ニキビの治し方!即効性や確実性を様々な視点で分析!

昔はニキビと言えば思春期に悩むものであり大人になるにつれ症状が改善すると思われてきました。しかし、最近では大人ニキビといわれる大人になってもニキビの症状が出ることがあり、思春期ニキビよりも治りが遅かったり慢性化したりして悩んでいる人も少なくありません。
肌がきれいなのはそれだけで見た目にも大きく影響しますし第一印象を左右します。誰だって肌にニキビがあるよりも無い状態を望むものです。そこで大人ニキビができて悩んでいる人は少しでも早く治ること、症状が改善するためにできることを知りたいものですし、できる努力はして改善したいものです。

大人ニキビの治し方を分析


大人ニキビを治すためには何をしたらよいのでしょうか。自分の状態を見てできることから始めていきましょう。ニキビは一日で治るものではありません。継続してケアをすることが重要ですから毎日のスキンケアや習慣を見直すことも必要です。

洗顔で肌の汚れを落として新陳代謝を促す

大人ニキビの原因は様々なことが影響しています。ストレスや生活習慣、活性酸素の過剰発生、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥といったものが影響しており多くの人が複数のことが影響して発生します。このような原因の中に洗顔が原因となっていることがあり、洗顔をすることで大人ニキビが改善することもあるので大人ニキビができている人は洗顔を見直すことから始めましょう。

洗顔はスキンケアの基本ともいえます。化粧品を変えても症状が改善しないという場合には洗顔が影響していることもあるのです。肌の乾燥は大人ニキビの大敵です。代謝が悪くなることにも影響をしており肌の代謝が乱れるとターンオーバー周期が乱れ古い角質が肌に残ってしまいます。この古い角質がニキビの原因となります。そこで洗顔で毛穴の汚れを改善することでニキビの予防にもなります。

肌が脂っぽい場合にはゴシゴシと肌を洗いがちですが、これは間違いです。丁寧に泡を作り泡洗顔を心がけましょう。ゴシゴシを洗わないと脂が落ちないように思われますが、ゴシゴシ洗うことで肌を傷つけ余計に皮脂が分泌します。そこでたっぷりの泡で擦らず優しく洗うことで皮脂の過剰分泌を抑える効果があります。

また、洗顔後にタオルでゴシゴシと水分を拭き取る人がいますがこれも肌を傷める原因です。そこで、タオルで抑えるようにして優しく拭き取りましょう。肌に余計な刺激を与えると乾燥の原因となり皮脂の過剰分泌を起こします。優しく洗って十分余計な皮脂は落とせますから優しく洗顔することを心がけましょう。泡洗顔をして肌がつっぱる感じがする場合、肌に必要な皮脂まで洗い流している可能性がありこれはニキビの原因になります。そこで、このような感覚がある場合、朝の洗顔は泡洗顔ではなく水洗顔をするようにしましょう。

また、洗顔料が肌に残ることでニキビができるということもあります。これはシャンプーやコンディショナーでも同様です。きちんと洗い流すことが肌を整えるためには重要ですから洗い残しがないように心がけましょう。洗顔料を洗い流す際も強くゴシゴシするのは逆効果です。丁寧にぬるま湯で何度も優しくゆすぐようにしましょう。なかにはすぐに泡が落ちるようにシャワーで流すという人もいますが温度と水の強さから肌を傷める原因となります。必ず人肌程度のぬるま湯で優しく洗い流しましょう。

クリームや化粧水を使用して肌の保湿を対応

ニキビが気になる人は肌が脂っぽいため洗顔で皮脂を落とすことさっぱりとしたテクスチャーの化粧水やクリームを使うことが良いと思われがちです。しかし、保湿がニキビ予防には必要不可欠であり、乾燥が原因でニキビになっている人も多くいます。思春期ニキビと同じケアをしているとニキビの状態が改善しないどころか悪化することもあります。

大人ニキビを治すためには化粧水選びもとても重要です。ニキビの原因となるアクネ菌は油分を餌にして増えていきます。そのためニキビが増えている時には油分の多いものを使うと逆効果です。ただ、ニキビがひどくない時には保湿が重要でありクリームやしっとりしたテクスチャーの化粧水が効果を発揮します。そこで、肌の状態によって使う化粧水やクリームはしっかりと合わせていくことが重要です。

