「艶肌」が人気の理由とは?失敗しない下地やパウダーの選び方

今話題の艶肌メイクは、自然な潤いと輝きで透明感あふれる肌質を演出する女性に人気のメイクです。化粧崩れしにくいだけでなく、時間が経過しても肌のみずみずしさが失われない魅力的なメイクは、どんな世代の女性にもおすすめです。

敏感肌や乾燥肌の人にもぴったりの艶肌メイクの仕方や化粧下地、ファンデーションの選び方について紹介します。

艶肌メイクとは


艶肌とは、健康的でみずみずしいツヤのある肌質感のことを指すものです。最近は、ナチュラルメイクが注目されていますが、特にやり過ぎ感のない、自然な艶肌メイクが好まれる傾向があります。

艶肌メイクには、顔色がよく健康的に見える、艶やかな自然な色っぽさを演出することができる、年齢よりも若々しく見せることができる、などのたくさんのメリットがあり、乾燥しやすい肌の方にも向いているのでおすすめです。

メイクでナチュラルなツヤのある肌にみせる

艶肌メイクの魅力は、なんいってもメイクするだけで顔色がよくなり艶やかな色っぽさを演出することができるということでしょう。普段のスキンケアを頑張っていても、お肌の曲がり角を超える年齢になるとどうしてもみずみずしい輝きが失われてくすみがちになるものです。

艶肌メイクは、魅力的であるだけでなく見た目の健康さを取り戻すことができるため、ナチュラルな肌艶で注目されるようになります。

艶肌メイクの下地ならコレ!おすすめの化粧下地をご紹介

素顔美人や若見え効果もある

艶肌メイクは、本来人間が持っているみずみずしい肌の質感を再現することを目的としています。厚化粧をして素肌の色を隠すものではないため、ナチュラルメイクに近いものとなります。

素肌の色を若々しく健康に見せることができるため、ほとんどメイクをしていないように見せることも可能です。また、加齢とともに輝きを失った肌の色を補正することができるので、実年齢よりも若く、健康的にみせることができるのも大きな魅力です。

「艶肌」と「脂っぽい」のは違う

艶肌は、オイリーなテカった肌とは根本から異なります。艶肌メイクをしたつもりが、友人や彼氏に「なんかテカってる」と言われたらショックでしょう。艶肌メイクで目指すツヤは水分をメインとしているため、乾燥肌の人にも向いています。

一方、テカリは皮脂などの油分が原因となります。艶肌メイクを目指すのであれば、オイルコスメよりも水分量の多いコスメを使用することがおすすめです。

メイクで艶肌の作り方

ちょっとしたメイクのポイントを押さえるだけで、簡単に艶肌を演出することができます。大切なのは、日頃のスキンケアで素肌の美しさをキープすること、透明感やグロウ感のあるベースメイクを心掛けることです。

艶肌をつくるために大切なポイントとなる、メイクの順番やスキンケアで留意すべきこと、パール間のあるコスメアイテムを活用すること、ベースメイクにこだわること、などについてみていきましょう。

スキンケアとベースで9割決まる!!艶肌メイクの作り方

下地、ファンデーション、ポイントメイク、パウダーの順

艶肌は、基本的になるべく薄く肌の自然な質感を演出することを心掛けてメイクするものです。そのためには、普段からのスキンケアで素肌の状態を良好に保っておくことが大切となります。

メイクは、通常と変わらず、下地、ファンデーション、ポイントメイク、パウダーの順に行いますが、より艶肌を意識するのであれば、リキッドファンデーションを専用のブラシを使って薄く伸ばしていくことがポイントとなります。ブラシでつけることによって肌に磨きをかけたようなツヤが生まれることでしょう。

ベースメイクとは?重要性や正しい順番、NGポイントを抑えておこう!

スキンケアも重要!しっかり保湿を

艶肌メイクの基本は、いかに自然で魅力ある素肌感を演出するかということであるため、ファンデーションを塗る前のスキンケアにも十分気を配る必要があります。最も大切なことは言うまでもなく保湿です。洗顔後やお風呂上りなどには化粧水や乳液を使ってたっぷりと保湿するようにしましょう。

化粧水や乳液で物足りないと感じたら、美容液やクリームなどで肌をよりしっとりさせるようにしましょう。透明感のある素肌にとってシミやニキビは大敵となるので、不摂生にも留意しなければなりません。

肌の保湿はとても大事!NGな習慣と正しいお手入れの仕方

コスメアイテムにはパール感あるものを選ぶ

艶肌メイクでは、ツヤ感のあるリキッドファンデーションを使うだけでも美肌度をアップすることができます。また、さらに光沢を出すことで肌の内側から輝きを放つような艶肌に見せることも可能です。

パール入りの化粧下地を使用すると、ツヤ感がアップするだけでなく普段よりも華やかな印象を与えることもできます。女子会や合コンなどでもパール入り下地を使うだけで注目の人になることができるでしょう。なるべく粒子の細かい物を選ぶと上品な印象に仕上げることができます。

ベースメイクが仕上がりを左右する

艶肌メイクも他のメイクと同様にベースメイクがその仕上がりを左右することになります。肌に透明感を出したいのであれば、ピンク、パープル、ブルーなどの下地を使うと血色のよさや透明感をより演出することができます。

いくらツヤがあってもファンデーションを厚塗りすれば、素肌感、ナチュラル感が失われてしまいます。ポイントは、適度なカバー力があるリキッドファンデーションを薄く伸ばすことです。コンシーラーと上手く併用するとナチュラルで整った肌を演出することができるでしょう。

ベースメイクとは?重要性や正しい順番、NGポイントを抑えておこう!

