ニキビの種類!ニキビ別おすすめの薬!どんなニキビでも怖くない!

ニキビにはその状態を示す表現として、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄ニキビという呼び方があります。それぞれどのような性質のニキビなのか、それぞれの状態による治療法などのご紹介です。

ニキビの種類を分析

白ニキビは毛穴に皮脂がたまっている状態

白ニキビはいわゆるニキビの初期段階であり、皮脂や汚れ、古い角質などが毛穴に詰まってしまった状態です。それがだんだん毛穴の中から盛り上がってくるので、脂肪の塊と見分けが付かない状態でもあります。しかし初期段階とは言え、ニキビには変わりません。この状態のときにニキビを発見して、解消することでひどい状態の赤ニキビや黄ニキビにならずに済むのです。赤や黄ニキビになってしまうとニキビ跡になりやすく、できるだけひどくしないことが大切ではないでしょうか。

白ニキビはまだ炎症を起こしていないので、この状態で処理すれば跡にはならないのです。白ニキビはニキビの赤ちゃんというふうに考えると、ニキビができるところには必ず発生することになります。しかし背中などはなかなか目で見ることができないので、赤ニキビなど悪化してから下着と擦れて気付くことも多いようです。そういう意味では顔などは、意識さえしておけば気付きやすいので注意しておくといいでしょう。

黒ニキビは毛穴にたまった皮脂が酸化した状態

黒ニキビは白ニキビの次の段階に進んだニキビのことを示します。皮脂や汚れ、古い角質などが毛穴に詰まり、毛穴がだんだん開いてしまい、溜まったものが見えている状態です。特に黒い色の原因は、これらの詰まったものが空気に触れて酸化して黒くなっています。また酸化だけでなく、メラニン色素が黒くしているとも言われているのです。白ニキビを放っておけば必ず黒ニキビに移行していき、次には赤ニキビに進行します。黒くなるので発見しやすいので、白ニキビで気付かなくてもこの状態で対処することがおすすめです。

赤ニキビはニキビが炎症を起こしている状態

赤ニキビはアクネ菌が毛穴の中で、溜まった汚れや皮脂を栄養にどんどん増殖し、肌細胞に侵入してきた状況が赤ニキビです。異物が侵入することで免疫システムが炎症を起こし、熱でアクネ菌などを殺菌しようとするのです。

しかし炎症を起こすことで、活性酸素が溜まりメラニン色素が集中的に溜まり色素沈着ができてしまいます。またアクネ菌などの勢力が強ければ細胞内に進んでしまい、細胞にも変化が起き凸凹が発生してしまうことになります。もちろん患部は熱を持ち、赤くなり痛みも強くなるのです。できるだけここまで進行しないようにすべきです。

赤ニキビ、潰しても大丈夫?ダメな理由と潰してしまったときの対処法

ぷっくりと膨らんだ赤ニキビが気になって、ついつい潰してしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。

ニキビは潰…

ニキビの種類ごとの対応

白ニキビは初期段階なので綺麗に潰して治す

白ニキビはご紹介したように初期段階なので、この状態のうちに綺麗に潰してしまえばひどくならずに治すことができます。白ニキビの中には皮脂や汚れだけでなく、もちろんニキビを引き起こすアクネ菌がたくさん存在しています。そのため皮脂や汚れと一緒にアクネ菌を取り出すことが重要なのです。

そのため白ニキビを潰すときには清潔に行うことが重要です。つい爪などで潰してしまいがちですが、ニキビ専用の器具があるので、それを使用して行いましょう。行う前には洗顔をして、消毒液で患部をサッと拭いておきましょう。また使用した器具も消毒液で拭き、清潔な状態で保存するようにしたいものです。もちろん医師にお願いすることもできますが、白ニキビが出るたびに病院に行くのはお金もかかり、時間的にも大変です。白ニキビの処理は自分でできるので、是非器具を購入しておきましょう。

黒ニキビは皮脂が酸化しているので日々のスキンケアを丁寧に行う

ニキビが出来る原因には間違ったスキンケア、食生活の乱れ、ストレスなどがあります。特に黒ニキビは毛穴に詰まったものが酸化している状態であり、毎日のスキンケアはとても重要なのです。皮脂をしっかり取ろうと何回も洗顔をしてしまう人もいますが、洗ったときはとてもさっぱりします。しかし洗いすぎは皮膜も壊してしまい、肌乾燥をひどくしていきます。

またアルコール系の洗顔料や石けんなど、合成界面活性剤含有のものを使用していると、毛穴の汚れだけでなく必要な皮脂まで取ってしまいます。皮膚の防衛本能によって、ますます皮脂をたくさん出そうというスイッチが入ってしまい、よりオイリーな肌質になってしまうことも。もちろんアルコール系のものは肌を乾燥させたり、アレルギーの原因にもなります。そのためアミノ酸系のナチュラルな石けんや洗顔料を使用したいものです。

正しいスキンケアの基本は洗顔です。質の良い石けんや洗顔料を使用し、優しくこすらない洗い方をして洗浄と保湿をしっかり。洗いすぎは逆効果になるので注意しなければなりません。そして洗顔の後は保湿をしっかり考えたスキンケアを考えるようにしていきましょう。