肌の水分量を高めるため、保湿成分がしっかりと入っているものを選ぶことがニキビ予防に効果的です。ヒアルロン酸・アミノ酸・ヒト型セラミドが入っているものが効果を期待できます。メーカーによって保湿成分の表記は様々ですからパッケージだけでなくメーカーのホームページもよく見て選ぶようにしましょう。

また、皮脂のコントロールも大切です。炎症を抑える成分が入っているものやビタミンC誘導体が入っているものが効果的です。ただし、ビタミンC誘導体は美肌効果が高いですが乾燥しやすく肌への刺激もあります。そのためニキビで肌の炎症が強く出ている人や皮脂があまり分泌していな人は肌に合わないこともあるので状態を確認したうえで使うようにしましょう。

最後にクリームを塗布する場合、油分がアクネ菌の餌となってしまうので保湿や乾燥予防のためにクリームを使う際にはオイルフリーのものを選びましょう。ニキビ用のものや敏感肌用のものもあり、そういったものもオイルフリーや油分が少なめになっておりニキビの増殖を防ぎながらもしっかりと保湿をしてくれます。

スキンケア用品は常に同じものを使い続けていいわけではありません。体調や肌の状態によってはいつも使っているスキンケア用品でニキビができることもあります。肌の状態によってはいつも使っているスキンケア用品なのに肌に塗布すると痛くなるということもあり、そういったときにはすぐに洗い流して様子によっては医師に診てもらうことが必要です。日によって肌の乾燥状況も違いますからクリームを追加したり化粧水のタイプを変えたりと常に肌の状態がベストになるよう肌の状態に応じたスキンケア用品の使い方も学んでおきましょう。

保湿に最適なアイテム10選をピックアップ!

効果的な保湿を求めるには、やはり体それぞれの場所によって、その部分に適した成分配合の化粧水を使用した方がいいと言われています。…

生活リズムを改善して肌にいい生活を送る

大人ニキビを治すためには生活リズムの改善は切り離せません。どうしても社会人として生活をしていると忙しいことも多く、睡眠時間が短くなることも多いです。特に一人暮らしをしていると食事も作る時間が無く外食が増えることも多いですし野菜不足にもなります。スキンケアや通院して治療をしても毎日の生活習慣を見直さなければ何度も大人ニキビが出てきてしまいます。そこで根本的に治療するためにもきちんと生活習慣の改善をして根本的な治療を目指しましょう。

睡眠時間が少なかったり夜ふかしが続いたり、食生活の乱れや運動不足から便秘を起こしたりといったことが続いてしまうとニキビができやすくなるだけでなく肌がくすんだり毛穴が目立ったりと肌全体にトラブルも出てきます。ニキビだけでなく肌全体が美しい状態になるためにもバランスの整った食生活と適度な運動、夜ふかしをせず規則正しく朝起きることを毎日心がけて生活をしましょう。

白ニキビの治し方で即効性がある方法


白ニキビはニキビの中でも比較的症状の軽いものです。炎症を起こす前の赤くなっていない状態は適切なケアと治療によって悪化することなく早期に治療ができます。白ニキビができる原因は角質や皮脂で毛穴が詰まって表面がふさがっていることであり、治すためには角質や皮脂の排出をすれば症状は改善しますから毛穴の詰まりを直して白ニキビができることを予防しましょう。

また、もしも白ニキビができてしまった場合、デートや結婚式などといった場面でニキビがある状態で行きたくないものです。病院に行くと速攻で治すことができます。予防すると同時に万が一白ニキビができてしまった時にどのように対処すればよいかも知っておきましょう。

すぐにでも白ニキビを治す方法!即効性のある治し方

十分に気をつけているつもりでもできてしまう白ニキビは、なぜできてしまうかご存知でしょうか。

そもそも白ニキビとは何なのか…

皮膚科で処方してもらえる内服や外服薬を活用

白ニキビはニキビの中でもごく初期の段階です。早めに治療をすればかなり早く治ります。内服薬や外用薬も市販のものではなく医師が処方したもののほうが状態を見て適切なものを指示してもらえるので効果も期待できます。一週間もすれば一通りの状態が改善することが多いです。