「グロウ感」を意識して自然に仕上げる

艶肌とともにグロウ感を出したいのであれば、ベースメイクにリキッドファンデーションやCCクリームなどを使用するのがおすすめです。最近では、春先だけでなくオールシーズンでピンクのチークを使うのが流行っています。

ベースメイクにツヤ感を意識してナチュラルで健康的なグロウ肌に仕上げ、アイメイクやリップなどのポイントメイクもナチュラルにすることを心がければ、ピンクのチークをより華やかに引き立てることができるでしょう。

艶肌下地の選び方


メイクはベースが肝心と言われるように、艶肌メイクでも下地の選び方が大きなポイントとなります。できるだけナチュラルに仕上げるためには、薄く伸ばすだけでお肌の七難を隠すだけでなく、透明感を出せることが大切です・

艶肌メイクのための下地の選び方として、ツヤはあるけどテカリが出にくいもの、メイク崩れがなく肌に優しいものなどをポイントとしてみていきましょう。

艶を出しつつ、テカりが出にくいものを

自然なツヤ感は出したいけどテカりは出したくない、艶肌メイクを目指す人なら誰でも悩むポイントではないでしょうか。透明感のある肌は、保湿が十分にほどこされた素肌をより自然に見せることで得られます。

オイルコスメは肌をがっちりとカバーしてメイク崩れも起きにくいものとはなりますが、その分どうしてもテカってしまいます。自然なツヤ感だけを出してテカりを抑えたいのであれば、油分とともに水分を多く含むリキッドファンデーションタイプの下地を選ぶといいでしょう。

メイク崩れを予防するものを

メイク崩れの主な原因は、ファンデーションが毛穴落ちしてしまうことにあります。これは開いた毛穴から出てくる皮脂が影響するもので、肌のバリア機能を維持するためにオイリー肌の人だけでなく、乾燥肌の人でも起こる自然な現象です。

ポイントとしては、毛穴が目立つ部分の余分な皮脂をあらかじめ除去しておき、化粧下地やファンデーションが密着できるようにすることでしょう。どうしても毛穴が気になる方はシリコン系の化粧下地を使用すると毛穴の凸凹をフラットに整えることができます。

化粧崩れってどんな状態?化粧崩れを防止する秘策!

肌にやさしいものを選ぼう

敏感肌の人はコスメにもとても気を遣うものです。オーガニック製品や化学物質を極力使用していない化粧下地がおすすめです。敏感肌の方が艶肌メイクをするうえでの大きな悩みとなるのが、くすみ、パサつき、赤みではないでしょうか。

ホワイト、ピンク、ブルーの少ないパープル系のベースを使うことでくすんだ肌をワントーン明るく見せることができます。さらに保湿力の高いモイスチャータイプでパールが配合されているコスメを使用すれば内側から肌が潤っているように演出することができるでしょう。

肌悩みを隠せるBBクリームやCCクリームもおすすめ

BBクリームは、もともと美容施術後のダメージを受けた肌の炎症や傷跡をカバーするために生まれたクリームであり、スキンケア効果とともにメイク効果も兼ね備えている優れた化粧品です。

CCクリームも、BBクリームと同様にスキンケアとメイクの2つの機能をもっていますが、BBクリームが高いカバー力をもつため少し厚塗りの印象があるのに対して、光の反射や目の錯覚を利用して周囲の肌の色となじませることができるという点で違いがあります。肌の悩みのレベルによって使い分けることをおすすめします。

艶肌ファンデーションの選び方


自然な肌の透明感や輝きを演出する艶肌メイクでは、化粧下地とともにどのようなファンデーションを選ぶかということが重要になります。

パウダータイプのファンデーションは、肌色を簡単に整えて長く持たせることができる反面、塗り過ぎると厚化粧のように見えてしまうこともあります。艶肌メイクにおすすめのリキッドファンデーションのメリットやパウダータイプのファンデーションとの併用などについて紹介します。

ツヤ感を出すならリキッドファンデが人気

ファンデーションといえば少し前まではパウダータイプが主流となっていました。パフで押さえることの安心感もあり、化粧崩れしないメイクには欠かせないものでした。しかし、現在、艶肌メイクなどのナチュラルメイクにおいては、なるべく薄く伸びる水分量が多く含まれたリキッドタイプのものがメインとなっています。

