ラブレターの書き方ともらった男性の気持ち!成功率を高める書き方とは

ラブレターは、もしかすると気持ちを伝える一昔前のツールのように思われているかもしれません。メールやSNS、チャットなどで気軽にメッセージのやりとりができてしまうためです。

ですが手書きのラブレターだからこそ、伝わる気持ちというものがあります。ラブレターの魅力を知って、大好きな人に贈ってみてはいかがですか?

LINEより効果的!ラブレターをもらった男性の気持ち

LINEとラブレターを比較したとき、どちらが魅力的に感じるでしょうか。やはり手軽さでは、LINEが理想的かもしれません。ですが気持ちを伝える上では、実はラブレターの方がおすすめといえます。主には、以下の理由が伴うためです。

単純にうれしい

ラブレターでもLINEでも、異性から気持ちのこもったメッセージをもらえたら基本的にうれしいでしょう。その中でも手書きのラブレターはより一層うれしく感じてもらえます。自分のために書いてもらえるという特別感が嬉しさを増やすもの。シールを貼るなどして可愛さを出して、オリジナリティーを出してみてはいかがでしょうか。

もらった日から相手を意識してしまう

ラブレターは、古くから異性が愛を伝えるツールとして役立てられています。一方LINEは、愛のメッセージ以外においても日常的に活用していることでしょう。恋愛のニュアンスが強いラブレターであれば、より一層愛情が感じられるため、もらったその日からこちらを意識してもらえるかもしれません

LINEとは違い封を開けるまでのドキドキ感がたまらない

LINEは、受信したものを表示するだけで中身が読めてしまいます。またトーク一覧画面を表示すれば、開封する前の段階から文頭が確認できます。そのため、ありがたみはあまり感じられないかもしれません。

ラブレターの場合、封筒を開けて自分で中身を取り出し、さらに手紙を広げるまで何が書かれているかわからないので、ドキドキ感が違ってきます

LINEよりも気持ちがこもっていると感じる

気持ちを込めた内容であっても、LINEだと少し軽い印象になってしまうかもしれません。気軽に、片手で素早く打ち込める利便性の高いメッセージツールであるためです。ラブレターは、手紙や封筒を用意して、気持ちを込めて書き上げ、さらに装飾などを施して仕上げます。

また、書き間違えたらLINEのように気軽に修正できません。そのため、書き間違えるたび書き直しをおこなう必要もでてきます。そんな手間暇のかかるアナログツールだけに、しっかりと気持ちを伝えられます

直接渡されるとなおうれしい

ラブレターには、郵送や知り合いを通じて渡す、手渡しなどいくつかの渡し方があります。ですがその中でも、ぜひ直接渡す方法をチョイスしてみてください。面と向かって渡した方が、一層気持ちが伝わるためです。ラブレターの内容はもちろん、直接渡されたことへのうれしさも合わさって、一層喜んでもらえるでしょう。

ラブレターで告白するメリット

ラブレターには、手紙だからこそのメリットが複数伴います。メリットを知ると、きっとあなたもラブレターを活用したくなるのでは。魅力の部分を、知っていきましょう。

便箋など相手好みのものを選べる

便箋には、さまざまな種類があります。シンプルなものから色付きのもの、おしゃれに装飾されたもの、キャラクターものまでさまざま。自分ならではのこだわりが込められるとともに、相手の好みに合わせて選ぶことができるのもポイントです

LINEなどスマホツールではない珍しさがある

近年におけるメッセージのやりとりといえば、LINEが定番的です。しかしあえてラブレターを選べば、珍しさが伴います。良い意味での意外性を、感じてもらえるでしょう

LINEよりも一生懸命な気持ちが伝わりやすい

ラブレターは、手書きで書き上げなければなりません。スマホやパソコンを使い慣れている人にとっては、何とも非効率な作成法でしょう。ですが、だからこそ一生懸命さが伝えられるというメリットに繋げられます

直接告白するよりも相手に時間の猶予を与えることができる

直接告白をする場合、相手はすぐに返答しなくてはなりません。ラブレターであれば、告白されてから答えを出すまでの猶予が得られます。また相手側もそれをじっくりと読むことで、落ち着いて真剣に返答を考えてもらえるでしょう。

