女性の性欲事情!男性とは違った驚くべき事実

男性と女性は、さまざまな部分で違いがあります。権利としては同じであっても、体のつくりは同じではありません。多くの違いがある中で、性欲に関しても男性とは大きな違いがあるものです。

女性の性欲処理方法


女性にも性欲があります。人間には、3つの欲があるといわれますが、そのひとつを持っていることは、何も不思議なことではないでしょう。それどころが自然なことなのです。実際に男性よりも強いといわれることも少なくありません。女性のホルモン量も影響してくることになりますが、普通のことであるといえるでしょう。

パートナーにお願いする

性欲処理として、もっとも簡単で確実な方法は、パートナーにお願いすることです。何も問題もなく、素直に処理していくことができるでしょう。さまざまなアンケートが存在しますが、70%以上の人がパートナーと楽しむことに満足しているといわれるほどです。ですが、逆にとらえれば、4人に1人程度はそれでは足りないと考えているともいえます。

実際に相性の問題もあるため、すべてが満足できるわけではないことも間違いありません。そもそもするのが好きという人も60%程度になるといわれています。パートナーとの満足度と比較すると合わない部分も出てきますが、確実な方法であることは、だれもが思っていることといえるでしょう。

この先に見えてくるのは、女性特有の精神的な快楽の部分があることが知られています。子孫を残すことが考え方として刷り込まれていることが女性のポイントですが、肉遺体的な快楽は二の次と考えていることからも、パートナーとすることが安心感につながっている部分もあるでしょう。

おもちゃを使って一人で処理

一人で処理することは、罪悪感を覚える人もいます。しかし、欲求として存在する以上、なにも罪悪感は存在しません。マイナス思考になる必要もないことは確かでしょう。その中でおもちゃを使って一人で済ませてしまう人はたくさんいます。

確実に解消できることも大きな部分ですが、簡単に購入できるようになったことも利用者の拡大に拍車をかけた部分です。精神的にも充足できる方法でもあり、実際にしているときと同じような感覚を得られることも、利用者が増えてきている理由といえます。

妄想でひとりエッチ

妄想しながら自分でする人も多いでしょう。いろいろな妄想がありますが、彼氏のやり方を思い出しながらする人が多くみられます。実際の体験から導き出すことができるため、わかりやすいところがポイントです。

妄想ということでは、おもちゃを使う方法もあります。何かを考えることによって、肉体的だけではなく、精神的な充足感が高まることを考えれば、プラスにとらえて考えてみるといいでしょう。

▼ 関連記事

清楚系ビッチってどんな女性?魅力溢れるその姿に迫る

女性の性欲は何歳がピーク?


人間には成長が存在し、その年齢ごとに特徴があります。性欲に関しても、年齢によって違いが出てくる理由が存在していることがポイントになってくるでしょう。肉体的な理由がわかってくると、ピークの年齢層も理解できるようになっていきます。

10代の性欲

女性にとって10代のころには、性欲よりも不安感や恐怖感が強く出てきます。実際に緊張感も強く、性欲も激しく表れてくることが少ない時期です。もちろん、個人差が存在しますが、ホルモンの分泌という大きな理由から考えても、この時期はそこまで強く表れることが少ないといえます。

背景にあるホルモンは、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスといっていいでしょう。男性ホルモンは性ホルモンとも呼ばれています。10代のころは、男性ホルモンの分泌も盛んにおこなわれてくるため、エストロゲンの効果が抑えられていくといえるでしょう。分泌のピークもまだまだきていな時期です。

機能が発揮しはじめるのは、8歳から10歳当たりともいわれますが、そこまで力を発揮していないために、10代のころの葉そこまで性欲が出てくるわけではありません。認識の問題もあり、そこまでの状態にはならないため、男性よりも遅れてピークを迎えていくとも言われています。

20代の性欲

20代になると、エストロゲンのピークを迎えるようになっていきます。男性に比べても性欲は弱いといわれていますが、この背景としてエストロゲンが活発に働き、男性ホルモンを抑えていることが重要です。

さらに外的要因も20代では関わってきます。男性ホルモン分泌がピークを迎えても、性的なものが悪いものであると教育されれば、性欲はそこまで発現しません。これが大きくかかわるのは、精神的なものがかかわりやすい女性であるところが影響しています。

この年代になると、付き合っている男性によっても変化が出てくることは間違いないところです。感情的な部分も出てきますが、オープンな状況となれば、かなり強く出てくるようになるでしょう。しかし、まだ男性ホルモンの分泌も盛んな時期であり、抑えられていることも確かで、男性との違いといってもいいでしょう。

30歳以上は・・・

30代になってくると、だんだんと女性ホルモンの分泌が衰えてきます。これが性欲と大きな関係があることはよくわかっているところです。年齢とともに変わってくることになりますが、性ホルモンである女性ホルモンのエストロゲンの分泌は続いていきます。

