これは知らなかった!ストレスと肌荒れの相関と治し方

最近何だか肌ががさがさ。同じ所にニキビが出来て、肌のトーンも何だか暗く感じる。そんな辛い肌トラブルを感じている女性は少なくありません。

年齢を重ねても、美しい肌はキープしたいもの。いつまでも美しくあるためには、まずは肌荒れの原因を突き止めることが重要です。肌荒れの原因は何なのか、肌荒れを無くすための秘訣と合わせてご説明します。

ストレスと肌荒れの関係

ストレスは活性酸素を生む原因

ストレスと肌荒れは密接な関係があり、ストレスが蓄積しているうちは、肌荒れが悪化、増加する傾向があると言えるでしょう。その理由は、ストレスが蓄積することによって生まれる活性酸素。活性酸素は日々私たちの体をむしばむ毒のような存在で、疲労やストレスが蓄積すると、体内でどんどん増加を続けていきます。

活性酸素が体内で増加をすると、毒素を体外に排出しようと、肌荒れが発生したり、更に、老化が進む、肌の酸化のスピードが早まるなど、デメリットしか生まれないでしょう。

免疫力低下に繋がる恐れも

活性酸素の蓄積は、体の至る所に悪影響を及ぼします。その内の1つが、免疫力の低下です。ストレスが溜ることで、メンタルだけでは無く、免疫力が低下し、抵抗力がどんどん落ちていく傾向があります。

免疫力の低下は、肌荒れを引き起こしやすくなることは勿論、その他にも、風邪などの体調不良など、様々名トラブルを引き起こしてしまうのです。そのまま放置すると、どんどん悪化して、大病を引き起こす原因に繋がってしまうでしょう。

肌の栄養不足もストレスが元

ストレスを感じると、心身共に安定させようとして、生きるために必要な所から、栄養を送るようになります。その結果、肌への栄養は二の次になってしまい、気がついた時には肌がかさかさボロボロ、肌の栄養不足へと繋がって、肌荒れを引き起こしてしまうのです。

肌の栄養不足は非常に深刻な悩みで、そのまま栄養が不足し続けると、肌荒れの悪化、肌の老化に繋がります。

知らず知らずのうちに溜め込んでいることも

ストレスを溜めているつもりは無くとも、知らず知らずのうちにストレスが蓄積し、肌荒れを起こしていることも多々あります。あまりにもストレスが溜りすぎて、ストレスに鈍感になって居ると言うケースも少なく無いので、ストレスを無意識のうちに感じているのかどうかを、診断テストなどを使ってこまめにチェックする事が大切です。

こんなストレスが肌荒れに繋がる

家事や育児によるもの

育児や家事はどうしても女性側の負担が大きい物。特にお子さんが小さいうちは、眠りたいのに眠れない、睡眠時間が毎日1時間以内という、とんでもない暮らしをしいられる事も多いため、どうしてもストレスが蓄積しやすくなるでしょう。

また、毎日の家事が多大なるストレスを与えている可能性も少なくありません。例えば、冬の寒い中、寒い体を引きずって家事をしたり、睡眠時間が足りていないのに無理矢理体を動かしていたりと、ストレスになる原因は挙げたらキリが無いでしょう。

家事や育児がストレスになって居る場合、旦那様と相談して、家事を分担してみたり、本当に辛いときは、少しだけ実家を頼るというのも1つの方法です。

仕事上でのトラブル

仕事上でのトラブルも、ストレスを溜める大きな原因に繋がります。仕事中のトラブルによるストレスは自分でどうしようも無いことが多く、そうしたストレスを無くすには、上司を居なくならせるか、いっそのこと会社を潰すしか手が無いというような場合もおおいでしょう。

ですが当然そんな訳にはいきません。仕事上でのトラブルが出来るだけ起きないように勤める事で、ストレスを軽減し、少しでも負担を減らすことが出来るでしょう。

長時間のメイク

物理的に肌へのストレスがかかるのが、長時間のメイクです。お化粧は基本的に、肌の毛穴をふさいでいる状態、肌が上手く呼吸が出来ていない状態ですので、長時間すればするほど、どんどん肌に負担がかかってしまいます。

必要最低限のメイクを避け、帰宅した後は、ダラダラせずにすぐさまメイクを落とすようにすると、肌への負担を軽減する事が出来るでしょう。長時間のメイクこそ、肌荒れを引き起こす天敵と言っても過言ではありません。

体の疲れが取りきれていない

たくさん寝たつもりでも、体の疲れが何だか取れていないという場合、体がストレスを感じてしまい、ストレスが蓄積してしまいます。体の疲れを取るためには、ゆったりのんびり過ごす事が一番ですが、この忙しい現代、そんな風に上手いことはいきません。

限られた時間で効率良く疲れを取るためには、マッサージをしてもらったり、高酸素カプセルをつかったり、ストレッチをしてから寝たり等、ちょっとした工夫をするだけでもOK。何もしないよりも疲れが取りやすくなり、同じ時間休んだにも関わらず、疲労の感じ方が大きく変わって来るでしょう。

ストレスによる肌荒れを治すには

人間関係のトラブルを抱え込まない

人間関係によるトラブルは、出来るだけ抱え込まず、さっさと解決することが大切です。モヤモヤと思い悩んでいることが肌へのストレスになり、結果として、肌荒れに繋がります。悩む前にまずは当事者同士でしっかりと話合い、その場その場で解決出来るように努めましょう。

話合いで解決出来ないような人間関係のトラブルの場合は、考える事を全て放棄する勇気を持って下さい。

仕事を変えてみる

仕事がどうしてもストレスになっているのであれば、自分の肌のためにも、人生の為にも、仕事を変えるのも1つの方法です。勿論一大決心ではありますが、環境を大幅に変えた結果、状況が全て好転したというケースも多くあります。

栄養のある食事を取る

便秘 食事

出来るだけ栄養のある食事を取るという事も、お肌には大切です。フルーツや野菜を中心に、ビタミン、タンパク質、ミネラル、脂質…栄養素をバランス良く摂取する事が、肌荒れ改善、ストレス改善に繋がるでしょう。

間違っても、カップラーメン生活やコンビニ弁当生活など、栄養が偏るような食事は避けるようにして下さい。そのままの生活を続けていると、肌荒れが悪化することはもちろん、寿命を縮める原因に繋がります。

睡眠内容を見直す

睡眠は、長時間取れば良いという訳でもありません。一番大切なのは、質の良い睡眠を取る事。例え短時間でも、深い眠りにつくことが出来れば、ストレスも疲れも綺麗さっぱりと、徐々に肌荒れを改善する事も出来るでしょう。

まとめ


ストレスと肌荒れは密接な関係がある物として知られて居ます。ストレスを軽減させることで、肌荒れが改善したというケースも多い為、まずはストレス改善に努めるようにしましょう。高いスキンケア商品を使ってケアをするよりも、ストレスの無い生活、肌に負担が無い生活を優先した方が、余程美しくなる事が出来ます。