子供が湿疹になった!こういう時はどのお医者さんがいいの?

子供に湿疹ができると痒みで泣いてしまったり掻き壊したりすることも多いですし、見た目にも痛々しいために大人は心が痛むものです。特に小さいうちは子供たちも悪気なく湿疹に対しての感想を言うために出かけたくない、学校や幼稚園に行きたくないといったことを言って困ることもあります。

湿疹ができないように日ごろから予防することも重要ですし、もしも湿疹ができたらどのように対処すればよいかの知識も身につけておくことが湿疹対策には重要です。

子供に湿疹が出来る原因


子供は大人より肌がきれいでスベスベと思っている人が多いですが、大人に比べて子供の肌はデリケートです。そのため意外とすぐに肌が傷つくことがあり湿疹になることもあります。生まれてすぐ乳児湿疹も経験しますし、あせもやオムツかぶれ、食べ物でのアレルギーなど子供にできる湿疹はいろいろなものがあり、それぞれに原因があります。

アトピー性皮膚炎

子供がアトピー性皮膚炎になる原因として体質遺伝はとても多いです。両親にアトピー性皮膚炎の場合には多くの子供がアトピー性皮膚炎になります。また、皮膚が弱いとアトピー性皮膚炎になることもあります。ダニやホコリで症状が悪化しますし、紫外線やあせもなどの症状を悪化させる原因にもなります。食べ物やストレスも原因となるのでこれらの原因を取り除きながら肌のケアも行う必要があります。

アトピー肌はどうしてできるの?効果的な改善方法は?

近年、アトピー性皮膚炎のお子さんが多くなっているといわれていますが、大人でもアトピー肌となっている人が多く、アレルゲンとなるモ…

細菌感染によるもの

子供の湿疹の中には細菌感染によって出てくるものがあります。これは合併症や後遺症を引き起こす可能性があるので早めに治療をしなければなりません。学校感染症に指定されているものであれば他の人に移らないように数日間登園や投稿が禁止されます。

細菌感染によって湿疹が出るものとして有名なのは伝染性膿痂疹(とびひ)と水痘(水疱瘡)、麻疹(はしか)、リンゴ病(伝染性紅斑)、溶連菌感染症、川崎病といったものがあります。湿疹が出てすぐは原因がわからず焦ることもありますが、学校や幼稚園でこれらの感染症が流行っていないかの確認をしましょう。湿疹の状態と流行とを確認すると原因が突き止められることが多いです。

あせもが原因

あせもができるのは汗が皮膚の中に溜まってしまうことが原因です。本来は汗腺から汗は流れ出ているのですが間に合わなくなると皮膚内に溜まってしまいます。そうすると湿疹となります。大小さまざまな腫れが出てきたり強い痒みが出てきたりしていて掻きむしったり一時的に落ち着いたりといった様子を繰り返している場合にはあせもである可能性が高いです。

アレルギーによるかぶれ

湿疹の原因としてアレルギーもあります。アレルギーを引き起こすアレルゲンは私たちの周りにたくさんあり、食べ物を食べてアレルギーを引き起こしたりホコリやダニ、ハウスダストや動物の毛などを吸引したり触れたりすることでアレルギーを引き起こすこともあります。

一人で複数のアレルゲンを持っていることも少なくありません。アレルギーの症状は年齢とともに変化もしますしアレルゲンも増減をしますから原因探しをすることと症状がいつもと違う、おかしいと思えばすぐにアレルギー検査をすることが重要です。

子供に湿疹が出たときの対処法


子供に湿疹が出たら痒がったり掻きむしったりするためにすぐにできる対処をしたいと思うものです。正しい対処をしなければ症状を悪化させることもありますし冷静に対処するためにも対処法は頭に入れておきましょう。

むやみに市販の塗り薬を使わない

自宅に抗炎症作用のある塗り薬やかゆみ止めの薬など常備していたり、オールラウンドに使える外用薬を持っていたりする人もいます。とりあえず一時的にでも症状を緩和して楽にしてあげたいと思うのが親心ですが、対処としては良いことと言えません。

肌に合わない薬であったり肌の状態が拒否反応を示したりすれば余計に痒くなったり赤みを増したりすることがあります。かなり症状が悪化することもあるのでむやみに市販の薬を塗布しないようにしましょう。人によっては前の通院でもらった外用薬を残しておき塗布する人もいますが同じ症状や原因、肌の炎症度合いとは限りません。医師から処方された薬なら安全と思う人もいますが避けましょう。

まずは近くのお医者さんへ

素人が見れば同じ湿疹でも医師が見れば湿疹のタイプを見極めることができます。そして湿疹が出る前の状況をヒアリングすれば湿疹の原因を突き止められることが多いです。そうすると医師が現状に合った対処方法を教えてくれますから症状が落ち着くのも治るのも早いです。

