好きな人とのLINE頻度はみんなどのくらいなの?長続きするコツも!

女性は好きな男性とならば毎日、何度でもLINEやメールをしたいと思うものです。しかし、男女では物事の考え方や価値観が違うため、女性と同じように考えているとは限りません。せっかくならばLINEやメールを通じて好きな人と良い関係を築きたいものです。そこで、LINEやメールをする際に気をつけたい頻度や内容について紹介します。

好きな人とのLINE頻度はどのくらいがいい?

女性は好きな人と常に繋がっていたいという気持ちがあるため、LINE・メールをする頻度はできるならばできるだけという感覚があります。メールも同様でしょう。

しかし、男性は女性と同じようには考えていません。どのくらいの頻度でのやり取りをすると好感を持ってもらえるのでしょう。

参考:マイナビウーマン グラフは編集部で作成

特に初デート前の場合、LINEの頻度は1日3回以下が良いと考えている人が4割です。男性はかなり高い割合で「1日3回以下のLINE」が快適だと感じているようです。

一方で、1日4~9回、1日10回以上という男性も総計すると33%に及びます。

結局のところ、LINEもメールも相手のペースに合わせることも大事だということがわかります。

相手のペースに合わせる

男性によって、LINE・メールの得手不得手は違います。

LINEやメールを送ると、相手はできる限りスルーせず、返してあげようと思うものです。しかし、気軽にLINEやメールができるタイプの人もいれば、返信をするのに内容を熟考しなければならない人もいます。相手の状況が分からずLINEを送ってしまうと相手が対応しきれなくなり、距離ができてしまう可能性もあります。

そこで、相手のペースに合わせて無理なくやり取りができる頻度を心がけましょう。相手とのやり取りでペースを確認するのも一つの方法ですが、やり取りで無理をさせているかどうかがわからない場合にはハッキリと聞いてみましょう。

どのくらいが良いか直接聞く

LINEの頻度がどのくらいが適度かというのは人によって違います。そこで、相手に迷惑をかけないためにどのくらいの頻度が望ましいかを確認するというのも有効です。ハッキリと答えるのは彼も気が引けるものですが、事前に確認しておくと、お互いにやり取りをするたびにあれこれ考えることなく、気軽にやり取りできるようになります。

ただし、あまり意味深に聞いてしまうと、彼に自分の気持ちがバレてしまう可能性もあります。世間話のついでに「LINEって結構頻繁にするほう?」なんて気軽に聞けるようにしましょう。

早めに返信する

返信をする際には、できるだけ早めのほうが話題がつながりやすく話が盛り上がります。メールもLINEも早めに連絡をもらえることで、彼も自分に好意を持ってくれている?優先順位上位?といったように思ってくれるかもしれません。

ただし、男性によっては、返事するとすぐに返事が来ることにめんどくささを感じたり、すぐに返事をしなければいけない義務感を感じてしまう人もいます。常にスマホを握っていていつもメールやLINEばかりしているのかなと、男性から好ましく思われないこともあるので、毎回すぐに返信をするのではなく、見極めが必要です。

好きな人とのLINE頻度・内容で男性の脈ありサインがわかる?

LINE・メールの頻度から、相手の男性が自分に対してどのような気持ちを持っているかを確認することもできます。いつものやり取りから彼の気持ちを汲み取ってみましょう。

男性はメールやLINEが得意ではありません。そのため用事が無ければ基本的に自分から送るということはありません。

にも関わらず、毎日のようにLINEやメールが来たり、自分が送ったことに対して極力早めに返信をくれるという場合には脈があると考えられます。逆に既読スルーが続いたり時々しか返事が来ない場合は脈がない可能性があります。

1日に何度も送られてくる

男性はLINEもメールも得意ではない人のほうが多いです。そのため毎日何度も送られてくる場合には、あなたの優先順位が高く、好意を持ってもらえている可能性が高いです。

特に、プライベートな他愛もない会話の場合は、あなたのことをかなり気にしていると言えるでしょう。

返信が返ってくるまでの時間が早い

男性はメールを作成することがあまり得意ではありません。そのため、短時間でメールの返信を作成することができない人も多く、送ってすぐに返信が来ることは少ないです。にも関わらず、メールの返信が早い人は、あなたに好意を持っている可能性が高いでしょう。

逆に、既読になってすぐに返信がないからといって、脈がないと諦めたり、催促の連絡をしたりするのは避けましょう。

LINE返信が遅いのは脈なし?LINEの返信が遅い人の心理と対処法

忙しい時に連絡してくれる

仕事が忙しい時でもわざわざ時間を割いて連絡をしてくれる場合は、脈ありの可能性が高いでしょう。男性は忙しくなると、彼女からの連絡ですら返すことを忘れてしまう人も多いので、忙しい時にわざわざ返事をくれるのは珍しいことです。

