メイク

艶肌メイクの下地ならコレ!おすすめの化粧下地をご紹介

女性なら誰でも憧れる透明感や自然な艶のある明るい肌。皮膚の内側から輝いているようにみえる艶肌づくりは、モテ女子にとっては欠かせないメイク法です。

メイクというとファンデーションやフェイスパウダーがメインと考えられがちですが、メイクの仕上がりを大きく左右するのは、実は化粧下地です。優れた化粧下地を使用すれば、それだけでシミやシワ、色ムラなどを隠して、ツヤツヤの透明感のある肌に仕上げることができます。

そこで、艶肌メイクに欠かせないおすすめの化粧下地について紹介します。

艶肌メイクはこれで完璧!失敗しないメイクのポイントまとめ

化粧をしているというがっつりした感じがなく、みずみずしい透明感のある肌が魅力の艶肌メイク。最近では、若い女性だけでなく、アラサ…

艶肌メイクの仕上がりが変わる「化粧下地」

メイク

艶肌を演出するのに欠かすことができない化粧下地。実は、メイク全体に大きく影響する大切なアイテムだということをご存知でしょうか。

艶肌メイクに最も大切なのはベースづくりであり、どんな化粧下地を選ぶかによって内側からの潤いの程度が変わり、見た目に大きな変化を与えることになるのです。

化粧下地でテカりや厚塗りが防げます

化粧下地は、肌に直接つけるものであるため最も重要な部分となります。暑い夏の時期でなくても乾燥肌の人でも皮脂は必ず分泌されるものです。皮脂の分泌や汗は化粧崩れの原因となるため、ファンデーションを直接肌に塗ると時間の経過とともに化粧が崩れやすくなります。

化粧下地は、皮脂を吸着してファンデーションがとれるのを防いでくれるのでテカりを抑えることができます。また、ベースで透明感を演出できることから仕上げのフェイスパウダーを何度も塗り重ねる必要がなく、厚化粧になりにくくなります。

化粧下地でナチュラル感や肌のキレイさもアップ

メイク

艶肌メイクの基本は、肌の内側から感じられる肌の透明感や輝きをいかに演出できるかです。どんなにファンデーションやパウダーでカバーしても土台となる素肌部分に透明感がなければ、艶肌を演出することができません。

化粧下地にラメやパール素材が配合されたものを使用すれば、素肌のきれいさやナチュラルな感じも表現することができるでしょう。

ラメやパールの効果

コスメ

ラメやパールは光を生み出してくれるので、ファンデーションの下から明るい艶を出すことができます。光を操るパウダーの場合、肌の色をワントーン明るく見せることができたり、光の反射でくすみや小じわを飛ばしてくれます。

化粧下地が化粧崩れも防いでくれます

化粧下地は、素肌とファンデーションの間に存在し、クッションとしての役割も果たしてくれます。ファンデーションを毎日つけることによって、クレンジングなどにより肌に大きな負担がかかりますが、化粧下地をつけていれば直接的な刺激を軽減することができます。

皮脂の分泌や汗をかくことによってファンデーションがとれて1日に何度もメイク直しをしなくてはならなくなりますが、化粧下地をつけておくことによってファンデーションが落ちにくくなり、化粧崩れするのも防いでくれます。

乾燥肌向けの化粧下地の選び方・塗り方をしっかり抑えておこう!

乾燥肌の人は圧倒的に肌の水分量が足りていないので、メイクをしても乾燥しやすくメイクが崩れやすくなってしまいます。

乾燥肌…

艶肌メイクが決まる!おすすめ化粧下地


化粧下地は、肌全体の調子を整えて表面を滑らかにするとともに、化粧崩れをしにくくする最強アイテムです。ファンデーションから肌を守る役割もあり、毎日のメイクの負担も軽減してくれます。

艶肌メイクにおいて重要となる透明感や自然で健康的な顔色も、化粧下地を使用することによって演出することが可能です。そんな艶肌メイクをビシッと決めてくれるおすすめの化粧下地を紹介します。

アットコスメでも人気「モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S 」

ポール&ジョー モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S #01 30ml [並行輸入品]

ヒアルロン酸などの高いトリートメント効果がある美容成分が配合されている化粧下地です。複数の天然植物成分やオレンジフラワー水などによる保湿力が自慢となっています。

みずみずしく潤いのある下地をつけることによって、肌の内面から透明感のある輝きを演出することができます。メイクで乾燥しがちという方にはおすすめの美容液下地と言えるでしょう。

40代大人の肌にも「エスプリーク ツヤ・ハリ仕上げ発光下地 」

エスプリーク ツヤ・ハリ仕上げ 発光下地 30mL

女性であれば、誰しも年齢を重ねるにつれて肌のくすみやシミが気になるものです。また、小ジワや深く刻まれていくほうれい線の悩みも多いことでしょう。そんなときにおすすめなのが発光下地です。

