ディープキスの上手なやり方♡相手がメロメロになるテクニックとは?

突然ですが、ディープキスは好きですか?好きという人も、あまり好きではないという人も、苦手という人もいるでしょう。

今回は

  • ディープキスに対する男女の本音
  • ディープキスを行う上での口の中の性感帯
  • ディープキスで相手をメロメロにするテクニック
  • ディープキスの種類
  • ディープキスをするためのムードづくり
  • ディープキスをするときの注意点とエチケット
  • ディープキスの知られざる効果

を紹介していきます!

ディープキスのテクニックをマスターして、男女間の関係を良いものにしていきましょう!

面と向かっては聞けない!ディープキスに対する男女の本音

彼氏・彼女とディープキスしたい!と思っても、そもそも相手がしたがっているのかどうか不安。がっついたら引かれるんじゃ…と、躊躇してしまうこともありますよね。

そこで、20〜30代の男女にディープキスにまつわる本音を聞いてみました。

ディープキスは好きですか?

ディープキスが好きな女性は全体の約30%。一方、男性はちょうど半々という結果が出ました。

彼氏はディープキスをしたいと思っていても、彼女はしたくないと思っている、というパターンが多そうですね。

ディープキスが好きな理由・嫌いな理由は?

愛を感じられるし、親密感が増して嬉しいので好きです♡
ベトベトするし、汚い感じがするので嫌いです。
息苦しいし、どうしていいかわからないので苦手!
興奮するし、気持ちいいですよね。
汚い感じがするし、やり方にも自信がないのであまりしませんね。

嫌いな人には、「生理的に無理」な人、「やり方がわからない、苦手」な人の2通りの人がいるようです。やり方がわからないから、苦手だからという理由でディープキスを避けている人は、ディープキスのテクニックを学んで苦手を克服しましょう!

初めてのディープキスはどう思った?

まだディープキスの経験がない人の中には、初めてのディープキスに対して緊張や恐怖を感じているという人もいるのでは?

初めてのディープキスの感想にはどのようなものがあるのかもチェックしておきましょう。

唇が触れ合うキスよりも密着して、愛を感じました
ディープキスは恋人同士でしかしないし、セックスを連想するものでもあるので、大人になった気分になりました。

ムードも良かったし、相手も上手かったからか、気持ちよかったです。
舌を絡ませたり唾液が行き来したり、気持ち悪かったです。相手も下手だったのかもしれないですが、あれ以来ディープキスが苦手です。

テクニックやムードによって、気持ちよかった、悪かったと正反対の感想がありました。上手なディープキスをするにはどうしたらいいのでしょうか。

上手なディープキスのポイントは口の中の性感帯

そもそも、上手なディープキスとはどのようなものなのでしょうか。

ディープキスは「気持ちいい」と感じたり、エッチの始まりの合図になったり、快感や興奮と強く関係がある行為です。

つまり

上手なディープキス=気持ちいいディープキス
と言えるでしょう。

気持ちいいディープキスをするには、口の中にある性感帯を舌でうまく刺激する必要があります。

口の中の性感帯はどこ?


口の中の性感帯には歯茎」「舌の裏側」「口蓋部分があげられます。

ディープキスで刺激すべき性感帯①歯茎

ディープキスをして舌を入れたら、相手の上の歯茎の外側を歯茎に沿ってなめます。下や裏の歯茎も同じようになめてみましょう。

順番は関係ないので、時には焦らしたり、時には不意打ちでなめたり緩急をつけてみてください。

ディープキスで刺激すべき性感帯②舌の裏側

相手の舌の下に自分の舌を入れて、舌先で軽くなめてあげましょう。特に付け根周辺に気持ち良さを感じる人が多いようです。

また、力を入れずに柔らかく舐めるのもポイントです。

ディープキスで刺激すべき性感帯③口蓋部分

自分の舌先で自分の上顎をなめてみると、くすぐったいような気持ちいいような感覚になりませんか?口蓋部分は口の中では気持ち良さを感じやすい部分です。

舌先を尖らせてつつく、舌全体でべろっとなめる…色々なやり方があるので、相手の反応を見ながらトライしてみてください。

ポイント
口の中の性感帯は「歯茎」「舌の裏側」「口蓋部分」

キス上手い人のマル秘テクニック集。相手が夢中になるキスとは

【実践編】種類別・ディープキスのやり方

続いて、ディープキスの種類を学んでいきましょう。日本では唇を合わせるだけのものや頬など相手の唇以外の部分に唇を付ける軽いあいさつ程度に行うキスをフレンチ・キスと言い、舌を使ったキスをディープキスと言うことが多いですが、これは誤用です。