じっくりと告白の言葉を考えることができる

時間の猶予を得られるのは、ラブレターを書く側のメリットでもあります。リアルタイムで告白するのは、緊張感や恥ずかしさもありうまく言葉が選べないかもしれません。ラブレターなら、じっくり考えて書くことができます。

成功率を高めるラブレターの書き方

同じラブレターによる告白でも、書き方次第で成功率が変わってきます。大事な相手へのラブレターであれば、以下のコツを取り入れて、成功率アップを目指してください。

見知った人でも自分の名前をかならず書く

ラブレターは、伝統を感じる形式的な伝達ツールです。そんな特徴を活かして、かしこまった雰囲気を出すと良いでしょう。見知った相手でも律儀に名前を書いて、特別感を出してください

丁寧な字を心がける

どれだけ気持ちがこもっていても、字が汚いと印象が悪くなってしまいます。字は人の心を表すともいわれており、送り手のイメージに大きくかかわってくるでしょう。ゆっくり丁寧に、また必要であれば下書きや書き直しなどもおこないながら、きれいな仕上がりを目指してください

短く簡潔な文章を心がける

気持ちを込めたいからといって、長ったらしい内容はおすすめできません。重く感じられたり、読むのが面倒だと思われたり、またメインであるメッセージの印象が薄まってしまう可能性もでてきます。短く、簡潔な内容が理想的です。

長く書かずに便箋1枚を目安にする

文章の長さの目安としては、便箋1枚と考えておきましょう。それこそゆっくり考えて書けるだけに、その気になれば複数枚の便箋をも用意できるかもしれません。ですが前述の通り、長すぎる内容はマイナスなイメージに繋がってしまいます。

便箋や封筒は相手の好みも考慮する

さまざまな種類が売られている便箋は、こだわり甲斐があります。ですがこのとき、自分の好みばかり優先するのはおすすめできません。相手の好みに合いそうなものを、意識すべきです。そんなちょっとした気遣いもまた、気持ちとして伝わります

ラブレターを渡して驚かせたことを詫びる

LINEメッセージが一般的である近年において、ラブレターを渡されるというのは驚きの展開でしょう。そのため文のどこかに、ラブレターを渡して驚かせたことを詫びるメッセージを添えましょう。純粋に配慮になる上、丁寧で誠実な印象も与えられます

返事を催促させるようなことは書かない

好きという気持ちが強いと、すぐにでも返事が欲しいと思うかもしれません。返事がくるまでの間にのしかかるドキドキ感から、早く解放されたいというのもあるでしょう。ですが、だからといって返事を催促してしまうと、相手は落ち着いてあなたのことを考えられません。返事を急かすようなことはしないようにしましょう。

ラブレターを書くときの注意点とデメリット

好きな人に思いを伝える上で魅力的なラブレターですが、注意点やデメリットも知っておきましょう。アナログな存在だけに、やはり不便さもいくつか感じられるのが事実です。以下の点を、押さえておきましょう。

誤字や脱字が心配

デジタルであれば自動的に正しい文字を表示してくれますが、手書きだと誤字が起こるかもしれません。また気づかないところで、脱字してしまうことも考えられます。書きあがったら、しっかり読み返すことが大事でしょう。

LINEと違い読んでくれたかわからない

LINEの便利な機能として、既読表示は外せません。メッセージを開封したかどうかを、既読の有無で確認できます。ラブレターの場合は開封されたかどうかさえわからないので、贈った側は不安な気持ちになってしまいやすいです。

確実に返事がもらえるということではない

気持ちを込めてラブレターを送ったからといって、かならず良い返答をもらえるとは限りません。それどころか、返事自体もらえない可能性も考えられます。過度に期待し過ぎると、大きなショックを受けてしまうかもしれません。

言葉選びが難しい

文章に自信のある人なら良いですが、手紙で思いを伝えるというのは決して簡単でありません。言葉のちょっとしたニュアンスひとつで、想っていることとは異なる意味に捉えられてしまう場合もあります。言葉選びの難しさを感じるでしょう。

まとめ

近年の定番メッセージツールといえばLINEですが、本気の気持ちを伝えたいならラブレターも有効です。LINEにはない魅力やメリットを、多数感じられるためです。注意点やデメリットも意識しつつ、理想的なラブレターを書き上げて、告白の成功を目指してみてください。