艶肌メイクはこれで完璧!失敗しないメイクのポイントまとめ

化粧をしているというがっつりした感じがなく、みずみずしい透明感のある肌が魅力の艶肌メイク。最近では、若い女性だけでなく、アラサー、アラフォー世代にも人気となっています。

艶肌メイクは、メイクの順番、化粧下地やファンデーションの選び方や使い方など、いくつかのポイントやコツがあります。すぐに覚えることができ、誰でも失敗せずに艶肌メイクをすることができるメイクの基本テクニックや知識について紹介します。

失敗しない艶肌メイクのコツ


このところ何かと話題の艶肌メイク。きっちりメイクでどぎつい感じが全くなく、化粧崩れしにくいのも魅力となっています。

技術的に難しいことは何もなく、コスメの選び方や使い方のコツをマスターするだけで、完璧な艶肌メイクをすることができます。そんな艶肌メイクを失敗しないためのコツについていくつか紹介しましょう。

艶の出るコスメを選ぼう

化粧下地、ベースメイク、チークを使ったハイライトメイクなど、メイクの仕方によってはそれだけで艶肌を出すことができます。また、意図的に艶の出るコスメを選ぶとより効果的に、また簡単に肌の透明感や艶を出せるので一度試してみるといいでしょう。

パール系の下地は薄く伸ばすだけでツヤ感を簡単にアップすることができます。なるべく粒子の細かい物を選ぶと肌へのなじみやもちもよくなるでしょう。

艶肌メイクは保湿とベースメイクから


艶肌メイクは、健康的で透明感のあるツヤ感のある肌をつくることにあります。時間が経ってもみずみずしさが変わらない肌、そのためには保湿が最も重要となります。肌は乾燥に弱くすぐに水分が奪われてかさついてしまいますが、メイクによってそれを補うことができます。

モイスチャー成分を多く含む化粧下地やベースファンデーションを使って、肌が乾燥しないようにするとともにワントーン肌色を明るくするカラーを選ぶことによって自然なツヤ感を演出することができるでしょう。

40代、大人の艶肌メイクは「ナチュラル感」が大事

少し前までは、アラサー、アラフォー世代の女性は、自分の肌色や肌質を隠すことを中心としたきっちりメイクが主流でした。

最近では、40代でも透明感のある自然な艶を演出した艶肌メイクを取り入れている方が多いようです。ナチュラル感が大切となる艶肌メイクでは、決して厚塗りをしないこと、血色のいい健康的な素肌に見せることを基本にするといいでしょう。

プチプラアイテムは上手に取り入れよう

最近では、100均やプチプラコスメを活用している女性が増えています。リーズナブルな価格で種類も豊富であることから、気軽にお試し感覚でまとめ買いできるのも魅力と言えるでしょう。

艶肌メイクに使えるコスメも数多くありますが、配合されている成分によっては肌トラブルの原因になることもあります。サンプルを手の甲などで試してから、上手に活用するようにしましょう。

艶肌の作り方決定版!外してはいけない”ある”ポイントとは?

艶肌化粧下地のポイント


化粧下地は、艶肌メイクの一番最初に行うものです。下地を使用しないでいきなりファンデーションを使用すると肌の水分が奪われ、大きな負担をかけることになります。

肌の表面の滑らかにして整え、ファンデーションの乗りをよくするだけでなく、ファンデーションから肌を守ってくれる役割も果たしてくれます。そんな化粧下地の選び方や使い方のポイントについて紹介します。

厚塗りにならない化粧下地の塗り方

化粧下地は、肌の表面を均一に整えるだけでなく、滑らかにしてファンデーションの密着度を高めるために使用するものです。

厚塗りにならないようにするためには、くすみが気になる場合は、カラーコントロール機能がある化粧下地を選ぶこと、自分の顔色に合ったファンデーションと同じラインのものを使用すること、などに留意するといいでしょう。

下地は肌悩みに合わせて選んでみよう

化粧下地は、艶肌を演出するためのベースとなる大切なものです。人の肌の悩みには、くすみやシミ、凹凸や傷などさまざまなものがあります。

美しく透明感のある艶肌メイクを仕上げるためには、自分の肌の悩みに合ったものを選ぶことが大切です。厚塗りしなくても肌の難を隠すことができるタイプのものを選ぶようにするといいでしょう。

