あなどれない!食べ物の特徴を知ってニキビを根本から解決!

ニキビと食べ物はとても密接に関係しています。そのためニキビに良い物、悪い物をしっかり意識し、毎日の食事を摂ることで、ニキビを予防、改善することができます。そのため注意したいこと、避けたいもの、しっかり食べたいものなどの情報はとても大切です。そこでニキビ予防や改善のために、知っておきたい食べ物についてご紹介しましょう。

ニキビ防止に効果的な食べ物

肌荒れに効果的な食べ物とは?効率よく摂取

肌荒れを防止するためには、体の内側から対応していくことが大切です。食生活を見直していくことも必要ですし、効果的な食べ物を積極的…

肉や魚でたんぱく質を摂って肌の代謝を上げる

ニキビ肌が気になっているときには、肉や魚はつい避けてしまいがち。しかしそれは逆効果なのです。もともと肉や魚は良質なタンパク質を摂取することができ、代謝を高めることができるのです。代謝が高くなるということは肌のターンオーバーも活性化し、ニキビ予防やニキビ跡の改善にも必要なことなのです。しかし肉には脂肪も多く脂肪の取りすぎはニキビにはよくありません。

そのため肉は赤身にし、霜降りや脂身は避けるようにしましょう。また鶏肉は脂肪分が少なく良質なタンパク質を摂ることができます。逆に魚は油っこくても問題ありません。他にも良質なタンパク質として、大豆製品である豆腐や納豆、豆乳などもおすすめです。また卵も良質なタンパク質が摂取できます。

ちなみに髪の艶がなくなる、抜け毛が増える、ストレスを溜めやすい、疲れやすい、生理不順、髪や爪の伸びが遅い、老化が早いなど気になることがあったら、タンパク質が不足しているかも知れません。

黄緑野菜で肌の再生力と皮膚を強くする

緑黄野菜にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。そのため緑黄野菜をしっかり取ることで、代謝が高まり肌の再生、修復などがスムーズに行われるようになります。幾ら栄養を摂っても、ビタミンやミネラルが足らなくなると、代謝が低下してしまいます。

また肌を健全で強くするためにも、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB群などは特に取りたいビタミンです。これらは緑黄野菜にタップリ含まれているので、是非しっかり摂りたいものです。ビタミンAは皮膚を強くし、ビタミンB群は皮脂異常分泌を抑える働きがあり、ビタミンEは強力な抗酸化作用を持っています。

また緑黄野菜の色素にも抗酸化作用の強いポリフェノールが多く含まれており、ニキビ防止には是非豊富に取りたい食品なのです。他にもビタミン、ミネラルが減少すると代謝が低下し、肌の再生や修復なども低下してしまいます。このような理由により緑黄野菜は1日最低でも150g~200g程度は食べるようにしたいものです。

フルーツ類で美肌効果

ニキビ予防や改善のためには、美肌効果の高いフルーツをしっかり食べるようにしましょう。まず美肌ビタミンと言われているビタミンCは、やはり新鮮な野菜やフルーツに豊富に含まれています。また生で食べることの多いフルーツには酵素も豊富に摂取することができます。酵素は代謝を高めるためのサポート効果もあり、肌のターンオーバーを整える働きがあるのです。

そのため新鮮なフルーツを食べることで、ビタミンCや酵素も摂取しましょう。また酵素は腸内環境を改善する効果もあり、デトックス作用も高いため、ニキビ予防には大切な栄養素です。またフルーツには、デトックス効果の高いカリウムも豊富です。他にも水溶性食物繊維が豊富に含まれているものも多く、便秘解消には欠かせません。

例えば「バナナ」はビタミンB、ビタミンC、カロテンが豊富に含まれており、カロテンは体内でビタミンAになり肌の健康に深く関わっています。他にもミネラルが豊富に含まれ肌荒れを防ぎます。「レモン」など柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれ、抗酸化作用も高いため活性酸素を除去します。メラニン色素の沈着を防ぐため、ニキビ跡のシミが出来にくくなります。

他にも「リンゴ」にはリンゴポリフェノールが豊富に含まれ、強力な抗酸化パワーは肌のダメージを防ぐ効果があります。またペクチンなど水溶性食物繊維も豊富で、腸内環境を良くするため便秘改善効果も抜群です。「イチゴ」はビタミンCが豊富に含まれており7~8粒で1日に必要なビタミンCが取れてしまうほど。

そのため美肌のためには是非摂りたいフルーツの1つです。またイチゴと同じように「グレープフルーツ」も1日半個食べるだけで、1日のビタミンC必要摂取量が摂れるほど豊富に含まれています。ニキビ予防にもビタミンCは欠かせません。

また「マンゴー」にはビタミンA、ビタミンC、βカロチン、葉酸などが豊富に含まれています。肌の老化防止、角質の再生促進などの効果があり、ニキビ予防やニキビ跡改善にも期待できるフルーツです。

他にも「柿」もおすすめです。柿はビタミンCも豊富に含まれており、また水溶性食物繊維も豊富に含まれているので腸内環境の改善にもおすすめです。ニキビは免疫力低下とも関係があります。免疫細胞の多くが腸内に存在しているため、免疫細胞を高めるためにも腸内環境は重要なことなのです。

またデトックス効果も高くカリウムも豊富です。「オレンジ」にはビタミンCが豊富に含まれコラーゲン生成を促進させ、ハリのある肌をつくります。また他にもβカロテンやビタミンB郡、ナトリウムなどのミネラルも豊富に含まれており、代謝を高める効果も高くニキビ体質改善にもおすすめのフルーツです。ただし糖分も多いので食べ過ぎには注意が必要となります。

【お肌の症状別♡緊急処方】美肌効果のあるスムージーで処方しましょう!!!

