妊婦の肌荒れ対策!原因や対策等!ハマりやすいお悩みを解決!

女性にとって肌荒れは悩みの種です。普段でもニキビや乾燥肌などの肌トラブルに悩んでいる人も少なくありません。さらに女性は、妊娠すると肌荒れに悩んでしまうケースが非常に多いです。

妊娠中は、女性の身体には大きな変化が起こっています。赤ちゃんを育てていることで、自分に回るはずの栄養が赤ちゃんに行ってしまったり、ホルモンバランスが乱れてしまって肌荒れに繋がったりもします。

妊娠時はいつもなら平気なことが、トラブルに繋がったりもします。妊娠時に悩まないように、肌荒れ対策や、肌荒れの原因を知ることで、解消していけるようにしましょう。

妊婦で肌荒れが起こる原因

妊婦さんになったら悩む便秘が原因

妊婦さんの多くが悩んでいるのが便秘です。普段から便秘症の人は、特に妊娠中の便秘には注意が必要です。妊娠中は子宮が大きくなるので、腸が圧迫されて便秘しやすい状態になります。便秘をしていると、身体の中の老廃物を出すことができないので、肌荒れの原因にもなります。水分を多めにとったり、食物繊維を積極的とって便秘を解消するようにしましょう。

ホルモンバランスが乱れていて肌のバランスが乱れる

妊娠中はホルモンバランスが乱れてしまうものです。ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌のコントロールがきちんとされなかったり、乾燥肌やニキビの原因になります。ホルモンバランスが乱れてしまうことは仕方のないことですが、ストレスをためてしまうと、さらに悪化してしまいます。規則正しい生活で、ストレスをためないようにしましょう。

大人ニキビの原因!乾燥やホルモンバランス等!原因を把握して対策!

赤ちゃんへの栄養が優先されるため自分への栄養が偏りがち

妊娠中の女性の身体は、赤ちゃんへの栄養を第一に考えられています。そのため、食事から得られる栄養は、赤ちゃんに優先的に回るようになります。つわりなどで思うように食事ができないときなどには、特に肌荒れをしやすいものです。少しずつ栄養をとれるように、食べられる時にはきちんと食事をとるようにしましょう。

妊婦の肌荒れを防止する方法

毎日洗顔して水分をよくとる

妊婦の肌荒れを防止するためには、まずは衛生的に保つことが大切です。毎日洗顔をして肌についた汚れや、余分な皮脂を落とすことが大切です。洗顔後の肌は、ごしごしと拭かずに、タオルで押さえるようにして水分をきちんととることが大切です。水分が残っていると、蒸発するときに肌の水分も取られてしまうので、乾燥の原因になります。

睡眠をきちんととるように心がける

睡眠はホルモンバランスを整えたり、肌のターンオーバーを活性化させるためには、とても大切な時間です。ホルモンバランスが乱れていることで、ターンオーバーも乱れやすくなっています。きちんと睡眠をとることで、お肌のターンオーバーを活性化させることや、身体をリラックスさせることが大切です。赤ちゃんが生まれると、夜泣きなどでゆっくりと眠ることが出来なくなります。妊娠中は比較的まとまった時間をとりやすいので、規則正しい生活を心がけましょう。

敏感な肌に対応するため低刺激のスキンケア製品を使用


妊娠中は、ホルモンバランスが乱れていたり、少しの刺激に敏感になっています。いつもなら大丈夫だったスキンケア用品も、妊娠したことでお肌が敏感になり、トラブルを招いてしまうこともあります。使い慣れたスキンケア用品を使うことが望ましいのですが、添加物が多いスキンケア用品を使っている場合には、見直すチャンスかもしれません。

スキンケア用品の中には、香料や防腐剤、石油系のオイルが含まれていることがあります。特に外資系のブランドの商品は、日本製の商品よりも刺激が強いことがあります。香りが良いものを重視するよりも、高保湿で無添加などの高品質のスキンケア用品を選ぶことが大切です。妊娠中以外にも、安全性を重視したアイテムを使用したほうが、長期的に使ものは良いです。自分の使っているスキンケア用品を見直すチャンスだと考えて、安全性の高いものをチェックしましょう。

妊婦の肌荒れを改善する方法

ビタミンBを多く含む食品を多く取り入れる

美肌のためにはビタミンを多く摂取することが大切です。ビタミンの中でもビタミンBは美肌に欠かせない成分です。ビタミンBは脂肪の分解を助けて、エネルギーに変換してくれるので、皮脂のコントロールが上手にできるようになります。皮脂のコントロールがきちんと出来ると、ニキビなどを予防することができます。

また、肌のターンオーバーを助ける働きもあります。新陳代謝をアップさせることができるので、お肌だけでなく、髪の毛などを健康的に保つのにも効果があります。ビタミンBはビタミン群の中でも、美容ビタミンとよばれるほど美容には欠かせない成分です。

ニキビ肌はビタミン不足が原因?!ニキビに有効なビタミンを解説

フルーツ系でビタミンCを含んでいるものを食べる


妊娠中の食事には、フルーツも大切です。フルーツに含まれているビタミンCはコラーゲンやヒアルロン酸という、美容に必要な成分を生成するのを助ける働きがあります。特に妊娠中は通常時よりも10㎎は多くとりたい成分です。紫外線によるお肌のダメージにも、ビタミンCは効果的です。

ビタミンCは、フルーツに多く含まれています。水溶性の成分なので、調理をしてしまうと成分が流れ出てしまうので、そのまま食べられるフルーツが、最も効果的に摂取できる方法です。ビタミンCは鉄分などのミネラルを吸収する働きがあるので、妊婦に起こりやすい貧血予防にも役立ちます。つわりの最中でもフルーツはさっぱりしているので、食べやすいものです。積極的に食べるようにしましょう。

美容に欠かせない大豆イソフラボンを含んでいる豆食品を食べる

美容に欠かせない成分として大豆イソフラボンがあります。大豆イソフラボンには、エストロゲンという女性ホルモンに似た働きをする成分が、非常に多く含まれています。お肌の調子を良くしたり、骨粗しょう症などの症状に効果的です。

しかし、妊娠中は大豆イソフラボンの摂取量に注意が必要です。大豆イソフラボンに含まれているエストロゲンは、女性ホルモンの働きに似ていますが、妊娠中にはエストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンが胎児を育てるために必要となります。そのため、エストロゲンだけが多くなってしまうと、胎児の成長に影響を及ぼす可能性があります。エストロゲンとプロゲステロンのバランスを保つことも大切です。美容のためと言って大豆イソフラボンを過剰摂取するのは危険なのでやめましょう。

まとめ


妊娠中は普段の生活では影響が出なかったことで、肌トラブルになってしまうこともあります。すべてが敏感になっていたり、つわりで食事がきちんと取れなくて、栄養不足になってしまうこともあります。美容に必要な成分を知ることで、効率よく美容に効果的な成分の摂取が出来るでしょう。

美容のために栄養に偏りを作ってしまうので、胎児の成長に影響を及ぼしてしまいます。妊婦の肌荒れは一時的なものも多いです。無理な生活をするのではなく、妊婦として負担がない生活を送るようにしましょう。肌荒れが重症化している場合には、医師に相談してみると、正しい指導をしてもらうことが出来ます。スキンケア用品も医薬品で処方してもらうことができるので、心配な場合には医師に相談してみましょう。