【写真】赤い湿疹の原因はこれ!しつこい痒みを抑えるためにすること

私たちが生きている中でどれだけ肌のケアをしていたとしてもある日突然赤い湿疹が出てくることがあります。放置しておけばすぐに治るだろうと思っている人も多いですが赤い湿疹にもいろいろな種類があり原因も様々です。中には放置していても治らずむしろ悪化してしまうものもあります。慢性化して定期的に症状が出てしまうこともありますし治癒するまでにかなりの時間がかかってしまうこともあります。そこで、湿疹が出たら放置するのではなく早いうちからケアをしたり必要に応じて通院したりすることが必要です。

赤い湿疹の種類


赤い湿疹ができるのには何か原因があります。その原因によってできる湿疹も違ってきます。赤い湿疹とひとくくりにするのではなくきちんと病名を確認して適切な処置をするようにしましょう。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は名前の通り皮膚に接触した物質の刺激やアレルギーによって皮膚炎が生じます。刺激性のものと急性毒性のものとがありますし、弱い刺激が繰り返されることでおこる慢性的なものとがあります。アレルギー性のものはアレルゲンとなる物質がある人が皮膚にアレルゲンが触れることで起こりますが、常にアレルゲンが触れたら症状が出るわけでなくアレルゲン物質が付いた皮膚に光が当たることで反応が起こり症状が出る場合もあり人によって症状の出方は様々です。

接触性皮膚炎の原因となるのは人によって違います。家庭用・業務用の化学物質や灯油、」ガソリンといったものが原因なことが多いです。普段はアレルギー反応が出なくても体調や使い方を誤ることで症状が出ることもあります。また、肌着との摩擦や洗剤、シャンプーといった刺激が弱いものが原因となることもあります。原因となるものは刺激の強いものから弱いものまで無数にあり人によっては1種類のみアレルゲンがあることもありますし複数のものがアレルゲンとなることがあります。

鬱滞性皮膚炎

鬱滞性皮膚炎は静脈鬱滞性、静脈高血圧状態によって生じる湿疹のことです。静脈の血行障害によって膝下3分の1ほどの部位に生じる湿疹で中年以降の女性に多くみられます。原因として遺伝的に静脈の便が弱いことや長時間の立ち仕事、肥満、加齢、出産といったことが原因で静脈瘤ができて血液が鬱滞することがあります。血管から皮膚に酸素や栄養の供給が不足してしまい皮膚が炎症を起こしたり色素沈着を起こしたりといった症状が出ます。

むくみを繰り返すとその部分が褐色の色素沈着をします。さらに変化が進むとかさぶたがついた痒みのある紅斑へと変わり紅斑が大きくなります。皮膚炎の症状が悪化すると接触皮膚炎の可能性もあるのでパッチテストで診断をしていきます。

毛包炎

毛包炎は見た目がニキビに似ているためニキビと勘違いされることがありますが放置していると慢性化することがあります。毛包炎というのは汗をかきやすい部分に多くでき軽度の場合にはニキビ同様にかゆみや痛みもありません。自然治癒することもあるのですが重症化してくると発熱や痛みが出てきます。

原因としては毛穴の中に傷がついてブドウ球菌が感染して起こります。ブドウ球菌は肌に常駐している金なのですが、毛穴が傷ついたときや傷に入り込んだりすることで症状が出てきます。汗をかきやすい時期には特に症状が出やすいです。

「デコルテ」にできる小さなぶつぶつの原因・治療法を知ろう!

背中やデコルテにぶつぶつができるとどうしても気になるものです。症状はいろんなものがありますが、デコルテにできる小さなぶつぶつの…

単純性紫斑

単純性紫斑は女性によくみられる症状ですが20代の女性に特にみられます。色素沈着をして肌に跡が残ってしまうこともあるので早めに治療することが望ましいです。米粒大のツブツブとした点状の出血斑がたくさん出てきてたくさんの場所に拡散してくるのが主な症状です。特に四肢や下肢に多く出てくるのですが出血斑は隆起しないですししこりもありません。痒みもないので放置されがちですが悪化すると合併症を起こすこともありません。ただ、跡が残ることがある点では女性は気を付けることが必要です。

原因についてもまだ解明がされておらず発症しても数週間で消えることがほとんどであるため特に病院に行って治療することは必要ありません。ただ単純性紫斑が出てきたら過度な運動を控えたり安静に過ごしたりすること、血管強化のためにビタミンCを摂取するよう心がけることが大切です。

赤い悪魔?帯状疱疹


強い痛みを伴うことから赤い悪魔とも言われるのが帯状疱疹です。赤い湿疹なのですが広範囲に出てきたら帯状疱疹を疑ってすぐに病院に行くほうが良いと言われています。帯状疱疹ができる理由やどのような世代がかかりやすいのかを知っておき早いうちから対策をしておきましょう。

