肌タイプが分かる「肌質診断」!肌質の悩みをケアする方法とは

スキンケアを毎日欠かさずにやっているのに、なかなか肌の状態が改善できない、肌トラブルが生じやすいという方は、実は間違ったスキンケアをしているのかもしれません。

美しい素肌をつくるためには、まず自分の肌のタイプをよく理解することからスタートすることが大切です。

大きく4つに分けることができる肌タイプのどれに該当するのか、また、その特徴を知ったうえでどのようなスキンケアをするべきなのかについて紹介します。

肌質診断、肌タイプは大きく4つ


生まれもった体質、外部刺激の影響や摂取する栄養、生活習慣などによって、人の肌は大きく4つに分けることができます。

「普通肌」「脂性肌」「乾燥肌」「混合肌」が代表的な肌タイプの種類で、それぞれに特徴があるためタイプに合ったスキンケアをしないと、健やかな肌をキープすることができません。4つの肌タイプの特徴についてみていきましょう。

肌の状態をみて、肌質を判定します

肌タイプが分かる肌質診断は、簡易的には自宅でも行うことができます。洗顔後の肌のつっぱり感や化粧水をつけた後の肌のつっぱり感がでるまでの時間やつっぱりを感じる顔の部分によって、おおよそですが4つの肌タイプに分けることができます。

日本人に多いとされる混合肌タイプは、複数の肌の状態が含まれるため自分で確定診断することは難しいかもしれません。

普通肌タイプの特徴

普通肌タイプの人は、特に肌トラブルや乾燥、テカりなどの自覚症状がないため、肌質を意識したことがないかもしれません。

ターンオーバーが正常で分泌される皮脂も適量、いつもしっとりみずみずしいのが特徴でもありますが、一方で、気候や外的刺激などによる肌へのダメージを受けやすいタイプでもあります。

乾燥肌(敏感肌)タイプの特徴

カサカサ肌が特徴でときに白い粉を伴って角質が剥がれ落ちることもある乾燥肌。スキンケアで最も悩みの多いタイプの肌ではないでしょうか。

分泌される皮脂が少ないだけでなく、保湿因子や角質細胞間脂質なども少なくなっている状態です。肌のハリや潤いがほとんどなく、さまざまな肌トラブルが生じやすい肌質と言えるでしょう。

乾燥肌の原因とは?お肌の環境要因や食生活を見直して改善しよう!

脂性肌タイプの特徴

脂性肌は、文字通り脂っこい皮脂が過剰に分泌されるタイプの肌質で、強い自覚症状があるとともにさまざまな肌トラブルが起きやすい悩みの多い肌です。

脂っこい食品ばかり食べるという食生活の乱れも原因となることが多く、肌改善するためには、スキンケアだけでなく日頃の生活習慣や食習慣を改善する必要もあります。

オイリー肌の原因を特定しよう!これからお肌を改善する方法は?

混合肌タイプの特徴


鼻の周りやおでこといったいわゆるTゾーンには過剰に皮脂が分泌されるため、オイリーな肌質であるのに対し、その他の部分では乾燥肌の特徴がみられるなど、複数の肌質が同時に混在しているタイプの肌質です。

顔の部分によってスキンケアの仕方を変える必要があるため、Tゾーン、Uゾーン別に肌質に合ったケアの方法を知ることが大切です。

混合肌にも種類がある!お肌に合った日頃のスキンケアのポイント

肌質を整えるケア方法

肌質を健やかで美しく整えるのであれば、正しいスキンケアをすることが最も大切です。肌質を理解しないままに、どんな高級な化粧品を使っても肌質を改善することはできません。

スキンケアの根本的な見直しや肌へのストレス軽減、食生活や生活習慣の改善など、肌質を整えるために必要となるケアの仕方について考えてみましょう。

スキンケアを見直そう

みずみずしく若々しい素肌をつくろうとこれまでにもさまざまなコスメを使ってスキンケアに努めてきたことでしょう。それなりの効果が出ている方は肌質に合っていることが考えられますが、肌の状態が改善できない、むしろ悪化したという人は、自分の肌質に合っていないスキンケアをしている可能性があります。

保湿が大切だからといって水分ばかり補給しても、水分を保持する力が肌になければ無駄になってしまうこともあります。肌質に合ったスキンケアについて根本的に見直してみることも大切です。

スキンケアの基礎を見直そう!正しい順番を守ってる?