実は、フレンチ・キスとディープキスは同じものを指しており、日本でフレンチ・キスと言われているキスは、ライトキスやバードキス、リトルキスといった言い方がされます。

ディープキスの種類を知って、応用もできるようにしておきましょう。もちろん、口の中の性感帯を刺激することを忘れずに

ニプルキス

ニプルキスというのは相手の唇に自分の舌先を付けて、唇を這わすようにして全体をなめていくキスです。

やわらかい唇の感触を唇だけでなく舌で感じることができます。キスをする側の方が気持ちいいものだと思われがちですが、受ける側もとても気持ちがいいものです。

唇を舐められる、と表現すると変な感じがする人もいますが、性行為の始まりを感じさせるキスであり、いろいろなディープキスの導入にもなります。

カクテルキス

カクテルキスはディープキスの基本ともいえるキスで、お互いの唇を合わせて舌を絡ませていくキスのことです。

カクテルキスはディープキスの基本ではありますが、とても奥が深いものです。ただ舌先をつつき合わせたり絡ませたりするだけではなく、意識的に性感帯を刺激しあえば、気持ちのいいディープキスができます。

クロスキス

クロスキスはカクテルキスよりも濃厚なディープキスです。カクテルキスはキスの合間に唇を離すこともありますが、クロスキスは唇を離すことなく舌を絡ませていきます

唇を開いて触れ合うカクテルキスよりも隙間なく密着しているため、舌だけでなく唾液や息も互いの中を行き来します。

キスをしている間の互いの距離が近いこともあり、慣れるまではうまく鼻呼吸ができないという人も少なくありません。息継ぎするために口を離して上手に他のキスに移ったり、しばらく見つめあったり、変化をつけて楽しみましょう。

インサートキス

インサートキスは、唇を重ねた状態でお互いの舌を絡ませていくキスのことです。相手の舌が自分の口の中に入ってくることも、自分が相手の口の中に舌を入れることも、互いの舌を行き来させてピストン運動のように交互に入れ合うこともできます。

インサートキスをしている間は、お互いの唇が触れ合っているためにうまく呼吸ができないという人も少なくありません。また、パートナーとの舌の行き来のタイミングがよくわからないなど、慣れるまではうまくできないという人もいます。

しかし、密着して舌が行き来する行為はとても興奮するもの。目を合わせてインサートキスをすると、かなり気持ちが高まります。繰り返しキスをする中で、舌が行き来するタイミングや息をする方法を覚えていきましょう。

サーチングキス

サーチングキスは、サーチングという名前の通り、相手の口の中を舌で探っていくキスです。相手の舌だけでなく、歯茎や歯の裏、あごのところまで、口の中すべてをまさぐっていきます。

このサーチングキスは、舌が短いと奥まで舌を這わせるのが少し難しく、歯があたったり、口を開きすぎてあごが痛くなったりすることもあります。そのため、舌が長い人によりおすすめです。

うまくできると口内のいろいろな感触を楽しんだり、相手の性感帯を細かく刺激したりすることができるので、興奮すること間違いなしです。

オブラートキス

サーチングキスよりも少し強めに相手の舌を包むキスがオブラートキスです。

イメージとしては、サーチングキスと同様に相手の口の中を探っていくのですが、相手の舌を吸っていくように包むのが特徴です。サーチングキスとインサートキスを合わせたようなものであり、お互いの舌を吸ったり交互に舌を行き来させたりしていきます。これも上級者向けのものであり、互いのタイミングを合わせることが重要です。

スロートキス

スロートーキスは相手の舌を吸うキスです。とても刺激的で興奮しますし、相手の舌を吸う際に唇や舌で相手の舌の感触を楽しむことができます。

吸われる方も自分の舌への刺激があるのはもちろんですが、舌を吸われていることで視覚的にも興奮しますし、相手の性的な欲求の高まりを感じる点でも、気持ちが高まります。

ポイント

  • ニプルキス:唇を這わすキス【 初心者向け / 濃厚度:
  • カクテルキス:ディープキスの基本【 初心者向け / 濃厚度:
  • クロスキス:カクテルキスよりも濃厚なキス【 中級者向け / 濃厚度:
  • インサートキス:唇を重ねた状態でお互いの舌を絡ませていくキス【 上級者向け / 濃厚度:
  • サーチングキス:相手の口の中を舌で探っていくキス【 中級者向け / 濃厚度:
  • オブラートキス:サーチングキスよりも少し強めのキス【 上級者向け / 濃厚度:
  • スロートキス:相手の舌を吸うキス【 上級者向け / 濃厚度:

上手なキスのやり方!盛り上がるキスの種類やタイミングを紹介!