艶肌メイクの下地ならコレ!おすすめの化粧下地をご紹介

肌悩みを隠すならBBやCCクリームもおすすめ


肌に赤みやくすみ、ニキビ跡などが目立つ場合は、BBクリームやCCクリームでカバーするのもおすすめです。

もともと美容施術後のダメージをカバーするためにつくられたBBクリームは高いカバー力がある反面、厚塗り感がでることもあります。一方、CCクリームは光の反射、目の錯覚を利用して肌の色のなじみをよくする効果があり、薄く伸ばせるという特徴があります。

リキッドファンデに添加して使えるオイルタイプもあり

リキッドファンデは、薄く伸びて肌の凹凸や毛穴のなかにも密着することができるため、艶肌を出すのにも時短メイクにも有効です。

リキッドファンデには油分と水分が含まれていますが、乾燥肌の人にとっては最後の仕上げに乗せるパウダーの粉が浮いてしまうこともあります。そんなときは、リキッドファンデを使用時にオイルタイプの化粧下地として併用できるタイプのものがおすすめです。

「艶肌」が人気の理由とは?失敗しない下地やパウダーの選び方

艶肌ファンデーションのポイント


艶肌メイクでファンデーションが果たす役割は重要で、ファンデーションがメイクの仕上がりを左右するといっても間違いではありません。

化粧崩れさせない、しかし、自然な艶肌を演出するためのファンデーションの使い方のコツや種類、ハイライトやチーク、リップのメイク法について紹介します。

ファンデーションを塗る順番

一般的には、化粧下地、ファンデーション、ポイントメイク、仕上げのパウダーの順にメイクします。ファンデーションから始める方もいますが、化粧下地には、肌を滑らかに整えて化粧崩れを防いだり、ファンデーションの負担から肌を守ったりする役割があるため、下地は必ず使用するようにしましょう。

ファンデーションは、スポンジなどを使って顔全体に均一に塗ることがポイントとなりますが、目元や小鼻などメイクがよれやすい部分には薄めに塗るのがコツです。

リキッドファンデとパウダーファンデの違い

リキッドファンデは、肌にしっかりと浸透させることができ、伸び、フィット感に優れ毛穴などにもしっかり塗ることができますが、反面、密着性が高いため肌への負担が大きい、仕上げにはフェイスパウダーが必要であるというデメリットがあります。

パウダーファンデは、ひとつだけで簡単にメイクできること、肌への負担が少ないことなどのメリットがある反面、カバー力が弱いため重ね塗りすると厚化粧感が出てしまうというデメリットもあります。

リキッドとパウダータイプのファンデーションの賢い使い分け方

スポンジやブラシを使ってナチュラルに馴染ませよう

肌のくすみやシミ、赤みなどを隠しながら透明感のある自然な肌質を演出するためには、ファンデーションを効果的に活用する必要があります。

スポンジやブラシを効果的に活用して、より薄く、均一に伸ばすことが大切です。塗りムラがなく肌に密着したファンデーションは、それだけでツヤ感を演出することができるでしょう。

ハイライトでツヤや立体感が出せます

ハイライトは、ホワイトをベースとした膨張色を適切に取り入れることによって目の錯覚や光の当たり具合を利用して顔全体が立体的に見える効果を狙うものです。

平面的な顔を美しい理想の顔とされる「ゴールドプロモーション」に限りなく近づけることができます。また、光の効果によるツヤや全体的な立体感を演出することができるので艶肌メイクにも効果的です。

艶肌チークやリップのポイント


艶肌メイクの基本は、できるだけ透明感のあるナチュラルな素肌感を演出することです。少しでも厚塗り感が出てしまうと艶っぽい肌にはなりません。

そこで、なるべく自分の素肌の魅力を発揮して艶肌メイクができるようなチークやリップの使い方について紹介します。

自然に血色を足すイメージで使おう

生まれつき顔色がピンク色で血色がよく、健康的に見えるという方はそれほど多くはありません。加齢とともに肌の色がくすんでいくのも仕方がないことです。

チークを使用する場合に自分の肌色とかけ離れた明るすぎる色を使用すると、返って肌色の悪さが目立つことがあります。あくまでもナチュラルで顔色をワントーンほど明るくする程度のチークを使用すると肌なじみもいいでしょう。