もしも即効性で治療することが必要という場合、皮膚科では白ニキビに小さな穴をあけて中に詰まっている皮脂や角質を押し出す治療もできます。白ニキビの治療だけでなく赤ニキビの悪化や予防にも効果があるので早く治療したい人、悪化することなく確実に治したいという人はこういった方法を使うのも有効です。この治療方法は保険が適用できるものですからもしも結婚式のような一生写真が残るような場面が近い時にはこういった方法を検討するのも有効です。

白ニキビはごく初期段階であるため早めの治療ですぐに治ります。そのため気になってすぐに通院すれば悪化することなく治ることが多いです。ただ、これは対処療法でありニキビを根本的に治すための方法ではありません。スキンケア方法を確認したり生活リズムを整えたりといったことも合わせて行いニキビができなくなるよう努力することも必要です。

ニキビと皮膚科!受診する理由や治療方法等の内容を細かく分析!

思春期の頃にできるニキビと、大人になってからできるニキビは、同じようで全く異なっています。思春期の頃にできるニキビというのは、…

とにかく野菜や果物を沢山摂って必要な栄養素を摂る

ビタミンが肌に良いということは昔からよく言われています。そのため、ビタミン剤を飲んだりビタミン飲料を飲んだりしてニキビ予防をしているという人もいます。確かにビタミン剤は飲料は手軽にビタミン補給ができて便利です。しかし、ビタミン剤で栄養補給をするよりも野菜や果物から栄養を補給したほうがより効果が期待できます。

野菜や果物を食べるとたくさんの栄養がバランスよく摂取することができます。ニキビの予防ができるのはもちろんですが、ニキビ跡を治すことに効果があったり美白効果があったりと肌の調子を全体的に改善することが期待できます。食物繊維もしっかり摂取できるので便秘予防でデトックス効果もあります。

せっかく食べるならばできるだけ多くの栄養を摂取したいものです。そのため野菜であれば調理法を気を付けることが重要ですし、果物の場合には食べるタイミングが重要です。果物は空腹時に果物だけを食べると栄養成分がしっかりと吸収されると言われています。そのため空腹時に食べるようにしましょう。食後のデザートに食べることも多いですが、食後のデザートだと果物の栄養がきちんとすべて吸収されない可能性が高いです。そのため栄養摂取の観点からいうと果物は食前の空腹時のほうが効果があります。

夜にしっかりと洗顔と保湿をして睡眠が8時間取れるように早く寝る

寝ている間に肌は再生するため寝る前の肌ケアがとても重要であると言われています。美肌のゴールデンタイムとも言われる22時から翌2時までの時間は肌のターンオーバーが活発になるためこの時間に睡眠をとることが重要です。とはいえ、仕事が忙しかったり家事に追われたりするとこの時間に毎日寝ることはなかなかできません。そこで、寝る前のスキンケアをしっかりとすることで少しでも睡眠時間が取れない分をカバーすることを心がけましょう。

寝ている間に肌は乾燥をします。睡眠中に汗をコップ1杯かくと言われており、これは夏だけでなく冬も言えることです。そこで寝る前にしっかりと保湿をしてねている間の乾燥を予防することが重要になってきます。

寝る寸前にあれこれ肌に塗布すると寝られない、かゆくなるといった心配がある人もいますし、ベタベタな状態ではニキビができる不安もあります。あまりにも過剰にクリームを付けるのは逆効果ですから程よい保湿を心がけましょう。

化粧水でパッティングをするのも効果がありますが、シートパックが効果的です。美容成分が高いものを用意して肌に浸透させると翌朝の肌の状態がもちもちと水分量を含んだ状態が維持できます。シートパックは長時間肌につけた方がしっかりと美容成分が肌に入ると思われがちですが長時間付けたら乾燥して逆効果になります。そこでシートパックは5分から10分程度で外すようにしましょう。

寝る前にスキンケアをするとクールダウン効果やリラックス効果もあります。そのためエッドに入ってから早く寝付けることも多いです。ベッドに入ってからスマホを見る人もいますがこれは眼が冴えてしまい寝不足の原因にもなります。理想としては8時間睡眠をすることですが、難しい場合には睡眠の質を上げることが重要ですから寝る2時間前からはスマホやテレビなどブルーライトを発生させるものを見ることは避けましょう。

