チャラい女に共通する特徴とは?見分けるポイントはコレ!

茶髪などの明るい髪の毛に、露出の多い服装、渋谷をよく歩いていそうな、チャラい女ですが、そんなチャラい女は、安定して男性に人気が有ります。

一般的な女性からすると不思議でしょうがないかもしれませんが、実はこれは道理にかなっているのです。チャラい女がモテる理由は一体何なのか?それは、残念ながらこんな理由がありました…。

ここでは、

  • チャラい女がモテる理由
  • チャラい女の特徴
  • チャラい女の見分け方

についてご説明します。

チャラい女が男性にモテる理由

軽そう(すぐにヤレそう)

チャラい女は、見た目のせいでとても軽そうに見られるので、いわゆるヤリ目的な男性に目を付けられることが少なくありません。軽そうなので、ちょっとアタックをかけるだけですぐにヤレそうと目を付けられて、ストーカーされるようなチャラい女もいるでしょう。

見た目がチャラいだけで中身は実は大和撫子のような女性もいますが、そんなこと男性はお構い有りません。チャラい女に求めていることは、1にも2にもやらせてくれるかどうかと言う事だけで、本気で付き合うつもりが無い、遊びの男性が寄ってくる事が多いのが、チャラい女の辛いところと言えるでしょう。

男の扱いがうまい

チャラい女は色んな男に手を出していそうなイメージが有るため、男の扱いが色んな意味で上手そうと期待され、男性からモテる傾向にあります。意外にも、女性と付き合ったことが一度も無いような、性欲を持て余している男性に人気があり、直接的なアプローチが無くとも、常に目で追われて居るというような事も少なくないでしょう。

外見も中身もチャラい女に関しては、非常に男の扱いが上手く、場合によっては、男に大量に貢がせ、貢がせ尽くしたらポイするというような、悪女もいます。

チャラい女の特徴・共通点

派手なファッション

チャラい女はとにかく自己主張が強いファッションが多く、私服で歩いていると、一般的な女性との差が一目瞭然。胸元、脚、とにかく出せるところはどんどん露出していくスタイルで、派手派手なファッションを好む傾向にあります。

服装に限らず、メイクやヘア、ネイルにバッグ、アクセサリーに至るまで、一部の隙も無く派手で、夜真っ暗な道で出会っても、存在感が尋常では無いと言えるでしょう。

ブランド品やお金が大好物

ブランド品やお金が大好物で、高級品には目が無いのもチャラい女の特徴。働いて自分で欲しいものを買うという女性もいれば、貢いでくれる人を見つけて、とにかく手のひらで転がして、欲しいものを全てゲットするという女性も多いでしょう。

また、お金も大好物で、意外にも貯金が趣味という女性もいます。コツコツとお金を貯めていき、何かの目的の為に使うという女性もいれば、ただ貯金残高が増えることに幸せを感じている女性も居るでしょう。

マナーが悪い

チャラい女は基本的に周囲の目を気にしないので、マナーが悪い女性がほとんどです。電車内でのメイクは通常運転で、それに加えて電車内で大声で電話をしたり、優先席に堂々と座って、譲るべき人が来たのに譲らないというような、横暴な態度を取る女性が多く居ます。

またマナーの悪さは電車内に限らず、ゴミを道ばたに捨てる、複数人で拡がって道を歩き、道をふさぐなど、常識的にあり得ないことばかりをするチャラい女性が多く居ます。注意をされても理解が出来ず、逆ギレをするような女性も居るでしょう。

チャラい女の見分け方

外見でだいたい分かる

チャラい女は基本的に、外見を見れば一目瞭然。ギャルっぽい服装をして居る場合は注意が必要です。露出が激しく派手すぎるファッションやメイク、TPOをわきまえないスタイルを一貫して貫いている女性は、確実にチャラい女と言えるでしょう。

内面がしっかりとしているただのギャルの場合は、TPOをわきまえて、必要に応じて黒染めスプレーで髪を黒くすることもいといません。更に、マナーやルールには厳しく、しっかりとしつけられており、内面はそこら辺の女性よりも、静粛可憐なお嬢様な場合があるでしょう。

交友関係でだいたい分かる

女友達も派手目で濃いめの女性が多かったり、男友達が異常に多かったりすると、内面もチャラい可能性が高いでしょう。特に男友達は、基本的にヤったことがある男性が多く、中には、セフレが友達として紹介される事もあるほど、交友関係がある意味開けっぴろげです。

まとめ

チャラい女は男性にモテる傾向がありますが、真剣なお付き合い目的で寄ってくる男性がほとんど居らず、遊び目的で近寄ってくる男性がほとんどです。チャラい女自身もまんざらでも無く、一夜のアバンチュールを楽しむタイプが多いので、気がついたら周囲にそんな男性しか居なくなっている場合もおおいでしょう。

真剣にお付き合いをしたいと思ったときは、きちんと話し合える関係を築いていきましょう。