恋愛

2018年02月13日 更新

街コンに一人で参加するメリットとデメリット!一人でも大丈夫?

婚活を行う上で異性と出会う場として街コンというものがあります。街コンとは街ぐるみで開催される合コンとお見合いパーティーを合わせたようなイベントです。規模も種類も様々あり、気軽に参加できるために一人で参加することもできます。

街コンの種類


街コンと一言で言っても規模や形式、年齢制限があるものなど様々です。まず共通の趣味から話題を作ることができる趣味コンや、参加者の年齢が決められている街コンもあります。また、中には企業とコラボした街コンも存在します。

大規模街コン

大規模街コンになると街全体を挙げて街コンを行い、参加人数も300人を超えてくるなど多くの人と出会い・交流をすることができます。しかし参加人数が多すぎるとその中から好みの異性を見つけ出すのが難しかったり、選択肢が増える一方で相手の人のことを深く知るのに時間がかかるなどのデメリットがあります。

大規模な街コンでは小規模な街コンに比べると様々な地域からの参加者が多くなるので、自分の住んでいる地域にはない特徴を持った異性に会える確率は高くなります。

大規模の街コンは何軒かのお店を自由に移動しながら異性と交流を行います。街をあげてのイベントなので様々なお店に行くことができます。また街コンに参加している店舗であれば飲食費が参加費に含まれているので飲食を自由にすることができます。

小規模街コン

大規模な街コンに比べると人数が少なくなりますが、親密な交流を持ちやすいのが小規模街コンです。また少人数であるために店舗の移動はありません。なので大規模街コンで起こりえる、気に入った人と違う店舗に入ってその相手を見失ってしまうことがありません。

また少人数なので店舗がよほど広くない限りは全体を見渡すことができるので開始前から異性に目星をつけることもできます。ですが人数が少ないことでそもそも好みの人がいないという可能性も大規模街コンに比べると起こりやすくなっています。

小規模の街コンだと各テーブルにアピールカードなどが置かれている場合があり、それを活用することができます。また一店舗で街コンを行うので大規模街コンとは違い、ほかのところに行けばもっといい人がいるかもしれないと連絡先の交換を躊躇することがなく、多くの人と連絡先を交換することができます。

年齢限定街コン

街コンの中には参加する人たちの年齢を限定して開催されるものがあります。大まかな街コンの流れは通常の街コンと同様ですが参加年代が限られていることでその年代に合ったお店選びや、雰囲気作りをしてもらうことができます。

年代の区別は20代限定のように細かく区切ってあるものから大まかに若者向け、大人向けなどというものもあります。年齢限定街コンの利点は参加している人たちがみんな同年代なので話題が合わせやすく会話がしやすいという点です。様々な年代の人がいる街コンだと年代が大きく違うと通じる話題が異なることがあります。

年齢限定街コンは街コンを婚活に使おうとしている人に適した街コンです。年齢が近いことで親近感を抱きやすく、そのほかにも共通する部分が多いので親密さを高めやすくなっています。

趣味コン

趣味が同じ異性と交流を持つために参加することができるのが趣味コンです。趣味コンは他の街コンに比べると様々な形態があります。通常の街コンと同じように進行していく中でテーマが決まっていて、それに興味のある人が参加するといったものと、実際にその趣味を一緒に行うタイプのものがあります。

共通の趣味を持った人たちが集まるので会話に困ることがないのがメリットです。また、その趣味を通じて親密度を高めやすい点もあります。共通の趣味があることで街コン後の交流が続きやすい点もメリットの一つです。

趣味コンは特に年齢限定街コンと比べると婚活というより共通の趣味を持つ人と交流を持つことが目的の人が多くなります。なので容姿がそこまで重視されることはありません。

趣味コンは会話があまり得意でない人に適した街コンといえます。何もないところから話題を考え出すより、好きなことである趣味に関してなら話しやすいと思います。

街コン一人参加のメリット


街コンの名前がたびたび聞かれるようになった当初は多くの店舗を移動することから二人での参加しかできなかったものが多かったのですが近年は特に小規模の街コンであれば一人参加ができたり、むしろ一人参加専用の街コンが増えてきています。そこで街コンに一人参加することのメリットを紹介していきます。

真剣に出会いを探せる

まず一つ目は真剣に出会いを探すことができるという点です。今までの友達と一緒に参加するタイプだと、友達の前で気恥ずかしさが勝って異性にアピールがしにくくなってしまいます。更に一緒に参加した友達からの評価も気になってしまうこともあります。自分の求める条件や好みに関してなどです。

また一緒に来た友達との街コンにかける気持ちの差から冷やかされてしまうということもありません。そして二人できたどちらかが異性といい雰囲気になったときにお互いに気を使いあって気になる異性とのチャンスを逃してしまうこともありません。

