ニキビでマスクは逆効果?よくある恐ろしいリスクとは?

一度できてしまうと何度も繰り返して肌トラブルを起こす大人ニキビ。顔を中心として目立つ部分にできるため、女性にとっては大きな悩みの種となります。

そこで、ニキビができる理由やマスクを使うメリットとデメリット、ニキビができにくい肌にするためのポイントなどについて紹介します。

ニキビができる理由

スキンケア
思春期にできるニキビと20代になってからできる大人ニキビは、皮脂や古い角質、汚れが毛穴を詰まらせることによって生じるという共通の理由と大人ニキビに特有のストレスや睡眠不足、偏った食生活などのニキビができやすい理由の2つがあります。

特に、同じような場所に繰り返しできる大人ニキビは、ホルモンや環境の変化、生活習慣の影響を受けることが大きいことがわかっています。

ホルモン変化

思春期にできるニキビは、成長ホルモンが過剰に分泌され、それが皮脂分泌の量を多くすることが主な原因となります。男性ホルモンが多いほど多くできるともいわれており、この男性ホルモンは微量ながら女性にも分泌されています。

女性には月経がありますが、月経後期になると黄体ホルモンが活発に分泌されるようになります。黄体ホルモンは男性ホルモンに似た作用があるため、ホルモン分泌の変化によってニキビができやすくなることがあります。

どうしようもないイライラやニキビの原因はホルモンバランスの乱れかも!ホルモンバランスを絶対に改善する10の方法

環境の変化

進学、就職、転居、など人生には節目があり、それによって環境が激変することがあります。新しい環境になかなか慣れないため、疲れやストレスが蓄積することも多くなるでしょう。疲れやストレスは、自律神経やホルモンバランス、血行など、体を正常に機能させるための器官や働きにさまざまな影響を与えることになります。

新陳代謝や成長ホルモンの分泌が低下し、肌の正常なターンオーバーも乱れてしまいニキビができやすい肌になります。環境が変化してもできるだけストレスや疲れを蓄積しないようにすることも重要なニキビ対策のひとつです。

生活習慣

忙しい毎日を送っていると、起床や就寝、食事の時間などが不規則になり生活習慣が乱れます。血行も悪くなり新陳代謝が低下して、細胞を錆びさせる活性酸素も過剰に発生することになるでしょう。

また、毎日の正しい洗顔や保湿を怠ることもニキビができやすい肌と深い関係があります。規則正しい生活を心掛けることだけでも、ニキビ肌の改善につながることがあることを理解しておくことが大切です。

肌を綺麗にする方法は生活習慣やちょっとした心がけにあった?!

マスクの利点


日本人ほどマスクをする人種はいないと言われることがあります。PM2.5や花粉、インフルエンザなどの感染症など、1年を通してマスクを外せないという方も多いでしょう。

マスクをしている人は多いので、毎日着用して歩いたり、仕事をしたりしても違和感はありません。埃を防ぐ、肌の保湿にメリットがある、化粧する必要がない、など、マスクを使用するメリットについて紹介します。

ホコリを防ぐ

マスクは、目に見えないウイルスなどが体の中に侵入するのを防いでくれる作用があります。それ以上に目に見える大きな粒子の埃を防ぐのにはうってつけで、作業現場や清掃時などにもよく使用されています。

ニキビの原因となるものには、皮脂や古い角質とともに毛穴を詰まらせる汚れ、つまり埃もあげられます。マスクを着用することで、皮脂分泌が多い口や鼻の周りをガードして埃の付着を防ぐことができます。