年齢を重ねると、ホルモンのバランスが変わるだけではありません。精神的な要因の強い女性の場合、社会的な要因も重なってきます。子育てなどもひと段落した結果、精神的にも肉体的にも余裕が生まれたことが性欲のバランスに影響を与えることも言われるようになりました。実際にホルモンだけが性欲に関わってきているわけではないのです。

このピークはいつまでも続くわけではなく、だんだんと低下していくことになります。50歳前後になってくると、多くの女性に閉経が訪れるようになり、エストロゲンもほとんど分泌しなくなることから、更年期障害に悩まされることもあるでしょう。生物学的に見ても、これが生殖活動の終わりであり、多くの人に性欲がなくなっていきます。

セクシーだと感じる女性の特徴・仕草


セクシーと感じさせる女性は、だれもが憧れるところでしょう。しかし、セクシーかどうかは自分で決めることではありません。男性がそう思うこともありますし、女性から見てセクシーであると評価することもあります。特徴や仕草を知れば、自分を変えていくことも可能です。

ボディバランスが素敵

セクシーな女性のボディバランスは、確実に優れているといえるでしょう。女性が思うようなラインではないこともありますが、バランスが取れている肉体は、だれが見てもセクシーと感じるものです。

女性から見ると、痩せていることはひとつのポイントと考えますが、バランスを考えるとそうでもありません。すこし丸みを帯びた体型は、女性としても理想的な体系のひとつです。そこには健康的な姿があり、痩身の病的なスタイルとは全く別の評価を受けることになるでしょう。

ボディバランスとしては、健康的で筋肉質な体系もあげられます。痩せているとは違った姿であり、姿勢もよく見えるのが特徴です。自分の体系に対しても気づかいをしていることがわかり、健康に対する関心の高さも見えてくることから、セクシーな女性の体系といっていいでしょう。

ボディバランスが美しい曲線を描くことであるのであれば、それを知っていることも重要です。自分の強みがわかっていれば、いかにセクシーに見せるのかも理解できるようになります。その人ごとに強みがあるのですから、最大限に生かしてきている人といってもいいでしょう。

見た目とのギャップ

セクシーな女性につきものですが、見た目とのギャップがあることも特徴です。色気を感じさせる部分ですが、普段はスーツでかっちりしていて地味な感じがあっても、プライベートでは全く違う服装や雰囲気を見せたりするのは、セクシーな生き方ともいえるでしょう。同様さえ感じるギャップは、確実にセクシーと感じます。

大げさにギャップを作り出すだけではなく、ほんの少しのギャップでも見せることができれば、この違いを感じてもらうこともできるでしょう。かわいげのあるところが見られるだけでも、違いははっきりと出てくるものです。

隙がある

セクシーな女性には、必ずどこかに隙が見え隠れします。ガードを固く守ることは大切ですが、とっつきにくさを感じることは間違いありません。逆に隙がありすぎれば、軽い女性に見られるようになるでしょう。この微妙な差のところにセクシーさは出てくるものです。

隙が見え隠れすることは、そこに性的な魅力を感じることもあります。あまりに硬すぎれば、近寄ることもしなくなるのですから、セクシーに感じることはありません。隙といっても何も緩く構えるというわけではなく、弾に酔った姿を見せるといったところでも十分に効果をあげていきます。

女性から見ても、あまりに固い人は、普段から付き合いもしにくくなるでしょう。ほんの少しでも隙があるような性格的な柔軟性も見せたりすることは、セクシーな女性につながっていくことは間違いありません。

▼ 関連記事

女性が「イク」とはどんな感覚なの?聞きにくい女性の性欲事情を解説

清楚系ビッチ?性欲が溜まる理由


とても清楚に見えていても、実は性的に解放された女性も多くなりました。見た目ではわからない部分もありますが、女性にも性欲はあるのですから、なにも変なことではありません。それどころか、正常なことのひとつといってもいいでしょう。小悪魔ともいわれることがありますが、理由もあったりするものです。

しばらくエッチをしていないと・・・

清楚系ビッチと呼ばれる人たちに限ったことではありませんが、性欲の強さが表れてきているからこそ、こうした呼ばれ方をするようになるでしょう。しばらくエッチをしていなかったりすれば、だれでも性欲がたまります。これが人間の本能だからです。

清楚系の大きな違いは、見た目には遊んで見えそうには見えないというギャップがあるところでしょう。強烈なインパクトを残すことになってくるため、清楚系ビッチといった呼ばれ方もすることになります。アピールの部分ともいえますが、このギャップをうまく理解している人が多いのも特徴です。

人間にとっての三大欲求のひとつであり、本能的な部分であることも間違いありません。さまざまなアンケートから、耐えられる期間は1週間から1ヶ月といわれています。これを過ぎてしまうと、性欲のコントロールがしにくくなるといわれていることから考えても、不思議なことではないでしょう。

