ニキビが治らない?そんな困ってる人に朗報なこの直し方!

10代の思春期にできるニキビとは違って、20代を過ぎてできる大人ニキビは、目立つ場所に何度も繰り返してできるだけでなく、場合によっては炎症や化膿を伴い、酷いニキビ跡ができるため放置することはできません。

なかなかニキビが治らなくて困っているという方のために、改めてニキビができる原因やできやすい場所、ニキビが治りにくい原因や治すためのポイントなどについて紹介します。

ニキビができる原因


大人ニキビができる主な原因は、何らかの理由によって皮脂や汚れが毛穴に詰まりことであり、毛穴が膨らんで大きくなったり、炎症を伴ったりすることがあります。

過剰な皮脂が分泌されたり、毛穴から皮脂が排出できなかったりすることで、肌の常在菌が悪玉菌に変かして起こります。また、ホルモン分泌や食生活、誤ったスキンケアや疲れなどによってもニキビができやすくなります。

顎ニキビができる原因と皮膚科での治療方法とは?

ホルモンの変化

ニキビが繰り返しできやすい場所は、顔や胸元、背中などある程度限られています。これらの場所は皮脂が多く分泌されるとともに、男性ホルモンが多く分泌されるという特徴があります。

また、女性には月経があり、周期によって卵胞ホルモンと黄体ホルモンが交互に作用する仕組みになっています。月経周期の後半に増加する黄体ホルモンがニキビの原因となることもあり、ホルモンの微妙な変化がニキビにもたらす影響もあると言えるでしょう。

どうしようもないイライラやニキビの原因はホルモンバランスの乱れかも!ホルモンバランスを絶対に改善する10の方法

バランスの悪い食生活

ニキビは皮脂の過剰分泌やホルモンバランスの乱れだけでなく、偏った食生活によってもできやすくなります。なかでも糖分や脂分の過剰摂取は、皮脂を過剰に分泌する原因となることがあるため注意が必要となります。

ニキビができにくい肌質や体質に改善するためには、ビタミンやミネラルを中心として栄養成分をバランスよく摂取するようにすることが大切です。

睡眠不足

寝不足で肌の調子が悪いと感じたことがある方は多いでしょう。睡眠中には、細胞の生まれ変わりに必要となる成長ホルモンが活発に分泌され、肌のターンオーバーを正常に維持することできれいな肌をつくりだします。

睡眠不足が続くと成長ホルモンが十分に分泌されず、ターンオーバーも乱れて肌がスカスカな状態になってしまいます。これによって肌のバリア機能が低下し、ニキビができやすくなってしまうのです。日頃から十分な睡眠時間を取るように心掛けましょう。

【聞きたくないけど知りたい!】睡眠不足によるお肌の変化を調査した結果…

ニキビのできやすい場所


ニキビは、毛穴が皮脂や汚れで詰まって生じることが多いため、皮脂腺が多い場所がニキビができやすい場所になります。

大人ニキビは皮脂が過剰に分泌される同じ場所に、繰り返してできるため炎症や化膿が起こりやすく、ニキビ跡も残りやすくなるため、注意が必要です。特に、ニキビができやすい代表的な場所について説明します。

大人ニキビの原因は?場所ごとの原因やニキビの治し方をご紹介

おでこ

おでこは、皮脂分泌が多く汗をかいて汚れやすいとためニキビができやすい場所となります。また、髪の毛や帽子が触れたり、手指で触ったりする機会も多くなるため、肌への刺激も多くなります。

おでこは新陳代謝も活発な部分であり、比較的ニキビ跡が残りにくい場所とは言われていますが、炎症を伴うニキビは、眉間やこめかみなどに跡が残ることもあるため、早目のケアが必要となります。

鼻の下

鼻の下にできたニキビは顔の目立つ場所でもあるため、とても気になるものです。鼻や口の周りには皮脂腺が多く、閔妃される皮脂量が多いという特徴があります。また、他の場所に比べて毛穴が大きく深いため、皮脂が溜まりやすいという特徴もあります。

暴飲暴食や刺激物、脂分の過剰摂取など、胃の不調を原因として鼻の下にニキビができることもあるので、生活改善についても配慮する必要があると言えるでしょう。

鼻の下にぽつっとニキビ発見!できちゃったときの緊急対策法&予防法

あご

あごやフェイスラインは、特に女性の大人ニキビができやすい場所となります。あごは、肌のターンオーバーが遅くニキビ跡が残りやすいのも特徴で、男性ホルモンの受容体が多く存在する場所でもあります。

女性の月経と深い関係のある黄体ホルモンは男性ホルモンに組成が似ており、黄体ホルモンの分泌が増える月経周期の後期になると、あごやフェイスラインにニキビができやすくなります。

ニキビの治りにくい原因


大人ニキビは、同じ場所に何回も続けてできることが多く、思春期ニキビと違ってなかなか完治することが難しいものです。

ニキビケアをしているつもりでもそのやり方が間違っていれば、ニキビを悪化させてしまうことにもなります。そこで、ニキビで悩む方がやってしまいがちな間違った洗顔法や手指での接触、肌タイプに合わない治療薬の使用について説明します。

治りにくい赤ニキビの原因は?どうすれば治るの?