ディープキスのムードづくり

ディープキスは軽いキスと違い、突然することはあまりありません。その後のセックスにもつながるものなので、テクニックにこだわるだけではなく、場所や状況、相手の気持ちを考えて行うことが必要です。どのようにすれば、お互いに気持ちのいいディープキスができるのでしょうか。

ここからは、素敵なディープキスをするためのムードづくりについて見ていきましょう。

場所を考える

ディープキスはキスをしている時間も長いので、場所を考えてキスをしないと人に見られたり、途中でキスを止めたり、盛り上がっていた気持ちが冷めてしまうことが起こる可能性があります。

特にディープキスはセックスの導入となることも多いので、その後のことも考えて場所は選ぶべきです。少なくとも、人に見られる可能性のある場所ではやめておきましょう。

「どんな意味があるの?」キス場所に見る相手の心理を詳しく解説!

ムードを盛り上げる

キスは愛情表現の一つ。特にディープキスならなおさら、ないがしろにされたり、ムードのない場所でされるのは嫌ですよね。

できればお互いの家やホテルの部屋など、人気が無く、なおかつあまり明るくない場所でディープキスをするのがベター。また、落ち着いた雰囲気を作るために、テレビは消す、キャンドルやアロマを使うなど女性側もムードを作りに協力したり、嫌だなと思う場所ではキスしたりしないようにするなどの心がけが必要。

もちろん、マンネリになってきたり刺激が欲しいと思ったりすれば、明るい部屋でディープキスをしたり、人目につきそうな場所でキスをしたりするのもありかもしれません。

リラックスする

ムードづくりといってもあまり考えすぎる必要はありません。まずはリラックスすることから始めましょう。

緊張した状態では舌の動きや唇の動きが固くなってしまい、ぎこちないキスになってしまったり、気持ちが盛り上がらなかったりする原因になります。

まずはリラックスしてキスをすると、いつも以上に感度が上がりキスが気持ちよくなることもありますし、新たな性感帯を見つけるきっかけになったりもします。

まずは軽いキスから徐々に濃いキスへ

ディープキスが盛り上がるためには緩急がとても大事です。

最初からいきなりディープキスをするのではなく、軽く唇が触れ合う程度のキスから始め、少しずつ相手の唇をついばんでみたり、舌で触れてみたり、舌を絡ませたりとディープキスの雰囲気に持って行くように心がけましょう。

こうすることでお互いに少しずつ気持ちが盛り上がり、とても良いムードでディープキスができます。

キスがうまいと感じるときはどんなとき?特徴をまとめてみました

ゆっくりと時間をかけて

ディープキスにもいろいろな種類があります。そこで、時間をかけていろいろなキスを楽しむことでお互いに気持ちが高まり、充実したキス、その先のセックスへとつなげることができます。

女性にとってキスは愛情表現の一つなので、じっくりディープキスを楽しむことで、愛情を深めたり、コミュニケーションの質を高めることができます。

恥じらわない

カップル

ディープキスは互いの舌が行き来すること、お互いの距離が近づくこと、この後のセックスを想起することなどから恥ずかしくなってしまうという人もいます。しかし、恥ずかしい気持ちがあると相手にもそれが伝わり、キスがぎこちなくなったり、ムードが壊れてしまったりします。

恥じらいの気持ちがあることで、キスに慣れていないことや初々しさを感じさせられるので、決して悪いことではありません。相手によってはそれが逆に興奮につながることもあります。

しかし、人によっては自分を好きではないのではないかなど、ネガティブな感情を抱いてしまうこともあるので、徐々にディープキスに慣れて、恥じらいを捨てられることも、気持ちいいディープキスを楽しむポイントです。

男性がキスをしたくなる瞬間とは!キスしてもらうための仕草

ディープキスをするときの注意点とエチケット

上手なディープキスを心がけることはもちろんですが、ディープキスをする際に忘れてはいけないエチケットや注意点もいろいろあります。

いくら上手なディープキスができても、ここがおろそかになってしまっては嫌われかねません。どんなことに注意する必要があるのでしょうか。

口臭ケアをしっかりする

ディープキスをする前には口臭ケアをしておくのがマナーです。

  • デートの前日には匂いが強いニンニクが使われている焼き肉や餃子を控える
  • キスする直前にタバコを吸わない

などの配慮が必要です。

喫煙者はたばこのにおいに慣れており、自分のにおいに気づいていないことも少なくありませんが、意外と口臭を嫌がられることがあります。

特にたばこを吸った後にコーヒーを飲むと口臭がかなりきつくなってしまうことがあるので要注意!