明日は大切な予定があるのに…お肌がピンチ!なんてときありませんか??むしろそういうときに限って荒れてしまうこと、ありますよね…

ニキビ防止に欠かせない食べ物の成分

抗酸化成分を含んでいるビタミンC

抗酸化ビタミンとも言われているビタミンCですが、活性酸素の除去効果によりシミをつくりにくいだけでなく、メラニン色素をつくり出すチロシンという成分を抑える働きがあるためシミ予防にもなり、ニキビによるシミをつくらないためにも働きます。また毛穴を引きしめ、コラーゲンの生成にも必要なビタミンです。

コラーゲンによって肌のハリが高まり保湿効果も高まります。ニキビには保湿が重要であり、コラーゲンの生成は重要なことです。キメを整える働きもあります。新鮮な野菜やフルーツに豊富に含まれています。特にイチゴ、キウイ、グレープフルーツなどには多く含有。

ビタミンEで活性酵素の除去

ビタミンEはビタミンCとの相乗効果も期待されるビタミンですが、やはり同じく抗酸化作用のある若返りビタミンと言われています。強力な抗酸化パワーによって活性酸素を溜めにくくし、溜まっているものを除去する効果があります。そのため肌の老化防止にも不可欠なビタミンであり、ニキビ跡の修復や色素沈着を改善する効果も。

もちろん強い肌をつくる働きがあり、ビタミンEは美肌には欠かせません。またビタミンEは血行不良を改善しするため、ニキビ体質改善効果も期待できます。レバー、うなぎ、鰹、緑黄野菜、アーモンドなどに多く含まれています。

ビタミンAで免疫力の向上

ビタミンAは皮膚や粘膜を強くし、免疫を高める働きがあります。そして肌の生まれ代わりを促進する働きがあります。通常約28日周期で肌細胞は生まれ変わると言われています。ニキビなどの肌に問題を抱えている場合でも、この周期が正常に整ってくると改善しやすくなります。ビタミンAはこの肌の生まれ代わりを整えるため、ニキビ予防にもぜひおすすめなのです。また肌代謝を高めることによって、ニキビ跡の色素沈着を改善する働きもあります。

そのためニキビ予防にも是非摂りたい成分です。ビタミンAでなくてもカロテンでもOK。ニンジン、ホウレン素、カボチャ、シソ、うなぎ、レバーなど。

ニキビを発生させやすい食べ物

ニキビができやすい人ってどんなタイプ?できやすい食べ物はあるの?

思春期から多くの人たちを悩ませるニキビですが、人によって発生率にはかなりの差があって思春期であってもそこまでニキビが出ない人も…

ケーキやチョコレートの食べ過ぎは過剰皮脂

ケーキはどうしてもクリーム、小麦粉、砂糖という糖質と脂質の両方がタップリ含まれているため、できればニキビ体質の人にはあまり食べないようにしたいものです。しかしチョコレートは今までニキビの大敵というふうに言われていましたが、最近では食べ過ぎなければ、チョコレートに含まれている強力な抗酸化パワーがニキビに良いとも言われているのです。もちろんチョコレートは脂質も多く糖質も多いので、砂糖分が少なくカカオの多いものを選びましょう。

油物の食べ過ぎは皮膚を油っぽくする

油物の食べ物はカロリーも高く、エネルギーとして使い切れなかった脂肪は肝臓で中性脂肪に変わり、血液がドロドロになります。この状態は皮脂を増やす原因となります。また揚げ物などでも、質の悪い油や古い酸化した油を使用したものは、より皮脂分泌を増やし、ニキビをつくりやすくなります。

スナック菓子などのジャンクフードは肌が油っぽくなる

ニキビ肌の予防のためには、スナック菓子やジャンクフードも良くないと言われています。その理由はまず、ほとんどのスナック菓子やジャンクフードの油が酸化しています。酸化した油が体内に入ると、体は有害物質として判断し活性酸素を増やしてしまいます。

またスナック菓子やジャンクフードには添加物が多く含まれている物がほとんど。添加物はもともと自然界にはない物質で、ビタミン、ミネラルの吸収を妨げ、それによって血行も低下。ニキビ体質の人の多くは冷え症と言われており、血行を良くすることでニキビ体質も改善できるほどです。ジャンクフードやスナック菓子は質の悪い油、あるいは酸化した油を大量に摂取することと、添加物が多いことで冷え症を招き、皮脂分泌異常を起こす原因になると言えるのです。

まとめ


ニキビを予防、改善するための食べ物のご紹介でしたが、意外なものもあったのではないでしょうか。ニキビ体質の人はしっかり食生活を見直すことが大切と言われています。理由が分かると、よりしっかり食べる努力をしたり、できるだけ避けようと注意することもできるのではないでしょうか。是非参考にしてニキビ予防をして欲しいと思います。