確実にニキビを退治する方法


ニキビは薬を塗布したり内服したりして治すことはできますが、一時的な治療にすぎません。同じことを繰り返すとその都度ストレスになりますし肌の状態はどんどんと悪化してしまいます。そこで、少しでも早く肌がきれいな状態になりストレスフリーで過ごせるよう肌質改善のためにも本格的にニキビ退治をすることが重要です。

魚と肉と野菜と果物をバランスよくとって栄養バランスを整える

ニキビの出やすい人は食生活が乱れている人が多いです。好き嫌いや外食が多い人はどうしても毎日の栄養が偏ってしまうので肌が荒れてきてしまいます。中には栄養バランスが悪い自覚がある人はサプリメントで栄養を補うということをしている人もいますが、サプリメントよりも直接食べ物から栄養を摂取するほうが効果的です。

もともと日本人は和食を食べていたので肉よりも魚、野菜を多く食べる生活をしていました。しかし、食生活が欧米化したことでどんどんと魚より肉、さらには野菜の少ない食事になってしまっています。さらに生活習慣の変化で朝食を抜く人も多いです。毎日3食和食を食べることは難しいですが、必要な栄養素を意識しながら食事を選ぶことでニキビ予防はもちろんのこと美肌、体調へもよい効果をもたらします。疲れにくくなったり病気をしにくくなったりといった効果も期待できます。

毎日必要な栄養素をバランスよく摂取するのは不可能です。そこで一日で何とかすべての栄養を摂取しようとするのではなく一週間単位で考えていくとうまく栄養バランスを整えていくことができます。慣れるまでは大変ですが、自炊でも冷凍保存や作り置きをしていくことで節約効果もありたくさんの面でよい効果が出てくるのでぜひ食事の見直しはするようにしましょう。

決まった時間に睡眠と食事をするようにする

生活リズムの乱れもニキビの原因になります。生活する中で仕事のスケジュールも毎日違いますし飲み会やデートなど平日にもあれこれ予定が入るためどうしても毎日の生活が規則正しいものにするのは大変です。もちろん毎日分刻みで完璧に同じスケジュールにする必要はありません。そのようなスケジュールにしようとすると無理が生じますし逆にストレスフルになり体調を崩したり肌が荒れたりすることになります。

しかし、食事の時間や睡眠時間をできるだけ同じ時間になるように心がけると自然と生活のペースが整います。体調を崩しにくくなりますしきちんと睡眠時間を確保することが期待できます。付き合いがありますし、仕事の都合もありますから自分の生活リズムを守るために仕事や飲み会を断るということはできません。そこまでする必要はないですが、このようなルールを決めて過ごすことで飲みすぎたり夜ふかししたりすることを予防することはできます。

過度なストレスが自分自身にかからないようにする

ストレスが無い生活をすることはできません。ストレスが無いこともストレスとなり、ストレスは程よくあるほうが健康的な生活が送れると言われています。適度なストレスであればよいのですが、ストレスが溜まりすぎると日常生活の様々なところで支障が出るのでストレス管理が重要です。

私たちの中にはストレスが溜まっていることに気付いていない人も少なくありません。気付かぬうちにどんどんとストレスが溜まっており急に体調不良を起こしたり精神的に不安定になったりすることもあります。ストレスは肌荒れの原因にもなるので気付かぬうちにストレスを溜めておりニキビが突然たくさんできるということもあります。そこでストレスが溜まっていると実感する前に定期的にストレス解消をすることを心がけましょう。

ストレスというのは仕事でもプライベートでもいろいろな場面で起こります。ストレスの原因をすぐになくすことは難しいですから自分の中にあるストレスを軽減することが大切です。カラオケに行ったりスポーツをしたり、趣味に没頭したり人によってストレスを解消する方法はいろいろとあります。自分なりのストレス解消法を見つけ肌や体に影響が出る前にストレスを解消する習慣をつけましょう。

まとめ


ニキビを改善するためには病院に行き薬を処方してもらったり処置をしてもらったりすることですぐに治すことができます。しかし、薬での治療は対処療法であり、根本的な治療と予防が重要です。そこで、毎日のスキンケアの正しい方法を学んだり生活習慣を整えたりしてニキビができにくい生活を心がけましょう。