肌の保湿

マスクは、埃やウイルス、花粉などを吸いこまないために着用するものですが、最近では、肌の潤い効果を求めて美容を目的として使用している人も少なくありません。

最近では、加湿効果のある機能性マスクも市販されていますが、一般的なマスクでも呼気がマスク内に溜まることで潤い乾燥から肌を守ってくれる効果が期待できます。

肌の保湿はとても大事!NGな習慣と正しいお手入れの仕方

紫外線予防

紫外線が当たると肌を守ろうと角質が厚くなります。紫外線の刺激でニキビが赤く腫れたり、バリア機能が低下し悪化し、皮脂の分泌が盛んになることもあります。それらを防ぐためにマスクをするのは良いでしょう。

化粧がいらない

マスクは、顔の大部分を覆うことができるものでもあり、ごみ出しやコンビニなど、ちょっとした外出でわざわざメイクしたくないという時に、スッピンの顔を隠すのにも活用できます。

ニキビができるとメイクによって悪化させることもあります。マスクで鼻や口周りを隠しメガネをかけることによって保湿ができるとともに、そのまま外出できるのも大きなメリットと言えるでしょう。

マスクによるニキビの悪化


マスクは、肌に埃や汚れが付着するのを防ぎ、呼気による潤い効果も期待できる優れ物です。しかし、普段はむきだしで露出している肌を長時間覆うことによるデメリットがないとも言えません。

ニキビは外的な刺激の影響によって悪化することも多いものです。そこで、雑菌のついたマスクやメイクをしたうえでのマスク、ニキビに悪影響を与えるマスクの素材など、マスクを着用することで起きるデメリットについて説明します。

雑菌のついたマスク

ニキビはもともと、皮脂や角質、汚れが毛穴を詰まらせることで発症する皮膚トラブルです。もともとは常在菌として肌の正常なバランスをとるために機能しているアクネ菌などが、悪玉菌に変わってニキビができやすくなります。

不潔な手指で触るのと同様に雑菌がついたマスクを長い時間かけることで、細菌の働きが活発になりニキビができたり、悪化したりする原因になってしまうことがあるため注意が必要です。

菌

お化粧をしてのマスク

ニキビができるとメイクするのも大変です。リキッドファンデーションやコンシーラは伸びがよくニキビを隠すのにも向いていますが、油分や界面活性剤などが含まれているため、ニキビへ悪影響を及ぼすことになります。

メイクだけでも肌の表面に大きな負担をかけることになりますが、マスクをかけることによって二重に肌に膜をつくり、皮脂が排出されにくくなります。雑菌と化粧成分が混じって肌に悪影響を与えることになるため、避けた方がいいでしょう。

マスクの素材によるニキビの悪化

肌が敏感な人に入浴時のナイロンのタオルなどが悪い影響を与えるのと同様に、ニキビができている人にとって化学繊維などが含まれた素材のマスクをすることは望ましくありません。

ニキビは外部からの刺激にとても敏感です。長時間マスクを着用することによって、繊維とニキビの間に摩擦が生じ、ニキビを悪化させることになります。ニキビ肌でマスクを使用するときには、素材選びにも注意するようにしましょう。

マスク

サイズが合っていないマスク

マスクのサイズが合っていないと、肌に触れる面積が大きくなり肌への負担が大きくなってしまいます。マスクを着用する際には肌に触れる面積が少ないものを選ぶと良いでしょう。ゆとりがありすぎても細菌やウイルスが入ってきてしまい、締め付けすぎると肌への負担が大きくなってしまいます。

ニキビができにくい肌にするために

思春期にできるニキビとは違って、大人ニキビは皮脂の過剰分泌だけが原因となるものではありません。同じ肌質なのに、ニキビができやすい人、できにくい人に分かれるのは、皮脂分泌以外の原因があることを示すものです。

スキンケアだけでなく、ニキビができにくい肌にするためのポイントについて考えてみましょう。

食生活の見直し

「人は食べた物でできている」と言われるように、食はとても大切なものです。肌がきれいな人というのは、食べ物の質や栄養バランスにも高い関心があります。

ニキビができやすい人は、ジャンクフードやコンビニ食など、糖分や脂分、防腐剤などの添加物などを多く摂取している傾向があり、このことが皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーの乱れを引き起こしていることが考えられます。ビタミン、ミネラルを中心として栄養バランスのとれた食生活を心掛けることが大切です。