自分の肌色に合った色を選ぼう


人の顔の色を「肌色」とひとくくりで表現することがありますが、実際には黄色っぽい色、ピンク色、青白い色など、人それぞれに異っていて当然です。

チークのカラーを選ぶ際には、自分の肌色に近い少し明るめの色を選ぶとチークだけが目立ってしっくりこないということもありません。自分の素肌の色をよく見ていくつかの候補色のサンプルを使ってみてから選ぶといいでしょう。

チークはクリームタイプがより自然

チークには、主にクリームタイプとパウダータイプがあります。パウダータイプのものは、軽い付け心地でふんわりした仕上がりになりますが、使い方によっては少し浮いてみることもあります。

クリームタイプのチークは、肌によく伸び頬へのなじみがいいのが特徴です。軽く伸ばすだけで自然になじむため、自然な仕上がりやツヤを演出することができ、肌をよりきれいに見せることができます。

リップにグロスはもう古い!「艶マットタイプ」を

唇にキラキラとした輝きや潤いを与えてくれるグロスは根津伊代以人気があります。しかし、最近話題になっているのが、過度な輝きを抑えた「艶マットタイプ」のリップです。

マットタイプでギラギラした質感がないため、ヴィヴィッドなカラーであっても取り入れやすいのが特徴です。また、唇そのものの色が変化したような自然な仕上がりとテカテカしない落ち着いた質感があるので、年齢層が高くなっても活用できます。

艶肌パウダーのポイント


艶肌メイクの化粧下地や仕上げに欠かすことができないのがパウダータイプのファンデーションです。特に仕上げでは、肌全体の質感や色を整えて自然なツヤを演出することができます。

余分な汗や皮脂など吸着してくれる効果もある艶肌パウダーの種類や選び方、つけ方のポイントなどについて紹介します。

リキッドファンデーションにはルースパウダー

ルースパウダーは、昔から「粉おしろい」として親しまれてきた粉状のフェイスパウダーを指します。ベースとなるファンデーションの上に重ねることによって肌への密着度を高め、毛穴や色ムラなどを防いでくれる効果があります。

柔らかい仕上がりになるため、リキッドファンデーションと併用すると、ナチュラルでふんわりした優しい肌の質感を演出することができます。

パウダーファンデーションにはプレストパウダー

化粧下地やリキッドファンデーションを塗った後に粉をつけると肌のべたつきが気になることがあります。それをカバーしようとパフを何回もはたいてしまって、厚化粧になりがちです。そんなとき、パウダーファンデーションをつける前に活躍してくれるのがプレストパウダーです。

ひと塗りするだけでパウダーの量が少なくても化粧ムラができにくくなるという特徴があります。テカりが気になる部分にピンポイントに使ってメイク直しするのにも向いています。

パウダーは軽めにつけましょう

パウダーはパフを使って何回も押えないと使用している気がしないという方も多いのではないでしょうか。肌のべたつきや化粧崩れを過剰に気にして、何度も塗れば艶肌メイクどころか厚化粧になっていまいます。

つけすぎは化粧が崩れる原因にもなるため、なるべく軽く、薄く、そして均一になじませるようにパウダーを乗せることが大切なポイントとなります。

やわらかくて大きなブラシを使いましょう

フェイスパウダーは、ベースメイクやポイントメイクを終えた最後に使うのが一般的です。まずパフでつけて余分な粉を柔らかくて大きなブラシを使って落とすのが基本となります。ブラシだけを使う方法もありますが、パウダーをしっかりと定着させたい場合は、パフも併用した方がいいでしょう。

堅くて小さなブラシは、ピンポイントで肌に負担を与えるとともに必要な粉も剥ぎ取ってしまう可能性があります。大きくて柔らかいブラシは、ナチュラルな肌感を出すのにも適しています。

まとめ


女性なら誰もが憧れる透明感のある健康的でナチュラルな艶肌メイク。肌の色やくすみ、凹凸などの肌の悩みがある方でもチャレンジすることができる簡単なものです。

化粧下地、ファンデーション、ポイントメイク、ハイライト、リップなど、いつもと変わらないメイクにちょっとしたコツやポイントを押さえるだけで、完璧な艶肌メイクをすることができます。明日からでも、失敗しない艶肌メイクを試してみませんか。

関連記事

関連記事