艶肌メイクでは、潤いのあるみずみずしい肌の質感が命となるため、厚塗りしなくても化粧崩れしないとともに長い時間にわたって潤いをキープすることができるリキッドファンデーションが人気となっているのです。軽いテクスチャーでの伸びがいいものを使用すれば、自然な艶肌をつくることができるでしょう。

パウダーファンデを使うなら下地や仕上げで艶出しを

艶肌メイクには、薄くムラなく伸ばせるリキッドファンデーションを使用するのが一般的です。しかし、リキッドファンデーションだけでは、皮脂や汗によって化粧崩れしたり、にきびなどの肌の悩みを隠したりするのには、少し難があります。

パウダータイプのファンデーションは塗り重ねるとどうしても厚化粧のイメージが強くなってしまうため、下地や仕上げの際に艶出し効果を得る程度に使用するのがおすすめです。パウダーファンデーションを併用することによって、ファンデーションの持ちがよくなり、にきびや赤みなどをカバーすることもできるでしょう。

乾燥に強いものを選ぼう

艶肌メイクでは、カバー力が高くシミやくすみなども隠せるタイプのリキッドファンデーションを使用すると上手く仕上げることができます。カバー力に優れていれば、コンシーラーなどのポイントメイクも最小限に抑えることができ、厚化粧を回避することができます。

水分を多く含むリキッドファンデーションは、保湿力があるため乾燥にも強いという特徴があります。乾燥肌の人がパウダータイプのファンデーションを使用すると粉が浮いてしまいます。その点、リキッドタイプであれば、保湿効果が高く乾燥に強いため、乾燥が気になる人にもおすすめです。

あえてファンデーションを使わないのもアリ

艶肌メイクは、透明感のあるナチュラルな肌の質感を強調するものです。肌のくすみなどが原因で健康的に見えない方にとっては、化粧下地やファンデーションは肌の色補正をするうえで大切な役割を果たしてくれることでしょう。

普段からスキンケアを充実させて、潤いのある肌質へ改善することができれば、素肌をそのまま活かしてあえてファンデーションを使わないという方法もありでしょう。素肌の美しさに自信をもってメイクを楽しむことができます。

艶肌パウダーの選び方


艶肌メイクのポイントは、薄くてカバー力も高いリキッドファンデーションを使用することにありますが、それだけでは化粧崩れしやすいため、下地や仕上げにパウダータイプのファンデーションを併用することが大切です。

艶肌メイクにおすすめのパウダーやハイライトを効果的に活用した立体艶肌づくり、話題のプチプラコスメについて紹介します。

艶肌メイク「フェイスパウダー」のおすすめはコレ!プチプラも

「ルースパウダー」と「プレストパウダー」の違い

リキッドファンデーションを使って艶肌メイクをしたいときでも、仕上げに使用するパウダーが必要となります。「ルースパウダー」は、ふんわりとした優しい仕上がりとなるため、柔らかい印象のメイクに仕上げたいときにおすすめです。

「プレストパウダー」は、カバー力が高いことが特徴で、シミやくすみなど気になる部分をピンポイントでカバーするのに向いています。その名の通り、パウダーをプレスしたタイプとなっているためムラになりやすいことから、少し硬めの筆やブラシを使うと上手に仕上げることができるでしょう。

「ハイライト」を使えば濃淡で立体艶肌にも

年齢を重ねるにつれて肌のくすみが気になるようになりますが、ハイライトを効果的に問い入れると艶や立体感を演出することができます。最近では、アラサー、アラフォーと呼ばれる世代の女性たちがこぞってハイライトを活用した艶肌メイクを取り入れています。

ハイライトは、白を基調とした明るい膨張色を取り入れることによって、光を集め顔全体を立体的にみせる効果があり、人が見てキレイにみえるという理想的な顔のバランスである「ゴールドプロポーション」に近づけることが可能です。

「キャンメイク」や「ザ・ダイソー」プチプラも優秀

艶肌メイクは、ブランド化粧品を使用しないとできないということはありません。最近は、リーズナブルなだけでなく種類も豊富に揃う100均で化粧品を揃えるという人も増えてきました。最大の魅力は、価格が安いためお試し感覚でまとめ買いして、自分に合ったカラーや使い心地を確認できるというところでしょう。

100均の代表格「ザ・ダイソー」やプチプラコスメで人気の「キャンメイク」で手に入る化粧品でも、十分に艶肌メイクをすることができます。一度試してみてはいかがでしょうか。

【100均コスメ】優秀すぎ!CanDoリップ&チークの口コミまとめ

まとめ


マットなメイクから透明感のあるナチュラルな艶肌メイクへと時代の流れは変わりつつあります。本来の素肌の美しさを引き出すとともに肌の悩みを隠しながら、魅力ある艶っぽい肌を演出することができるメイクとして幅広い年齢層に支持されています。

化粧下地やパウダーなどの選び方のポイントを理解して、簡単でナチュラルな艶肌メイクテクニックを身につけましょう。