脂肪酸フィトステリルを豊富に含んでいるため、角質層を潤いで満たすことができます。肌の内側から輝くようなツヤやハリを演出することができるため、40代でも艶肌メイクを簡単に楽しむことができるでしょう。

人気の韓国コスメブランド「エチュードハウス ニンフオーラボリューマー 」

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) ニンフオーラボリューマー #3 トランスペアレント [ツヤ肌化粧下地]

美容大国として有名な韓国では、さまざまなコスメ商品が販売されており、わざわざ化粧品を購入することを目的に韓国を訪れる日本女性もいます。最近、韓国女優の間で流行している「水光肌」。肌の内側がたっぷりの水分で潤い、ツヤツヤとした輝きを放つ美しい美肌のことで、日本でも大きな話題となっています。

この下地は、BBクリームと混ぜて使用するタイプの水光ボリューマーで、光を自由自在に反射して透明感、立体感のある艶肌に仕上げてくれると評判です。

プチプラならコレ「セザンヌ UVウルトラフィットベースN 」

セザンヌ UVウルトラフィットベースN 00 ライトベージュ 30g

高い保湿力があり、これひとつでスキンケア、毛穴・肌色補正の3つの機能を実感することができると評判の化粧下地です。くすみ肌向けの商品であるため、下地としてつけるだけで気になる肌のくすみを飛ばし、ワントーン明るくしてくれます。

伸びや保湿力にも優れており、肌を美しく見せることができます。リーズナブルなプチプラコスメなので、購入しやすいのも大きな魅力となっています。

艶肌メイクのやり方とポイント


春になって暖かくなってくると気持ちも軽く、明るくなりメイクも艶肌を意識するようになります。もちろん、ナチュラルで透明感ある肌はオールシーズンに向いています。艶肌を演出するために、ファンデーションの上からグロウパウダーやハイライトを重ねても粉っぽさが目立つことがあります。

肌の内側から輝きを放つような艶を演出するための艶肌メイクの仕方やポイントについて紹介します。

艶肌の作り方決定版!外してはいけない”ある”ポイントとは?

女性ならいくつになっても美しい素肌を保ちたいもの。細かいキメが整ったハリのある美しい肌は、実年齢よりもはるかに若い見た目年齢を…

ベースメイク!化粧下地を塗ります

艶肌のためには、なんといっても保湿が重要です。日頃のスキンケアで保湿をしっかり行っておくことも艶肌メイクに不可欠なこととなります。ベースメイクに使用する化粧下地には、UV効果があるもの、発光効果があるものなど、さまざまなタイプがあるので自分の肌色や肌の状態に合わせて選ぶようにするといいでしょう。

顔全体に均一になるように薄く伸ばし、化粧がよれやすいTゾーンなどには少し濃い目に塗るのがポイントとなります。

基本をおさらい!崩れにくい下地の塗り方・下地の効果

メイクの基本をおさらいしていきます。特に崩れにくい下地の塗り方であったり、そもそも化粧下地にはどのような効果があるのかなどの情…

ファンデーションを重ねます

化粧下地を塗ったら次にファンデーションを重ねます。化粧下地は、ファンデーションと肌との間でクッションのような役割を果たし、化粧崩れをしにくくする役割も担っています。

化粧下地を使用することで、ファンデーションの厚塗りを抑える効果があるので、ファンデーションはなるべく薄く塗り広げるようにするといいでしょう。

チークやリップで表情を明るく

メイク

発光効果のあるパールやラメなどが配合された化粧下地を使用すると、まさに肌の内側から輝くような透明感を演出することができます。

少し明るめのチークやリップをつけることで、さらに艶肌を演出することができますが、やり過ぎるとナチュラルな感じが失われるため、肌色などに合わせてワントーンアップする程度のものを選ぶようにするといいでしょう。

必要に応じてハイライトやフェイスパウダーで仕上げ

白を基調として膨張色を取り入れることによって、光を集めて顔に立体感や透明感を与えることができるハイライト。艶肌メイクは、化粧下地やファンデーションの段階で透明感を演出しているので、あまりやり過ぎると浮いてみえるので注意が必要です。

せっかくナチュラルな艶肌メイクをしても、最後の仕上げのフェイスパウダーを何度も重ねてしまっては厚化粧感が出てしまうので、軽く抑える程度にしておくといいでしょう。

スキンケアとベースで9割決まる!!ツヤ肌メイクの作り方?

透明感があってモチモチ、そしてツヤのあるお肌は本当に美しいですよね。そんなお肌を目指して日々頑張っている女子のみなさん。今年の…

まとめ


ベースメイクはメイク全体の仕上がりに大きな影響を与えると言われていますが、特に自然な輝きや透明感を演出する艶肌メイクでは、重要なステップとなります。

化粧下地でも発光、発色効果を得ることができるため、ファンデーションやフェイスパウダーに頼ろうとせずにベースメイクでつくりあげるつもりでメイクすると自然な仕上がりになるでしょう。