また、胃が悪い人も口臭が強いことがあります。そんな人は、大根おろしやショウガ、消化の良いものを食べて胃腸を整えてあげましょう。

 

ディープキスの前にすべき口臭ケア

・ニンニクに注意
・リンゴや牛乳などを一緒に摂ると、ニンニクの匂いが軽減されることも

・直前にタバコを吸わない
・タバコ×コーヒーの組み合わせは絶対にしない

・大根おろしやショウガ、消化の良いものを食べて胃腸を整える

・歯磨きやマウスウォッシュでお口の中を清潔に
・口臭予防のタブレットを噛んだりして+αのケアを

 

口臭をなんとかしたい!嫌な口臭の原因と効果的な対策方法

濃すぎる口紅は避ける

デートの際はあまりにも濃すぎる口紅は避けるようにしてナチュラルな色合いに整えましょう。

べったりと口紅が塗られた唇には、キスしていいのか男性が戸惑ってしまうことも。また、自分の唇や肌につきそう…と嫌煙されることもあります。

唇のケアを忘れないようにする

せっかくキスしたのに、乾燥してガサガサになった唇、皮がむけてしまったような唇だったとしたら、男性は幻滅

そこで、美容液やリップなどでツヤのあるもっちりとした唇を目指しましょう。

ぷるぷるツヤツヤ!思わずキュンとなるフェロモンたっぷりな唇に導く美容液ならこちらがおすすめです。

Nule Nule

ぷるぷるでツヤツヤ、男性が思わずキスしたくなってしまうような唇に導く美容液。うっすら色もついていて、デートの時だけではなく普段のケアでもお使いいただける、累計160万本以上売上という実績を誇る美容液です。

マスカットなど、ふんわりとした優しい香りが漂う美容液。男性が本能的に求めてしまう「オスモフェリン」という成分を配合しています。フェロモンたっぷりの唇であなたのカレを誘惑してみては…?

男性はこんなところにも注意

キス声は我慢しなくていい?男性が喜ぶキスの仕草やおねだり方法

男性主導になりがちなディープキス。これを読んでいる男性は、こんなところにも注意しましょう。

強引にディープキスしない

ムードもないのに突然強引にディープキスをするのは避けるべきです。

女性はムードのないキスは嫌いますし、気持ちがこもっていないと感じます。徐々に気持ちが高まらなければ女性は性的興奮が得られませんし、気持ちよくありません。ムード関係なく強引にディープキスをするのは、相手の気持ちが離れていく原因にもなるので注意をしましょう。

いきなり舌を入れない

ディープキスをする際は、いきなり舌を入れるのではなく、いろいろなキスをして心の準備をすること、気持ちを高めることが重要です。

何度か軽いキスをして、ディープキスへと移行する際にも、いきなり舌を入れるのではなく舌先で唇を撫でたり舌同士を触れ合わせたりと、軽いものから徐々にするようにしましょう。

知られざるディープキスの効果

ディープキスは互いの性的興奮を高めたり好きの気持ちを強くしたりするだけではありません。意外な効果もたくさんあるようです…。

免疫力がアップする

キスをするほど免疫力が上がると言われています。特にディープキスは相手の唾液が入ることで細菌が体に入ってくるため、抗体ができ免疫力があがると言われています。

本当ならちょっと嬉しい効果ですよね。

ストレス解消になる

キスをするとストレスが軽減されると言われています。特にディープキスは濃厚で興奮状態になるので、ストレス解消にとてもいいでしょう。

もちろん無理やりするのではなく、互いの同意があり、お互いが想い合ってするものでなければストレス解消効果はありません。リラックスした状態で、お互いに幸せを感じられるようなディープキスをしましょう。

女性ホルモンが分泌されてキレイになる

キスをしているとホルモンが分泌され、特に女性ホルモンのエストロゲンは美しくなるのに効果的と言われています。キスをするほど肌が美しくなったりバストアップができたりするかもしれません。

小顔になる

さらに、ディープキスをすることで顔の周りの筋肉を使うため、小顔効果も期待できます。激しいディープキスをたくさんしていたら、いつの間にか小顔になっていた、なんてこともあるかも!

まとめ

ディープキスはとても奥深いものです。うまくディープキスをするためには、テクニックを磨くことよりも互いの関係性を深めたりムードを作ったりすることが大切。

良いディープキスをたくさんして、良好な関係を作るのはもちろんですが心とからだの健康も目指しましょう。