帯状疱疹が出来る理由

帯状疱疹は水疱瘡と同じ原因ウイルスで発症するものです。水疱瘡が治っても神経にウイルスが残っていて免疫力が下がったことで帯状疱疹の症状が出ます。症状も水疱瘡に似ているのですが、唯一違う点は痛みが強く伴う点です。さらに症状が治まるまでも3週間から1ヶ月と長びきます。子供のころ水疱瘡にかかった人でウイルスが長い間体内に潜伏していることも多くあり、そのような人が免疫力が低下した時に帯状疱疹になることが多いです。

帯状疱疹の原因

帯状疱疹が発症する原因はいろいろなものがあります。その中でも免疫力や抵抗力の弱まっていることが要因となることが多いです。それ以外にも精神的・肉体的に疲れていたり、ストレスを抱えていたり、悪性腫瘍があったりすると発症することもあります。このような状態になると子供のころの水疱瘡のウイルスが体内で活動をして帯状疱疹を引き起こすことが多いためです。

帯状疱疹が出来る年齢層

免疫力が低下したら帯状疱疹を発症することが多いため、基本的には高齢者がかかりやすいと言われています。しかし、最近ではストレスを溜めたり仕事が忙しかったりするために働き盛りの世代でも患者数が増えています。昔はシニア世代が注意するべき病気でしたが今ではそうではなく若い人も水疱瘡にかかった人は気を付けるべきと言われています。

また、出産後もかかりやすいと言われています。出産後には免疫力が低下しますし新生児の育児のために大変で疲れやすいです。そのため体内に残っている水疱瘡のウイルスが活発になり帯状疱疹を起こすことがあるのです。

治療方法とは

帯状疱疹になったら投薬治療や点滴で治していきます。皮膚に湿疹が見られた時から早めに通院すれば跡が残ることなく治すことができます。基本的に他の人に移ることはありません。ただし、水ぶくれの中に原因となるウイルスがおり、空気や接触感染のリスクは多少あります。そのため水疱瘡にかかったことのない人が水ぶくれに触れると感染する可能性もあるので注意をしましょう。

また、症状を確認してから治療までに時間がかかってしまうと重症化する可能性もあります。痛みもひどくなってしまうと動けないほどになってしまうことがあるのです。そうなると治療方法は通院した際と同じ投薬治療や点滴治療のみなのですが入院して処置を受けなければならないこともあります。

赤い湿疹を放置するとどうなる?


湿疹にもいろいろな種類のものがあります。赤い湿疹ができたら軽い虫刺されや打ち傷だと考えて放置する人もいますがとても危険です。赤い湿疹ができた際放置すると様々なリスクがあることを覚えておきましょう。

かさぶたなどの急性湿疹

急性湿疹といわれるタイプのものは日常的によくできるためあまり気にせず放置をしているという人も少なくありません。特に子育て中のお母さんや介護中の人、介護職や看護、保育士といった仕事をしている人は体をぶつけて傷を作ることも多く、日常的になってしまっており湿疹があることを見落としてしまうことも少なくありません。

しかし、湿疹の場合原因がきちんとわかっていないと病気のリスクもあります。アレルギー以外の理由が考えられる場合は特になにが原因で湿疹ができているのか考えること、症状があまり変わらなければ通院して診てもらうことが大切です。病気を予防するためにも重症化を防ぐためにも早めに通院して薬を処方してもらいましょう。

慢性湿疹になる恐れ

一時的な急性湿疹だと思っていたものも実は慢性的なものとなり慢性湿疹になる場合があります。慢性疾患となれば慢性的に発症することになるので頻繁にかゆみや肌の赤身に悩まされてしまうことになります。夏場の露出の時期や汗をかきやすい時期は特に辛くひどくなることもありますから慢性化する前にきちんと治療をすること、症状が軽度のうちにきちんと治療して早く治るよう心がけることが重要です。

ストレスが再発の原因に

慢性湿疹となった場合、体調の少しの変化で湿疹が出てくるようになります。特にストレスが溜まってくると一気に湿疹が出てくるということも多いです。湿疹が出ていることで仕事中痒さが気になったり人目が気になったりしてさらにストレスを増やすこともあります。ストレスが溜まってきたらうまく発散することを心がけましょう。

湿疹はストレスによって起こるもの?蕁麻疹は?対処法まで徹底解説

季節の変わり目になると乾燥から湿疹ができるという人もいますが、湿疹や蕁麻疹などはストレスが原因となって起る事も多いといわれてい…

免疫機能が低下させないように

免疫力が下がると慢性湿疹は出やすくなります。そこで日常的に健康管理には気を付けておきましょう。バランスの取れた食事と規則正しい生活、睡眠は免疫力を下げないための基本です。

まとめ


皮膚に湿疹が出る理由は様々です。すぐに原因がわかるものもあれば素人では判断できないものもあります。様々な病気の引き金となることもありますし重症化や慢性化を引き起こすこともあるので早期治療を心がけましょう。