間違った洗顔法

ニキビは、皮脂や汚れ、古い角質などが毛穴に詰まって生じるものとされているため、毎日洗顔して清潔に保つことはニキビケアに大切なことです。

しかし、ニキビ肌は皮脂分泌が過剰なオイリー肌と決めつけて1日に何度もゴシゴシと洗うのは間違いです。肌バリアのために必要となる皮脂までそぎ落としてしまうと、肌は乾燥してしまい潤いを取り戻そうとさらに皮脂が過剰に分泌されます。洗浄力の優しい洗顔料を使って、摩擦に気を付けながら洗うことを心掛けましょう。

美しい肌の基本!正しい洗顔と、やってはいけないNG洗顔とは?

触ってしまう

ニキビができたことに気づくと、気になって何回も鏡を覗きこむだけでなく無意識に手や指を使って触ってしまうことが多くなります。

外部からの刺激は肌のバリア機能を低下させることにつながり、ニキビができやすくなります。また、不潔な手指でニキビを触ることによって雑菌が付着し、ニキビが炎症や化膿を起こしたりすることにもなるため、なるべく触らないようにすることが大切です。

肌に合わない治療薬

市販薬には、ニキビを治療するための飲み薬や塗り薬などが数多くあります。アクネ菌を殺菌し、増殖を抑制する成分や炎症を抑える成分、不足しがちなビタミンを補給するものなどさまざまなタイプのものがあります。

硬くなった皮膚の表面を柔らかくして肌の奥まで薬効成分を浸透させるためにイオウ成分が配合されたものもありますが、乾燥肌の人にとってはより乾燥が促されニキビができやすくなることもあります。自分の肌質や肌タイプに合った治療薬を使用することが大切です。

ニキビを治すために


ニキビ治療薬を塗ったり、飲んだりしているのにあまり状況に変化がない、悪化したという方は、良かれと思ってやっているケアの方法が間違っている可能性があると考えられます。

ニキビを治すために重要となる、洗顔料や化粧水の選択の仕方や生活習慣の見直しについて紹介します。

アラサー女性に送る!1日で治すくらいの気合いで挑む6つのニキビ対処法

肌に合った洗顔料の選択

大人ニキビができやすい人は、過剰な皮脂を洗い流そうと洗浄力の強い洗顔料を使う傾向があります。また、角質や汚れを落とそうとスクラブ成分が俳号された洗顔料を使用する人もいます。

肌に必要な皮脂まで落とさないことは皮脂の過剰分泌を防ぐことにもつながります。また、肌の摩擦や刺激は、肌の状態を悪くしてニキビができやすい状態をつくることになります。潤い成分が配合された肌に優しい洗顔料を使うことを心掛けましょう。

ビタミン誘導剤を含む化粧水の使用

ニキビ肌の人は、皮脂のべたつきを抑えるために、さっぱりとした使用感のあるアルコール配合の化粧水を選ぶことが多いようです。アルコールはせっかく補給した水分と一緒に蒸発して、肌が乾燥しバリア機能を低下させることによってニキビができやすくなります。

高い高酸化力や色素沈着を防ぐ効果のあるビタミン誘導体を含む化粧水で保湿すれば、肌のバリア機能を高めることが期待できます。

生活習慣の見直し

ニキビが治りにくい人は、スキンケアだけでなく生活全般について見直す必要があると考えられます。不規則な生活や睡眠不足はホルモンバランスを乱し、皮脂の過剰分泌を引き起こす原因となります。

ストレスや疲れの蓄積も新陳代謝を低下させ、肌のターンオーバーに必要となる成長ホルモンの分泌が抑制されることにもなります。規則正しい生活や食生活を心掛け、疲れやストレスを溜めないようにすることもニキビの重要な対策となることを覚えておきましょう。

まとめ


「治ったと思ったらまたできた」の繰り返しが大人ニキビの特徴です。思春期の時期にできるニキビとは違って、皮脂の過剰分泌だけがニキビの原因ではなく、生活習慣やスキンケア、食生活なども大きく関係しています。

自分なりにケアをしているのになかなかニキビが治らない場合には、スキンケアや薬が自分の肌やニキビの状態に合っているかを見直すとともに、生活全般を振り返ってニキビができにくい肌をつくりだすことを心掛けましょう。