頭皮の湿疹に効く薬とは?おすすめの対処法をご紹介

私たちは頭皮に湿疹が出てきてしまい痒くなってしまうこともあります。頭皮湿疹についてはいくつかの種類がありそれぞれに原因があります。頭皮湿疹を治すためにはきちんと原因を確認してそれに合った治療をしなければなりません。ちょっと洗い忘れがあるとか乾燥したとかと考えて放置しておけば治ると思われがちですが放置しておくと悪化する可能性も高いです。治るまでかなり時間がかかることもあるので早いうちから治療をするようにしましょう。

頭皮の湿疹が起きる原因


頭皮湿疹が起きる原因は様々ですが、特に多く起こる理由がこれらのことです。症状に応じて適切なケアが変わってくるのでまずは原因を突き止めることから始めましょう。

シャンプーが肌に合っていない

接触性皮膚炎といわれるのがシャンプーが肌に合わないことが原因でかゆみが起こるものです。シャンプー以外にもコンディショナーや整髪料、髪の毛を染める染料やパーマをかけるパーマ液といったものが原因となることがあります。皮膚が弱い人はなりやすいですし、それ以外にも肌のコンディションが悪いときにもバリア機能が低下しているために起こりやすいです。一度症状が出ると症状が出る原因のシャンプーや整髪料を使うたびに皮膚炎が起こります。

皮脂分泌量が多い

脂漏性皮膚炎といわれるのが皮脂分泌量が多いことで起こる頭皮の痒みです。頭皮や鼻の周辺、額、耳やその裏といった場所は皮脂の分泌が活発な場所であり症状が出やすいと言われています。カサカサとしたフケが多く出たり頭皮だけでなくTゾーンといわれる額や鼻の周辺、髪の毛の生え際がベタベタしたり赤みが出たり痒みが出る場合には疲労性皮膚炎である可能性が高く皮脂がたくさん分泌することが原因と考えられます。

疲れが原因の場合も

頭皮は免疫反応で赤みや湿疹が出てきます。普段は何ともないシャンプーやコンディショナーも疲れていたりストレスが溜まっていたりすると突然頭皮の痒みが出てきたりすることがあるのです。特にストレスが原因となり皮脂の過剰分泌が起こることがあり、気が付かないうちに頭皮の状態が悪化して痒みが出てくることがあります。

頭皮が乾燥している

頭皮が乾燥しているとほかの部分と同じようにかゆみが出てきてしまいます。掻きむしってしまうと頭皮の炎症がどんどんと広がったり重症化したりします。乾燥しているためフケのような皮膚がぽろぽろと落ちてくるのが特徴です。

【薬剤師が説く】頭皮、乾燥してない?正しい頭皮のケア方法

天使の輪ができるツルツルで美しい髪…女性の憧れですよね。意外と知られていませんが、実はそんな綺麗な髪を手に入れるのに欠かせな…

頭皮を湿疹を治す薬


頭皮の湿疹が出てきた場合、薬を塗布することで治療をすることができます。最近ではシャンプーや整髪料も頭皮の湿疹対策用のものが販売されており自宅でもケアが可能です。しかし、原因がわかっていないと正しいケアができないのでまずは原因を探りましょう。

御医者さんで原因を知る

頭皮の痒みの原因が何か、そして頭皮の状態がどうなっているかを確認することが治療の中でもとても重要です。正しいケア方法を行わなければ効果が無いどころか逆効果になることもあります。そこで、まずはお医者さんに診てもらい原因を突き止めると同時にケア方法を相談するようにしましょう。

病院で処方してもらう

原因がわかれば医師から必要な対策を指示されます。シャンプーや整髪料のタイプについても指示されることがあります。薬を塗布したり場合によっては飲み薬を処方されることもあり、症状が落ち着くまではきちんと医師の指示に従って薬を飲んだり塗ったりしましょう。

パッチテストの実施

シャンプーや整髪料が原因で頭皮が痒くなっていることもあり、そういった場合にはパッチテストをして何が肌に悪いのかを確認することが必要です。面倒ですがきちんとパッチテストをすることで避けるべき成分が何かを知ることができるので日常的に使うシャンプーやコンディショナーを選ぶことができ予防もできます。

薬疹によって酷くならないように

頭皮の痒みを抑えるために使った薬によって薬疹と言われる症状が出ることもあります。もしも薬疹が出ていると感じたらすぐに医師に相談しましょう。悪化してしまうと頭皮の症状が悪化することの原因にもなります。

脂漏性皮膚炎とは


脂漏性皮膚炎とは皮脂腺が多くあり皮脂の分泌が活発な頭皮や顔のTゾーンを中心として起こりやすい湿疹です。耳の後ろや摩擦が多い脇の下や太ももの付け根部分にも症状が出ます。痒みがありますし赤くなったり皮膚が荒れてカサカサになったりはがれてくることもあったりしてかなり気になります。特に頭皮がはがれていくとフケのようにも見えてかなり気になってしまいます。きちんとケアをしないと頭皮の状態は良くならないですし加齢臭の原因にもなるので注意が必要です。

脂漏性湿疹が赤ちゃんに起きたら!大変な症状と適切な対処法

赤ちゃんと言えばだれもがきれいですべすべの肌をしていると思いがちですが、意外と赤ちゃんの肌は繊細で傷つきます。可愛い我が子の肌…

年齢問わず誰でも起こる病気・・・

脂漏性皮膚炎は加齢臭の原因となるということで中高年の男性が症状を発症すると思われがちですが誰でも症状が出てきます。新生児も出ますし思春期の男女にも出てきます。原因は赤ちゃんと成人とでは違いますが、どちらも同じような症状が出ます。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因は赤ちゃんの場合には皮脂の分泌が盛んでありながら毛穴が未発達なことが原因です。それに対して成人はいくつかの原因がありますが、主な原因としてマラセチアという人の皮膚に普段から存在するカビの影響で炎症が起きると言われています。ホルモンバランスが乱れることで起こることもあるので成人男性だけでなく女性も起こりやすく、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる場合には睡眠不足や食生活の偏りといったことが原因となります。

対処法について

赤ちゃんの場合には丁寧に泡で洗ってすぐに治ります。成人の場合には症状が軽いうちは放置しがちで重症化して治療するという人も少なくありません。慢性化したり再発しやすくなったりするので頭皮が痒いと感じたり皮脂が多く部ぴつしていると感じたらできるだけ早く医師に診てもらいましょう。

脂漏性皮膚炎を治す薬

脂漏性皮膚炎になったら基本的に薬で治療をします。炎症を抑えるためにステロイドが入っている外用薬を塗布することとマラセチアの増殖を抑えるための抗真菌薬を塗布していきます。もしも痒みがひどい場合には外用薬だけでなく内服薬も併用します。抗ヒスタミン剤やビタミン剤が適宜処方されるので毎日きちんと飲むことが重要です。

薬による治療だけでなく毎日のケアも大事になってきます。不足している栄養は内服薬で補うだけでなく日々の食事で摂取できるよう食生活を見直すことが必要ですし睡眠不足や疲れを解消するために規則正しい生活や睡眠時間の見直しも重要です。皮膚の状態を清潔に保たなければ薬を塗布することで脂っぽくなった頭皮が悪化することもあるので丁寧に毎日きちんと洗うことも大切です。

まとめ


頭皮の痒みやフケのように皮脂がぼろぼろと落ちてくることがあれば頭皮湿疹の可能性が高いです。早くケアをしないと重症化することもあるので一過性のものと考えて様子見するのではなく早く医師に診てもらい治療をしましょう。