赤ニキビは炎症を抑えることが重要なので、タオルで冷やしたりする

赤ニキビになったら、とにかく炎症を抑えることが大切です。そのためタオルを冷やして患部に当てるなどすると楽になります。しかし基本的にそのままにしておくと、今度は炎症が進み化膿ということになってしまうのです。赤ニキビのニキビ跡のほとんどは色素沈着ですが、化膿した黄ニキビになるとニキビ跡も凸凹が残ることにもなりかねません。そのため冷やして抑えるだけでなく、適切な治療をすることが大切です。

ニキビの種類ごとの薬

白ニキビはチョコラBBで早めに対応

【第3類医薬品】チョコラBBプラス 250錠

白ニキビが出来やすいということはニキビ体質であり、皮脂分泌過多傾向が見られます。ビタミンB群はこのようなm皮脂分泌異常を正常にする働きがあるのです。しかしビタミンB群は意外と摂りにくいビタミンと言われています。水溶性ビタミンなので水分に溶け出しやすく吸収率も悪いため、普通の食生活でも注意しないと不足しやすいビタミンです。その上、食生活が乱れていたり、吸収を抑えてしまう添加物の多い食品などを食べていると、より不足してしまうことになります。

またビタミンB群の多い緑黄野菜をしっかり食べるといっても、もともと日本人の野菜不足は厚生労働省も注意喚起するほど。そんな中で野菜の高騰など野菜不足になる原因はたくさんあります。そこでビタミンB群をしっかり摂れるのが「チョコラBB」なのです。口内炎、ニキビ、肌荒れ、疲労回復に効果があると言われている「チョコラBB」ですが、これらの症状はどれもビタミンB群が不足して起こるもの。

皮膚の粘膜を正常化し、脂肪の代謝をサポートするビタミンB2やビタミンB6。糖質の代謝をサポートするビタミンB1などニキビにおすすめのビタミンB群が豊富に含まれているのが「チョコラBB」です。特にニキビには「チョコラBBプラス」「チョコラBBピュア」「チョコラBBドリンクⅡ」がおすすめです。

「チョコラBBプラス」は基本タイプでビタミンB2、B6がメイン、ビタミンB1やビタミンB3、ビタミンB5を配合。「チョコラBBピュア」はビタミンB2、B6、ビタミンB1、それにビタミンCが配合されています。「チョコラBBドリンクⅡ」はビタミンB2、B6、B1、B3、B5、B12と、肝臓の働きを高めるグルクロノラクトンと美肌成分ヨクイニンエキスを配合となっています。

黒ニキビはピンプリットで本格的に対応

【第2類医薬品】ピンプリットN 18g

黒ニキビになると、まだ炎症は起こっていないものの、ニキビの芯はしっかりできているので簡単に爪で潰すと跡になることもあるので注意しましょう。そこでおすすめなのが資生堂から発売の「ピンプリット」です。資生堂からの発売ですが化粧品ではなく薬品としてドラッグストアでも購入できます。

また「ピンプリットにきび治療薬C」(15g1000円)と「ピンプリットN」(18g1000円)の2のタイプがあり、「ピンプリットにきび治療薬C」の方はヒアルロン酸がプラスされており、その分保湿効果が高いと言えます。逆にネーミングからビタミンC配合と勘違いされますが、配合されていません。「ピンプリット」には「イオウ」、「グリチルリチン酸」、「レゾルシン」が配合されています。

「イオウ」にはアクネ菌の殺傷パワーが強く、また角質を柔らかくする働きがあるため、毛穴の中の皮脂も取り除くのに有効とされています。また「グリチルリチン酸」は炎症を抑えるパワーがあることから、炎症を起こしている赤ニキビ、黄ニキビにもおすすめの成分です。黒ニキビも炎症はまだ派手に起こっていない状態ですが、赤ニキビに移行するに従い炎症が少しずつ起こっているので、炎症を抑える薬も欠かせないのです。

「レチルゾン」は細菌の増殖を抑える働きがあります。アクネ菌や黄色ブドウ球菌、マラセチア菌も殺菌し増殖を抑えます。黄色ブドウ球菌はケロイド状になるようなニキビや、化膿する黄ニキビの原因に。マラセチア菌は、おでこのぶつぶつニキビや、背中ニキビの原因になります。

特に黒ニキビの初期段階であれば、約3~4日で改善されると言われており、赤ニキビになってしまうと約1週間程度かかって改善されます。背中ニキビやおでこのぶつぶつに関しては約半月程度かかります。またケロイドのように化膿したニキビは2~3週間で改善されると言われているのです。

赤ニキビはアクネス25で炎症を抑える

【第2類医薬品】メンソレータム アクネス25 メディカルクリームc 16g ※セルフメディケーション税制対象商品

赤ニキビになってしまったら炎症を抑えるパワーの強い、ロート製薬から発売している「アクネス25」がおすすめです。炎症を伴うほどのニキビの段階になってしまうと、炎症を抑えることが重要となります。

「アクネス25」は高い殺菌力によってアクネ菌などを殺菌し、炎症を抑えてくれるのです。特にニキビの奥の炎症の元のところまでしっかり浸透して、炎症を抑えます。同じところにできるしつこいニキビ、すぐに炎症に至ってしまうニキビなどをしっかり改善していきます。

まとめ


ニキビはいろいろな進行状態がありますが、やはり早いうちの治療がおすすめです。今は良い薬も出回るようになって、改善もしやすくなりました。しかしニキビの跡の色素沈着や凸凹を残さないためにも、是非白ニキビのうちに対処するようにしたいものです。