いつもと同じアレルギーでも症状が重ければステロイドが強いものにしてくれたり炎症を少しでも早く落ち着くように内服薬も処方してくれることもあります。的確な指示のもと処置ができて安心安全です。

放置してしまうとこんなトラブルが

湿疹は出たときは驚くものですし、痒がっている様子を見ると早く楽にしてあげたいと焦るものです。しかし短時間で痒みが落ち着くこともあり、ケロッと遊んでいる様子を見るとすぐに治るだろうと医師に診せることなくそのまま放置することがあります。

放置をしても湿疹は治らないことがほとんどです。放置して病院が閉まった時間になって痒くて泣き始めたり、掻き壊してしまったりすると治りが遅くなりますし跡が残る可能性もあります。症状が広がることもあるので放置せずすぐに医師に診せるようにしましょう。

湿疹の原因が周りに感染することも

湿疹の中には他の人に感染するものもあります。もしもそういったものだと知らずに子供が市民プールや学校のプールに入ったり温泉施設にはいたりすると一気に周囲に感染者を増やすことになります。ほかにも友人との接触でも移ることがありますから日常生活でもほかの人に移す危険もあるのです。そういった移る可能性のものであれば医師がすぐに教えてくれガーゼで覆ったり学校を休むよう指示したりしてくれます。だからこそ早く医師に診せるべきなのです。

子供の湿疹は皮膚科?小児科?


子供の湿疹ができたらすぐに病院に連れて行こうと思うものですが子供の場合には小児科に行くべきなのか皮膚科に行くべきなのかという問題があります。どちらが通院先として望ましいのか、そしてその理由、通院先の病院はかかりつけの病院を作っておく必要性といった病院への通院で必要なルールを紹介していきます。

最初は小児科へ

子供に湿疹ができたら最初に小児科に行きます。湿疹は肌トラブルであるため皮膚科に行く人も多いですが、小児科のほうが良いです。湿疹が出ている原因がはっきりしていたりかかりつけの皮膚科医がいれば皮膚科でもよいですが、基本的には小児科です。

小児科に行くべき理由として、湿疹の原因がわからない場合や判断できない場合には皮膚の状態だけでなく子供の状態から総合的な判断をして湿疹の原因を突き止めることが必要になります。ウイルスや細菌感染の可能性もある場合には小児科で受診をした方が正しい状況判断ができます。

細かな判断は医師が行う

保護者はずっと子供と一緒にいるために湿疹が出た際にもある程度原因の見立てや処置の見立てをしています。しかし、それが常に正しいとは限りません。医師はしっかりと医学の知識を身につけていますしたくさんの患者を診てきた経験から的確に原因や病名を判断することができます。自分の見立てと違ったとしても医師の言っていることのほうが正しいと理解しましょう。

中には医師から処方された薬の副作用が心配で子供への塗布や服用をしなかったり指示された量より少なくしたりする人もいます。特にステロイドは副作用があることがよく知られているために敬遠する保護者も多いです。しかし、そのようなことをしても効果が出ないことも多いですから医師の指示には従いましょう。もしも副作用の心配があるという時には医師にきちんとそのことを伝え不安を解消すること、ほかの薬に変えてもらうなどの対処をしましょう。

あらかじめかかりつけのお医者さんを探しておく

かかりつけの先生がいることはとても心強いです。病院には過去のカルテの履歴がありますからアレルギーのある人はアレルギーの履歴がわかりますし、今までの症状から今回の症状もわかりやすいです。薬も合うものと合わないものとがわかっているのですぐに炎症が落ち着いたり痒みが落ち着いたりといったことも多いです。

病院は相性というものがあります。この先生なら安心して子供のことを任せることができると思える先生に出会えることはとても貴重です。かかりつけの先生を早いうちから見つけるために口コミやママ友の評判を参考にして長く通える病院を探しておきましょう。

定期健診も欠かさずに

湿疹が定期的に出る人は湿疹が出たときに通院するだけでなく定期健診を受けるようにして湿疹が出ることを予防することも重要です。定期検診に通うのはコストもかかりますし時間も必要なので面倒に思われることもあります。しかし、重症化することを防ぐことができますし、万が一症状が出たとしても早期に発見して治療をして肌の状態を維持することができることもありますから面倒でも通っておきましょう。

まとめ


子供の湿疹の原因は様々です。定期的に繰り返す子も多いですが、毎回同じ原因とは限らないので適宜通院して正しい対処方法や薬の処方をうけるようにしましょう。調子が良くても定期検診も必ず受けるようにすると予防効果が高まります。