を防いで肌の潤いをキープする作用のある油性成分も7種類配合されており、乾燥しがちな肌に油膜をつくることで肌の水分をしっかりと維持してくれます。

ニベアクリームのお肌への効果

ニベアクリームは、保湿と肌の保護を重視したクリームであり、肌から水分が蒸発するのを防いで乾燥肌になりにくくし、乾燥肌になることによって過剰に分泌される皮脂を調節してニキビの予防・改善に働きかけてくれます。

あくまでも水分を保持することに重点をおいており、肌へ水分を補給する作用はありません。肌の水分蒸発を防いで肌細胞の再生をサポートすることで、ターンオーバーを正常に整えてくれます。

ニキビ肌にクリームを使う時の注意点

保湿や肌の保護に高い効果があるニベアクリームですが、ニキビ肌の対策としてニベアクリームのみでケアするというのには問題もあります。ニベアクリームは肌に薄い油膜をつくることによって、肌から水分が蒸発するのを防いでくれる効果があります。

肌の水分量が適切である場合は問題ありませんが、加齢や乾燥肌などによって肌の水分量が低下しているのに、油膜を張るだけでは正しいスキンケアとは言えません。適切な水分や油分を補ったうえでニベアクリームでバリアをつくるという方法がおすすめです。

ニキビに良い化粧品


ニキビができると刺激することをおそれて、スキンケアをすることをためらってしまうことがあります。しかしニキビは、皮脂の過剰分泌だけでなく乾燥肌や間違ったスキンケアによってもできやすくなるものです。

ニキビの元となるアクネ菌に働きかけるタイプの化粧水やオイリー肌でも使用できる化粧水、ニキビの種類や状態に合った塗り薬などを使用して、適切にニキビ対策することが大切です。

ニキビ跡を消す化粧品は?ケアのポイントとおすすめの化粧水

アクネ菌に効果のある化粧水

クレアラシル ニキビ対策 薬用 パウダーローション10X しっかり殺菌 120ml (医薬部外品)

ニキビの元となるアクネ菌に対して殺菌・抗菌作用がある化粧水は、ニキビ対策におすすめの化粧品と言えます。皮脂を栄養分として増殖するアクネ菌は、殺菌や抗菌でアクネ菌の数を増やさないことがケアの第一歩となります。

ビタミンCを肌の奥まで浸透させるビタミンC誘導体が含まれている化粧水は、皮脂の分泌を抑えるとともに角栓が詰まってできるコメドの生成を抑制してくれます。また、ニキビ治療薬にもよく使用されているイソプロピルメチルフェノールが配合された化粧水にも強い殺菌力があり、アクネ菌を死滅させる作用があります。

オイリー肌に良い化粧水

リッツ モイスト ローション (化粧水) 150ml

ニキビは皮脂や古い角質が毛穴を詰まらせてできるということが原因となっていることから、皮脂の多いオイリー肌の方は、保湿することが必要ないと間違ったスキンケアをすることがあります。

オイリー肌のタイプは、肌を乾燥させまいとして肌の奥にある水分を保とうと過剰な皮脂を分泌するのであって、潤いに必要となる水分が不足していることがほとんです。油分が配合されていない化粧水を使ってしっかりと保湿することが大切です。

オイリーの肌でも今すぐ使えるオススメの化粧水を伝授!

ニキビに効く塗り薬

市販されているニキビの塗り薬には、ニキビも元となるアクネ菌を殺菌して死滅させる成分や炎症を抑える成分、固くなった肌の表面を軟化させ薬効成分を浸透させやすくするイオウ成分など、さまざまなタイプの有効成分が配合されたものがあります。

白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビなど、ニキビの種類や症状に合わない塗り薬を使用すると、悪化させてしまうこともあるため、自分のニキビの状態に合ったものを選ぶことが大切です。

まとめ


何度も繰り返しできる大人ニキビは、とてもしつこく完全に治癒することは容易ではありません。ニキビの主な原因は皮脂や古い角質、汚れなどが毛穴を詰まらせることですが、それ以外にも偏った食事や睡眠不足、ストレスなどもニキビができやすい肌になりやすいものとなります。

保湿、肌の保護に高い効果を表すニベアクリームをはじめとして、自分のニキビの種類や症状に合った化粧品や塗り薬を選び、ニキビの初期段階で適切にケアすることが大切となります。