寝る前に一肌恋しくなる

性欲を感じるときは、男女ともにいろいろな時があります。不思議なことではありませんが、寝る前に一肌恋しくなる時には、自分の性欲がたまっていることに気が付く瞬間です。さらに、寂しさの勘定もあるでしょう。夜にこみあげてくることは、なにも変なことではありません。

夜一肌恋しくなり寂しくなるのは、副交感神経の働きがあります。緊張感が強く出ているときには、副交感神経が活発になっていますが、夜になれば人に会うことも少なくなり、副交感神経の働きも緩くなっていくことから、人のつながりが欲しくなり寂ししさを感じることも出てきます。性欲とも関連しますが、人間的な動きがあるといえるでしょう。

あまりに一肌恋しくなることから、添い寝してくれる友人を欲しがる人も出てきました。祖父レと呼ばれることがありますが、単に隣で添い寝するだけの関係です。ですが、性欲が強くなってくれば、気持ちはそれだけでは済まなくなることを考えると、現実的ではないと考える女性も多いでしょう。

エッチな漫画を見た時

性欲がたまっていることをはっきりと自覚する瞬間として、エッチな漫画を見た時というのは、だれでも心当たりのあることのはずです。恋愛映画を見た時にも感じるはずですが、自分もそうしたいという欲求を感じれば、自分の性欲を自覚することになります。

そこには、自分ではない自分がいることも大きなポイントになってくるでしょう。自分であれば、そのような状況を作りたくはないと思っていても、エッチな漫画を見ているときには、そんなことも忘れていることがあります。性欲が前面に出てくる瞬間でもある以上、なにも異常なことでもありません。

女性と男性 性欲の違い


女性と男性では、さまざまなことが異なります。性欲という部分でも、体のつくりもホルモンの働きも異なってくるため、多くの部分で違いが出てくるといえるでしょう。これは自然の作り出したかたちであり、当然のことだからです。

年齢問わず性欲がある

性欲という面では、年齢を問わず持っている人がいるでしょう。男性の場合には、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量がかかわってきます。精子を作るリズムとかかわってきますが、年周期で変化すると考えられおり、19歳がピークであるとの研究結果が示しているとおり、年齢とともに減少していくのが特徴です。

女性のピークは、男性ホルモンの現象との関連性が強く、一般的に35歳ごろにピークを迎えると考えられています。ここから10年ほどのピーク期間が存在すると考えられていることから、男女差は15年以上も存在することになるでしょう。

ですが、男性の場合精通と性欲は関係がないとされている研究もあります。これが年齢を問わずに性欲がある人のパターンといえるでしょう。本来は減少していくにもかかわらず、さまざまな快楽や欲求を求めることからも、性欲が減退しない人がいることも確かです。ただし、どんな人にも当てはまるわけではなく、まれなケースであるともいえます。

妻以外と浮気を・・・

脳的な部分になってきますが、男性は妻以外でも性欲に負けてしまい浮気をすることが出てきます。女性からすれば許せないことになるかもしれませんが、脳の作りが異なることからも、理解することができないからこそ、許すこともできないでしょう。

女性の場合には、男性を愛することは、本能の部分があります。ところが、女性にはこれが性欲によって愛を感じている部分があるところが違いです。純粋に愛を実感することを求めるのが女性とするのであれば、男性は脳内物質のせいもあり、自分のものにしたいという志向が働き、性欲につながってくることがわかっています。

女性にとっては全く理解できない範囲になる可能性が出てきますが、男性側から見ても女性脳を理解できないことも多いでしょう。男性の場合には、生殖活動としても、女性のターゲット範囲は大きなものになっていきます。恋愛に準備を求める女性に比べ、男性はいつでも恋愛ができるようになっているのは、動物としての本来の機能といえます。

女性の場合には、恋愛に関していきなり冷めてしまうことが出てきますが、男性には冷めることが少ないところも大きいでしょう。浮気している状況であっても、妻を愛していると感じるのは、こうした脳の働きも左右しています。

結婚後でも性欲が衰えないことも

男性は、男性ホルモンのひとつであるテストステロンの減少が年齢とともに起きます。結婚後に背意欲が減退していくのは、なにも結婚が理由ではなく、年齢とともに起きてくることだからという部分が重要です。

年齢的に見てみると、19歳がピークですが、30歳を過ぎていけば、確実に減少することになります。ところが、中には背意欲が衰えない例もあるところがポイントです。結婚を機に下がっていくのは、子育てをする環境にあることも大きな理由ですが、男性脳の働きが強い場合には、まったく衰えを見せないこともあります。

男性脳の働きが強く、まったく衰えないような状況は、浮気をしやすい状況ともいえるでしょう。女性とは異なる部分であり、恋愛に覚めてしまったりするのではなく、生殖活動として浮気をしやすくなるからです。

▼ 関連記事

セクシーな女性が持つ雰囲気と魅力をご紹介!

まとめ


女性の性欲には、男性とは全く異なるメカニズムがあります。しかし、性欲を覚えることは、なにも恥ずかしいことではなく、だれにでも起きる自然なことであることを自覚することが重要でしょう。