もしかしたら、あなたとLINEする時間を楽しみに、仕事を頑張っているのかもしれません。

他愛のない会話で盛り上がってくれる

自分が送ったLINE・メールに返信をくれるだけでなく、自分からも話題を振ってくれる、他愛のない会話で盛り上がってくれる場合は、LINEのラリーが続くように考えてくれていることがうかがえます。そのため、脈アリと判断できるのではないでしょうか。

相手が盛り上がってくれていることが伺える場合は、途切れさせないように早めに返信を心がけるなど、状況を見てやりとりの仕方を工夫しましょう。

心配する連絡をくれる

体調が悪い時などに気遣ってくれる言葉が来る場合、脈アリと期待してよいでしょう。男性は自分から気遣いの言葉を伝えることが苦手な人が多いので、気のない人にそういった言葉をあまりかけません。そのため、心配をしてくれている場合には脈アリの可能性があります。

男性・女性別で分かるLINEでの脈あり・脈無しサイン!

挨拶だけのLINEがくる

「おはよう」「おやすみ」だけが毎日続く場合も、脈ありの可能性が十分にあります。挨拶だけのLINEやメールが来る場合、相手の男性は日常の何気ない瞬間でもあなたとコミュニケーションを取りたいと考えています。だからこそLINE・メールをするのです。

「おはよう」ときたら「おはよう」と返してあげた上で、なんでもない普通の会話をすると良いでしょう。それだけでも相手の男性はきっと幸せを感じてくれます。

既読スルー

既読スルーは、脈あり・なしどちらも考えられます。既読スルーは「相手が忙しくて返信できない」「脈なし」のどちらかの理由で、発生することが多いです。

既読マークがついてから、どれくらいの時間で返信が来るか待ってみましょう。1日程度であれば、前者の可能性も十分にあります。

既読スルーされた後に送られてきたLINE・メールの文面も注目ポイント。相手があなたとのLINEに積極性を見せていれば、単に忙しかっただけと考えられます。

未読スルー

こちらも脈あり・なしどちらも考えられます。LINEの通知をスマートフォンのトップ画面で非表示にしている人は、LINEが来ていることに気づかない可能性が大きいです。

仕事に集中したい。

LINEがあまり好きではない。

こうした理由で、通知をオフにする人も多いです。こうした人の場合、未読スルーが発生しがちなのは仕方ないことです。のんびり返信を待ちましょう。

好きな人へ送るLINEの内容のコツ

LINEが苦手が男性も多いので、受け取っても負担のない内容を心がける必要があります。では、どのよな内容のLINEを送ったらいいのでしょうか。

長すぎない文章

自分のことをわかってほしいと思うとあれこれと長く文章を作りがちです。しかし、長い文章は読みにクク、内容が伝わりにくくなります。また、あまりにも長い文章を送られ続けると、相手も長文を送らなければならないというプレッシャーを感じてしまい、ラリーの頻度が下がる原因にもなります。そこで、送る際には文章を吟味して極力短めの文章を心がけましょう。

共通の趣味の話題

同じ趣味など、共通うの話題がある人は、毎日やり取りしても、話が途切れることなく盛り上がるでしょう。特に男性は自分から話すことが苦手な人も多いですが、趣味の話であれば自分から話しやすい人も多いです。好きな人が食いつきやすい話題を調べて、質問する形で話を進めたり、彼を褒めるような内容を送ったりするとLINEも楽しめるでしょう。

仕事の相談

仕事の愚痴ではなく相談を送ると相手も返信がしやすいです。男性は頼られると嬉しいですし、自分がアドバイスできる立場になることは嫌ではありません。そこで、相談をすることで彼も頼られていると感じることができ一生懸命返信をしてくれます。

相手への好意が伝わるような内容

相手の健康を気遣うなど、さりげなく好意を伝えるようなLINEは効果的です。

また「○○のポスターを見て、あなたと一緒に行けたら楽しそうだなと思ったよ!」など、二人で一緒に何かをしたいという気持ちを伝えるのも良いです。

過剰に「好き」という気持ちをLINEの文面で伝えるのは、相手にとって内容が返信しづらいのでおすすめしません。あくまでさりげなく、シンプルに好意を示しましょう。

前向きな内容

LINEでは深刻な話や、暗い話は可能な限り避けましょう。LINEを受け取った相手は、内容を休憩時間や移動中などの隙間時間に確認することが多いです。そうした隙間時間に、ショッキングな内容を目にすると仕事が手につかなくなってしまうでしょう。返信もしづらいです。

「今日は仕事でこういうことを頑張ったよ!」などと前向きな話をするよう、心がけましょう。どうしても相談したいことがある場合は、直接会う約束だけをLINEで取り付け、本題の内容は会った時に話しましょう。

まとめ

好きな人とのとのLINE・メールの適切な頻度はわかりましたでしょうか。

LINE・メールの内容によっては、脈アリ、ナシの判断ができたり、二人の距離を近づけたりすることができます。せっかく好きな人とLINE・メールができるチャンスがあるなら、自分の印象をアップできるよう、タイミングや内容などを相手にうまく寄り添えるよう心がけましょう。