食

しっかりとした保湿ケア

乾燥により水分が失われたお肌はバリア機能が低下します。その結果、乾燥したお肌を潤わせようと皮脂をたくさん分泌するようになってしまい、ニキビの原因となります。それを予防するには、保湿をしっかりと行い、肌を潤わせてあげることが大切です。内勤などで、室内で冷暖房にさらされる機会が多いとさらに乾燥しやすくなります。ですから朝晩の保湿ケアを丁寧に行ってあげるとよいでしょう。

セラミドを増やして長時間保湿!朝晩のケアで乾燥知らずのお肌へ!

ビーグレン 保湿トライアルキット

乾燥しているお肌はセラミド不足であることがほとんど。そのセラミドをしっかりと閉じ込め、潤いを保ってくれる「保湿型ビタミンC誘導体」をたっぷり配合したローションと、高濃度のピュアビタミンC を配合した美容液で、水分たっぷりモチモチ肌に導いてくれます!それだけではなく、独自の浸透技術である「QuSome」で肌トラブルの元までしっかり浸透させ、悩みにアプローチ。feely編集部イチオシの商品です!

 

たくさんの睡眠

仕事や飲み会で寝不足が続くとすぐに肌の状態が悪くなって体の不調がわかります。不摂生や不規則な生活が与える肌への影響はとても大きいものです。

なかでも、睡眠は成長ホルモンの分泌や肌のターンオーバーを正常に保つため、また、新陳代謝や血行をよくするためには欠かせないものです。質の高い睡眠を十分に確保して、ニキビができにくい肌を目指しましょう。

【聞きたくないけど知りたい!】睡眠不足によるお肌の変化を調査した結果…

正しい洗顔

洗顔

ニキビ肌の人は、皮脂や角質、汚れを落とそうと特に洗顔を重視する傾向がみられます。もちろん、毛穴を詰まらせないためにいつも清潔に保つことは大切ですが、過剰な洗顔はニキビを悪化させる逆効果となることも理解しておく必要があります。

朝夕2回、肌に必要な皮脂まで落とさないように洗浄力や刺激の少ない洗顔料を使って、摩擦に留意して優しく撫でるように洗顔した後に、たっぷりと保湿することを忘れないようにしましょう。

美しい肌の基本!正しい洗顔と、やってはいけないNG洗顔とは?

通常石鹸の約4倍の泡立ち!モチモチ泡洗顔でイヤ〜なニキビを予防しましょう!

薬用ニキビ石鹸NonA

薬用ニキビ石鹸「Non A」

通常の洗顔石鹸の約4倍の泡立ち!モチモチ泡で優しく丁寧に洗顔&ケアできる、薬用ニキビ石鹸です。22種類のアミノ酸などがたっぷりの含まれるローヤルゼリーでしっかり栄養を補給。天然保湿成分であるヒアルロン酸で潤いを保ち、ニキビのできにくいお肌へ導きます。もちろん無添加ですので、安心して使えるのも嬉しいところです。 肌トラブル相談室に寄せられた7万件の声を元に開発された石鹸で、ニキビをしっかりと予防していきましょう!

 

まとめ

顔の目立った部分に何度も繰り返しできる大人ニキビは、女性にとって大きな悩みの種となります。メイクで隠すこともできますが、メイクをすることでニキビを刺激して悪化させ炎症や化膿を引き起こすおそれもあります。

マスクは、潤い効果や埃が付着するのを防止する効果など、さまざまなメリットがありますが、雑菌やメイクが付着したり、素材によっては摩擦によって刺激されたりすることで、ニキビが悪化することもあります。正しいスキンケアや生活習慣の見直しとともに正しいマスクの着用の仕方を理解して、ニキビ対策に活用しましょう。