肌へのストレスはできるだけ避けよう


紫外線、エアコンの風、冷たく乾燥した空気など外的刺激が肌に与える影響は想像以上に大きく、肌に大きなダメージを与えます。UVカットや保湿クリームなど、できる限りの対策をして肌ストレスを防ぐようにすることが大切です。

また、過度なメイクやクレンジングも肌に大黄な負担を与えることになります。週末などはノーメイクで過ごし、肌を休ませてあげることにも配慮しましょう。

食べ物や生活習慣を改善しよう

不規則な食生活や栄養バランスが偏った食事は、肌に悪影響を与えます。特に脂性食品や過度なアルコール摂取は美肌の大敵となるので注意が必要です。

睡眠不足や不規則な生活習慣も肌に大きなストレスを与えるため、できるだけ規則正しい生活習慣を身につけるようにすることも大切です。

美白になる方法は?美白ケアで透明感あふれる肌を♡

肌トラブルは皮膚科で相談することもできます


軽度の赤みやブツブツ、ニキビなどは個人でも市販薬を使って治すことができる場合があります。しかし、痒みや炎症を伴う肌トラブルは、間違ったケアによって重症化させるおそれもあります。

肌カビなどの場合も専門的な診察や薬の処方が必要となるため、早目に皮膚科医に相談してアドバイスをもらうようにするといいでしょう。

毛穴の悩みは皮膚科に相談!どんな治療方法があるの?

特に重要なスキンケアは「保湿」

ハリや潤い、細かくキメが揃った素肌は、女性なら誰もが憧れるものです。自分の肌質を正確に理解することができたら、肌質に合ったスキンケアをすることが大切ですが、そのメインは保湿となります。

肌の保湿因子や角質細胞間脂質を正常にキープすることができれば、しっとり、もちもちの肌を手に入れることも夢ではありません。そこで、保湿スキンケアをするうえで留意すべきことについて考えてみましょう。

春夏秋冬、季節を問わず保湿をしましょう

気温が低くなるとともに湿度も下がる秋、冬になると空気が乾燥しがちになることから、慌てて保湿しようとスキンケアに力を入れることがあります。

しかし、保湿は季節に関わらず肌にとってとても大切なものです。秋冬だけでなく、1年を通して保湿に心掛け、みずみずしい潤いのある肌をキープするようにしましょう。

「オイリータイプだから保湿はいらない」はNG


脂性肌タイプは乾燥肌の対極に位置するため、保湿は必要ないと勘違いされている方も多いようです。しかし、脂性肌は脂質が足りないと体が判断して過剰に分泌した結果、オイリータイプの肌になるのです。

脂性肌の人が化粧水だけつけて保湿をしなければ、水分が奪われ乾燥肌になることでさらに皮脂が分泌されることになります。脂性肌の人も保湿を怠らないように注意しましょう。

自分にあった基礎化粧品をみつけよう

肌タイプは大きく4つに分けられますが、実は、その4つの肌タイプはさらに細かく分類されます。同じ乾燥肌のタイプの人でも、肌質の細かな状態の違いによって必要となるスキンケアは変わってきます。

自分の肌質をよく理解して、ぴったりと合った基礎化粧品を活用することができれば、いつも健やかな肌をキープすることができるでしょう。

肌の保湿はとても大事!NGな習慣と正しいお手入れの仕方

もっと詳しく!肌質診断をうけるには

肌質は簡易的に自己判別して、肌タイプを知ることができます。しかし、肌質は細かくいくつもの複合タイプに分けられるため、簡易的な自己診断だけでは本当の自分の肌質を知ることはできません。

ネットの肌質診断や化粧品メーカーのカウンターを活用すれば、さらに詳しい肌質チェックを行うことができ、肌の状態に合ったコスメを選ぶのも簡単にできるようになるでしょう。

いつでもどこでもできる「ネット診断」

ネットでは、さまざまな化粧品メーカーや肌質研究のプロがサイトを開設しています。簡単なアンケートや質問に答えるだけで、肌質を簡単に知ることができます。

24時間いつでも好きなときにできるのが最大の魅力であり、隙間時間を使って簡単に肌質診断ができるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

コスメカウンターで肌質や状態をチェック


デパートなどを訪れるとワンフロア全てがコスメ売り場ということも珍しくありません。それぞれのコスメカウンターでは、メイクの仕方をアドバイスしてくれたり、肌質や肌色に合ったコスメを提案してくれたりします。

専門的な機械を使った肌質チェックを実施しているショップも多く、客観的なデータの数値をみて、自分の肌質を理解することができるのも大きな魅力となっています。

肌質診断をして自分にピッタリなスキンケアをするのが重要な理由

まとめ


女性であればメイクだけでなく日頃のスキンケアにも気を配るものです。さまざまな種類のコスメを使用しているのに肌が健康な状態でない、肌トラブルが生じやすいという人は、根本的に間違ったスキンケアをしている可能性があります。

自分の肌質のタイプを知ることからスタートして、肌の悩みにあったスキンケアや生活習慣や食習慣の見直しをすることが、美肌づくりに最も必要なことと言えるのではないでしょうか。