また一緒に来た友達と比較されることもありません。友達が自分より可愛かったり、コミュニケーション能力が高いと異性の人たちはその友達に興味を持つことが多くなってしまいます。すると自分の印象が弱くなってしまいます。一人で参加すればそういったこともなく、相手に自分を覚えてもらうことができます。

話しかけられやすい

街コンは二人で参加するものだとその二人でペアになって行動することになることが多くあります。一緒に行くのは多くが友達なので異性とではなく、その友達とお話が弾んでしまうなんてことがあります。そういった時特に男性は声を掛けずらいと感じるようです。二人で盛り上がっているところを遮って話に行かなければならないですし、女性が多くなると女性から悪い印象を持たれているのではないかと不安に感じる人も多いようです。

更に一人専用の街コンであればみんなが一人なので話しやすいということもあるようです。

同性の友達が作れる

一人参加専用の街コンは小規模で開催されることが多く、それぞれの人との会話時間が多く、異性の友達はもちろんのこと、同性の友達も作りやすいといえます。その理由は街コンは通常、同性二人でペアになってグループを回っていくのですが、お互いに初対面で長い間一緒にいるので仲良くなりやすいのです。婚活パーティだと多くは男女一対一で行われることが多いのでこうはなりにくいです。

本気で相手を探している人にとってはせっかく一人で相手を探しに来たのにと思うかもしれませんが、友好関係が広がることで新たなつながりができたりすることがあるのでいいこともあります。

街コン一人参加のデメリット


ここまでは一人で街コンに参加することのメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。ここではそういった面も紹介していきます。

場が持たないことがある

一人で街コンに参加する場合、一対一で異性と会話をしなくてはならないので場が持たない可能性があります。初対面で会話を盛り上げるには相当な話術が必要になります。二人で参加していれば盛り下がってしまってもフォローしてもらえる可能性があります。

また思わぬ失言から場の空気を壊してしまい、場が持たなくなって会話が終了してしまうことがあります。特に街コンではお酒が出ることが多いのでお酒を飲むことで失敗する可能性が高くなると自覚している人はお酒を控えるなどの対策を取ることも考えておくとよいです。

会話で何が起きても自分一人で解決しなくてはうまくいかないのが一人参加の大変さかもしれません。

一人ぼっちになることがある

一人で街コンに参加するときには知り合いが全くいない環境の中で異性と交流をしなくてはならないので自分に積極性がなければ一人ぼっちになってしまう可能性があります。また、上手く話しかけられずに孤立してしまっても笑顔でいれば男性側から話しかけてくれる可能性はありますが、不安からふさぎ込んだような雰囲気を醸しだしてしまうと更に孤立していってしまいます。

また、嫌な話ではありますがルックスでも一人ぼっちになってしまう可能性が高くなってしまうことがあります。どうしても見た目がいい女性・男性のところには異性が集まりやすくなります。もし自分の容姿に自信がない場合はさらに努力する必要があるかもしれません。

街コンを一人で参加して楽しむコツ!


ここまでで一人参加の街コンのメリット・デメリットを紹介してきましたが、何はともあれ楽しんで異性と交流することが街コンの重要な点です。そこでここでは一人参加の街コンを楽しく過ごすための方法を紹介します。

積極的に楽しむ

まずは積極的に動くことです。一人であることを大いに利用しましょう。連れがいない分、自分の思うままに行動をとることができます。この点を利用することで様々な人と出会うことができます。

また、異性との出会い以外も積極的に楽しむことが重要です。街コンは婚活に比べると結婚までを考えてきている人は少ないです。そんな中で恋愛をがっつり求めていくだけでなく軽い気持ちで交流をすることで、異性だけでなく同性とも仲良くなり、たくさんの人と話すことができます。

自分から話しかける

街コンを楽しむためには自分から話しかけなくては話になりません。待っていれば相手が来るなんてことはほとんどありません。また、意中の人を見つけても自分から話しかけられないと後々後悔してしまうことにもなりかねません。

また、同性の友達を作るのにも積極的に話すことが大事です。

まとめ


街コンには様々な種類があり、大規模なもの小規模な街コン、食事をするものや趣味を一緒にするものなどいろいろあります。また、以前は二人での参加が多かった街コンは現在一人でも参加しやすくなりつつあります。

そしてこの街コンへの一人参加はメリット・デメリット共にありますが、それがあったうえでも楽しむにはまず何事にも積極的に行動することです。異性との交流だけでなく、ほかの面でも積極性が必要になります。これは一人参加の街コンに限らず、どの街コンに参加する際にも言えることです。

1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします